『韓国ドラマ』シークレットガーデンあらすじ18話下部解説|解説悲しみを予告下

2011年01月11日 07:00

シークレットガーデンあらすじ18話下部解説|解説悲しみを予告下

シークレットガーデンあらすじ18話は上部と下部に分けて解説していますので、順番に沿って読んで頂くと、分かりやすいと思います。

ムン・ブンホン(ジュウォンの母)を驚かせたライムの迫力ある求婚

体の入れ替わりと言う面白い設定はライムとジュウォンの男女役割も代えたり、一層、楽しませてくれました。
相変わらず、ジュウォンのそばにいるライムのせいで、頭を抱えているムン・ブンホン、ジュウォンの母。
ジュウォンの社長解任案、臨時株主総会でやっと勝利を得たと思ったのに、急なジュウォンの事故、ライムはずっとジュウォンのそばから離れないのが不安なジュウォンの母です。
その中でも、良かったのはジュウォンは13年前の事故以降の記憶がなく、ギル・ライムと言う子を覚えていない事だから、ちょっと安心していたのに、ライムが一発でダウン(KO敗)させます。

シ-クレットガーデン18-1-23  ジュウォンの母 
シ-クレットガーデン18-1-24 ハ・ジウォン 

“大変申し訳ないですが、どんな理由でもキム・ジュウォンさんを手放しません。私たち二人とも死から生き返ってきました。だから、一日一日が大切です。今はもう、お母様を恐れていません。私たちが壊れるのは別れる事です。理解してください。”
目上の話をいつも無視するギル・ライムのせいでジュウォンの母は血圧が上昇します。
でも、以前よりはジュウォンの母の猛反対も少し柔らかくなっているようです。
ジュウォンの母が私は可愛く感じました。
大人になってない子供のような、お姫様のような、まれに人間美も感じられる部分もあります。
ジュウォンを家に連れてきて、監禁させて、ガードマンたちに病院へいけないように監視することを命じる場面で、ジュウォンの母からちょっとした希望が見えてきました。
“病院へ絶対に行かすな。”と言うセリフの後に、ちょっと間を置いて、“だからと言って、病人である子、何処も痛ませたりはしないで…”と言いました。
これはジュウォンに言う話ではなく、ライムに言った話のように聞こえました。
わざっとジュウォンを止める為に、ライムに手を加えないでと言うような言葉のように聞こえましたから。

シ-クレットガーデン18-1-25 ジュウォンの母 

死にかけてから生き返ったせいなのか、ライムは恐れる事なしの強い女になっていました。
命をかけて自分を助けようとしたジュウォンとの愛を守らないと行けないので。
ジュウォンは必ず、ライムを思い出し、ライムがない世界はジュウォンに死ぬ事でる事をお互いに良く知っているからです。
“一つだけ、申しあげることがあります。息子さんを私にください。私が責任持って幸せにします。”求婚もライムらしく…これはまるで娘婿が娘さんを求めているような感じがして…
良くやったギル・ライム!
やはりギル・ライムは素晴らしい女です。


ジュウォンに大きな悲しみが寄って来る。

しかし、もっと可笑しい事がジュウォンに起きています。
34歳と言う事を受け入れるのはそれほど簡単なものではないけど、もともと教育効果と吸収が早いジュウォンだから勉強して入力すれば可能な事だけど、常に誰かが一緒にいるような感じが解釈できないジュウォンです。
患者の服を着て涙を流していた女、生きているだけで良いと言う女、彼女の瞳の輝きがも覚えがあるようです。
彼女が抱きついた時、胸が安らぎ、空へ飛び上がるような感じ、その瞬間が永遠に止まってくれれば良いと思うそんな感じがしました。
肌は少し黒くて、きらきら輝く瞳、話方は荒くて、暴力も使う女のようだけど、ずっと一緒にいたくなります。

シ-クレットガーデン18-1-26 ハ・ジウォン  ヒョンビン 

イタリアの職人が27年間(40年だけど計算上)一折、一折、心を込めて押し付けたきらきら輝くジャージまで知っている女です。
彼女の足の動きに反射的に避ける行動は何?
“体は覚えているね。キム・トルチュ。私は21歳の君を愛するような気がする。”
自分を愛しているから、ずっと思い浮かぶだろうと注入させる肌黒いターフガールがジュウォンを力強く抱きつきます。
ジュウォンは何か知れないけど、だだ、無条件に彼女を抱かないといけないような気がします。
妙な感情であるだけです。魔法のように…
社会指導層の配慮で選んだと思われるキム秘書と言うやつを使って、ギル・ライムと言う女をジュウォンの家に呼びます。
なせ、好きになったかを探らないといけないと言って、“これからここで住め。”と言うジュウォンです。
ベッドも一緒に使って、シャワーも一緒にしようと頼み続けたと言うライムの話にかなり深い関係だったようだと言いながら、“私たちキスもした仲なの?”と聞きながらライムの目の前に顔を近づけるジュウォン、ワウ!ライムより私の心臓がトキトキしちゃいました。

シ-クレットガーデン18-1-27 ハ・ジウォン 
シ-クレットガーデン18-1-28 ヒョンビン 

しかしですが、何気なくこの場面を見ながら、ジュウォンがまさか演技をしているのはないか?と言うような考えが頭の中を流れて行きました。
まるで知っていながら、わざっと記憶喪失のような行動をしているように見えたり、本当に記憶喪失のような気もするし混乱してました。
私は記憶喪失になっていると言う方向に考えを整理してみました。
なぜならば、結末のための複線とジュウォンのジレンマの治癒の全ての過程が記憶喪失と言う設定の中にあると思いましたから。
だから、ちょっとの間、可愛くて生意気なキム・ジュォンに戻り、視聴者に小さな楽しみを与えてくれたけど、来週は必ず、越えないといけない難関、一つが予告されたと思っています。
ジュウォンには併催恐怖症と言う精神的なジレンマが封印された記憶として残されています。
もう、その封印が開けられる過程に一歩を踏み出したような感じです。
ギル・ライムの父は二人の夢の中でジュウォンにこんな話をしました。
“再び私を忘れても良い。私との約束も忘れても良い。君は既に、約束以上のことをしてくれたから”
13年前、ある消防官の言葉をその娘に伝える事ができなかったけど、それ以上のものとは自分の命を投げてライムを助けようとした愛を見せてくれたことのようです。

シ-クレットガーデン18-1-29 ハ・ジウォン 
シ-クレットガーデン18-1-30 ヒョンビン 

ライムの父のナレイションで流れていた消防官の祈り中“神の意によって、私の命を失ったら、神様の恵みで私の妻と家族を見守ってください…”と言う部分がありました。
事故当時、状況を想像してみると、ギル・ライムの父の遺言を聞いた人は当時、ライムの父が助けたジュウォンだったと思います。
生と死が交差する短い瞬間、ライムの父がジュウォンに頼んだと思います。
“私の娘、ギル・ライムに父が約束を守れなかったからごめんと伝えてくれ。そして、愛してると言う言葉を伝えてくれ。”と…
そして、ギル・ライムの父はジュウォンの目の前で墜落して命を失います。
その衝撃と罪悪感でジュウォンは記憶を封印します。
病院でライムを見た記憶があるという話もしましたが、13年前、病院で父の死に嗚咽するギル・ライムをジュウォンが見たのではないかという感じもしました。
自分が‘ある女の子から父を奪ってしまった’と言う罪悪感で、キム・ジュォンはその苦しみに勝てず、記憶を閉ざしてしまう事になったのでは…
ギル・ライムと言う名前だけを胸に閉まって。
だから、13年前に戻り、初めて眼を覚ました時、ギル・ライムと言う名前が思い浮かんできて。

シ-クレットガーデン18-1-31 ハ・ジウォン  ヒョンビン 
シ-クレットガーデン18-1-32 ハ・ジウォン  ヒョンビン 

13年前、その苦痛の記憶時間にジュウォンが戻り、辛くて苦しく、自分のせいで泣いてしまったある女の子の悲しい瞳と向き合う事になるでしょう。
だから、来週はジュウォンの過去の苦しみと共に視聴者も悲しみに陥るような気がします。
ジュウォンが長いトンネルを抜けないと本当のハッピーエンディングになれるから、必ず、通らずには行けない関門でもあります。

ライムがジュウォンの母に言いました。
“父が命をかけて助けた命だから、もっと大切に守ります。”と。
ライムがジュウォンを許せたように、ジュウォンのジレンマは罪悪感に対する許しと克服の過程を通らないと直す事ができません。
エレベーターを乗れるジュウォンに…
ジュウォンのジレンマを治せる薬は愛と言う魔法で、医者はギル・ライムなると言うな感じです。
この過程でジュウォンの母とギル・ライムの関係の変化も見れると思います。
こんな理由で作家がジュウォンの記憶喪失を設定したのではないかと思います。
ライムの父が二人に渡した魔法、不可能を可能に、運命も変える強い魔法が何か視聴者は既に知っています。
誰かといつも一緒にいるような、わけ分からない、不思議な感情、世界の全てを手に入れたような魔法、世の中で最も幸せな人にさせる神秘な魔法、それが愛と言うことを…

シークレットガーデンは2回の放送だけを残しています。
次回のシークレットガーデン19話もお楽しみに…

関連記事


コメント

  1. waffle | URL | mHdfaKpc

    はじめまして。

    シークレットガーデンのあらすじを探していて、こちらを見つけました。
    成均館スキャンダルのあらすじもあって、本当に素敵なブログを見つけた~!と大喜びです。

    いま、シークレットガーデンが終わりに向かって、盛り上がっていますね。
    視聴率も30%を越え、やっとここにきて、韓国でも多くの方に認められたかと、嬉しいです。
    私としては、もっと早く30%になっても良かったのに、という気持ちです(笑)
    でもスパイ物でも歴史物でも家族物でもなく、ラブストーリーでの30%越えですから、スゴいですよね。

    韓国博士さんは、韓国人でいらっしゃいますか?
    こちらのブログで、普通の日本人ではわからない韓国の文化や心理?がちゃんと土台にあって、解説して下さってるように感じます。

    そして、ドラマ(脚本?文学?)というものを、とてもよくわかってらっしゃるのだなぁと思います。
    シークレットガーデンでは、私が思いもしなかった「視点」での解説が次々と出てきて、うなること、たびたびです。
    見方が深くて、ドラマが一層 面白くなります。

    シークレットガーデンは残り2話。ジュウォンのジレンマが どう とかれるのか、記憶は?母の反対は?
    まだ二人(特にジュウォン)には葛藤がありそうですが、安易なエンドでなく、納得できるハッピーエンドを期待しています。

    私は、あらすじはもちろん、韓国博士さんの解説が楽しみです。
    今年も韓国博士さんがいろいろ書きたくなるような、面白いドラマに出会えるといいですね。
    これからもよろしくお願いします。

  2. 韓国博士 | URL | -

    Re: はじめまして。

    waffleさん はじめまして。

    こんなに褒め言葉を頂いているのに、お礼が遅くなりました。

    シークレットガーデンのエンディングは個人的にはハッピーエンドを願っていましたが…
    成均館スキャンダルも終わり、シークレットガーデンも終わって、最近はドリームハイとサイン、マイプリンセスを見ていますが、あらすじまで書く時間がないです。

    学生時代、文学は好きだったけど、専攻したわけではありません。
    韓国ドラマが好きで、韓国の文化などに関心があって、少しずつ習って来ただけです。

    これからも出来る限り、韓国に関する情報などを載せて行くつもりですので、よろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/339-34371dae
この記事へのトラックバック