--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の彼女は九尾狐あらすじ: 僕の彼女は九尾狐 第4話-上部

2010年09月27日 03:43

 

彼女九尾狐あらすじ第4話は長いので、2回に分けて紹介したいと思います。

韓国水・木ドラマの僕彼女九尾狐視聴率は、1話から12話までは10%ちょっとでしたが、13話、14話で20%を超えました。

テレビでの放送を楽しみにしている方は彼女九尾狐あらすじ第3話の上部だけ読んで、下部は残した方が良いと思います。

ネタバレって見れない人には良いけど、楽しみにしている方には迷惑かも知れないので...

現在、水、木に放送されている韓国ドラマはイタズラなKiss 、僕彼女九尾狐(クミホ)です。



彼女九尾狐あらすじ 4上部


空から狐雨が降ってくる。きっと、ミホが泣いている


デウン(イ・スンギ)、体が可笑しい!

ミホ(シン・ミナ)、ごめん。

僕の彼女は九尾狐 第4話 イ・スンギはシン・ミナを探して戻る


デウン(イ・スンギ)は水を怖がるミホ(シン・ミナ)を遊覧船に残して、ミホから逃げようとするが、空から降ってくるミホの涙、狐雨がデウンの足を引っ張っている。

泣いていたため、力を使い果たしたミホは狐に変わりつつ、遊覧船で遊んでいた子供に変わりつつある姿を見せてしまう。

ミホは急いでトイレに身を隠していたが、遊覧船が港に着いたため、降りなきゃいけない。

船の乗務員は方付けのため、みんなに降りてもらうことを頼んでいるが、ミホはトイレから出ることができない。

デウン(イ・スンギ)は遊覧船に戻って、変な人を見たと言う子供と親の話を聞き、ミホを探し始める。ミホがトイレに隠れて出て来なかったという、話を聞き、デウンはトイレに向かう。

トイレのドアーがかかっていることで、乗務員は鍵を取りに行き、その際、デウンはミホを呼ぶ。

ミホは自分の姿を見ると驚くと言うが、デウンはドアーを開けるよう頼む。

ドアーが開いて、見えるミホの姿は…

僕の彼女は九尾狐4 シン・ミナは人間じゃない


デウンはテーブルクロスをミホに被せて、
二人で船を降りるが、乗務員に追いかけられ、
テーブルクロスを奪われる。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギ無意識にミホを抱く


その瞬間、デウンはミホを抱きしめ、ミホの姿を隠そうとする。

僕の彼女は九尾狐4イ・スンギ無意識にミホを抱いて別の世界


ミホは徐々に人間の姿に戻りつつ...

僕の彼女は九尾狐4ドンジュ(ノ・ミヌ)お寺へ行く


一方、ドンジュはミホがいたお寺に行って、絵を元に戻すので、少し待ってもらうことを頼む。

僕の彼女は九尾狐4イ・スンギとシン・ミナ帰宅中


二人で家に帰る際、デウンはお金も無く、オーディションも受けられず、残念だったことをミホに話す。

僕の彼女は九尾狐4イ・スンギ 俳優の夢を語る


デウンは自分が練習してきた役を演じて、アクションのシーンをミホに見せる。

デウンのアクションのシーンを褒めてくれるミホのおかげで少し気分が晴れたデウン。

僕の彼女は九尾狐4イ・スンギ・シン・ミナ壁が壊れる


デウンの真似をするミホが面白いと思ったデウンは、壁を蹴る。

それを見て、ミホもデウンの真似をして壁を足で蹴るが、壁にひびがいく。

二人は慌ててその場で身を隠れるが、その時、映画監督が壁にオシッコをして、壁が破壊されてしまう。

僕の彼女は九尾狐4イ・スンギ監督を助ける


デウンの助けで、小判所から出ることができた映画監督はデウンにも一度、オーディションのチャンスをあげる。

僕の彼女は九尾狐4カルビ大好きシン・ミナ


オーディションを受けることになったデウンは嬉しくなって、
ミホを探すが、ミホはごみ箱から拾った牛の骨をなめている。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギ シン・ミナにびっくり

その姿を見てびっくりするのもちょっとの間だけ。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギ ミホのために買い物


デウンは汚れたミホの服を見て、ミホを連れて買い物に行く。

デウン(イ・スンギ)は服と人間らしく生活するために必要なものをミホのために選んでいる。

僕の彼女は九尾狐4 シン・ミナ 牛肉大好き 

でも、ミホ(シン・ミナ)は服より牛肉の方が嬉しい。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギ チカチカ 


家に戻ったデウンはミホに、歯ブラシを使って歯を磨く方法を教える。

僕の彼女は九尾狐4 シン・ミナのチカチカ

歯磨き粉も、乳液も全部飲んでしまい、美味しいって言うミホを見て笑う。

僕の彼女は九尾狐4 新しいワンピースを着たシン・ミナ 

ミホは綺麗に磨いて、デウンが買ってくれた新しいワンピースを着て出てくる。
それを見て、デウンも一瞬だが、綺麗さに魅了される。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギ ミホに基礎化粧品をつけてあげる 

デウンはミホに基礎化粧品の使い方を教えて、二人は楽しい夜を過ごすが、
デウンに狐玉の話を聞かれて、ミホは肉も食べずに寝たふりをする。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギのために蚊を捕まえているシン・ミナ


デウンが寝ている間、ミホはいつものようにデウンに蚊が寄らないよう蚊を払っている。

僕の彼女は九尾狐4 イ・スンギのためにできることが無い。お休みなさい 

おやすみなさい、デウン(イ・スンギ)。
良い夢見て、明日はきっと良いことがありますように...


次回の僕の彼女は九尾狐 あらすじ第4話 下部もお楽しみに・・・

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/37-ab34abd3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。