JYJパク・ユチョンが日本|ジェジュンキラーJ|ジュンスVライン

2011年03月10日 03:18

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス近況

JYJパク・ユチョンが日本へ|ジェジュンキラーJに変身|ジュンスVライン

パク・ユチョン(JYJ)側、日本出国‘リプリー’ではなく‘スリーボーイズ’追加撮影のため

男性グループJYJパク・ユチョン側が3月7日日本へと出国した本当の理由を明らかにした。
3月7日あるメディアは“パク・ユチョン側がMBCTV韓国ドラマ‘グッドバイミスリプリー’撮影のためにキム・スンウ、イ・ダヘと日本へ出国した”と報道した。

ユチョンファンミティング2  

これにパク・ユチョン側の関係者は“ドラマキャスティングに関して決定された事はない状況だ”と言い、“今回の出国はドキュメント映像‘スリーボーイズ’追加撮影のためだ”と伝えた。
続き、“キム・ジュンスとキム・ジェジュンも撮影のために順次的に出国する予定だ。”と加えた。
一方、‘スリーボーイズ’はJYJメンバーたちの個別旅行旅程を撮ったプライベートドキュメント映像だ。

‘チャクペ(相棒)’後作として名を上げているパク・ユチョンお茶の間に復帰?

▲パク・ユチョン、カン・へジョン、イ・ダヘ、キム・スンウがMBC新月・火韓国ドラマ‘グッドバイミスリプリー’出演にキャスティングの提案をされた。
このドラマの関係者によれば演技者たちは契約書にサインはしていないが、出演を肯定的に検討中であると知られている。
特に‘トキメキ☆成均館スキャンダル’で演技者として可能性を見せた歌手出身である演技者パク・ユチョンの出演可否に多くの関心が傾いている。

グッドバイミスリプリ-パクユチョン1

確定されれば、6ヶ月ぶりのお茶の間への復帰になる。
‘グッドバイミスリプリー’は‘チャクペ(相棒)’後作として5月に放送される予定である。

‘パク・ユチョン弟’パク・ユファン、JYJファンミティングに参席するのか?

新人パク・ユファン、グループJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)ファンミティングゲストで参席するのか?
JYJは3月12日ソウルジャムシル室内体育館でファンミティングを行う。
‘出会い’と‘トキメキ’、‘親しみ’と‘告白’をテーマで行われるファンミティングはJYJとファンたちが久しぶりに会う席である分、JYJ各メンバーたちの個人舞台を披露して、ファンと疎通できる場が作られる。

ユファン ユチョンファンミティング1

これだけではなく、JYJが直接招待したゲストも出演して、JYJと共に真率な話をファンたちに聞かせる予定だ。
従って、出演ゲストに対する関心が高まっている。
特に、パク・ユチョンの弟であるパク・ユファンの出演可否も注目されている。
パク・ユチョンにとってパク・ユファンと言う弟は、大切と言う言葉だけでは物足りない存在である。
ユチョンは弟からもらったブレスレッドをいつも着用しているほど、弟に対する思いが強い。
ユファンが初めて兄(ユチョン)に贈り物として渡したブレスレッドの話は有名な話である。

ユファン ユチョンブレス1 
JYJミュ-ジックエッセイ撮影ユチョンブレス2

*元東方神起、JYJユチョンブレスレッド(ティファニーリターントゥオーバルタグブレスレット)

パク・ユファンは2月初放送されたMBC週末韓国ドラマ‘きらきら輝く’を通じて演技者としてデビューした。
JYJ、パク・ユファンの広報を任じているプレーンは3月8日“パク・ユファンは今回、ファンミティングゲストで参席しない。”と言い、“ドラマの撮影スケジュール上、参席することは難しいそう。忙しい振りをしてるのではなく、彼はまだ、新人のために撮影場で待機する時間が長いから、どうしようもない”と語った。

パク・ユファン“兄のパク・ユチョンと比較?負担にはならない。”

“兄と比較される事ですか?全然、負担を感じてません。”
パク・ユファンは新人俳優に見えないくらい余裕を持っていて、堂々とした感じを持っている。
パク・ユファンはMBC新週末韓国ドラマ‘きらきら輝く’で‘幼い叔父’ハン・ソウ役を芸能界で一歩を踏み出した。
新人であるけど比較的に自然な演技でハン・ソウキャラクターに同和され、視聴者たちに好評を受けている。
先に芸能界にデビューした兄であり、JYJのパク・ユチョンの影に隠れれしまうと言う一角の心配は杞憂に過ぎなかった。
“兄と比較される事に対して負担は全然、ないです。兄弟だから競争者と感じる事もないし、兄が芸能人だから、もっと心強いです。” 

彼が伝儀をすると心を決めたのはパク・ユチョンの影響が大きかった。
パク・ユファンは“アメリカで暮らしていた時、韓国ドラマとシトコムを楽しく見ていたが、大人になって演技をすると言う思いはなかった。韓国に帰国した後、兄が‘トキメキ☆成均館スキャンダル’演技授業受けるのを見て、本格的に演技をしたいと心決めました。”と語った。

ユファンきらきら輝くユチョンブレス

パク・ユチョンは演技申告式をするパク・ユファンを応援するために8日に‘きらきら輝く’製作発表会へ訪問して視線を集めたことがある。
兄が事前に予告もなく来たので、驚いたと話す彼の顔には兄パク・ユチョンに対する感謝の心があふれていた。
“兄と幼いごろは良く喧嘩をしました。しかし、今は一緒に遊んで、兄と私の部屋で一緒に寝たりもします。また、疲れたかと聞き、わざっと笑わせたりします。”
外貌から足のサイズ、ファッションまで似ている点が多いパク・ユファンとパク・ユチョン。
親も頼りになる兄弟に心から信頼を送っている。
彼は“親は私が始めて演技をすると言った時、全然、反対しませんでした。むしろ、心を固めてずっと走って行ってと助言をしてくれました。兄は厳しい道だと止めようとしたが、今は応援してくれます。”

ユファン ユチョンブレス

このような家族の耐えない応援はパク・ユファンにいつも力になっている。
“‘きらきら輝く’初放送が終わった後、親は初めてだけど、本当に良くやったと話してくれました。兄は‘サムチョン(パク・ユチョンは自分より10歳も上のキム・ヒョンボムとキム・ヒョンジュのサムチョン(叔父)ハン・ソウで登場する)’とからかったりしながらも、褒めてくれました。”
パク・ユファンはパク・ユチョンに自慢の弟になりたいと言った。
彼は“これから、ハン・ソウと言う人物を通じて一生懸命にする俳優として認めてもらいたいです。これからも兄と共に演技に対する悩みを交わしながら、一生、演技者として暮らしたいです。”と抱負を明らかにした。

JYJ地下鉄広告、ファンたちの応援に視線が…

ファンたちが地下鉄広告でグループJYJを応援していて注目を受けている。
JYJファン連合は3月7日から一ヶ月間、ソウル地下鉄駅、アプグジョン、ジャムシル、シンチョン、市庁、センルン、本大入口、コン大入口、江辺(カンビョン)、ジョンロ3街など21個駅の中、スクリーンドアーへJYJ広告を載せ始め、視線を引いている。

JYJあなたを応援します 地下鉄1

JYJ地下鉄広告には、この広告中ではJYJキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス3人と顔と共に‘JYJ,あなたの青春を応援します。’、‘キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス地上波行き急行列車を乗れ’などの文句が書かれている。
JYJ地下鉄広告が話題になったのは、JYJメンバーであるキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスがSMエンターテイメントで出た後、JYJと言う名前で音盤及びコンサート活動を活発に広げているけど、特に地上波放送には出られないからである。
また、最近、JYJはケーブル放送QTVから、急にリアールTV放送不可通報を受けながら、噂だけであった、外圧説が事実ではないかという疑いを払う事ができない。
JYJファンたちはバスと地下鉄広告を通じて、ファンたちの力でJYJを地上波へ出させる事が出来るかに注目が集まっている。
また、ファンたちは最近‘アイラブJYJドットコム’と言う専用インターネット放送局を設立して彼らの活動を支援したが、開局からたった4日で閉めることなった。

JYJ地下鉄広告“地上波行き列車に乗れ”ソウル地下鉄21ヵ所案内板掲載

前東方神起メンバーであるキム・ジェジュン(ヨンウンジェジュン)、パク・ユチョン(ミキユチョン)、キム・ジュンス(シアジュンス)になっているグループJYJのファンたちが地下鉄広告で彼らに力を出している。
最近、オンラインコミュニティーにはJYJファンたちか作った地下鉄広告写真が掲載され、ネチズンたちの目を引いた。
この広告は7日ソウル地下鉄、ソウル地下鉄駅、アプグジョン、ジャムシル、シンチョン、市庁、センルン、本大入口、コン大入口、江辺(カンビョン)、ジョンロ3街など21個駅の中、スクリーンドアーへJYJ広告を設置した。
広告は7日から一ヶ月間、維持される。

JYJ ジジェジュン ニュースタイム18

広告中にはJYJメンバー3人の顔と共に‘JYJ<あなたたちの青春を応援します。’、‘キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス地上波行き、急行為列車に乗れ’などの文句が載せられている。
JYJ地下鉄広告が話題になったのは、JYJメンバーキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスが前所属会社SMエンターテイメントを出た後、‘JYJ’と言う名前で音盤・コンサート活動を活発に広めているが、特に地上波放送には未だにも、出られないからである。
多くの人々はJYJのファンたちが現在地上波を初め、ケーブル放送出演とそれ以外の活動に難航をしているJYJの現状況を大衆に知らせ、応援するために、1月末及び、2月のバス広告(ソウル、大田、テグ、釜山、グァンジュ総120台)に続き、地下鉄広告に出た事とみなされている。
一方、ファンたちはバス、地下鉄広告だけではなく、最近、‘アイラブJYJドットコム’と言う専用インターネット放送局を設立して彼らの活動を積極的に支援している。
これにネチズンたちは“ファンたちの誠意が凄い。”、“1億6,000余万ウォンを集めたって、本当に凄い。”、“本当に凄いファンたち”、“ファンたちの願いが叶いますように・・・”、“これしか出来ない現実が胸を痛ませる。”、“JYJが広告を見て力をもらって欲しい。”など多様な反応を見せた。

JYJジェジュン、‘キラーJ’変身“ワールドツアー準備中”

アイドルグループJYJメンバーキム・ジェジュンが完璧さの裏に悲しい事情を抱いているようなキラー役割で戻って来た。
‘エルアットティーヴィー(ELLE atTV)’は7日、映画のような感性、画報‘ミュービースチール:ジェジュン編’のプロモーション映像を公開した。

JYJ  キラ-J ジェジュン2

今回‘ミュービースチール:ジェジュン編’は外面的には完璧に見えるけど、その裏にある悲しみと孤独を隠しているキラーJの一日を扱う内容である。
映画の中、一場面のようなスチール映像を感覚的な背景音楽と共に撮ってあり、主人公でキム・ジェジュンが熱演を広めた。

JYJ キラ-J ジェジュン3

撮影関係者は“久しぶりに活動を再起したお陰なのか、キム・ジェジュンは以前より、最も成熟した姿で実際姿と混同されるほど‘孤独なキラーJ’役割を完璧に演じた”と明らかにした。

JYJ キラ-J ジェジュン1

キム・ジェジュンは“JYJとして活動を始めながら、心構えと‘ミュービースチール’の落ち着いて叙情的なコンセプトが良く合い、良い結果物が期待される。”と言い、“正確な日程は出てないが、アメリカで発売する音盤とワールドツアーなどを準備中”だとこれからの活動を知らせた。
ミュービースチール:ジェジュン編のプールストーリ映像は3月18日午後11時に確認できる。

JYJキム・ジュンス、久々に近況公開‘Vラインになった~’

JYJメンバーキム・ジュンスが久々に近況を公開した。
キム・ジュンスは6日ジュンスツイッターに‘ハイ!(アンニョン: 안녕 )’と言う短い挨拶と共に一枚の写真を載せた。
ミュージカル公演で疲れたようなに、顔の肉が落ちている姿だった。

JYJ  Vラインジュンス1

また、黒い色に染めた髪の毛と白い袖なしシャツが男性らしい魅力を出した。
ネチズンたちは‘やせましたね。疲れて見える。’、‘やせると完璧なVライン完成’、‘ジュンスを見るとダイエット刺激剤になる’などの文句を載せた。
キム・ジュンスは現在、ミュージカル‘天国の涙’へ出演中である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/383-1a1bb4f8
    この記事へのトラックバック