‘マイプリンセス’ソンスンホン、キムテヒ涙の抱擁シーン公開

2010年12月29日 22:22

‘マイプリンセス’ソンスンホン、キムテヒ、熱い涙の抱擁シーン公開

‘マイプリンセス’ソンスンホン、キムテヒ、熱い涙の抱擁シーン公開

2011年1月5日から放映される韓国MBC新水・木ドラマ‘マイプリンセス’撮影中、ソンソンホンとキムテヒが涙の抱擁をして大きな話題を集めた。

マイプリンセス、ソンスンホン、キムテヒ抱擁シーン

その日、撮影はドンジェ(イ・スンジェ)から自分が大韓民国皇室のプリンセスと言う知らせと寝ても覚めても待っていた父に二度と会うことができないと言う話を聞いた後、大泣きをするイ・ソル(キム・テヒ)をヘヨン(ソンスンホン)が抱擁して慰める場面だ。
特にヘヨン役を演じるソンスンホンが大泣きをするイ・ソルを力強く抱いてあげる場面で男らしいカリスマを発揮したと言う裏話だ。
その日、撮影場面はイ・ソルの前で、ずっと冷たかったヘヨンが本来の暖かくロマンチックな男であることを確認させた事件で、当時、マイナス10度が越える寒い気候にも関わらず、ソンスンホンとキムテヒはプロらしく涙の抱擁シーンを無事に終わらせた。
ソンスンホンとキムテヒカップルは‘マイプリンセス’キャスティング当時から‘眼球浄化カップル’‘幻想のビジュアル調和’と言う評価を受けながら、放送前から話題を集めているから、二人の暖かい抱擁場面は見る人々を暖めてあげる。
製作者側は“今まで、子供ぽいケチ女子大生としてイ・ソル(キムテヒ)に接していたヘヨン(ソンスンホン)がイ・ソルの傷を初めて見る事になる場面”と言い、“二人の関係が大きく変化する折り返し時点になる。”と明らかにした。

一方、韓国MBC水・木ドラマ‘マイプリンセス’は最高財閥企業の唯一、後継者パク・ヘヨンとケチ女子大生から一夜でプリンセスになったイ・ソルの物語を描くロマンチックコメディードラマとして2011年1月5日から放映される。

‘マイプリンセス’ソンスンホン、リュスヨンと親しい仲を公開

俳優ソンスンホンがミチンに嵌った!

マイプリンセス ソンスンホンと雪だるま

ソンスンホンは本人のミツーデー(
http://me2day.net/storms09)に2011年1月放送される韓国MBC新水・木ドラマ‘マイプリンセス’撮影姿を公開した。
同僚俳優キムテヒ、リュスヨンと親しく撮った写真、撮影中に自ら作った雪だるまと一緒に撮った写真をあぷデートするなど、楽しい撮影場の雰囲気を伝えている。

マイプリンセス ソンスンホンとリュスヨン

写真を接したミチン(ミーツーデー友)たちは‘寒いけど頑張って撮影に最善を尽くしてください!!!’‘マプ(マイプリンセス)始まったら一生懸命に見る!’と言い、マイナスの気候にも関わらず、情熱的に撮影をしているソンスンホンを応援した。

一方、ソンスンホンが出演する韓国MBC新水・木ドラマ‘マイプリンセス’は最高の財閥企業の唯一後継者パク・ヘヨン(ソンスンホン)とケチ女子大生から一夜でプリンセスになったイ・ソル(キムテヒ)の愛の物語を描く。

キム・テヒ反転ドレス‘眼を引く’

キム・テヒが反転ドレスを着てポスター撮影する写真が公開された。

マイプリンセス ソンスンホン  キムテヒ ポスター1 
マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター2 

ポスター撮影の時、キム・テヒが着たドレスはオードリーヘプバーン(Audrey Hepburn)を思い浮かばせる静粛なウェディングドレスに見えるが、肩の線と背中の線が深く入った反転ドレスであることが明らかになった。

マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター3 
マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター4

キムテヒは12月6日、2011年1月放送を控えているMBCドラマ‘マイプリンセス’ポスター撮影を行った。
その日、キムテヒはウェディングドレスを想像させる清潔なイメージのドレスを着用していた。

マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター5 
マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター6

しかし、キムテヒが着たドレスは前から見ると静粛でエレガンスなイメージだけど、後ろから見ると背中が半分以上深く入ったラインが眼を引いた。
ポスターを見たネチッズンは‘キムテヒは今まで、静粛でエレガンスなイメージだから、反転ドレスを着ているのを見て驚いた。’‘キムテヒも反転ドレス台列に合流’‘完璧にきれい’‘キムテヒなら反転ドレス賛成です!’など反応を示している。
今までは漏出が無かったので、ファンの関心は爆発的である。
一方、ドラマ‘マイプリンセス’はキム・テヒ以外、ソンスンホン、リュスヨン、パク・イェジンなどが出演し、ケチ女子大生から皇室プリンセスになる生活力の強いイ・ソルと財閥2世であり、外交官であるパク・ヘヨン(ソンスンホン)の愛の物語を描いた作品である。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/311-2e1eb649
    この記事へのトラックバック