--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイプリンセスキムテヒ愛嬌満点|矢躍り-男心溶かす溶く~

2010年12月17日 03:51

マイプリンセスキムテヒ愛嬌満点|矢躍り-男心溶かす溶く~

キム/テヒ愛嬌満点,矢躍り-男心溶かす溶く~

キム・テヒが‘マイプリンセス’ティージャー映像で少女時代の矢躍りを広め話題になっている。
俳優キムテヒは2011年上半期最高期待作韓国ドラマMBC水・木ドラマ‘マイプリンセス’でケチ女子大生イ・ソル役を演じている。
既存の端麗で清純なイメージとは異なり、溌剌で少しは我慢強い演技を広める予定である。
ドラマのイ・ソルはケチ女子大生らしくお金になるものなら何でも飛びつく人物。

マイプリンセス キム・テヒ ソンスンホンの裸体を見てピーマンで目を隠す1
マイプリンセス キム・テヒ ソンスンホンの裸体を見てピーマンで目を隠す

ソンスンホンの裸体を見てピーマンで目を隠すなど可愛い面もたっぷり見せる。
こんな性格のため、偽プリンセスアルバイトをもっともらしく白を切り、刷一枚を得るために、ヘヨン(ソン・スンホン)と神経戦を広めたりする。

マイプリンセス キム・テヒ矢躍り1 ソンスンホン 1
マイプリンセス キム・テヒ矢躍り1 ソンスンホン

と思えば、片思いを抱いている教授の関心を得るためには、多少、やりにくい愛嬌パレードも惜しまない。

 マイプリンセス ソンスンホンがキム・テヒをかばう

キム・テヒは‘マイプリンセス’が2009年大きな人気を得た‘アイリス’以降、ドラマ復帰作と言う点から“新しい姿を見せるつもりだ”と演技に意欲を高めている状態。
キム・テヒは走り、こけるのは無論、顔がブスになる場面も惜しむことなく、涙の熱演を広めるなど、投魂を燃やしている。
キム・テヒ所属会社側は“多少、コミックで笑える場面が多く、初めの頃は慣れない感じもあったけど、今はドラマのイ・ソルに完全に没入しているように見える。新しい演技変身にキム・テヒ自身も多くの期待を持っている”と明らかにした。

マイプリンセスキムテヒ矢躍り7 ソンスンホン

制作社‘コットンコール制作団’は“キム・テヒ、演技変身の主要ポイントは‘倒す愛嬌’だ。愛嬌を広める相手役がキム・テヒと完璧なビジュアル調和をなしているソン・スンホンだからより期待を集めていると同様”と言い、“キム・テヒとソンスンホンが体のことを拒まない、演技を見せているからスタフたちが驚いている。韓国の最高、代表美男美女の“変身オール人気”にドラマの完成度が高まっている。”と自身感を見せた。
一方、2011年核爆風を寄せる期待作として、3本指に入る‘マイプリンセス’は‘楽しい我が家’の後続で2011年1月5日に放送を予定している。
ソン・スンホンとキム・テヒ、パク・イェジンとリュ・スヨンをはじめ、中堅俳優イ・スンジェ、イム・イェジンなどのキャスティングも期待感を増幅させている。
また、‘パスタ’でロマンチックコメディーの巨長になったグォン・ソクジャンPDの演出力と‘オンエア’‘恋人’などの作家チームだったチャン・ヨンシル作家の筆力が屈強のロマンチックパワーを見せてくれると関心を集めている。
‘マイプリンセス’は最高財閥企業の唯一の後継者、パク・ヘヨン(ソン・スンホン)とケチ女子大生から一夜でプリンセスになったイ・ソル(キム・テヒ)の 左右衝突、愛の物語を描いたロマンチックコメディードラマである。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/287-aa07b9da
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。