韓国ドラマドリームハイ最終回16話あらすじ解説|‘ドリームハイ’16話最終回Kはだれ?

2011年03月02日 01:03

韓国ドラマ‘ドリームハイ’16話最終回Kはだれ?

‘ドリームハイ’スジ、テクヨンではなくスヒョンの愛を選択

結局、ペ・スジはキム・スヒョンの愛を選んだ。
‘スジバラジ’キム・スヒョンがKBS2TV月・火韓国ドラマ‘ドリームハイ’(脚本:パク・へリン、演出:イ・ウンボク、キム・ソンユン)最終回でペ・スジの心を得た。

ドリ-ムハイ16-13ペ-スジ-キムスヒョン 
ドリ-ムハイ16-14キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-15ペ-スジ-キムスヒョン 
ドリ-ムハイ16-16ペ-スジ-キムスヒョン

ヘミ(ペ・スジ)が階段の下に落とした財布の中にはサムドン(キム・スヒョン)の写真が入っていた。
最終回の‘ドリームハイ’16話でヘミは自分の閑雅とは違いサムドンに揺れる心に驚いていた。
このようなヘミの心を読んだグク(オク・テクヨン)は“無理しないで。今、君の心が何処にあるのかを知っているから・・・”と言い、“感情と言うものは無理して変るものではない。もう友達のように、仲良くしよう。”とヘミを離して、ヘミはチングクに申し訳ないと言う思いで涙を流した。
そして、EMG最終オーディションで最終合格してアメリカ進出をする事になったサムドンはアメリカに立つ前、ヘミにKペンダントをもらい、キスを交わしながら、ヘミの心を確かめた。
これで視聴者の好奇心を刺激していたチングク、ヘミ、サムドン、3人の三角関係はヘミとサムドンの愛が確認されながら幕を閉じた。
視聴者たちは“サムドン、ヘミカップルの愛、結ばれますね?”、“二人の心を確認できて良かった。”などの応援メッセージとチングク、ヘミカップルが報われなかったことに対する心残りのメッセージも残した。
一方、1月13日初放送された‘ドリームハイ’は最終回で時間が流れた後、ドリームハイメンバーたちが夢を成し遂げた姿が描かれながら、ハッピーエンディングで終わった。


韓国ドラマ‘ドリームハイ’ヘミ・サムドン別れで涙、涙、涙を刺激

キム・スヒョン、ペ・スジカップルが再び涙の演技で視聴者の涙を刺激した。
2011年2月28日終映したKBS2TV月・火韓国ドラマ‘ドリームハイ’(脚本:パク・へリン、演出:イ・ウンボク、キム・ソンユン)でサムドン(キム・スヒョン)がKペンダントの主人公、スターKだった事実が明らかになった。

ドリ-ムハイ16-9キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-10ペ-スジ 
ドリ-ムハイ16-11キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-12ペ-スジ

‘ドリームハイ’最終回でサムドンはEMGオーディションで最終合格、アメリカに進出して世界的なスターになった。
しかし、サムドンはアメリカへに渡るつもりがなかった。
サムドン(キム・スヒョン)は“大きな舞台に立って最高になれ!”と言うヘミ(ペ・スジ)に“アメリカに行くためではなく、君に見せるためだった。音楽は君であれ、君が音楽だった。君がいない何処には音楽がない。”と言いながら、アメリカ進出を諦めようとした。
しかし、ヘミは“私が心配しないくらい、惚れるくらい素晴らしくやり遂げて見せると言った言葉を覚えている?私はまだ、君が心配だ。ここが終わりなら、ずっと君を心配するから、もっと素敵になってみて!”と、辛さをこらえてサムドンをアメリカへ見送った。
そして、辛さを抱いて背を向けたサムドンの首にKペンダントをかけてあげなら、初めて愛の心を表現した。
辛さに耐えたサムドンは2018年、グレミアワーズで受賞有力候補に名を載せ、Kペンダントを首にかけて、自信を持って舞台に飛び上がった。
ヘミも自分の100回目のコンサートでサムドンへと最初の曲を捧げて、変わりなくサムドンに向けている心を見せた。

‘ドリームハイ’16話(最終回)Kが明らかになった。主人公はソン・サムドン

スパースターKはキム・スヒョンだった。
2月28日放送されたKBS2TV月・火韓国ドラマ‘ドリームハイ’最終回で韓国最初にグラミアワーズにナを輝かせたスターKがソン・サムドン(キム・スヒョン)である事が明らかになった。

ドリ-ムハイ16-17キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-18キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-19キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-20キム-スヒョン

スターKはドリームハイ1話に登場して、今までその正体に対して、視聴者の好奇心を刺激していた。
スパースターKがペンダントを持っていた手係りのため、Kペンダントがベキ(ハム・ウンジョン)、サムドン(ペ・スジ)、チングク(オク・テクヨン)、再びヘミへの順に回って、Kが誰なのかに対して、議論が広まっていた。
結局、EMG最終オーディションに合格してアメリカに進出、2018年グラミ賞を受ける事になるKは“音楽に狂った。”と言ったサムドンだった。
放送後、掲示板には“なるほどソン・サムドンがKだった。”、“キム・スヒョンの演技が涙が出るくらい素晴らしかった。”などKがサムドンである事実に好評するメッセージが多数載せられた。
一方、‘ドリームハイ’はスターの登用門、キリン芸高を背景に自分の夢に向かって、奮闘する青春の熱情を見せてくれたドラマとして高く評価を受けた。

‘ドリームハイ’ハッピーエンディングで心温まる最終回

歌手になるためのキリン芸高学生たちの夢と熱情を描いた‘ドリームハイ’がハッピーエンディングで暖かく終わった。
2月28日放送された KBS2TV月・火韓国ドラマ‘ドリームハイ’(脚本:パク・へリン、演出:イ・ウンボク、キム・ソンユン)最終回では時間が流れて2018年、ドリームハイメンバーたちの姿が描かれた。

ドリ-ムハイ16-5-キム-スヒョン 
ドリ-ムハイ16-6ペ-スジ 
ドリ-ムハイ16-7テクヨン 
ドリ-ムハイ16-8ハム-ウンジョン

先に、今まで好奇心を刺激していたスターKの主人公はサムドン(キム・スヒョン)だった。
サムドンはEMGオーディションで最終合格してアメリカへ進出、グラミアワーズ賞の強力な受賞候補として舞台に立った。
ヘミ(ペ・スジ)もデビュー後、100回目のコンサートを迎えて、ドリームハイメンバーたちと知人たちが応援する舞台でサムドンに最初の歌を捧げてサムドンに対する心を表現した。
グク(オク・テクヨン)もヒョン・シヒョクと言う名前で歌手にデビュー、数多い取材人を集まらせるスターになり、ベキ(ハム・ウンジョン)はキリン芸高の先生になり、以前、シ・キョンジン(イ・ユンジ)先生と似た姿で目を引いた。
ピルスク(アイユ)、ジェイソン(チャン・ウヨン)カップルも相変わらず、甘いお互いに対する心を続けていた。

ドリ-ムハイ16-1アイユ 
ドリ-ムハイ16-2アイユ-ウヨン 
ドリ-ムハイ16-3-カンオヒョク シキョンジン 
ドリ-ムハイ16-4-マ社長

以外にも、オヒョク(オム・キジュン)、キョンジンカップルとデュシック(アン・ギルカン)、オソン(アン・ソンヨン)カップルが結婚にゴールインした姿が描かれて皆がハッピーな感じに終わった。
視聴者はハッピーエンディングに終わった結末に“大きな余韻が残る名作だ。”、“夢を育てて行くドラマ、素晴らしい”と言い、満足しながらも“最後が物なりない感じで惜しい。”、“早くシーズンツーを作ってくれ。”と言う心残りを共に表せた。

関連記事


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/372-0efa4f90
この記事へのトラックバック