‘美男<イケメン>ですね’日本が熱狂する理由は?‘美男<イケメン>ですね’3番目再放送決定

2011年05月12日 19:49

‘美男<イケメン>ですね’日本が熱狂する理由と‘美男<イケメン>ですね’チャングンソクに人気の秘訣

‘美男<イケメン>ですね’日本が熱狂する理由は?

4月26日日本フジTV <韓流アルファの夏祭り>は、‘美男<イケメン>ですね’の3番目の再放送を決定した。
2010年7月美男<イケメン>ですねが日本で初めて放送された後に、絶えず再放送のリクエスト1位に上がったためだ。
また、5月6日から、日本の60個の劇場では、美男<イケメン>ですね編集版が上映されていて、このドラマに出演した俳優たちも、日本での活発な活動をしている。
主演のチャングンソクは、日本でのデビューシングルを発表してから一日でオリコンのシングルチャート1位を占めながら症候群の主人公となり、FTアイランドのイホンギは、日本のTBS系ドラマ‘マッスルガール’の主役を演じた。
‘美男<イケメン>ですね’は、韓国で非常に高い視聴率を記録するのではなくマニア層が強い作品という点を勘案すれば、日本では‘美男<イケメン>ですね’の人気は、両国国民の他の気好を示す。

美男<イケメン>ですね ポスター1

日本の視聴者たちは‘美男<イケメン>ですね’の興味深いストーリーとアイドルの幻想をすべて備えた、若い俳優たちに熱狂した。
日本の共同通信のある関係者は"最近は、無条件で有名な俳優が出てくると人気を保証することはできない。
アイドルの世界を覗き見ることができるストーリーと個性豊かなキャラクター、それを表現する俳優たちが、‘美男<イケメン>ですね’の最初の成功の理由だ"と言った。

イケメンですね2 チャングンソク パクシネ ジョンヨンファ イホンギ


実際に、このドラマで3,40代の女性ファンだけでなく、日本の若い世代層が韓国ドラマに関心を持つようになった。
日本で男装をした女が男の学校に入る式のストーリーや、多少誇張をもって感じられるほどの個性が明確なキャラクターは、漫画とドラマなどで容易に見ることができる。
それくらい、日本の若者たちは女主人公が男装をして、アイドルグループに入って、主人公たちが漫画的なキャラクターを持った‘美男<イケメン>ですね’も違和感なく受け入れることができる。

俳優たちの持続的な地元の活動がもう一つの動力

また、‘美男<イケメン>ですね’の成功は、ドラマ中歌手として登場した俳優たちが実際に日本で歌手として活動し、ファンたちに持続的に顔を見せるという点で、極大化された。
日本に紹介された他の韓国ドラマとは異なる‘美男<イケメン>ですね’は、アイドルバンドの話だ。
ドラマを通じて、キャラクターに沒入された視聴者たちは、チャングンソク、パクシネなど主演俳優たちの持続的な作品活動にそれらを常に見ていたいという欲求を満たすことができるということだ。
KBS<冬のソナタ>のような、既存のドラマは、いくら俳優たちが作品の中のイメージを維持しても作品の中のキャラクターとして生きていくことはできない。
 
一方、‘美男<イケメン>ですね’のチャングンソクとパクシネは、日本では‘美男<イケメン>ですね’のコンサートを開いてファンとドラマの場面を鑑賞し、話を交わしながら、実際のドラマで歌った歌を歌った。
‘美男<イケメン>ですね’のファンたちは、俳優たちのファンタジーを現実からずっと継続することができる。
チャングンソクの他の日本の活動も、‘美男<イケメン>ですね’のキャラクターがそのままの活動を続けていくような感情移入が可能である。
特に、チャングンソクの場合は、<プラハの恋人>を皮切りに、<ファンジニ>、<快刀ホンギルドン(洪吉童)>、<ベートーベンウイルス>などを通じ、常に日本の視聴者たちに会ったことも人気の原因として挙げられている。
共同通信の関係者は"日本のファンは一人の俳優が10代の頃から変化する姿を見てきたことも人気に一役する"と述べた。

イケメンですね3 チャングンソク シングル

‘美男<イケメン>ですね’の人気とともに、最近では 韓国ロマンチックコメディドラマが日本で人気を得ている。
‘美男<イケメン>ですね’の作家ホンミラン、ホンジョンウンは、姉妹が書いた<私の彼女はは九尾狐>にも放映以後主演を務めたイスンギへの関心が増えている。
韓国よりファンタジー的な物語をよりよく受け入れる文化が形成されている日本では‘美男<イケメン>ですね’と<私の彼女は九尾狐>のようなファンタジー的な作品が人気を得るわけだ。
既存の韓国(韓流)ドラマとは別の方法で、日本市場で人気を博した‘美男<イケメン>ですね’の人気がこれから韓国ドラマの産業にどのような影響を与えるか注目される。
現在、パクシネとジョンヨンファは君は私に惚れた(フェスティバル)で6月初放送を控えており、イ・ホンギはマッスルガールに出演中、チャン・グンソクは君はペットの出演を控えている。
‘美男<イケメン>ですね’の主演を勤めた4人とも活発な活躍をしている。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/416-77b18b45
    この記事へのトラックバック