ジョン・ヨンファ・パク・シネ‘フェスティバル’キャスティング|韓国ドラマフェスティバル

2011年03月11日 19:47

ジョン・ヨンファ・パク・シネ韓国ドラマ‘フェスティバル’主演キャスティングと‘花ざかりの君たちへ’韓国版準備中

2009年 SBS『美男<イケメン>ですね』で片思いは報われるのか?

グループシーエヌブルーのジョンヨンファと俳優パクシネがMBC新水・木韓国ドラマ‘フェスティバル(仮題)’の主演を演じる。
SBS人気韓国ドラマ‘美男<イケメン>ですね’以降、二回目に呼吸を合わせるようになった。

フェスティバル ジョンヨンファ、パク-シンヘ 2

‘フェスティバル’は‘フルハウス(ソン・ヘギョ、RAIN(ピ)主演’‘ 彼らが生きる世界(ヒョンビン・ソンへギョ主演)’などを通じてマニア層を確保しているピョ・ミンス監督の新作でジョン・ヨンファはコッミナム(花美男子)ボーカルであり、実用音楽と在学生‘イ・シン’役を、パク・シネは韓国内パンソリ(韓国特有の唱劇(チャングッ)に合あわせてうたった民俗芸術の一つ)3大名唱家で生まれカヤグム(伽倻琴:韓国固有の弦楽器で, 桐で長い共鳴胴を作つくり, その上に12弦を張る)神童で韓国楽科に在学する‘イ・キュウォン’役を演じる。

フェスティバルジョンヨンファ CNBLUE 
CNBLUE 2nd Single Release Live Tour~Listen to the CNBLUE~ [DVD]

*ジョン・ヨンファが属しているCNBLUE(シーエヌブルー、ハングル表記:씨엔블루)は、韓国出身の4ピースバンド。CNBLUEの名前の由来は「Code Name BLUE」。「BLUE」とはメンバー1人1人のイメージの英単語の頭文字をとったものとされ、「4人で一つの色を作る」という意味も込められている。


ジョン・ヨンファ-パク・シネ、MBCフェスティバルで‘幻想のカップル’で活躍

音楽グループ‘シーエヌブルー’のリーダージョン・ヨンファと俳優パク・シネがピョ・ミンス監督の新作MBC‘フェスティバル(仮題)’(脚本:イ・ミョンスク、演出:ピョ・ミンス、制作:ジェイエイピクチャーズ)の主人公で最終キャスティングされた。

CNBLUE 2nd Single Release Live Tour~Listen to the CNBLUE~ [DVD]

MBC‘フェスティバル(仮題)’はダンスと歌、演技と文学がある芸術大学を背景に夢に向かって疾走する主人公たちの青やかな愛と熱い友情、爽やかな青春と高い夢を描いていく青春メロードラマ(韓国ドラマ)だ。
‘フルハウス(ソン・ヘギョ、RAIN(ピ)主演’‘ 彼らが生きる世界(ヒョンビン・ソンへギョ主演)’などを通じて、感覚的でディーテールな演出を見せ、多くの愛を受けていたピョ・ミンス監督がメガホンを取り、多くの話題になっている。
‘フェスティバル(仮題)’でジョン・ヨンファは音楽が人生の全てである美男バンドボーカルで実用音楽科に在学中で、優越なビジュアルと冷たくて傲慢な性格で女子学生たちの愛を独り占めする自他が認める人気男‘イ・シン’役を演じる。

フェスティバル ジョンヨンファ、パク-シンヘ 1

パク・シネは韓国内パンソリ3大名唱の家で生まれ韓楽の響きだけが本物の音楽だと信じて育ったカヤグム神童で国楽科に在学中で、逞しくて根強い性格で芸術大学を手に持って揺るがす元気な明朗少女‘イ・キュウォン’役を演じる。
‘フェスティバル(仮題)’製作会社ジェーエスピックチャーズのある関係者は“‘フェスティバル(仮題)’が夢に向かって疾走する芸術大学学生たちの汗と涙、愛を描くドラマに似合って2011年、最もホットでトレンディーな20代俳優であるジョン・ヨンファとパク・シネを主人公に選定するようになった。”と明らかにした。
続き、“ジョン・ヨンファの場合、前作‘美男<イケメン>ですね’を通じて安定された演技力を見せており、実際実力派バンドシーエヌブルーのボーカルであり、ギタリストとして、多才多能さを揃えているから満場一致で‘イ・シン’役に最も適合だと評価され、パク・シネの場合、溌剌な青春物主人公に似合う可愛い外貌と同年代俳優の中で独歩的な演技力を揃えている俳優だから魅力的な‘イ・キュウォン’キャラクターを誕生させると信じて期待している。”と伝えた。
‘フェスティバル’は2011年6月22日MBCで韓国ドラマとして初放送を予定している。

ジョン・ヨンファ、‘フェスティバル’でパク・シネ片思いから愛の結ばれ?

ジョン・ヨンファ、パク・シネ、‘彼らが生きる世界’ピョ・ミンスPD新作‘フェスティバル’音楽呼吸

バンドシーエヌブルーメンバージョン・ヨンファと俳優パク・シネが二回目の呼吸を合わせる。
ジョン・ヨンファとパク・シネはMBC韓国ドラマ‘ロイヤルフェミリー’後作‘フェスティバル(仮題:脚本:イ・ミョンスク、演出:ピョ・ミンス)’の主人公に決定、青春メロードラマの新しいカップル誕生を予告している。
‘フェスティバル’はダンスと歌、演技と文学がある芸出大学を背景に夢に向かって疾走する主人公たちの鮮やかな愛と熱い友情、爽やかな青春と高い夢を描いていく青春メロードラマ‘フルハウス(ソン・ヘギョ、RAIN(ピ)主演’‘ 彼らが生きる世界(ヒョンビン・ソンへギョ主演)’で感覚的でディテールな演出を見せ、多くの愛を受けたピョ・ミンス監督がメガフォンを取り、より話題を集めている。

ドラマの中でジョン・ヨンファは、音楽が全てである美男子バンドボーカルで実用音楽家に在学中で、優越なビジュアルと冷たくて傲慢な性格で女子学生たちの愛を独占している自他が認める人気男‘イ・シン’役を演じる。
パク・シネは国内(韓国)パンソリ3大名唱家で生まれ、国楽の響きだけが本物の音楽だと信じて育ったカヤグム神童で国楽科に在学中で、逞しくて、根強い性格で芸術大学を手に持って揺るがせる明朗少女‘イ・キュウォン’役を演じる。

フェスティバル ジョンヨンファ、パク-シンヘ 3

製作者のある関係者は“フェスティバルが夢に向かって疾走する芸術大学、学生たちが汗と涙、愛を描くドラマに等しく、2011年最もホットでトレンディな20代俳優であるジョン・ヨンファとパク・シネを主人公に選定すりょうになった。”とキャスティングの理由を語った。
続き、“ジョン・ヨンファの場合、前作韓国ドラマ‘美男<イケメン>ですね’を通じて安定された演技力を見せただけではなく、実際、実力派シーエヌブルーのボーカルであり、ギタリストとして、多才多能さを揃えているから、万丈一致でイ・シン役に最も適合だと思った。”と言い、“パク・シネは溌剌な青春物主人公に良く似合う可愛い外貌と同年代俳優の中で、独歩的な演技力を揃えた俳優だから、魅力的なイ・キュウォンキャラクターを誕生させると期待している。”と伝えた。

‘美男<イケメン>ですね’以降、もう一度、呼吸を合わせることになったジョン・ヨンファ、パク・シネのキャスティングの知らせで話題になっている‘フェスティバル’はピョ・ミンス監督と二人の合わせで最も大きなシナジー効果を出すと見られる。
‘フェスティバル’は2011年6月22日に初放送を予定している。

SM美男子ドラマ‘花ざかりの君たちへ’俳優キャスティング決定された事はない

所属会社SMエンターテインメントが制作するドラマ‘花ざかりの君たちへ’のキャスティングはまだ、準備段階にある。
SMエンターテインメントの関係者は3月10カソウル新聞NTN通話で“まだ、キャスティングに対して決定された事項はない。”と明らかにした。

花ざかりの君たちへ1 韓国ドラマ制作準備中

‘花ざかりの君たちへ’は男子高等学校を背景に美男子軍団の物語を描くつもりだ。
主要人物である男装をした女子主人公と男子二人主人公、以外に、多くの男子学生が登場する分、これを演じる俳優が必要な状況。
この関係者は“SM所属歌手たちが出演をする可能性があるけど、何人くらいが出演するかはまだ決まっていない。調律中である”と説明した。
今回、ドラマの原作‘花ざかりの君たちへ’は1996年~2004年まで連載された作家中条 比紗也(なかじょう ひさや)の作品で、日本現地でも約1,700万部の販売高をあげた。

花ざかりの君たちへ2

韓国内でも断行本とスペシャルエディションなどの形式で発行され大きな人気を得た。
特に、2006年台湾で‘花樣少年少女’と2007年日本で‘花ざかりの君たちへ:美男パラダイス’でドラマ化され、大きな人気を得た。
‘花樣少年少女’は放映当時、最高視聴率を記録して、台湾歴代視聴率トップ10に名を載せた。
韓国版ドラマ‘花ざかりの君たちへ’も青春たちだけが持つ夢と希望、挑戦に対する物語を描いたコミック溌剌青春学院物、16部作として企画され、2011年夏の放映を目標で準備中である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/384-a90c9c18
    この記事へのトラックバック