--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月、韓国ドラマの最新情報:水・木韓国ドラマ 

2011年06月17日 19:19

2011年7月スタート韓国ドラマの最新情報:水・木韓国ドラマ 

2011年5月から6月にかけて放送されている韓国ドラマのなかで、 月・火韓国ドラマでは、ユチョン主演のミスりリプリー、 水・木韓国ドラマでは、‘花より男子’のイミンホ主演のシティーハンターが最も注目を浴びています。
2011年7月に始まる 水・木韓国 ドラマは何があるのか?
2011年7月に始まる 水・木韓国 ドラマのジャンルは?
2011年7月に始まる 水・木韓国 ドラマの主演は誰か?
などなど気になる方のために、2011年7月放送予定の水・木韓国ドラマの主演、ジャンル、内容をまとめました。
ここからは、2011年7月に始まる韓国ドラマ、月・火韓国ドラマの紹介です。

◆KBS 水・木韓国ドラマ ‘ロマンスタウン’後作‘お姫の男’
ジャンル:韓国時代劇
演出:キムジョンミン監督
脚本:ジョジョンジュ作家(パートナー)
出演者 :パクシフ、ムンチェウォン

韓国ドラマ お姫の男 
▲2011年7月 韓国ドラマ お姫の男

パクシフは現在、日本で人気を得ている韓国ドラマ‘検事プリンセス’‘逆転の女王’で主演を演じて、日本に置いても最も高いに人気を集めています。
以前の韓国ドラマでは‘イルジメ’でシフ役を演じました。
‘イルジメ’も日本で高い人気を得た韓国ドラマです。
‘お姫の男’は、世宗(セゾン)大王の次男である首陽大君(スヤンデグン)とキムジョンソの悲劇的な関係に焦点をあわせた韓国だラマです。
‘癸酉靖難(ケユジョンナン)’を大筋とする首陽大君(スヤンデグン)とキムジョンソ、首陽大君(スヤンデグン)の娘とキムジョンソの息子(パクシフ)の悲劇的な愛を描いた朝鮮版、‘ロミオとジュリエット’であります。

◆MBS 水・木韓国ドラマ ‘最高の愛’後作‘君は私に惚れた’
ジャンル:青春ドラマ、大学キャンパスドラマ
演出:ピョミンス監督(フールハウス、君はどの星から来た?、彼らが生きる世界、コーヒーハウス)
脚本:イミョンスク作家
出演者 :ジョンヨンファ、パクシネ、ソイヒョン、ソンチャンウィ、カンミンヒョク

君は私に惚れた ジョンヨンファ パクシネ 
▲2011年 6月29日 君は私に惚れた

芸術大学を背景に、夢に向かって疾走する主人公たちの愛と友情を描いた青春メロー韓国ドラマです。
主演がパクシネとジョンヨンファであることだけでも、韓国においては大話題を集めています。
パクシネとジョンヨンファは‘美男<イケメン>ですね’で結ばれなかった悲しい片思いのジョンヨンファとファンテギョン(チャングンソク)だけを愛するパクシネの切ないが愛があったからこそ、今回こそ結ばれて欲しいと思う視聴者に多くの関心を得ています。
ジョニョンファはCNBLUE(シーエヌブルー)と言うグループの活動や‘私たち結婚しました’を通じて、一躍スターになりました。
歌も上手い、演技は今回の‘君は私に惚れた’が2回目の作品なので、熱意もかなりのものらしいです。
ピョミンス監督は青春、愛を綺麗に美しく演出できる監督として、多くの作品を通じて認められています。
だからこそ、‘君は私に惚れた’への関心は数ヶ月前から、キャスティングが決まってからも、毎日、ニュースがネットを飾るなど、その高い人気が実感できるものでした。
 
◆ SBS 水・木韓国ドラマ‘シティーハンター’後作‘最後の女子秘書’
ジャンル:ロマンチックコメディー
演出:ソンジョンヒョン監督(天使の誘惑、ジョガンジチョクラブ、愛に狂う)
脚本:グォンギヨン作家(愛に狂う)
出演者 :チェガンヒ

女子秘書 チェガンヒ 
▲2011年7月 韓国ドラマ 最後の女子秘書

紆余曲折の末、女子秘書になった女子主人公と暖男(フンナム)上司の愛の物語りを描くロマンチックコメディー韓国ドラマです。
女子主人公でキャスティングされたチェガンヒは演技については既に、認められた最高の女優です。
演出者のソンジョンヒョン監督のドラマは天使の誘惑、ジョガンジチョクラブ、愛に狂うなどがありますが、その特徴は速い展開です。
速い展開はその分、ストーリがどのように書かれるかがドラマの成敗を決めると思います。
未だに、男子主人公が決まってないので、詳細な内容は明らかにされていません。


個人的に期待される水・木韓国ドラマは、現代劇としては‘君は私に惚れた’と時代劇としては‘お姫の男’です。
現代劇の‘君は私に惚れた’は個人的にジョンヨンファとパクシネカップルが最も気になります。
パクシネの安定した演技力とピョミンス監督の演出を期待しています。
時代劇としては‘お姫の男’、現代版‘ロミオとジュリエット’と呼ばれるだけに、悲劇的なエンディングになりそうですが、パクシフのカムバックを待っていたので、個人的には現代劇ではなく、肥大劇を選んだのが少し、残念ですが、パクシフが主演すれば、それで良いと思います。
どんな韓国ドラマは見るかはまだ決まっていませんが、‘君は私に惚れた’は必ず、視聴するつもりです。
韓国ドラマの全てでは、‘スパイ明月’あらすじを掲載して、韓国ドラマ24では‘君は私に惚れた’あらすじを掲載していくつもりです。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/429-38b16bb6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。