--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『韓国ドラマ』シークレットガーデン20話|シークレットガーデン最終回解説

2011年01月18日 05:03

シークレットガーデン20話 シークレットガーデン最終回解説ハッピーエンディング?

シークレットガーデンシンデレラファンタジーを割ったオープン結末

いわゆる財閥家の息子との愛を成し遂げたドラマの中の女子主人公をシンデレラに比喩することが多いけど、シークレットガーデンのヒロイン、ギル・ライムも同じ視線で見る視聴者が多かったと思います。
ドラマの結末が最も気に入った部分はキム・ウンスク作家がギル・ライムをシンデレラに描かず、独立的なキャラクターに作り上げた部分です。
ギル・ライムはシンデレラと言うドラマの中のファンタジーを割った女子主人公です。
結婚をしても自分の夢を諦めず、アクションスクール監督になったギル・ライム、結婚前より少し図々しくなりましたが、寝ぼけた姿を演出する、着飾ってないギル・ライムを見るのも新しい楽しみでした。
寝るときもマスカラを落とさない完璧な睡眠メイクアップの主人公たちになれてからか、着飾ってないギル・ライムは二人が魔法ではない現実にいる事を確認させてくれました。
夜、何をして寝てなかったのか?寝ぼけた二人の姿を見ると、二人は平凡に末永く生きて行くようです。

シ-クレットガ-デン20-1  ヒョンビン ハジウォン 
シ-クレットガ-デン20-2  ヒョンビン ハジウォン 

ギル・ライムは生活力が強いキャンディ形主人公でもなく、純従的で、献身的なイメージの人魚姫か出生の秘密を持った主人公でもなかったです。
いわゆるナショナルジオグラピックに出そうな環境の女主人公であり、大金持ちのお坊さまに出会い一目ぼれする運命的な愛があれこれ…する女でもなかったです。
持っているものが何もないから悲しく、自尊心に傷を受ける、そうしながらも、失くすものがないからもっと堂々とした逆説的なキャラクターでした。
そして、シークレットガーデン最終回まで、そのキャラクターを維持した部分が気に入りました。

男子主人公キム・ジュォンのキャラクターも常識を超える人物でした。
なんとなく拒否できない魅力を持った悪い男でもなく、不義を我慢できず出が先に出るタフガイでもなかったです。
丸くない性格、財閥男、生意気を夜の舞台の衣装のように体に巻いて出て来た男でした。
自らお金を沢山持っている男だとお金の自慢のする、あまりにも正直だから、何か抜けているように見える、頭に入っているものは多いけど、胸は理性的な計算で高い塀を建てている男でした。
社会指導層の常識、その線まで疎外階層に暖かい情けを広める、一度会ったら、誘惑してみようかと思うけど、二回会えば、冷たくて生意気な感じが理解できない男です。
愛に陥っても、一瞬の綿菓子にはならない一貫性あるカドナム(冷たい/性格が丸くない都市の男)、だから、このドラマでのキャラクターの完成度が優れていたと思われます。

シ-クレットガ-デン20-3  ヒョンビン ハジウォン 

“君だけを愛しているから、このアメイジングな女!”

残りの人生をギル・ライムの夫して生きると母と縁を切ることを宣言したキム・ジュォン、彼が選んだのは幸せです。
ギル・ライムと共にできなければ、どんなものも不幸しかなれない愛を選びました。
一緒に窓から見える庭園を眺めて、一緒に本を読み、末永く同じ場所を眺めて生きる愛を選びました。
その愛が運命であったことはドラマで使われた魔法の力が作用した事を、エンディング場面で付言説明がなされます。
“私がかけた魔法はだだ、始めて出会った人の握手みたいなものだ。だから、これから本当の魔法をかけてみて。”
ギル・ライムの父のお葬式場でジュウォンが嗚咽するギル・ライムを見て、父の遺言を伝える事ができず、眠ってしまったライムのそばに、倒れるように眼を閉じながら掴んだ手、その時から、二人の魔法は始まりました。
13年と言う長い長い時間をめぐりめぐって…

シ-クレットガ-デン20-4  ヒョンビン ハジウォン 

アメイジングな女との結婚もアメイジングなものでした。
結婚式はあげずに、婚姻届だけを出すキム・ジュォンとギル・ライム、ドラマで、いわゆる親しい友達二人を呼んで、二人だけの結婚式を挙げるものでもなく、町から離れたチャペルでも秘密結婚をするのでもない写真一枚もない結婚でした。
ジュウォンとライムはオスカとユンスルの証人に区役所で婚姻届だけを出して、新婚初夜を迎えます。
結婚の贈り物はユンスルからの綺麗に飾った寝室だけ!
大人しい子が怖いと言う話があるように、ギル・ライムはジュウォンをベッドに倒します。
眼を開ける瞬間から愛し合う時間が足りない二人、時も場所も気にしない仲を自慢する夫婦です。
死を眼も前にしたことかある二人だからなのか、一分一秒が勿体無い二人です。
羨ましい姿でした。
ラブストーリの一場面のように、雪遊びをしながら、雪の上に転び、キスを交わしたり、アイリスでのイ・ビョンホンとキム・テヒの姿のようにエレベーターでのキスシーンもありました。

シ-クレットガ-デン20-5  ヒョンビン ハジウォン 
シ-クレットガ-デン20-6  ヒョンビン ハジウォン 

そのように、結婚と言う生活をしている二人!
5年が過ぎ、二人のスウィートホームには、未だに結婚写真が飾られていません。
その愛だ、政府の出産上昇政策に模範を見せた社会指導層の証拠だけが飾られています。
可愛い男のこ3人、ピョンチャンドンの黒くて高い門の通過パス権を持ったロエルグループの本物の実勢でもあります。
ムン・ブンホンの許可を受けて結婚式を挙げると言うジュウォンの思いにキム・ウンスク作家が結婚式と言うものが形式だけのものである事を語っているようにも見えました。
ジュウォンの母が5年が過ぎてもガイドラインを確実にしていると言ったけど、ベルリン塀も倒されたのに、まさか、休戦線のように硬いと思いますか?
何年が後には受け入れると言う事に一表を出します。

シ-クレットガ-デン20-7  ヒョンビン ハジウォン 
シ-クレットガ-デン20-8  ヒョンビンとハジウォンの子供三人 

オスカのコンサートは一時、話題になって広報が多くなされましたが、ここで事故が起きるとは思いもしませんでした。
スタフの二回目のスケーチブックと言う無線音声がそのまま放送されてしまいました。
これがなかったら、よりドラマチックなユンスルとオスカの愛だったのに…
最後にミスがそのまま放送に流れて、大きな失敗を…
にもかかわらず、ファンお前でユンスルに愛しているとハートのサインを送るオスカと愛していると言うユンスルの告白は綺麗なカップルの象徴でした。

シ-クレットガ-デン20-9  キム・サラン 
シ-クレットガ-デン20-10  ユン・サンヒョン 

ドラマエンディング場面、ハッピーエンディング中のオープン結末

ソン・イェジンの特別出演もあり、キム・秘書のジェジュ島で瓶に入れて送った手紙が漢江に流れて来た奇跡のような事もありましたが、最後まで視聴者を疑惑の目でドラマを見させた場面はお葬式場で眠っていたライムとジュウォンのミステリのようです。
運命を語る必然的な縁と言う意見もあり、その日、ジュウォンがなぜライムに、父の話を伝えられなかたに対する付言説明と言う意見もあります。
ドラマが終わって、長い時間、二人の眠っている姿と、死ぬ時の行動のような力を無くしたジュウォンの手がライムの手の上に重なっている場面が気になりました。

なに?まさか死んだ意味ではないでしょう?
この全てがギル・ライムの夢だと言う結末ではだいだろう。
そんなナレイションはなく、二人はお互いの方向を向けて寝ている場面でドラマが終わりました。

シ-クレットガ-デン20-11  ヒョンビン ハジウォン 

ハッピーエンディングかも知らないし、二人が同時に見た夢かも知らないし、色んな複線が隠されている考えまでありました。
それで、思いを整理してみました。
シークレットガーデンドラマに登場する3カップルの愛の特徴は長い待ちでした。
ジュウォンがある女子高校生の涙を見た後、ライムと言う名前を記憶するまで13年、ユンスルとオスカがまた、そのくらい長い時間をもめ、怒り、後悔し、誤解したりしながら愛するようになるまでかかった長い時間、しそして、最も奇跡に近いことだったけど、海を渡って江に戻って来たキム秘書のガラス瓶の手紙まで…
全ての愛の共通点は必然であるしかない固い絆の愛でした。
オスカの浮気を長い時間、耐えるしかなく、自分の傷を治癒する時間が必要だったユンスルは、オスカに対する強い愛を確認するまで、簡単には心を許しません。
アヨンも同じでした。
無論、助演の愛だから、大きく扱っていませんでしたが…

シ-クレットガ-デン20-12  キム・サラン 
シ-クレットガ-デン20-13 ユン・サンヒョン 

エンディング場面につい何個かのオープンされた可能性があったから整理をして行きたいと思ったのは、作家が視聴者に送った贈り物だと思ったからです。
異なる想像の翼を広めてと言うシークレットガーデンのファンのための。
そのくらい作家もこの作品が自分の手から旅たつ事に、ちょっとの未練があったようにも見えますが。
ハッピーエンディング圧力に作家がストレスを凄く感じたのがシークレットガーデン最終回で、充分に感じ取れました。
だから、もっと、ハッピーエンディングを仮想したオープンされた結末に疑惑を抱きました。
他の視覚から3つ、読者の方はどのような結末に手をあげてくれるかそれも気になります。
答えてもらえば嬉しいけど…

視聴者のための作家の贈り物、オープンされた結末の理由

先ず、最も平凡な結末は5年が過ぎた時間の間、ジュウォンとライムは可愛い息子3人を産んで、ギル・ライムはアクション監督として、ジュウォンは給料をもらう社長として、その身分とある程度の財産を維持しながら、彼らの庭園、すなわち、家庭を作って幸せに暮らしましたと言う結末です。
言葉、そのままのハッピーエンディングです。
二つ目、今までの全てがジュウォンとライムの夢だったと言う結末の可能性です。
一言で言うと、魔法のような夢です。
眠りから目覚めるとギル・ライムは高校生に、ジュウォンは21歳の青年に戻り、ライムの父が話したように、初めて出会った人のように握手のような出会いが、今まで見せてくれたエピソードを経験しながら完成させるというオープンされた結末です。
この結末もハッピーエンディングでオープンされた結末です。
三つ目は、少しうつな結末です。
ジュウォンの力が入らなく落ちていく手が残した複線のように、ジュウォンがその日、この世の人では無くなったことです。
ライムとの童話のような物語を夢見ながら夜空の星になってしまったと言うことです。
作家が好む結末スタイルだけど、相当、衝撃のある結末だからこれは捨てましょう!

シ-クレットガ-デン20-14 ハジウォン 
シ-クレットガ-デン20-15 ヒョンビン 

結論は一番目と二番目ハッピーエンディングとオープンされたハッピーエンディングに結末が出ましたが、二人に起きた魔法よりも大事な事は記憶と言う装置に隠しておいた縁にあるようです。
ジュウォンが険しい夢を見ているライムの眉間を3回に渡って、眉間を押さえている場面が出ました。
時間的にはお葬式場が初めてになります。
パパを呼びながら眠ってしまったギル・ライム、眉間にしわを寄せているライムにジュウォンが指で眉間を押さえてあげると、ライムは平穏に眠ります。
撮影中に負傷したライムを病院へ連れていた時もジュウォンが何かに引っ張られるように、眉間にしわを寄せているライムの眉間を押さえてあげて、ライムは平穏な顔に変りました。
アクションスクールの合宿に行った時も、同じでした。
ジュウォンの手のぬくもりに眼を覚ましたけど、“だけど、来て、明日も明後日も…”と言い、ライムは以前のその指先のぬくもりを覚えているように平穏になります。

シ-クレットガ-デン20-16 ヒョンビン ハジウォン 
シ-クレットガ-デン20-17 ヒョンビン ハジウォン 
シ-クレットガ-デン20-18 ヒョンビン ハジウォン 

お葬式場で眠っているライムに“ごめん。本当にごめん。”と言う言葉しか言えなかったジュウォン、最初は父がごめんと言う言葉を伝えたもので、二回目のごめんは父を自分のせいで命を奪った事についてごめんと言うジュウォンの謝りでした。
そして、ごめんと言う言葉は魔法を経験しながら美しい言葉に変ります。
“愛してる。愛しています。”へと変ります。
記憶を戻したジュウォンがライムのおでこに口付けをしながら一つは私の、一つはお父さんのと言った言葉を覚えていますか?
ギルライムの父が与えた魔法は握手のような縁だけです。
本当の魔法をかけた人々はジュウォンとライムであり、魔法は愛と言う致命的な感情だったです。
私たちは数多い縁に出会い、縁を作り、たまにはその縁を切ります。
しかし、愛と言うやつは人との縁よりはもっと酷い心を持っています。
ある時は悲しみと傷を与え、果てなく条件と言うやつと比べさせます。
条件が合うから、或いは、愛と条件が合うから愛を完成させる場合が大部分を占めるから、社会ニュース1面記事に愛のために命を捨てたとか言う記事が毎日、載らないかも知りません。

シ-クレットガ-デン20-19 ヒョンビン ハジウォン 

報われない愛、シークレットガーデンでは体の入れ替わりと言うファンタジーを使いましたが、結局はドラマが見せたファンタジーはジュウォンとギル・ライムの“君だけを愛しているから必要だ”と言う愛の本質に対する魔法の力でした。
最後まで、ジュウォンの母と言う現実の塀を越えられなかったのも、不屈の意思を眼立たせるための装置だと思います。
世の中のどんな人も愛する人を決めておいて生まれって来たりはしません。
誰かを愛するようになり、愛に陥ったら誰かだけを愛するようにさせます。
ジュウォンがそうでした。
いつか、一度くらいは彼女と結婚した事を後悔するかもしれません。
だけど、そのように後悔しながら、一生、彼女と暮らしますと。
重要なのは二人にかかった魔法がどんな形でも完成されることです。
縁が必縁になり、宿命になれるのは、その運命的な宿命のためではなく、縁を宿命と作っていく努力をするからです。
葬式場でのエンディング場面がライムとジュウォンの夢かもしれないし、ライムを訪ねていたその日のことを話してあげる説明の場面かもしれません。
私がシークレットガーデン結末を作家が視聴者に想像の贈り物を与えたオープンされた結末と思った理由は、愛が完成されない魔法の過程と思ったからです。
一歩近づくと、二歩下がる人、その人を掴むために三歩をもっと近寄る努力の過程…
だから、死ぬまで、むしろ、夢の中でも続く運命のような魔法にかかった二人だから、ハッピーエンディングを向けたオープンされた結末と思いました。
それが二人の夢だったと言っても…
結婚と言う便利な結末で“終わり”と終わらせる愛ではなくて、いつかは結婚写真を壁にかける日を待ちながら、死ぬほど狂うほど愛するように、二人がいつも二人だけの魔法を使えるように…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/349-a882bb31
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。