シークレットガーデンジュウォンの望遠鏡で見るエリス症候群の秘密2

2010年12月19日 04:51

シークレットガーデンジュウォンの望遠鏡で見るエリス症候群の秘密2

シークレットガーデンジュウォンの望遠鏡で見るエリス症候群の秘密は3回に分けて記載する予定です。
ちょっと長くなってしまいました。

“ライムさんが好きになっています。”チェ・ウヨンの心は?

先ず、オスカの急な告白に対する整理をしてから、エリス症候群を進めようと思っています。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-1 ユンサンヒョン

オスカがライムさんが段々気に入って行く最中だと言う話をして、一瞬、二人の雰囲気が冷めたりもしたけど、オスカにとってギルライムが気に入っていると言うものは女としてではなく、他の意味があるように思われます。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-2 ハジウォン

オスカはユン・スルを今も心から消す事ができず、ユン・スルを待っているのです。
だから、本の少し、混乱ではあったけど、オスカ、チェウヨンには今もユンスルしかいないようです。
ライムが気に入ったと言う話はジュウォンを思う気持ちの表れだと思います。
ジュウォンがライムを気に入っている事をチェウヨンが知っているから、ジュウォンが三ヶ月くらい後に別れると言ったけど、ジュウォンがそんな簡単に、ライムと別れられないことを感知しているようです。
ライムには特別な魅力があります。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-3

ウヨンも話したけど、紐が切れたカバンを安全ピンでつなげて持っていながらも、貧乏と言う心配はしたことのない人々の目にはどのように映るのかを思いもしない純粋な女です。
そして、堂々として、明るく、逞しく、むしろ、中間にいる女よりは、お粗末な感じもないです。
ウヨンはライムが傷つくのではないかと、そして、ジュウォンの心が真心ではないかと、二人を心配をしています。
ジュウォンが家の反対を乗り越えないといけないことも心配だったから、責任を取れないなら、早く止めた方が良いと忠告もします。
しかし、ウヨンもライムとジュウォンを応援したい気持ちになるくらいライムが結構、良い女に見えます。
二人が傷つくのではないかと心配で別れろと言いましたが、ライムがジュウォンと上手く行く事を願う方に傾き始めました。
ライムが気に入ったと言うことはジュウォンの彼女として気に入っていたのではないかと感じましたが…
シークレットガーデンは淡白で、要らん言をつけない愛情ラインが気に入ったから、親戚の間で複雑になる姿は見たくないから、その心がこのように解釈しているかも知れませんが、ウヨンがライムを女として好きなるのはあっては行けません。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-4 ユンサンヒョン

ユンスルと会う度に、潤っていくチェウヨンの目が、チェウヨンの純情を二つに分けられる事はあり得ないと思います。
ライムがジュウォンの母を会う場所にジュウォンが現れたのは偶然ではないと思います。
ウヨンと一緒にいたライムが電話を受けた時、それがジュウォンの母からのものだったことに思い付いたウヨンがジュウォンに伝えた可能性が高いです。
ウヨンの心はライムとジュウォンの愛を支持したい方向に傾いていると証拠です。

そう、決心した!

ジュウォンがチェウヨンに話しました。“私、彼女と別れれる!だけど、後で…長かったら三ヶ月?ギルライムも知ってる。ライムが人魚姫しかなれないことを…”こんなあほなやつがどこにいると思うチェウヨンくらい私も殴ってやりたいと思いましたが、ジュウォンの雨蛙の気立てのせいでうつにもなりました。
ジュウォンは確実に反語法で優れた人物です。
チェウヨンに“ライムと別れるけど、飽きるまで付き合ってみてから”と言う感じをこぼした理由は別にあります。
ジュウォンは先ず、ウヨンの説教が嫌です。
そうでなくても、ギルライムがあまりにも、真面目に好きになっているのに、ウヨンから“ジュウォンが持て入るものを諦めてギルライムを選ぶのか?”と言う質問も受けたくないし、諦められると答えもできない卑怯な自分のせいで、ウヨンがライムを心配している言葉も聴きたくないジュウォンです。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-7 ヒョンビン

ウヨンよりも数百倍、悩んでいる人物が他でもないジュウォンだから…
童話の中なのか、現実なのか、区分ができないくらい、寝ても覚めてもギルライムごっこをしている自分を見ます。
むしろ、会って苦しむか、笑うか、嬉しいと踊るか、キム・トルチュ(キム(김)ジュウォントライ(똘아이:
頭が狂った人;気違い)チュ(츄리닝:ジャージ:チュリニン)、気違い、変体になるか、ギルライムの足に蹴られるかしよう!
胸の奥がピリリ…流れているように痛いよりはライムのかかとですねを蹴られた方がよっぽど良いと思うジュウォンです。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-5 ヒョンビン 
シ-クレットガ-デン エリス症候群2-6 ヒョンビン

ジュウォンがギルライムに接近する方法は、なんと言うか、一言で言うと、幼稚そのものです。
いいえ、幼稚園の子もこんなことはしないと思いますが…
消えてしまった腹筋を返せと言って、ライムに抗議に行ったり、ギルライムが入っていたパンツを返却しに行ったり、便秘で腸が詰まっていると抗議しに行ったり、変なハートマークのサインをしたお陰で、株価が落ちたと責任を取れと言ったり、一言で言うと、手助けをしてあげたのに、責任を取れって?感じの話にもならない理由を持って来るジュウォンです。
こんな幼稚園児のようなジュウォンのお陰で、視聴者は思う存分、笑えましたけど…

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-8 ヒョンビン ハジウォン

その中でも最も眼を引いた場面は、泡キスで有名になったキスシーンです。
“女は何でそうなの?女同士で入る時はそんな事しないのに、男と一緒にいると、唇に泡を付けて知らん振りをする。”と言って、

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-9 ヒョンビン ハジウォン 
シ-クレットガ-デン エリス症候群2-10 ヒョンビン ハジウォン

泡を口で拭いてあげるジュウォン!
この場面でキャーって声が…
私もときときするから、このシーンの話はここで終わりにします。
恋愛をしていたあの頃に戻ったら、必ず、泡キスをケットしたい~
ジュウォンはライムがいればどこへも行きます。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-11 ヒョンビン

エキストラーシーンも拒まずOK!

 シ-クレットガ-デン エリス症候群2-12 ヒョンビン

何よりも、驚くべきものはアクションスクールミニーバスを何も怖がらず、呼吸混乱もなく、乗っていた事です。
このようにジュウォンはライムと一緒にいると、自分が抱えている病も忘れてしまいます。
マッチ箱のように小さいライムの部屋で何もなかったように、寝られた事のように…
チェオクの剣、撮影場でのジュウォンの笑わせるボディーギャグは視聴者のためのサービスです。
お陰で、1年分を笑ったような気がします。
特に、ほくろ兵卒ジュウォンが一番の笑いでした。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-13 ヒョンビン

サングラスをかけた山賊の感じは格好良い!って感じでした。
そして、問題のエリス症候群が登場したチェオクの剣の場面が続きましたが、チャンドンゴン急のカメオと言うジュウォンが、チェオクとチャンソンベクの対決シーンを見ながら、独白をしましたが、久々にダモ:チェオクの剣のハジウォンを見ると懐かしかったです。

シ-クレットガ-デン エリス症候群2-14 ハジウォン 
シ-クレットガ-デン エリス症候群2-15 ヒョンビン 
シ-クレットガ-デン エリス症候群2-16 ヒョンビン

ライムのアクションシーンを見ていたジュウォンのナレーションが続きながら、“不思議な国のエリス…と言う症候群がある。望遠鏡を逆で見るような神秘な視覚的な幻影のせいで、毎日、童話の中を見てしまう神秘であり、悲しい症候群だ。私がその症候群にかかったことに違いない。で、なければ、一体、なぜ、なんでもないあの女といる全ての瞬間が童話になるのか?”

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/291-a79479e3
    この記事へのトラックバック