--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ専用インターネット放送局3月3日開局とその意味

2011年03月08日 00:35

JYJ専用インターネット放送局3月3日開局とその意味(サーバーダウンによって3月4日開局)

JYJ専用放送局が重要な理由

JYJだけのために専用放送局が3日午後にオープンされた。
芸能人のための放送局が重要に近寄っている理由はその中に隠れた不合理的にもののためだ。
社会階層の両極化が深化され、必然的に出てくるしかない一方性が社会的な問題に台頭されている状況でJYJ専用放送局は多くのことを思わせる。
巨大な力と対抗する多数に小さな力、成功が重要である。
JYJとSMとの対立は裁判所の判決が下されても相変わらず、現在進行形出る。

JYJインタ-ネット放送局4

意図的にJYJの活動を妨害すると1回に当り2,000万ウォンを支払えと言う判決を受けたにもかかわらず、SMの露骨的な妨害は続きそうに見える。
既に、彼らは法律の上に君臨する存在と考えている。
肥大になった企画会社は法の上に君臨する。
肥大になた企画会社は数え切れない多くのお金を儲けることを越え、大衆文化の一軸を担当するアイドルファンドームを左右し自分の力を誇示する事に余念がない。
SMだけではなく、殆ど大部分の巨大企画会社たちが行うこのような方式は既に、放送編成まで影響を与えており、自分たちだけのための論理を構築する事に余念がない。

公正であるべき放送は既に公正と言う単語を死語にさせたのは古い。

MB政権の言論掌握によって公正な言論は消えて、徹底的に権力に寄生して、資本蓄積に執着する集団に変ったのは新しくない。
MBC社長オム・キヨンの事例だけを見ても、人間の貪欲がどんなに驚くのものかを知らせてくれる。
彼らはSMと力一杯戦って、奴隷契約と言う、裁判所でも認めた間違った契約慣行を直した。
JYJによって絶対変らなさそうだったSMが10年を越える契約期間を縮めつしかなく、この結果はSMに残っている芸能人たちが享受する恵沢になった。

JYJインタ-ネット放送局5

法廷戦いをしている状況でSMは自分たちだけの論理を出し、所属芸能人たたちを強制できない。
このような状況は反対級部に残された彼らに公正な方式が自然に適応されるように作られた。
この変化を引っ張ったJYJは今にも‘裏切り者’と言う話を聞いているが、彼ら(JYJ)の努力がなかったら、SMが自ら契約期間を縮め、合理的に契約をしようと努力したか?
権力は外部の干渉がないと絶対に変らない習性を持っている。
ゴリアテSmとの法廷戦いで勝利をしたけど、未だにもJYJには越えないといけない山が数多く待っている。
編成まで終わらせて放送日時だけを待っていた多くのファンたちを虚脱にさせたQTV論難はもう一度、JYJに対する見えない力の影響力を感じさせる。

JYJインタ-ネット放送局6

MB政権によって終編チャンネルを受けたチョジュンドン。
彼らが運営するケーブルがJYJ放送を一方的に取り消した理由には巨大な力を持った企画会社があることを今は、誰もが知っている事実だ。
政治的な性向を見せたこともないJYJがこのような扱いをされるしかないのは単に、一つの理由しかない。
JYPがパク・ジェボムを置いて、‘謝罪取引’を通じて活動が出来るようにした事件だけを見ても、マピアのような巨大企画会社の横暴が理解できる。
巨大企画会社の行動大将のような利益団体たちが放送局を脅迫しているような公文を送り、目障りになっている芸能人の出演を妨害する形態はむちゃくちゃになっている韓国大衆文化の現実を見せているようで口が苦い。

JYJインターネット放送局が新しい価値を作る。

放送が巨大な力によって左右される状況で、ファンたちは自発的に力を合わせ好きなスターが心行くまで思う存分自分たちの話が出来る小さな放送局を開設したのは意味がある行動である。
インターネットを基盤にした放送だけど、JYJを自由に見て放送と言う枠で彼らと会えると言うことだけでもファンたちには充分に幸せな事になりそう。
外部の干渉なしでJYJの多様な姿を放送と言う枠で接するようになった事は新たらしい時代が開拓されたことを意味する。

JYJインタ-ネット放送局開局2

巨大な力によって既存放送媒体で徹底的に封鎖されている状況で、自ら出口を見つけ、代案を作り上げるファンたちによって、JYJは全世界の人たちと一緒に出来る特別な放送局を持つようになった。
インターネットに接続できる人であれば、誰でも簡単に接続して彼ら(JYJ)の全てを接する事ができる。
専用放送局の登場と成功は以降、類似な状況に対して模範答案して迫って来るようだ。
単純に、芸能界で極限されていることではなく、社会全分野の疎外されている自分たちの話を多様に伝える代案媒体として、席を固められるのかは‘JYJインターネット放送局’の成功に左右されると言っても過言ではない。


先の話しが非弱に聞こえるかもしれないが、成功事例は多様な価値を量産させるからである。
‘JYJインターネット放送’の成功は類似な状況に置かされた人々には勝ちのある通路として作用するだろう。
大衆文化だけではなく、多様な社会団体でも既製放送で接する事のなかった進度深い話を交わす事も出来る空間として活用できるからだ。
非営利を目的に放送される‘JYJインターネット放送局’は巨大なゴリアテと戦ったダビデの石のような役割をするだろう。

JYJインタ-ネット放送局開局1

小さいけど、どのように活用するかによって全然、様相も出来なかった成果を得る事もあるから。
重要な事は単純にファンドームで終わってはその限界が明確にされない点だ。
中心は‘JYJ’のための空間にならないといけないけど、その中に多様な価値を持って行動せねばならない。
実際、JYJとファンたちが疎外された人々を助ける事に先立つ事とか、多くの人々の模範になる事を多くするように、放送を通じても社会的に弱者を助ける事に前に立ち、彼らと一緒にしようとする努力を倍加させれば、その活用道と成果はより意味のある事と近寄って来るだろう。

JYJインタ-ネット放送局開局6

ファン心で始めた‘JYJインターネット放送局’がどのような成果を挙げるかは誰も知っていない。
コーヒーコップの台風のように、或いは、彼らだけのための遊び場として極限されるかもしれない。
この空間をどのように活用して次元の価値を通じてJYJをより特別な存在に作るのかはもう、彼らの手に渡された。
優しい道ではなく険しい道を歩んで来て、これからも歩んで行けねばならない彼らが単純に自分たちだけのためではなく、類似な状況に立たされている人々と一緒に出来るように意味を拡張して行けば‘JYJインターネット放送’は新しい時代を開く特別な存在になると思う。
彼らの行歩が期待される理由は彼らの純粋な選択が不合理的な社会に反旗を揚げられる‘起爆剤’になるかもしれない。

“JYJ専用構想局”ファン心、芸能界を変えられるか?

放送出演取り消しへの突破口|主流メディア外のファンドーム現状に注目

所属会社との不公正契約問題でグループ東方神起から脱退したJYJの放送出演が取り消されることが繰り返されると、ファンたちは自らインターネット放送局を開局して新しい突破口を作っている。
JYJのファンたちは3月3日JYJの近況と音楽、ミュージックビデオなどを紹介するインターネット放送局'iloveJYJ.com'をオープンした。

JYJインタ-ネット放送局4

この放送局はポータルサイトNAVERカフェに開設されて、動画サイトユーチューブでも同時に視聴が可能である。
カフェ側によると、準備期間は50日、70余名のファンたちがボランティアで開局に参与した。
このような現状はスターを追従する方式が主になっているファンドーム文化が体系化されたマネジメントの一軸を担当する積極的な形態で発展している点に注目される。
特に、この場合は好きな芸能人が主流メディアで疎外されると、その外のファンたちだけのメディアを作って新しい流通窓口を作った点で有意味な現状として受け入れられている。
JYJファンたちは音盤発売後、放送出演が出来ないJYJ広報のために、最近は自発的にお金を集め、市内バス路線に印刷広告を掲載して話題を産み出した事がある。
このような動きが多様な権力構造で作りあがった芸能産業の版図を引っくり返す事には限界があると言う事は間違いないけど、ファンドーム文化が主流メディアに徹底的に依存芸能システムに亀裂を入れたり、反対に、補完するほど成長した点が鼓舞的である。

JYJインタ-ネット放送局開局5

こんな中、JYJ所属会社は3月1日ケーブルチャンネルQTV出演計画が再び取り消された知らせを明らかにした。
QTVはスターの近況と生活姿などを24時間密着取材する‘JYJのリアールTV’を2月初から放送する予定だったが、所属会社側に突然、編成取り消しを通報した。
一部放送分の撮影まで行われた状況で放送が取り消されると、一角では東方神起脱退に不満を表していたSMのエンターテインメントの影響のせいだという主張が提起された。
しかし、QTV側は明確な解明がなく“単純に内部事情と編成が合わなかったため”と言う立場だけを表した状態だ。
JYJインタ-ネット放送局開局4

ある放送社のPDはこれと関連して“SMで出演を止めて欲しいと言う具体的な承諾があったと言うよりは芸能でもアイドル歌手の依存度が高くなっている現実で、SMと悪い仲を維持したいと思う制作陳はいないと見るのが最も正確だろう。”と語った。
先に大型マネジメント会社が参与している韓国芸能製作者協会など8個の団体が集まった韓国大衆文化芸術産業総連合会は2010年10月地上波放送会社とケーブル放送、音盤会社、音韻流通会社などにJYJの放送出演自制を要請したことがある。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/381-6d7fdd0e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。