JYJ,SM相手に勝訴‘ゴリアテ相手に真実の勝利’

2011年02月17日 18:46

JYJ,SM相手に勝訴‘ゴリアテ相手に真実の勝利’

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス勝訴1

ソウル地方裁判所は2月17日SMエンターテインメント(以下SM)が東方神起の以前メンバーキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスを相手に提起した仮処分異議申請及び専属効力停止仮処分申請を全て棄却した。
裁判所は“SMとJYJの専属契約は芸能人が自分の独自的な意思決定を持ったず、芸能企画会社の一方的な指示を遵守するようになっている従属型専属契約に該当する。”と言う理由でSMの仮処分異議申請を棄却した。
続き、“JYJは交渉力に置いて、SMに比して熱悪な位置に置かれており、SMの措置にそのまま従うしかなかった。投資危険減少或いは安定的な海外進出などの名分で極端的な長期間の従属型専属契約が正当化されない。長期間の専属契約期間以外にも、SMがJYJの行動全てに関して指揮・監督権を行使できる条項、或いは過度な損害賠償額条項も全て契約の従属性をより強化、JYJにとって、一方的に不利な条項に該当するため、無効”と宣告した。

また、SMとJYJとシージェスエンターテインメント(以下シージェス)間の契約効力を停止するよう申し出た仮処分申請に対しては“SMがJYJとシージェス間の業務委託効力まで停止する事を求めるのは2009年10月27日、SMに対してJYJの独自的な芸能活動を妨害しない事などを命じる仮処分決定に正面で反する申請のため、許容されない。現在としては、SMがJYJの芸能活動に対して、専属契約に期する管理及び監督権を行使できない。”と言って棄却した。

シージェスペク・チャンジュ代表は“ゴリアテを相手にする難しい戦いを黙って勝ち抜いているJYJメンバーたちとスタフに尊敬とありがたい気持ちを伝えたい。真実の勝利と思ってこれからは二重契約などの論理でJYJの活動を妨害することがないようにと願っている。JYJが大衆に最高の姿を見せる事が出来るよう努力する。”と明らかにした。

JYJ、SMに再び勝訴

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス勝訴2

裁判所“JYJ独自的な芸能活動適法、JYJがSMに再び勝訴して芸能活動に青信号が着いた。”
ソウル中央裁判所(民事合意第50部 裁判長 チェ・ソンジュン)は2月17日SMエンターテイメント(SM)がJYJ(キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンス)を相手に提起した仮処分異議申請及び、専属契約効力停止仮性分申請を棄却した。
裁判所は2009年JYJメンバーたちがSMと締結した契約は無効であり、従って、独自的な芸能活動を保障すると言う仮処分決定を下した。
これに、SMは2009年10月27日裁判所の仮性分異議申請を提起し、裁判所は“裁判所の決定は適法であり、SMが契約有効を主張してJYJメンバーたちの芸能活動を妨害してはいけない。”と最終的にJYJの手をあげた。
裁判所は▲この専属契約は芸能企画会社の一方的な指示を遵守するようになっている従属型専属契約に該当して▲JYJのメンバーたちは交渉力についてSMに比して一方的に熱悪な地位に置かれていてSMの措置を従うしかなかったし▲投資危険減少あるいは、安定的な海外進出などの名分で極端的な長期間従属型専属契約が正当化されないし、▲SMがJYJメンバーたちの全ての行動を指揮・監督権を行使できると言う条項はJYJメンバーたちに一方的に不利な条項に該当すると無効を宣告した。
また、裁判所はSMがJYJメンバーたちとシージェスエンターテインメント間の契約効力を停止する事の申請も棄却した。
裁判所は“裁判所がJYJメンバーたちの独自的な芸能活動を妨害しない事を命じる仮処分決定に正面から反する申請で許容されない。SMはJYJの芸能活動に対して専属契約に期する管理・監督権をこうしできない。”と説明した。
これにJYJマネジメントを担当しているシージェスのペク・チャンジュ代表は“ゴリアテを相手に難しい戦いに勝ち抜いているJYJメンバーたちとスタフたちに尊敬とありがたい気持ちを伝える。”と言い、“真実の勝利と思って、これから二重契約などの論理で活動を妨害する事はないよう願っている。”と伝えた。

JYJ,SMに再び勝訴|裁判所SM仮処分申請棄却

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス勝訴3 

元東方神起のメンバーだったJYJキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスと前所属会社SMエンターテインメント(以下SM)の法廷攻守で裁判所が再びJYJの手をあげた。
ソウル中央裁判所民事合意第50部(裁判長 チェ・ソンジュン)は2月17日SMが提起した2009年10月裁判所のJYJとSMの専属契約効力停止仮処分一部認定に対する異議申請とJYJとシージェスエンターテインメント(以下シージェス)の専属契約効力停止仮処分申請を全て棄却した。
裁判所は“この事件は専属契約は芸能人が独自的な意思決定権を持ってないし、芸能企画会社の一方的な指示を遵守すようになっている‘従属型’に該当して、JYJメンバーたちは交渉力に置いて、SMに比して一方的に熱悪な地位にいるため、SMの措置に従うしかなかった。”と説明した。
これに続き、“投資危険減少、或いは安定的な海外進出などの名分で極端的な長期間従属型専属契約が正当化されないし、SMがJYJメンバーたちの全ての行動に関して指揮・監督権を行使できる条項、或いは過度な損害賠償額条項も全てJYJメンバーたちに一方的に不利な条項に該当するため、無効だ”と宣告した。
また、SMがJYJとシージェス間の契約効力を停止するよう申し出た仮処分事件いついては“SMがJYJとシージェス間の業務委託効力まで停止する事を要求するのは2009年10月27日、SMがJYJの独自的な芸能活動を妨害しない事などを命じる裁判所の仮処分決定に反する事なので、許容されない。”と明らかにした。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/366-aefc25b8
    この記事へのトラックバック