--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンヨンファ、イホンギ、チャングンソク新しい作品とチャングンソクロンドンから帰国

2011年03月23日 21:42

チャン・グンソク、ジョンヨンファ韓流ドラマ映画男主演世代交代の風

チャングンソク'私、人気あるみたい?!'

俳優チャングンソクが22日午後ロンドンでの写真集撮影を終えて仁川(インジョン)国際空港を通じて入国した。
KE908のロンドン発で入国したチャングンソクは、トレンディな服装でマネージャーと入国場を悠々と抜けていた。
取材陣は、キ・ソンリョンの入国を見るためにきたが、入国の数分前に少女ファンたちが殺到してキ・ソンリョンとチャン・グンソクが同じ飛行機に乗って入国するということを知った。
一方、キ・ソンリョンは決まったゲートBではなくAに静かに入国場を抜けていた。

ロンドンから帰国 インチョン空港 チャングンソク

美男トロイカ'ポストヨン様'選別しよう

ジョンヨンファ·イホンギ·チャングンソク、新しい作品で、日攻略
韓流ドラマ映画男主演世代交代の風

'美男'トロイカが'ポスト'ヨン様の席を置き、激しい競争に突入した。
話題の主人公は、ジョン・ヨンファ、イ・ホンギ、チャン・グンソク。
彼らはすべて、2010年、日本で最高の収益を記録したSBSドラマ‘美男<イケメン>ですね’一緒に出演した。
最近、新しい作品で、日本市場をノックしている。
三人は最近、先を争って日本のドラマや映画の主演に抜擢されているかというと日本での放送が予定された韓国ドラマの主演で登場する。
新韓流の主役に浮上した彼らがペヨンジュンの牙城に挑戦する姿である。
砲門は開いたのはジョンヨンファ。

ジョンヨンファ チャングンソク イホンギ 1

彼は2011年6月から放送されるMBCドラマ<フェスティバル>の主人公イ・シンにキャスティングされた。
音楽に埋もれて生活しているがさつな性格の人物で、ドラマ中でも、バンドのリードボーカルとして登場する。
‘美男<イケメン>ですね’に一緒に出演したパク・シネが相手役で出てくる。
このドラマは、企画段階から日本市場を念頭に置いた作品である。
4月中に日本での現地ロケを兼ねた製作報告会を開く計画もある。
大地震(東北災害)の影響で日程に支障が生じたが、日本国内の関心だけは、まだ熱い。
このドラマの関係者は"日本日程が延期されたが、放映権を置いて競争が熾烈だ。‘美男<イケメン>ですね’の二人の主演が登場し、日本国内の関心が熱い"と話した。
イ・ホンギの行歩も注目される。
彼は日本のTBSで、4月から放映されるドラマ<マッスルガール(Muscle girl)>の男主人公に抜擢された。
彼は今回の作品で、映画<呪怨>に出演した市川由衣と呼吸を合わせる。
国内グループ出身の俳優が日本の地上波のドラマに出演するのはJYJキム・ジェジュンが昨年のフジTVドラマ<素直になれなくて>の主人公として出演して以来、イ・ホンギが二番目だ。
イホンギが属しているFTアイランドがドラマのOSTにも参加する計画だから話題になっている。
チャングンソクも日本列島をときめかせている。
彼は4日、日本の茨城県で映画<君はペット>製作発表会を通じて3,500人のマスコミ関係者やファンに会った。
この作品は、日本の原作の漫画の旋風的な人気に続き、日本放送TBSでドラマでも放映されたヒット作である。

ジョンヨンファ チャングンソク イホンギ 2

この作品は、チャングンソクと呼ばれる興行のカードを掲げて、日本資本の投資を受けて国内のスタッフと俳優が参加した。
だから、チャングンソクの日本の人気を見積ることができる作品でもある。
チャングンソクは、この映画の中で偶然に一人の女性の『ペット(ペット男)』になって財政的能力はあるが、恋愛には何も知らないヒロインとの奇妙な同居を繰り広げていく。
韓流のビジネス関係者は"昨年、アイドルグループを中心に、K- POPの市場が急成長した。
今年を基点に、ドラマや映画の主演も、世代交代があるように見える。
ジョン・ヨンファ、イホンギ、チャングンソクなど‘美男<イケメン>ですね’出演俳優たちの躍進が目立っていた"と話した。

ジョン・ヨンファ下車心境告白“ソ・ヒョンと親しくなったので…残念だ”

シエンブルー(CNBLUE)ジョン・ヨンファがMBC『私たち結婚しました(ウギョル)』で下車した心境を明らかにした。
2011年3月21日午後、ソウル永登浦(ヨンドンポ)、タイムズスクエアで行われたシエンブル(CNBLUE)正規1集『ファーストステップ(First step)』発売記念ショーケースで記者懇談会を持ったジョン・ヨンファは'私たち結婚しました'降板の心境について、"さびしい"と伝えた。

ジョンヨンファフェスティバル12

ジョン・ヨンファは"もっと優しくできなくて残念な部分が多い。1年間ソヒョンと仮想結婚をしながら出来なかったデートもさんざんして感じた点も多い"と話した。
続いて、"本当の結婚ではなかったけど、結婚はお互いに1%の物足りなさもなく、よくしてあげるべきだと感じた”と伝えた。
また、ソヒョンに対して"情も深くなった"と述べ、"今後もお互いの活動に応援を送ること"と愛情を示した。
一方、ジョン・ヨンファとソヒョンは、各自4月から音楽活動を始めることに伴い、『私たち結婚しました(ウギョル)』'で下車を決定した。

ジョン・ヨンファ·カン・ミンヒョクドラマ『フェスティバル』に同伴キャスティング

シエンブルー(CNBLUE)のボーカルジョン・ヨンファが‘美男<イケメン>ですね’に続き、再び演技に挑戦する。
今回はチームのメンバーカン・ミンヒョクも一緒にする。
ジョン・ヨンファとカン・ミンヒョクは、MBCドラマ『フェスティバル』に一緒にキャスティングされた。
CNBLUEは3月21日、ソウル永登浦、タイムズスクエアエムポプで、初のオリジナルアルバム『ファーストステップ』(First Step)の発売記念記者懇談会を開いた。
この席で、ジョン・ヨンファは、"アルバムと同様、今回のドラマをすることになったが、カン・ミンヒョクも一緒に出演することになった。演技の練習に熱中している"とドラマ出演を発表した。
ジョン・ヨンファは"『フェスティバル』でイ・シン役割を引き受けたが、イシンは、音楽以外に何も関心ないカドナムだ。
 
ジョンヨンファ カンミンヒョク フェスティバル 12

キャラクターに没頭して最近、バンドの弟たちに冷たくふるまっている"と説明した。
 "イシンもバンドのボーカルだから私と似ている点もあるようだ。キャラクターをよく掴んでいる途中"と付け加えた。
カン・ミンヒョクも"ドラマにジョン・ヨンファは主人公で、私はヨジュンと言う役割に挑戦することになった。初ドラマに挑戦ではなくて『大丈夫パパの娘』に続き、今回が二回目だ。
より発展した姿をお見せする"と覚悟を明らかにした。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/388-f814f780
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。