--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイプリンセスソンスンホンキムテヒ主演韓国ドラマ、マイプリンセス

2010年12月16日 04:24


マイプリンセスソンスンホンキムテヒ主演

韓国ドラマ、マイプリンセス2011年1月5日9時55分初放送


マイプリンセス◎登場人物

パク・ヘヨン(ソン・スンホン)

マイプリンセスソンスンホン1

大韓民国最高、最大、最強財閥企業大韓総合グループの唯一の後継者。
この位の運命を持って生まれたら、欠点が一つや二つあっても良いけど、俊秀な外見に アイビーリーグを出た学歴に職業も外交官だ。
世襲経営はしないと言う祖父の一生の信条にクールに同意して外交官になった時、本物のノーブルリースオブルリゼの実践だと自ら奇特だと思っていたが、まさか、ここまで不意打ちを食わせるとは。
経営権は渡したけど、財産は譲ってくれないと。
大韓グループ会長の全財産なら、世界最高の大金持ちというブルネイ国王くらいどんでもない。
それを全て飛ばすなんて、痴呆症なのか?
その上、この全てをあきらめさせたのが国民投票までパスしたプリンセスがイ・ソルと言う。
デパートの駐車場で謝恩品をもらうから、領収書をくれと微笑んでいた、貧しい貧乏がプリンセスだって!
弱り目にたたりめで祖父とカップルを組んで、ヘヨンにプリンセス個人先生までさせる。
大韓民国政治と経済の首長と言う二人が感がなくとは言え、そこまでないのか?
外信に恥をかかないために、殴っても教えなきゃとも思うけど、自らプリンセスだと反抗をする。
しかし、私の頭が狂った見たい。
鼻血を流しながらタイムズを覚えているのを見ると、無理させずに寝かしてあげたくなる。
これは何なの?!

イ・ソル(キム・テヒ)

マイプリンセスキムテヒ1

涙、鼻水流す出生の秘密とあらゆることが人生にテックルをかけるヤン姉さんなんかは、アンモニアナイトのように記憶の向こうに埋めて、朝にはウェディング撮影アルバイト、昼は学校行政室アルバイト、その後には(片思い)愛する教授の考古学概論授業を聞きながら、百万ボルト愛のレーザーを送るため、毎日忙しくスペクタクルに過ごしている悪賢く溌剌な新鮮な青春。
ある日、人生の最高の宝くじが当たった。
寝て起きたら、一晩で大韓民国皇室のプリンセスだと言う。
私、一人をプリンセスにするために、大韓民国最高財閥、大韓グループの会長が全財産をかけて、五千万国民が早朝から並んで、印鑑を押してくれた上、世界各国のイケメン王子が、続いて祝典を送ってくるのに、一回目をつぶって、この体をかけてプリンセスになってみる事を決心する。
しかし、だまされた。
実の親を探してくれると言って、連れて行ってから‘プリンセス’にさせるとお宮に囲んで、早朝から夜遅くまで‘勉強’だけさせる。
本当にあ!!!って叫びたくなる寸前だが…
もっと、我慢できないのは、この全てを教えてくれる先生がだった一人、見栄張り大魔王、パク・ヘヨン事務官だと言う。
最高の人材だと大統領が両親指を立て推薦したと言うけど、何を言うの?!
一時間だけ一緒に勉強してみて!
WTO個別条項一つ間違うのが、そんなに大きな罪なの…

オ・ユンジュ(オム・ジウォン)

マイプリンセスオムジウォン1

幼い頃のあだ名が‘プリンセス’だった。
きれいな子がきれいな服だけを着て、宮殿みたいな家に住むから。
財閥娘だと皆がそう呼んでた。
大人になって分かった。
きれいな服は繊維ブランドのサンプルで、宮殿みたいな家は会長の家で、財閥娘ではなく、財閥秘書の娘である事を…
大韓グループの半分は父がやり遂げたと言っても過言ではないのに、その秘書の娘と言う身分が一生変わろうとしない。
だから、決心した。
パク会長の孫、ヘヨンを私の男にすると、なら、大韓グループは私のものになると…
しかし、急にプリンセスが現れて、会長はそのこのために、全財産を社会に還元してしまった。
田舎ぽいで、無知で、貧乏で、私があの子が勝手に人の人生にリーセットボタンを押してしまった。
その上、もう直ぐ、目の前に来たと、一歩だけ近づいて来たら良いと思っていたヘヨンがイ・ソルに心を許して行く。
絶対、許せない。
結局、彼女は計画を立てる。
成功すれば、大韓民国は皇室を失い、私は…

ナム・ジョンウ(リュ・スヨン)

マイプリンセスリュスヨン1

イ・ソルの専攻担当教授、学生時代から女子学生に人気があった美貌が変わらず、教授界のアイドル、一名、‘教授ドル’と呼ばれる。
空き地を見ると掘りたくなり、転がっている石を見ると、年代測定からしてみる、止めようがない考古学者であり、美術学博士だ。
しかし、よくある話で、とびが鷹を産むって感じだから、教授タイトルは得ても、家の経済状況を見ると苦しい。
助教授の月給を貯めて、いつ宮殿の敷地を掘って見られるか?!
それだけか、初恋ユンジュも平凡な男には手に負えない女性だから、プロポーズもできなかった。
なんで、私の人生は愛するようになる女性がこんなに手に負えず、難しい…
結局、人間は歴史の車輪を大人しく付いて行きながら、暮らしていけば良いと思っていたある日、信じられない事が起きた。
レポートは遅く出すが、発掘現場では男子学生2人前をしていたイ・ソルがプリンセスになった。
だから、皇室文化財、還収委員会の顧問職を任せたいって…
ずっと、子供だと思っていたイ・ソル。
我らが新しい歴史を書こうと言う。
胸がときめく。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/284-ad075436
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。