--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレットガーデン12話|シークレットガーデン悲しい恋人たち

2010年12月22日 23:34

シークレットガーデン12話|シークレットガーデン悲しい恋人たち

シークレットガーデン12話二人三脚競走、食い違いで悲しい恋人たち

人魚姫になり、自分が水泡になって消える役をすると言い、必死でアタックするジュウォンの告白は良いけど、悲しい告白でした。
シークレットガーデン12話は現実を直視するしかない主人公たちの率直な感情が描かれて悲しい眼をして見るしかありませんでした。
ジュウォンとライムの綱引きはチェウヨンとユンスルの食い違うばかりの二人三脚競走がお互いに傷つけるだけだったから…
ジュウォンとライム、ウヨンとユンスルは二人三脚競走レースをしています。
今、折り返し時点を回ったところですが、折り返し時点の着くまでお互いの呼吸と歩幅が合わず、何回もお互いのせいだと横目で睨みながら来ました。


シークレットガーデン12-1 ハジウォン 
シークレットガーデン12-2 ヒョンビン

半分まで来ながらジュウォンとライム、ウヨンとユンスルカップルはお互いの真心に近づいています。
ちょっと、ユンスルがウヨンと結んだ紐を外し、ジュウォンと同じ組になると不平を言ったことで競技にちょっと乱れが生じましたが、ユンスルのすねっぷりが私は気に入りました。
海の底で寝ているように体を丸めている怒りの波を引き上げた人物はユンスルだったから…
自分の心が向かう場所を見ないふりをして、相手が近寄ることを願っていた卑怯な行動を正面で非難するようでした。
ユンスルとチェウヨン、ジュウォンとラムの二人三脚競走、悲しい食い違った拍子
ジュウォンがお見合いをした美術館でライムにあったユンスル、長い間、チェウヨンだけを見ていたユンスルの純情くらい彼女の率直な謝りが気に入りました。
4人の主人公の中で最も大きな傷を抱えているユンスルを私は憎めません。
ユンスルの真心がキムジュウォンとの結婚にないことを知っているから…
自ら傷をつけているユンスルが可哀想です。
ユンスルが欲しいのはだった一つしかありません。
“世の中で最も怖い兆候が何か知ってますか?ファンがアンティにまわる事、愛が憎悪に変わることです。だから、チェウヨンが胸を痛めることに最善を尽くすつもりです。”
ジュウォンと結婚するとした事をこのようにライムに謝っていたのです。
ユンスルはウヨンを得るために自分の全てを捨てなければ行けないなら、捨てられる女です。
ジュウォンが捨てられないものをユンスルは捨てられる女です。
ユンスルがウヨンに近寄れないのは、ウヨンの女として資格がないと思う自責感と他人の話に自分を誤解して、抱いてくれなかったウヨンの卑怯な行動に怒っているからです。
あまりにも長く…

シークレットガーデン12-3 キムサラン 
シークレットガーデン12-4 ハジウォン

ウヨンがユンスルに近寄れないのも誤解から始まったけど、今も自分が与えた傷でユンスルがプロポーズを断ったことを知らないウヨンです。
一回、遊んで捨てる歌手、ウヨンが誤解しているユンスルの真心はジュウォンと同じ色の人物だと言う誤判です。
愛は一時、楽しむ遊戯であり、結婚はビジネスパートナーとしてのビジネスと思う人物たちがジュウォンとユンスルのような部類の人々だと思うウヨンです。
歌を歌うウヨンは決して、愛と言う感情を一時の浪漫だとは思えない人物です。
50歳になっても60歳になっても、歌手にとって、愛と言うモチーフは全ての唄の主なメロディーだから。

シークレットガーデン12-5 ユンサンヒョン 
シークレットガーデン12-6 キムサラン  

豚の皮の店でオスカがライムに話します。
“私が最初で最後に愛した人が私の人生の最高の悪役になって現れたが、どのようにすれば良いのか先が見えません。スルが悪役をする理由が本当に私のせいではないか、それを知られるのはないか怖いです。”
ウヨンは自分がユンスルをありふれた安い狂ファンだと話したことを知らされるのではないかと脅えています。
卑怯で、抱いてあげられなかった自分のせいでユンスルが傷を負ったのではないかと…
守ってあげられなかった自分の狭かった心をユンスルが見たのではないかと怖いです。
スルには最悪になったかも知れない、消す事のできない傷を負わせたのがウヨン、自分だったことを知るのが怖くて、それを確認したくない、怖いウヨンです。
ユンスルだけには歌手オスカではなく、チェウヨンとして愛していたかったです。
ユンスルはウヨンにはクリスタルだったです。
しかし、安い不透明なコップだと話してしまった、口を引き裂きたい自分のことで、きれいでかよわい子が自分を傷つけているのではないかと怖いです。

シークレットガーデン12-7 ハジウォン ユンサンヒョン 
シークレットガーデン12-8 ヒョンビン キムサラン

サインをしてくれと出した紙にウヨンはこのように書きました。

シークレットガーデン12-22-7 ユンサンヒョン 

“今まで愛してくれてありがとうございました…オスカ”
剽窃の事で屈辱を味わったファンサイン会でウヨンは自分を信じてくれるファンにオスカではない、人間チェウヨンとしてサインをすると言ったが、ユンスルにはオスカと言う名前でサインをします。
華麗な照明とファンに囲まれた韓流スターオスカはユンスルに見せたくない姿です。
ガラだけのウヨンだから…

シークレットガーデン12-22-8 キムサラン

ユンスルだけにはきれいで清いな7オクターブ純粋なクリスタル純情をあげたかったウヨンです。
だからサインをする時、チェウヨンと書きませんでした。
オスカではないチェウヨンとして愛しているから…
そんなウヨンの心を読み取れないから、また、二人をもっと遠回りさせます。
コーヒーショップで向かい合ったジュウォンとユンスル、豚の皮の店でテーブルを囲んだライムとウヨンはそのように4人は向かいに座っている相手ではなく、他の人を思い描いています。
心は他の人に向けて、4人は食い違った二人三脚競走を見せる場面だから、最も心が痛んでくるシーンだったです。

シークレットガーデン12-9 ヒョンビン ハジウォン 
シークレットガーデン12-10 ハジウォン

“だけど来て…明日の明後日も…”

チェウヨンとユンスルの入れ違いながらも一箇所だけを向かう切実な愛のように胸を痛ませる愛がジュウォンとライムの泡愛です。
泡という言葉が出る度に、心が痛み悲しくなります。
人魚姫の悲劇的なエンディングのせいだと思いますが、私が悲しみを感じる場面は泡ではありません。
人魚姫を思う浮かばす度に、最も悲しい場面は、海に身を投げ、足から徐々に消えて行き、悲しく涙を流す人魚姫の顔が海の上に、映っている場面です。
最後に一言でも言うのではないか、あらゆる希望をもたらす奇跡と言う期待が消えていく場面です。
童話であれ、ドラマであれ、最後の場面に主人公を生かす公式のように出てくる軌跡が人魚姫にはないです。
ファンタジー公式を破る現実的な描写が残酷に感じる童話です。
だから、シークレットガーデン12話を見ながら、ファンタジーと現実と言う境界でうつな感情が大きくなったかも知れません。
ドラマが今はあまりにも残酷なくらい現実の公式に沿っているから…
キムウンスク作家がこの残酷な現実的な悲しみをどのようなファンタジーに反転させるかに期待している部分ではあるけど…
単純にも一回の体の入れ替わりだけで残酷な現実を反転させるには4人が抱えている感情の消耗があまりにも大きいです。
だから、視聴者もやきもきしています。

シークレットガーデン12-11 ヒョンビン

シークレットガーデン12話で絵のようにきれいで悲しい場面としてはその感情の消耗を圧縮した場面がありました。
ビソンパイストでリビングで横になっていたライムとジュウォンが眼で交わした会話です。
初めてジュウォンに対するライムの感情を表に出した場面だったけど、傍白に処理する作家の残酷さのため、もっと悲しくなりました。
ジュウォン:あなたの夢の中は何がそんなに、いつも険しいの?
ライム:私の夢の中にはあなたがいるから…
ジュウォン:私とは夢の中でも幸せではないのかな…
ライム“だけど、来て…明日の明後日も…

シークレットガーデン12-12 ハジウォン  
 シークレットガーデン12-13 ヒョンビン    

初めてジュウォンがライムに会った日も同じ場面がありました。
腕を痛めたライムを病院に連れていたジュウォンは寝ながらしかめるライムの眉間をそっと押してあげる場面がありました。
今回はリビングで寝ているライムを見るジュウォンの目つきは優しく愛しく変わっていました。
口元には自分も知らない内に広まる笑みを隠す事もできないほどライムが愛しいジュウォンです。


シークレットガーデン12-14 ハジウォン 
シークレットガーデン12-15 ヒョンビン   


絵のようにきれいな場面だったですけど、私には人魚姫の結末のように胸が苦しくなるほど悲しい場面でした。
ライムの悲しい瞳を見ると、ライムとジュウォンの傍白が終わると直ぐにジュウォンを押し出すような感じが感知されましたので…
“こんな変体、クレイジー、何を見てる!”と言いながら、押し出すような気がしました。
狂うほど憎みながら愛する方式がライムがしている愛と言う事を知っているからです。
二人の演技者の内面演技を繊細な精密絵のように見せてくれた場面だったから、ハジウォンとヒョンビンの演技力を褒めずにはいられません。
ギルライムが眼を開けると同時に二人は、夢ではなく、現実を直面する悲しい恋人に戻る繊細な感情を最もよく表現しました。
寝ているライムを見ているジュウォンの表情は愛しい人を見る感情以外には何も添加されてない顔でした。
眉間を押してあげるジュウォンの指先ににギルライムが眼を開けると、ジュウォンとライムは今のも涙を流すような悲しみが交差しました。
ギルライムを思う時に、ジュウォンは“それで、二人は幸せに末永く過ごしました。”の童話の結末に出しますが、ライムと眼を合わせて押し出すために、ある力を絞って逃げて行くギルライムが見えるだけです。
着ている貧しさが溢れるコートのように、貧しく、何一つ、良い条件がない彼女の条件と共に…
そして、自分の一折、一折、作り上げたジャージが語っている1%の上流社会の現実とぶつかります。
だから、ジュウォンの目つきはライムが死ぬほど好きだけど、愛しいけど、抱きたいけど、周囲の目が多く、冷え汗をかきながら、忍耐していながらも、水泡になろうと愛をす馬鹿が他ではないライムとジュウォン、自分である事を知っているかのように悲しく見えました。

シークレットガーデン12-16 ハジウォン 
シークレットガーデン12-17 ヒョンビン   


童話が現実として時々刻々変わるジュウォンにはライムを見る事が幸せであるほど、辛いです。
ライムが自分を押し出そうとしている理由を誰よりも知っているからこそ、もっとも悪いと思っているジュウォンです。
少なくとも、キムジュウォンに似合う条件一つくらい持って入れば良いのに、一体、どうして一つもないの?!家柄、学歴、財産、職業何一つ、キムジュウォンのそばにおける事が不可能なギルライムです。
持っているものがあまりにも多くて、悪いジュウォン、持っているものがあまりにもないから、諦めるものが一つもないから堂々としているライム、この不公平なゲームはジュウォンを怒らせます。
童話のような現実、現実のような童話だから、ジュウォンにはむちゃくちゃです。
殴ったり、足で蹴ったり、体を押し倒したりしても、ボンドのようにくっついてくるジュウォン、目の前で、しがみついて、人魚姫になり、ないようにいて、ある日、人魚姫のように水泡になって消えて行くと言うジュウォンの言葉がライムをもっと傷つけます。
本当に馬鹿です。
人形姫になるしかないライムは、そのようにジュウォンのそばで本当にないようにいて、ある日、泡のように消えて行く人魚姫になってしまったのに、ジュウォンも人魚姫になると言っています。
ジュウォンが泡になって消えて行くとそれをどのように受け入れろって、辛さは一人で抱えようとしたのに…
ジュウォンが先に消えると言っています。
ジュウォンは馬鹿、本当に馬鹿です。
泡で消える人魚姫になっても、最後まで心の秘密で、王子の部屋を作ってしまったのに、ジュウォンが先に消えたらいけないでしょう?!

シークレットガーデン12-18 ハジウォン

ライムの心の中でその存在が大きくなっていくジュウォン、現実では報われない愛、得る事のできない間から、夢の中だと言っても、彼が欲しいです。
夢の中だから、思う存分、好きになっていたいです。
高い塀よりも最も高く怖いジュウォンの母、それより最も高い現実と言う高い塀がライムの夢の中ではそんなに威圧感を与える存在ではありません。
夢はらいものものだから…
だから、明日も明後日も、夢の中でジュウォンを待っているライムです。
傍白で処理されたライムの真心、愛していながらも、近寄れず、押し出すだけのライムの愛は、声をなくした人魚姫の愛よりももっと痛いです。
人魚姫は王子が自分のことに気が付くことを待っていたけど、ライムは自分に気付いている王子を押し出さねばならないから、もっと痛いです。
現実は童話ではありません。

シークレットガーデン12-19 ハジウォン  
シークレットガーデン12-20 ヒョンビン 

ライムがウヨンに話しました。
ユンスルとウヨンがお互いに愛し合いながらも傷を負わせるのが切なくて話した言葉だけど…
実はライム自分の話をして言いました。
“世の中の全ての悪役は傷を負った人々です。女って、ある時は狂うほど憎む方法で愛をしたりしますから…”
ライムは今、傷を負った悪役を演じています。
ジュウォンを押し出していたからジュウォンが傷を負っていると思うけど、実は、ライムの傷がもっと大きいです。
得る事ができても諦めることができる愛(ジュウォン)と持っている物がないから諦めるしかない愛(ライム)の中で、後者の愛が傷がもっと大きいです。
ジュウォンの触れる指先一本にも、ジュウォンを見る目つきにも、固まってしまう自分の感情を全て、
ばらせても、私たちには答えがないと言い、童話のような幻想は捨てろと、ジュウォンを好きではないと“メッセージが届きました。ムンチャ(メッセージ)ワッション(届いた)、ムンチャワッション”と知らせのメッセージが流れる度に、胸がときめいても、死ぬほど憎み方法でジュウォンを愛しているギルライムです。
思い出の速度でそのようにジュウォンが遠く行く事を望みながら、夢の中だけでも、末永くジュウォンを愛したいライムです。
ゆっくり、ゆっくり、もっとゆっくり…
送りたくないから、泡のように消えたくないから、夢の中でもジュウォンを愛する事が切ないライムです。

シークレットガーデン12-21 ヒョンビン ハジウォン

このように、引っかいて、傷を負わせながら、折り返し時点を回っているジュウォンとライム、ウヨンとユンスルの二人三脚走りは心とは違う方向に進む食い違いのために、切ないばかりです。
たった、5分だけ、お互いを見つめ合えば、その真実の心が読めるはずなのに、4分50秒で目をそらし、押し出してしまう馬鹿なやつらのせいで…
ヘレンケラーがいった話の中に苦痛に対する深い盗撮から産み出された言葉が浮かびます。
“世の中が苦痛に満たされていても、その苦痛を克服することにも満たされている。”と言う、話です。
ライムとジュウォン、ウヨンとユンスルの苦痛は愛を確認する最後の10秒を耐えられていないからではないかと思いました。
傷を負い、痛みに耐えながら、4人は10秒を耐える訓練をしています。
眠りから目覚め眼で語り合うライムとジュウォンは1秒を短縮させました。
現実を受け入れることは苦しいけど、その苦痛を克服できるものの中で最も偉大なのが愛と言う事を眼で確認する人です。
童話では起きなかった奇跡を願いながら…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/296-9f72b5e7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。