『JYJワールドツアーコンサート2011』in台湾:JYJコンサート盛況

2011年04月26日 00:24

『JYJワールドツアーコンサート2011』in台湾:JYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)コンサート盛況20曲以上歌う

JYJ'ワールドツアーコンサート'台湾を揺らがす

グループJYJワールドツアーコンサートが台湾を揺らがせた。
4月25日JYJ(元東方神起:ジェジュン、ユチョン、ジュンス)所属事務所側はJYJが4月23日、台湾の台北ドーム(Taipei Dome)で、'JYJ World Tour Concert in2011'を開き、完成度の高い舞台を提供し、成功的なアジアツアーを継続出たと明らかにした。
所属事務所によると、4月25日、会場を埋め尽くした1万人以上の台湾ファンはJYJがワールドツアーのために発表した新曲を一緒に歌ってJYJへの変わらぬ愛を見せてくれた。
JYJだけの音楽で飾られた今回の公演は、ワールドワイドアルバムの収録曲である‘MT(Empty)’、‘非マイガール(Be my girl)’、‘ビ・ザ・ワン(Be the one)’をはじめ、JYJ音楽エッセイ『ゼアルームズ(Their rooms)』の収録曲『ミッション(Mission)』と『落葉(Fallen Leaves)』、『I・D・S』を熱唱した。

JYJ ワールドツアーコンサート2011 台湾1

そして、最近、ワールドツアーのために作業した『イン ヘブン(In Heaven)』と『ゲットアウト(get out)』など20曲以上を舞台で披露し、特にキムジェジュンは、過去のワールドツアーのコンサートの開催国であるタイに続き台湾でも十字型の舞台を披露し、観客たちと呼吸する『相通方コンサート』を続いていた。
4月25日、台湾の放送TV、BSとETTVなどの主要なニュースや新聞はJYJコンサートライブを大々的に報道しており、特に今回の公演の演出コンセプトの『創造的な挑戦(Creative Challenge)』にも大きな関心を見せた。
続いて、JYJは"久しぶりに会う台湾のファンと一緒に幸せな二時間だった"とし、"新曲も一緒に歌ってくれた台湾のファンたちに感動を受け、今回の台湾コンサートを通じてJYJワールドツアー公演の完成度が一層高くなったようで嬉しい。これからの公演も期待している"と所感を伝えた。
一方、JYJの米州地域コンサートは、5月20日、カナダのバンクーバー公演から開始され、5月22日、米国ニュージャージー州、5月27日、ロサンゼルス、そして6月3日サンホセを最後に、米州地域でのJYJ熱風を継続する計画である。
JYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)ワールドツアーコンサートで来た台湾が揺るがされた。
JYJは4月23日、台湾の台北ドームで‘JYJワールドツアーコンサートの2001’を開いた。
この日、現地のファン1万人が殺到し、会場をいっぱいに集まり、JYJの新曲を歌うなど、変わらぬ愛を見せてくれた。

JYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)‘JYJワールドツアーコンサート’で、台湾を熱狂させた!

JYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)ワールドツアーコンサートに来た台湾がどきめいた。
JYJは4月23日、台湾の台北ドームで'JYJワールドツアーコンサートの2001'を開いた。
この日、現地のファン1万人が殺到し、会場をいっぱいに埋め尽くし、JYJの新曲を歌うなど、変わらぬ愛を見せてくれた。
また、台湾TV、BSとETTVなどの主要メディアもコンサートライブを大々的に報道、メンバーのキムジェジュンがコンサートを直接演出した点を集中照明した。
ここではいつも"JYJを自分のロールモデル"と明らかにした台湾の人気スターシムゴングェンウンTwitterでのコンサートに好評の文を載せ、その人気を実感させた。
JYJは、今回の公演で、ワールドワイドのアルバムの収録曲である'エムプティー(Empty)'、'ビーマイガール(Be my girl)'、'ビーザワン(Be the one)’をはじめ、上半期のベストセラーを記録したJYJの音楽エッセイ『ゼアルームズ』(Their rooms)の収録曲『ミッション』(Mission)と『落葉』(Fallen Leaves)、『I・D・S』を熱唱した。
また、最近のワールドツアーのために作業した『インヘブン』(In Heaven)と『ゲットアウト』(get out)など、全20曲以上の舞台を派手なパフォーマンスで消化して、人目を引いた。
特にJYJは、過去のタイツアーに続き、台湾でも十字型の舞台を披露し、観客たちと呼吸する『相通方コンサート』を引き継いで中継字幕やコメントなどでも台湾のファンのために細心の配慮を忘れなかった。
これに120分間行われた公演で、ファンたちは、JYJの魅力を存分に感じることができるという裏話。

JYJワールドツアーコンサート2011 台湾2

JYJは、"久しぶりに会う台湾ファンと一緒に幸せな二時間だった"とし、"新曲も一緒に歌ってくれたファンたちに感動を受け、今回のコンサートを通じてJYJワールドツアー公演の完成度がさらに高くなったようでとても嬉しい。これからの公演も期待している"と明らかにした。
所属事務所シージェスエントテイメント側も"台湾関係者と地元の人々の爆発的な関心に驚いた"とし、"JYJが持っているアーティストとしての無限な才能と、彼らの不断の努力に拍手を贈りたいと思う"と伝えた。
一方JYJは、5月20日、カナダのバンクーバーを皮切りに、22日、米ニュージャージー州、27日のLA、6月3日のサンホゼまでの米州地域のコンサートを継続する。
その後、韓国に帰って来て、約3ヶ月に渡るワールドツアーコンサートの大長征を仕上げる計画だ。

"JYJワールドツアーコンサート、台湾公演盛況で終了”

5月20日のアメリカツアー開始
グループJYJ(キムジェジュン、ユチョン、キムジュンス)が‘JYJワールドツアーコンサート2011’の二番目の地域である台湾公演を成功的に仕上げたとマネージメント社のシージェスエントテイメント(以下シージェス)が25日伝えた。
シージェスエよると、JYJは、4月23日、1万席規模の台湾の台北ドームでコンサートを開き、ワールドワイドアルバム収録曲をはじめ、音楽エッセイ『ゼアルームズ(Their rooms)』の収録曲、今回のワールドツアーのための新曲など20曲を歌って1万人のファンの歓呼を受けた。
JYJがワールドツアーで初めて披露する自作の新曲『ゲットアウト(get out)』と『インヘブン(In Heaven)』を歌うときは、ファンたちが歌を合唱して'JYJ再起動‘と応援したシジェスヌン伝えた。

JYJワールドツアーコンサート2011 台湾3

今回のワールドツアーの総監督を務めたメンバーのキムジェジュンは、ファンに近寄る‘疎通方コンサート'を設けようと十字形突出舞台を作ってファンとのコミュニケーションの舞台を広げた。
公演を終えた後、JYJは“新曲を一緒に歌ってくれた台湾のファンたちに感動した"とし、“台湾公演を通じ、今回のワールドツアーの完成度が一段と高まったようだ"と話したとシージェスが伝えた。
シージェスはTV BSとET TVなど台湾の主要メディアもこの公演を大々的に報道したとし、“台湾のマスコミは、キムジェジュンが今回のワールドツアーを直接演出した点を集中的に報道しており、今回の公演演出のテーマである『創造的な挑戦(Creative Challenge)』にも大きな関心を見せた"とし"普段JYJの『ロールモデル』と呼ばれる台湾のスターチムゴングェン(沈建宏)は、自分のTwitterに観覧後記を載せることもした"と話した。
JYJは、5月20日、カナダのバンクーバーを皮切りに、5月22日、米国ニュージャージー州、5月27日、米ロサンゼルス、6月3日カリフォルニア州サンホセを回りながらアメリカ公演に出る。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/409-dfbb9926
    この記事へのトラックバック