--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イホンギプロフィール|イホンギはどんな人?イホンギが好きな音楽とは?

2011年04月06日 19:14

イホンギプロフィール|イホンギはどんな人?イホンギが好きな音楽とは?

イホンギプロフィール◆

イホンギ:歌手・タレント
出生:1990年3月2日
身体:175cm、60kg
所属グループ:FTアイルランド
所属会社:エフエンシーミュージック
イホンギツイッター(twitter)
http://twitter.com/skullhong
イホンギミニーホームページ:
http://minihp.cyworld.com/pims/main/pims_main.asp?tid=61391117


イホンギ『私の現在と未来の指標となる音楽』

美男<イケメン>ですね』の出演で人気を得たイホンギは明るくてとても楽しいキャラクターだ。
イホンギは最近、『マッスルガール』で市川由衣と共にキャスティングされ、『マッスルガール』の撮影で忙しい日々を送っている。
FTアイランドは、バンドの形を揃えながらもアイドルスターのファン層を持つユニークな歌手だ。
従って、彼らを『アイドルバンド』という修飾語で説明する。
FTアイランドの先頭に立つボーカルイホンギは訴える力の濃厚な音色と歌唱力を持っていて、他のメンバーもプロのセッションの助けなしで録音をして単独コンサートをこなすだけの演奏力を持っている。
しかし、自ら音楽を作って歌うよりも、既成の作曲家たちの曲を受けてアルバムを作ることに大きな比重があるという点で、『バンド』の徳目を完全に整っていないという評価を受ける。
特に、イホンギが子役タレント出身という点もFTアイランドの存在価値と音楽性に先入観を持たせる要素として作用した。

イホンギについて1

幼い頃からバンドの音楽を楽しんで聴きながら歌手の夢を育てたが、アイドルダンスグループになるという考えは全くしたことがないと言うイホンギは、FTアイランドのアイドルとして見る大衆の視線が嫌で、デビュー当初のイメージを変えてみようと、いくつかの試みをしたとする。
しかし、"大衆の関心は感謝すべき事"だと思いながら、そのような性急さから脱した。
“人々がどのようにFTアイランドを評価しても、私は私の道を着実に歩めば良いと思います。時間がかかってもいつかは(音楽対する真正性を)分かってもらえると信じています。”
パンク音楽を特に好むイホンギは、毎日のエネルギー溢れるバンドの音楽を聴きながら、現在の自分の姿を振り返り、未来の自分の姿を描いてみたりする。

イホンギについて3

だから、イホンギが提示したミュジションスチョイスのテーマも『私の現在と未来の指標とされる音楽』である。
ドトゥリ、ニッケルバックが、現在の自分が望む音楽の理想向ならジェイソンムラジュは未来の自分がしなければならないの音楽を映してくれるミュージシャンである。
"パンクの音楽は、まず私が楽しいです。私はが、楽しいと観客たちも楽しいはずです。私が悲しげに歌を歌えば、観客たちもその感情を感じるでしょう。私が感じることを人々に感じさせるのも私の仕事です。偽りで歌うのは嫌いです。私が楽しまなければ観客も楽しむことができないことを知っているから、熱心に音楽を聴いて楽しめるようにさせていただきます。"
様々なバンドの音楽を聞くことができるインターネットのコミュニティを一日も欠かさずに訪問して、常に新しい音楽を接すると言うイホンギは"尊敬するバンドと学ぶことの多いバンドはあるが、あえて似ていたいバンドはない"と言う。
"実力のあるバンドを見ながら学ぶことが本当に多いと思うが、似ていたいバンドはありません。むしろ私に似て欲しいと思わせたいです。そのために、独自の音楽、色を探そうと一生懸命練習するんです。チャンスが整いに第、私が作った独自の音楽でファンたちに会いたいです。"

イホンギが選択した最初のアルバム
Daughtryの[Daughtry]

2006年『アメリカンアイドル』シーズン5で4位に留まって脱落していたクリスドットリーが結成した5人組ロックバンドドットリーの2006年のファーストアルバム

イホンギが選んだアルバム1

ロックバンドニケルバックスタイルの'It 's Not Over'で一気にスターダムにのし上がった。
通常、バンド音楽専門のインターネットカフェを通じて、新しいバンドの音楽を楽しんで聞いているイホンギは"2年前、カフェのある会員はから『ドットリーと言う、バンドがニケルバックボーカルと似ているという話を聞いて、ドットリーを探してみた"と言う。
ニッケルバックは、イホンギが通常から好きだったバンド。
"ドットリーの『Over You』を聞いた瞬間『アメリカの大衆的な音楽』という感じがしたし、普段から好きだったモダンロック風の音楽だった。声もハスキーですぐにファンになった。'Home'という曲は一人でギターを弾きながら歌を歌ったりする曲だ。呼びしていた歌だ。ドットリーはアジア(韓国)の人々が好むようなメロディーを聞かせてくれる感性的なバンドだ。"

イホンギが選択された2番目のアルバム
The All- American Rejectsの[When The World Comes Down]

抜群のルックスと歌、演奏力、スター性まで備えた、2008年に発表されたオールアメリカンリジェクチュウイ三枚目のアルバム

イホンギが選んだアルバム2

イホンギは、このアルバムを、あるバンド音楽専門のインターネットカフェを使通じて知ることになった。 "元々パンク音楽が好きだが、オールアメリカンリジェクチュは人々をバンバン走るようにする歌をたくさん歌って来た。私もこれらを母胎にして曲を作ってみたいとしばしば思っている。最近、彼らの歌をたくさん聞いているが、車の中でボリュームを上げて聞けば自然に体が動き始める。旅行に行くとき、走って遊びたい衝動を与える楽しい音楽である。一日に必ず一度はこのアルバムを聴く。特に私の好きなゲームでもBGMに敷かれている。朝に聞くと気分が良くなり、一日を気持ちよく始めることができる。"イホンギが推薦された『I Wanna』は、オールアメリカンリジェクチュの個性を最もよく表現した曲で挙げられている。

イホンギが選択した3枚目のアルバム
Jason Mrazの[Waiting for My Rocket to Come]

2002年に発表されたジェイソンムラジュのデビューアルバム。

イホンギが選んだアルバム3

ジェイソンムラジュはこのアルバムを通じて、新鮮ながらも清らかな声、レゲエのリズムを武器に、ポールサイモン、デイヴマチューズを連想させる、『アコースティックアダルトオルタナティブ』の新たな星に浮上した。
"あまりにも有名な歌手であり、私も凄く好きな歌手だ。ジェイソンムラジュを見れば天才という気がする。自分で曲を作りながら、自分だけの色やスタイルを持つことができる点がとても格好よい。公演でも、瞬間瞬間、即興的にアレンジしながら、天才のような才能を示す。アジア(韓国)の人誰しもが聞いても、好むような音楽だ。自分だけの特別なジャンルを作った、ジェイソンムラジュのように私も自分だけのスタイルを作りたいと思う。私は30代になったら必ずこのようなジャンルの音楽をやってみたい。ジェイソンムラジュの音楽は、いつ、どこで聞いても、すべての感情をも感じることができる音楽である。『The Remedy(I Won't Worry)』は、病と闘う友人のための曲だけど、私も誰かのために歌をぜひ作りたいと思う。"

イホンギが選択した4枚目のアルバム
Nickelbackの[All The Right Reasons]

2005年に発表されたカナダ出身のロックバンド、ニッケルバックの大衆性あふれるアルバム。

イホンギが選んだアルバム4

美しいバラードと弾力感あふれるロックンロールとポップとロック両方のファンから愛されたニッケルバックがすっきりとした旋律と、爆発的なロックビートを均等に入れてもう一度、頂上を確認させたアルバムである。
"ニッケルバックは、私が音楽を好きなった頃に好きだったバンドだ。このバンドのボーカルのチャドクロゴと私の声が似ているという話をよく耳にするので、ニッケルバックを特に耳を傾けて聞いた。長い髪のために『イエス』と呼ばれる程度で雰囲気のあるチャドクロゴは、パワーあふれるボーカルを誇っている。ハイトーンでありながらタフだ。余りにも声が独特な感じで中毒性が強い。私はすごく叫んだいと思ったときに彼の歌を歌ったりする。ニッケルバックの音楽は明るい曲が多いが、強い音楽、ソフトな音楽、モダンロック、アコースティックなど様々な音楽をする。'Photograph'は、私がギターを弾きながら練習した歌だ。"

イホンギが選択された5 枚目アルバム
Orange Rangeの[Natural]

沖縄出身のオレンジレンジが、2005年に発表した正規アルバム。

イホンギが選んだアルバム5

韓国内には映画『今、会いにゆきます]に挿入された『花(花)』でよく知られており、『Kirikirimai〜Fantastic Four Remix〜』は、2003年に発表したデビュー曲である。
中学校の時に結成された彼らは、アイドルスターの面貌も装備されてFTアイランドと似ている。
"オレンジレンジは、本格的に音楽を始めたときによく聞いた歌だ。今、現時点で私が一番やりたい音楽スタイルでもある。2008年、日本にインディーズでデビューしながら、オレンジレンジの話を本当にたくさん耳にした。ぜひ一度会いたいと思い、音楽も習ってみたいと思う。特に、沖縄の友人同士でバンドを結成したので、自分たちだけの音楽ができると思っている。音楽が強烈で独特だ。自分だけの色を持っているというのがとてもうらやましい。'Kirikirimai〜Fantastic Four Remix 〜』は狂いたい時に聞けばいい。体が自然にジャンプするようになる。"

アジアツアーに出る予定のFTアイランド

イホンギは、2010年8月末に発売されたFTアイランドのミニアルバム『Beautiful Journey(EP)』広報のために活発な活動を繰り広げている。
2010年の秋ドラマ美男<イケメン>ですね』に出演したイホンギは、1年ぶりに再び歌手として帰ってきた今回のアルバムが複数の放送チャートや音源チャートでトップを占め、やりがいも大きい。

今回のアルバム活動が終われば、韓国でのツアー公演を行った後、日本と中国語圏の国々を中心としたアジアツアーに出る予定だ。

イホンギについて2

2010年5月『Flower Rock(Single)』とは、シングルで日本オリコンチャート3位まで上がったFTアイランドは、G- Musicチャート、Five Musicなど台湾の主要チャートでも1位を占めた'韓流スター'だ。
しかし、イホンギは"多くのファンが、過去1年間待ってくださっただけに感謝の気持ちに応えていきたい"と、まず韓国では、できるだけ多くの活動を行った後、海外のファンたちに会う予定だと言った。
美男<イケメン>ですね』以降の出演オファーが頻繁にあったドラマでも、"良い作品を選んで着実に出演する予定だ"と語った。

しかし、イホンギに最も重要なのは、"イホンギだけの音楽、FTアイランドの音楽を自分で探すこと"である。
"まず、FTアイランドが私達の色を自分で作ることができるバンドになりたいです。そして、音楽を愛し、無限の可能性がある、止まることのない暴走族のようなベンドと言う評価を得てほしい。"

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/401-f4b867f3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。