チャングンソク、新韓流の代表走者?チャングンソクの人気秘訣

2011年05月15日 21:39

チャングンソク、どのように新韓流の代表走者になった?

チャングンソクは本当に韓流スター?チャングンソクを愛する理由

チャングンソクが日本の雑誌の表紙モデルに出ればその月の販売を心配しなくても良いという。
最近、日本で韓流雑誌を発行する関係者たちに聞いたの話だ。誇張ではなかった。
チャングンソクが新韓流の代表走者として、日本では『リットルペヨンジュン』級の人気を享受して日本のファンをひきつけている。
日本デビューシングル'Let me cry'がオフラインの発売直後の5月2日、オリコンウィークリーチャート1位というすばらしい記録を立てた。
ガールグループ『少女時代』も抜いたのだ。
発売初週11万9000枚も売ってしまったので、韓国で最も人気のある歌手の1年分のアルバム販売量とほぼ同じだ。
チャングンソクは、韓国では俳優という一つのイメージがあるが、日本では完全に歌手や俳優の二つに認められている。

チャングンソク 韓流スタ- 代表1

韓流スターたちが日本で活動するために、仕方なく歌をするレベルではなく、ミュージシャンとしても認められていることだ。
オリコン編集長は、オリコンスタイルのメインページに載せるのコラムで、『チャングンソクの時代、始まる』というタイトルで俳優だけでなく歌手としても認められたチャングンソクを絶賛している。
チャングンソクは、『美男<イケメン>ですね』『メリーは外泊中』などのドラマで、バンドを導いて音楽を作って、実際にもOSTを歌うアーティスト的なイメージが浮び上がってチャングンソクの日本デビューシングルにも、より多く注目を浴びている。
チャングンソクの冷めない人気は、チャングンソクが主演したドラマ『美男<イケメン>ですね』が日本地上波で3回放送されることで証明されている。
日本のフジTVは5月28日から『美男<イケメン>ですね』を放送すると発表した。
もう3回目の編成である。
日本の地上波では外国のドラマを3回も放送するのは初めてのことだ。
もちろん、主演のチャングンソクの人気に支えられた現象である。
『美男<イケメン>ですね』は、5月6日から5月19日まで、日本全国の53の劇場で2時間の要約版が上映されている。

チャングンソク 韓流スタ- 代表2

チャングンソクは、日本では急に現れたスターではない。
中性的な感じのキュートな男性が韓国より日本で人気があるが、チャングンソクは、新世代のファッションや感性を持ったうえ、誠実に準備し、着実に活動してきた。
チャングンソクが演技者と言いながらも、自分がドラマなどで歌った歌たちだけで2時間以上のファンミーティングを消化するのを見ると、通常、チャングンソクがどんなに懸命に準備するのかが感じられる。
マスコミが注目しなくても、演技と歌の実力を積んできており、日本のトップスターにも欠けやすい良いなマナーと模範的な態度を持っている。
ファン一人一人にも配慮して、気を使うチャングンソクの姿勢に日本のファンたちは感動されている。
一方、チャングンソクは2011チャングンソクアジアツアー-‘THE CRI SHOW’シンガポール、香港公演を終え、タイ、マレーシア、台湾、上海などアジア各国の公演を準備している。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/417-5585506c
    この記事へのトラックバック