--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマローヤルファミリーあらすじ|‘ローヤルファミリー’2話解説あらすじ

2011年03月04日 19:37

韓国ドラマローヤルファミリーあらすじ|‘ローヤルファミリー’2話解説あらすじ

‘ローヤルファミリー’2話ヨム・ジョンア、優しい演技終わり反転女登極

俳優ヨム・ジョンアが整然なキャラクターを捨て、冷たい瞳演技を見せ、大反転を予告した。
MBC新水・木韓国ドラマ‘ローヤルファミリー’初回(1話)から速い展開で緊張感に加速度が付いた中、3月3日放映されたローヤルファミリー2話ではヨム・ジョンアが今まで見られなかった反転キャラクターを予告してドラマの面白みを加えている。
3月3日放映されたドラマ‘ローヤルファミリー’2話ではヨム・ジョンアは慰謝料ももらえず、息子まで奪われる状況に立たされ、ドラマの中盤まで凄然な表情で視聴者の心を痛ませた。
特に、コン・スンホ会長(キム・ヨンエ)を訪ねたジフン(チ・ソン)がインスク(ヨム・ジョンア)を禁治産者に作り上げようとする計画に関して問い詰める。

ロ-ヤルファミリ-2話-1 チソン ヨムジョンア

これにコンスンホはインスクを直接呼び、これを解明させ、インスクは操り人形のように事実ではないと自ら語ることに達し、財閥家で影のように生きて来たキム・インスクのキャラクターが悲痛な女性として終わりを打つ様だった。
しかし、有力大選挙候補であるペク・ヒョンイン議員を自分の手に入れようとするコン・スンホ会長の謀略が広められるとキム・インスクの隠れた人脈中にペク・インヒョン議員の夫人であるチン・スクヒャンがいる事が水面に上がって来た。
奉仕活動会で‘天使’と呼ばれ、今まで誠実に奉仕活動をして来たキム・インスクが、一体、どんな目的で次期大権候補の夫人と親密に過ごして来たのかの可否はまだ、現れてない状況。
しかし、ドラマが2話の終盤に向けて行けば行くほど凄然な表情のキム・インスクが段々と心を読めない無表情で落ち着いた表情への変化しながらローヤルファミリー1話で知っていたキム・インスクの姿ではないことを予感させた。
続き、ローヤルファミリー2話の最後の部分に行くとキム・インスクは妙な微笑を浮かばせながらオム執事(トン・ノミン)を呼び、JKの職印が押された書信を誰かに伝達する。
“決心が付いたのか?”と聞く執事の質問に“止められなかったら走るしかないです。”と答え、インスクを通じてローヤルファミリー3話からは本格的に広められる大反転を予告した。
ローヤルファミリー2話が終わるや否や‘ローヤルファミリー’の視聴者掲示板は“ヨム。ジョンアがチ・ソンの母かも知れない。”、“ヨム・ジョンアが悪役ですか?”、“段々と興味深くなるドラマ!ヨム・ジョンアが可哀想なキャラクターではなかったですね!”、“ヨム・ジョンア、完全に緻密だね!あのように後ろから攻撃をするとは思わなかった。”などヨム・ジョンアの反転キャラクターに対する意見が溢れていた。
これは‘ローヤルファミリー’が単純な財閥家の後継者戦いに関するドラマではなくて、キム・インスクキャラクターも単純に可哀想なキャラクターではなかった事の皆が驚きながらも歓迎する雰囲気だった。
一方、視聴率調査機関AGBニルソンメディアリサーチによれば、3月3日放送された‘ローヤルファミリー’は韓国全国視聴率7.3%を記録した。
同時間帯に放送されたSBS韓国ドラマ‘サイン’とKBS2TV韓国ドラマ‘いばらの鳥’は各23.8%と6.9%の視聴率を見せた。

‘ローヤルファミリー’ヨム・ジョンア、優しい演劇終わり、3話からは大反転予告

3月3日放送された韓国ドラマMBC水・木ドラマ‘ローヤルファミリー’(脚本:グォン・ウンミ、演出:キムドフン)2話でヨム・ジョンアは今まで見られなかった反転キャラクターを予告した。
‘ローヤルファミリー’2話で財閥家の影のように生きて来たヨム・ジョンアは慰謝料ももらえず、息子(親権)まで奪われる状況に置かれながらも凄然な表情を見せ、視聴者たちの心を痛ませた。
しかし、有力大選挙候補であるペク・ヒョンイン議員を自分の手に入れようとするコン・スンホ(キム・ヨンエ)会長の謀略が広められるとキム・インスク(ヨム・ジョンア)の隠れていた人脈の中でペク・ヒョンイン議員の夫人であるチン・スクヒャンがいる事が水面上に浮き上がった。

ロ-ヤルファミリ-2話-2 チソン ヨムジョンア

奉仕会で‘天使’と呼ばれるほど誠実な奉仕を広めていたキム・インスクがどんな目的で次期大権候補の夫人と親密に過ごして来たのかの可否はまだ明らかになっていない状況。
‘ローヤルファミリー’2話の後半に行くとキム・インスクは無表情で落ち着いた表情へと変っていた。
そして、‘ローヤルファミリー’2話最後には妙な笑みを浮かばせて執事(チョン・ノミン)を呼び、JKグループの直印が押された書信を誰かに伝達して、“止められなかったら走るしかないです。”と言う意味深長な言葉を口にして大反転を予告した。
放送直後、視聴者掲示板には“段々と興味をもたらせてくれるドラマ”、“ヨム・ジョンア、本当に緻密だね。あのように後ろから攻撃するとは思いもしなかった。”などドラマの丈夫なストーリと立体的なキャラクターに対する感嘆が溢れた。
一方、放送初めから速い展開と俳優たちの好演で視聴者の目を奪ったドラマ‘ローヤルファミリー’は毎週水・木夜9時55分MBCで放送される。

‘ローヤルファミリ’ヨム・ジョンア、典型的な悲運の女性?大反転予告

俳優ヨム・ジョンアが大反転キャラクターを予告して関心が集中している。
3月3日放送されたMBC水・木ドラマ‘ローヤルファミリー’(脚本:グオン・ウンミ、演出:キム・ドフン)2話分でヨム・ジョンアは財閥家悲運の女性から脱皮しようとする姿が描かれた。
ドラマの中でキム・インスク(ヨム・ジョンア)は夫が事故で亡くなった後、JKグループから慰謝料ももらえず、息子まで奪われそうになった状況に立たされ、ドラマの中盤まで凄然な表情で視聴者の心を痛ませた。
特に、コン・スンホ(キム・ヨンエ)会長を訪ねたハン・ジフン(チ・ソン)がキム・インスクを禁治産者の作り上げようとする計画に対して問い詰めた。
これにコン・スンホ会長はキム・インスクを呼び、これを解明させ、キム・インスクは操り人形のように事実ではないと自ら語った。

ロ-ヤルファミリ-2話-3 チソン ヨムジョンア

財閥家で影のように生きて来たキム・インスクのキャラクターが悲痛な女性で終わりを告げるようだった。
しかし、有力大選挙候補であるペク・ヒョンイン議員を自分の手に入れようとするコン・スンホ会長の謀略が広められるとキム・インスクの隠れた人脈の中でペク・ヒョンイン議員婦人であるチン・スクヒャン(オ・ミヒ)がいる事が明らかになった。
奉仕会で天使と呼ばれながら今まで誠実に奉仕活動を行って来たキム・インスクが一体、どんな目的で次期大権候補の夫人と親密に仲を保って来たのかの可否はまだ、明らかになってない状況だ。
また、‘ローヤルファミリー’2話後半に行くにつれ、凄然だった表情のキム・インスクが段々、心が読めない無表情で落ち着いた表情に変りながら1話で見せていたキム・・インスクの姿ではない事を予感させた。
そして、放送終わりごろ(ローヤルファミリー2話後半)キム・インスクhが妙な笑みを浮かばせながら執事を呼びJKグループの直印が押された書信を誰かに伝達しようとした。
オム・ギド(執事)が“決心が付いたのか?”と聞くとキム・インスクは“止められなかったら、走るしかありません。”と答えローヤルファミリー3話からは本格的に広められる大反転を予告した。
典型的な悲運のキャラクターではないことが徐々に水面上に浮かんでくるキム・インスクがどんな変身をするのかに視聴者の関心が集まっている。

韓国ドラマローヤルファミリー3話あらすじ解説をお楽しみに・・・

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/374-af5941c2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。