--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『韓国ドラマ』ドリームハイ6話予告|ドリームハイ5話ドリームハイ主人公4人街公演

2011年01月18日 06:24

ドリームハイ6話予告|ドリームハイ5話ドリームハイ主人公4人街公演演技好評

ドリームハイ6話予告

ヘミの代わりに鉢に当たって倒れたサムドンは救急室に運ばれる。
全てが自分のせいで起きた事だと思うヘミは謝罪の気持ちで夜更かしでサムドンのそばを守って、チングクは事件現場に落ちていたボタンを拾う。
月末評価で良い成績を得たけど、ショーケース選抜で脱落された入試組4人。
ショーケースを見るためにソウルへ来ると言うサムドンの母を騙すために、4人ヘミ、チングク、ピルスク、サムドンは仮ショーケースを開く事にするが!

ドリームハイ5話|ドリームハイアイドル演技力安定、本物のドラマになるのか?

韓国KBS2TV月・火ドラマ‘ドリームハイ’が出演者の安定された演技で視聴者の眼を止めた。
1月17日放送された‘ドリームハイ’では、初月末評価でベキ(ティアラ|ハム・ウンジョン)に勝つと決心したヘミ(ミスエイ|ペ・スジ)の姿と劣悪な状況でも努力する入試組学生たちの姿が描かれた。

ドリ-ムハイ5-1  ウンジョン 
ドリ-ムハイ5-2 スジ 
ドリ-ムハイ5-3 スジ アイユ 
ドリ-ムハイ5-4

ベキ(ハム・ウンジョン)はチングク(オク・テクヨン)に食事をおごり、心を表現してみるが、彼はそんな心を知っているのか知らないのか、何も反応を示さない。
入試組の現実は思ったより暗鬱である。
実技授業は無論、練習室まで使えない現実に直面したからだ。
結局、忍んで練習室を使っていたが、シ・ボムス(イ・ビョンチュン)にばれて、倉庫に追い出される。
しかし、オヒョク(オム・キジュン)は諦めずに、チンマン(パク・ジニョン)を誘い、授業を始める。
チンマンに歌にはFeelがないないという指摘を受けてうつになったヘミはピルスク(アイユ)に‘感情のために恋愛をしろ!’と言う助言を受ける。
月末評価当日、ヘミは“真心で誰かのために歌を歌う事、それが本当の歌の味だ”と言うオヒョクの教えを忘れずに、曲名を‘冬の子’へ変更して100点を受ける。
幼い頃、チングクに歌ってあげた曲で学生たちに心を込めた曲が伝わった。
特に、ドリームハイ5話でスジ、テクヨン、ウンジョン、ウヨンなど主演俳優の熱演が視聴者の視線を止めた。
加えて、ドラマの最初に演技力論難に包まれたスジも一層、演技が安定され、演技力を披露して可能性を残した。
一方、ドリームハイ5話ではパク・ヘミがベキにオーディションの日のことを謝る場面が描かれながら、これからドラマの展開に対する好奇心を刺激した。

‘ドリームハイ’ハム・ウンジョン、ヤヌス的な魅力、鳥肌が立つ!

ティアラのハム・ウンジョンがヤヌス的な魅力を披露した。
ハム・ウンジョンはドリームハイ5話でゴ・ヘミ(ペ・スジ)とのするどい神経戦を広める場面を見せた。
ドラマの中でユン・ベキ役を演じているハム・ウンジョンは今までの優しいイメージを抜いて、悪女としてきつい演技を見せ、演技ドルとしての可能性を見せている。

ドリ-ムハイ5-5 ウンジョン スジ 
ドリ-ムハイ5-5-1 ウンジョン スジ  
ドリ-ムハイ5-7 ウンジョン スジ 
ドリ-ムハイ5-8 スジ アイユ

特に、ハム・ウンジョンはゴ・ヘミと対立関係を持ちながらドラマに活力を入れている。
このような楽しみはドリームハイ5話でも広められた。
ヘミと深刻にもめていたがチングク(オク・テクヨン)が現れると、急に卑屈な姿を見せるハム・ウンジョンの演技は5話の中で一番の画像になった。
きつい表情と純粋な表情を瞬間的に表現したハム・ウンジョンの演技は最も高く評価された。
それだけではなく、ヘミの謝りを受ける場面で見せた涙の演技は視聴者のドラマへの集中力を高めた。
ベキと言うキャラクターを120%表現しているから可能であった事だ。
しかし、ハム・ウンジョンの演技力が認められたのは今回だけではない。
映画‘コサ:血の中間試験’、ドラマ‘コーヒーハウス’などで、その演技力は既に検証されたもの。
ゆっくり自分の演技力を積んで来たハム・ウンジョンは無理せずに、自然な演技で視聴者から良い評価を得ている。
視聴者は“ウンジョンの表情演技を見て驚いた”“全然、歌手とは思えないくらい完璧な演技を見せている”など、多様な反応を見せている。
今は、演技と言う分野で新たしく挑戦を広めているハム・ウンジョンがまた、どのような演技力でお茶の間を感動させるのか期待が寄せられている。

‘ドリームハイ’問題生4人、混性少女時代びっくり変身“願いを言ってみて(Genie)”

ペ・スジ、オク・テクヨン、キム・スヒョン、アイユがなれない少女時代に変身した。
ドリームハイ5話でキリン芸高入試組問題児4人が少女時代“願いを言ってみて(Genie)”を完璧に再演させた。
チングク(オク・テクヨン)は弁護牛試験に失敗して自殺を図ったパク・フィスンのために、同じ組の友達ゴ・ヘミ(ペ・スジ)、ソン・サムドン(キム・スヒョン) 、キム・ピルスク(アイユ)と直接スンチョンへ行って、励まし公演を準備した。
ソウルで国家試験を諦めてスンチョンでチッキン店を運営するようになったパク・フィスンに小さな感動を与えたかった事。

ドリ-ムハイ5-10 アイユ スジ 
ドリ-ムハイ5-11 アイユ スジ テクヨン キムスヒョン 
ドリ-ムハイ5-12 アイユ スジ テクヨン キムスヒョン 
ドリ-ムハイ5-13 アイユ スジ テクヨン キムスヒョン 
ドリ-ムハイ5-14 アイユ スジ テクヨン キムスヒョン 
ドリ-ムハイ5-15 アイユ スジ テクヨン キムスヒョン 
ドリ-ムハイ5-16  テクヨン 
ドリ-ムハイ5-17 パクフィスン

先ず、ゴ・ヘミとキム・ピルスクは美しい和音と滑らかな声で“願いを言ってみて(Genie)”の導入部分を熱唱した。
原曲とは異なる滑らかな感じを発散させて、この姿にパク・フィスンは涙を流していた。
続き、ソン・サムドンとチングクは少女時代の振り付けを完璧に踊り、混性少女時代としての面貌を見せた。
それだけではなく、少女時代のダンスを疲労して少女時代ではなく、‘入試組時代’としての存在感を見せた。
なれなれしくはないが、心がこもった舞台にパク・フィスンは胸のそこからの熱い感動を涙で流し、感謝の挨拶を伝えた。
問題学生、反抗児、4人も自分たちの舞台に満足感を感じた。
また、少しでも心の安らぎを得たパク・フィスンを見て明るく笑みを浮かばせた。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/350-02ca1ac6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。