--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーは外泊中|交通事故のようなメリーのファストキスの意味

2010年11月24日 21:02

メリーは外泊中|交通事故のようなメリファストキスの意味

メリーにおいて愛とは交通事故のようなもの!
交通事項のように、ある日、突然、予告もなく、準備もできず、そほように始まったものです。
ドラマにおいて、メリの前に現れた二人の夫!
メリーの目に映る二人の夫は、進行形、好きになっていくと言う人と、嫌いではないと言う人?って言う感じです。
問題は好きになろうとしている人がアクションをしてくれれば良いけど、嫌いではない人が最善を尽くすと亜クッションをとり始めたことです。
一度、刻み込まれると、なかなか消せないのが先入観とも言えるでしょうか?
結婚もビジネスと言う、情けのない人物になってしまった礼儀正しいけど、冷たいジョン・イン!
一週間以上は付き合わないと著名なプレーボーイホン大、イケメンの乞食、カン・ムギョル、メリが持っている二人の先入観です。

メリにとって、この先入観と言うものが少しずつひびが入り、崩れ始めようとしています。
メリとの結婚をビジネスと思っていたジョン・インはメリの額の傷をムギョルがしたように、自分の痛みのように、励ましながら、メリの心を揺るがそうとしています。
“ぼくがいる、私が守ってあげる、永遠に”と語りがけながら…

メリは外泊中キス1 チャングンソク 

メリの潜在意識の中に残っている言葉!怖かった悪い夢を忘れさせてくれた暖かい山彦のように…
ムギョルからの急なキスはメリにときめきを与え、カン・ムギョルに感じていた感情を混乱させ始めます。
そして、メリを二人の空間の前で迷わせます。

礼儀正しいけど冷たい、シンデレラの空間!

メリに選んでもらえるよう最善を尽くすと言うジョン・インはメリを認め、メリを透明人間のような契約職の予備新婦と言う不便な服を脱がせます。

メリは外泊中キス2 メリ

メリに新しいドラマの台本を渡し、モニターをする機会も与え、メリが好きなドラマ作家に会わせ、職員だと紹介もさせてあげます。
メリのドラマに対する、人とは違う関心と鋭い分析能力も立証できる機会も与えます。
礼儀正しいけど冷たい人が、事業家として先入見を脱皮しています。
ジョン・インの父がメリを金持ちのお嫁さんに似合うスタイリングをしてあげて、メリも少しは慣れず不便だけど、美しい服を着ることになります。
ドレスルームを丸ごと贈って貰ったメリ!

メリは外泊中キス10 メリ

有名ブランド品、有名ブランドバッグから靴、アクセサリーまで、完璧に整えられたときめきの空間です。

メリは外泊中キス9 キム・ジェウク

女であれば、一回くらいは夢見て、想像してみたことのある別世界が、メリの目の前に広められています。
全てが君のものだと語りかけながら…
メリに贈られたドレスルームはジョン・インに似合う女の空間です。
メリにとってはシンデレラの部屋です。
このシンデレラの部屋はメリの悩みと愛が始まる時点です。

ホン大イケメンの乞食、義理の空間!

メリにはジョン・インが贈ったシンデレラの空間とは違う、もう一つの空間があります。
カン・ムギョルの貧しく寒い、作業場をかねたメリの午後の職場、義理の空間です。

メリは外泊中キス8 チャングンソク

保証金を払えなかったムギョルのために、200万ウォンを家主に払うメリ。
カン・ムギョルには100日契約の足止めとして、押し上げたものではあるが、父による結婚強要を受け入れないメリの計算でもあります。

メリは外泊中キス20 チャングンソク 
メリは外泊中キス19 チャングンソク

ジョン・インとの結婚を拒否するため、ムギョルの家に、契約期間中、出入りするためです。
メリが支払った保証金にはシンデレラの部屋とは異なるメリの選択を見せる複線が隠れています。
メリの選択と言う複線であります。
完璧に整えられたシンデレラの部屋とは違い、道端に捨てられたゴミを集めて、飾ったムギョルの家は、
嫌ではない人と好きになっていく人を最終的に選択せねばならない複線が隠されたものです。
ムギョルの貧しい部屋は現実のメリの部屋と似ている空間です。
似ているから、楽に慣れる空間でもあります。
借金に追われ、アルバイトで生活費を設けないと行けなかったり、学費を払えなくて、休学届けを出さねばならなかったり…
人にはゴミに過ぎなかったものが姿を変えて、自分のものになるそのような空間です。
信頼、望み、愛の中で最も重要なものは義理だと言うメリには、野良猫ムギョルに対して、守りたい義理の空間でもあります。

受動的メリ、説教的になる必要がある!

メリーは外泊中を見ていたら、私の個人的な考えではありますが、ヒロインのウィ・メリの自我と他人の意思との衝突に対して、いつもメリが引っ張られていく残念な感じがします。
可愛いメリを表に出していた時から、予見されたことではありますが、二人の男の中で、一人の男を選ぶ権利を持っているのがメリではなく、二人の男が決闘をして、勝者がメリを得られるような…
メリの立場では悔しいかもしれませんが、選択を待っているような感じが消えないと言うでしょうか?
全てを整えた礼儀正しい冷たい人のフィアンセとして選ばれるか、インディーボーカルホン大イケメンのフィアンセとして選ばれるか…

メリは外泊中キス14 メリ

メリには選択権がなく、二人の中の勝者に選ばれるような感じのような…
その理由はメリを単純なキャラクターに造り上げたせいかもしれません。
可愛く、生活力が強く、楽天的なメリと比較すると、カン・ムギョルとジョン・インは絡まっている毛糸の束よりも複雑な内面の世界とトラウマを持った人物として描かれています。
メリが可愛く、可憐さで単純な性格を見せている反面、カン・ムギョルとジョン・インは重ねた歳月を持った堆積岩のように、彼らが歩んできた歳月の時間同様に、秘密を隠しているから、メリに比べる立体的なキャラクターとして描いています。

メリは外泊中キス16 チャングンソク

カン・ムギョルは大人げのない母!ドラマOST契約問題、音楽に対する悩み等など魅了的なキャラクターくらい感情線も立体的です。
ジョン・インも同じです。
父との葛藤、幼い頃のトラウマ、純粋音楽を見る眼目と熱情、事業を大きくしようとする野望など多くの感情を持ったキャラクターです。
それに比較すると、メリの全ての考えはカン・ムギョルとの偽結婚がばれてはいけないことに集中されているだけです。
ドラマ大好きなメリが自分の専攻(国文学)に対する未練と、作家として夢を持っていることは何となく、わかるけど、夢を追うことができない現実的な悩みの痕跡がメリからは読み取れないのが、代表的にメリのキャラクターを単純化させた例だと思います。
可愛く、はつらつなメリ!それがメリのキャラクターの代表的なイメージです。
数多くの表情で演技をしているだけのものとしか言えません。

交通事故のようなメリのファストキス、大切な理由!

こんな意味で、今回のカン・ムギョルの急なキスは可愛らしいメリを魅力的に変化させる転換点ではないかと思い、嬉しかったです。

メリは外泊中キス17 チャングンソク

交通事故のように受けられたメリのファストキスはメリを乙女から女性に成長させる、一歩ではないのかと言う思いがしました。
メリーは外泊中は二つの雰囲気が異物のように、混ぜられず、浮いていたような感じです。
面白みはあるけど、見た後は何の内容だったけ?と言う反問をさせるので…

メリは外泊中キス13  キム・ジェウク

なぜだろう?と思っている内に、チャン・グンソクとキム・ジェウクが創っていく雰囲気とその間に挟んだムン・グニョンの雰囲気がばらばらだったからです。
メリーはカン・ムギョルの感情の線に置いても、乗車できず、ジョン・インに置いても同じです。
むしろ、カン・ムギョルとジョン・インが一つのセットで結ばれているようです。
メリーは外泊中を見ながら、最も目障りになるのはメリの友達が出る場面です。
メリの友達を見ると概念もなく、24歳の社会人としては似合わない行動、ドラマの雰囲気を崩してしまう役割をしているから、メリの友達が出ると、ドラマの流れが行き先を失っているような感じがします。
ドラマの価値を落としてしまう役としか言えません。
そんな友達と一緒になると、メリも同じく概念のないキャラクターになりやすいです。
メリのキャラクターが浮いているような感じがする理由は、複雑な男性の主人公と比較的に、メリには悩みがないように見
える点です。
友達のキャラクターも片手を貸しているいるから…
無論、メリが雰囲気が暗く、今にも夕立でも降るそうな重いキャラクターでないといけない意味ではないです。
二重仮想結婚と言う状況で、右往左往する姿と概念のない友達はメリの絶対、純粋性を活かすよりは、メリにとって、一つくらいあっても良いと言う真摯さを崩しています。
その理由かもしれませんが、メリの感情線は周辺人物に引っ張られていくような受動的な印象を与えます。
そのために、メリには交通事故のような衝撃であるムギョルのキスが、メリの感情を前面に引き出すのではないかと思い、嬉しかったです。
 
メリは外泊中キス18 チャングンソク

カン・ムギョルとジョン・インがメリに向けて感情が動いているのを最もよく表現された場面があります。

メリは外泊中キス4  キム・ジェウク

ジョン・インが別荘で、先に帰るというメモを渡すために、メリが寝ている部屋の前で、メリの行動半径を計算しながら、メモを置く場所を悩んでいました。

メリは外泊中キス3 キム・ジェウク

ジョン・インが最も純粋で可愛い感じに映った場面だと思います。
部屋のドアーが開く音で、恥ずかしげに、一人で、驚いている表情もよく表現されたものです。
一緒に、出勤しようと言う、メリの話に、嬉しく、笑みを浮かばせるジョン・インの表情から、メリに対する感情が好感に傾き始めた繊細な感情を読み取れました。
 
メリは外泊中キス5  チャングンソク 
メリは外泊中キス6 チャングンソク

カン・ムギョルもメリに対する感情を具体的に現せはじめました。
シックな感じを保っていたがメリが編んでいた半分しか完成されてない手袋をはめて、メリのことを思い描く場面は可愛く描かれました。
作詞をしていたが、その内容は待っている姿…自分の感情が入ったものしか書けず、頭の中にはメリクリスマス、可愛い猫だけが描かれるムギョルです。
 
メリは外泊中キス12  チャングンソク

メリと一緒に来たジョン・インに冷たく怒ったりして… 
“出退勤がゴム紐なの?いくら代表としても原則がなければ!ある日は早く退勤させて、ある日は出勤と同時に1泊2日…一体、仕事をするつもりなの?恋愛をするつもりなの?”と嫉妬心を怒りで表現するムギョルです。
メリーは気づかなかったと思いますが、ジョン・インはムギョルの心を読み取れてしまいます。“ウィ・メリさんに最善を尽くすつもりです。これから緊張せねばならないと思います。カン・ムギョルさん!”
最善を尽くすって本当に、先に打つ言葉を残して帰るジョン・インだったです。
ムギョルも負けずに、メリにジョン・インに対する嫉妬を表に出します。

メリは外泊中キス7  チャングンソク

兄弟として、義理として、忠告をすると言ったけど、怪しい点が多いから気をつけろと…
数日前には、ジョン・インに対して、音楽も理解できるし、良い人みたいと手を持ってあげてたのに…
カン・ムギョルとジョン・インに比べると、メリの感情の動きは遅い方です。
今まで、恋愛と彼氏と言う概念とは程遠い暮らしをしていたからです。
そんなメリの固く閉じられている愛という部屋を開ける大きな事件がキス事件です。
ジョン・インが二人の偽結婚を疑っているようだと言う言葉にメリを掴みジョン・インの前で、みろって言わんばかりにキスをしてしまうのです。

メリは外泊中キス15 キム・ジェウク

ムギョルがジョン・インに“最善を尽くすって?私に緊張しろって、そう言ったの?!”と言い、“緊張?笑えるね。私たちはこんな仲なの”と見せた怒りのキスだったけど、メリには一生涯、忘れられないファストキスだったです。
交通事故のように、そのように、急な展開でされたのがファストキス!
メリにキスしたムギョルの心は少し複雑です。
悪いマネジャーバン室長がムギョルと専属契約が終わってないと、威圧金まで払ったムギョルにもらった証拠がないと嘘を付き、母は500万ウォンを出せとムギョルのすねをかじるし、ジョン・インの事務所であったメリーは知らない女性のように、大金持ちの女と変身しているし、本当に、むちゃくちゃな感じです。
どん底まで落ちたような悲惨なムギョルにメリーはジョン・インが二人の仲を疑うと嘆くし、偽の夫だけど、捨てられたテレビジョンを拾わせて自尊心にも傷を負ったムギョルだったです。
ムギョルはジョン・インにキスを見せて怒りを表現したのです。
君には負けたくない!と言う、心半分、無意識の底からはメリに励まされてもらいたい心半分ではなかったのかなって思いました。
ムギョルの感情がどんな状態だったかは関係なく、恋愛を一回もしたことのないメリにムギョルとのキスは重要な感情変化を持ったらすと思います。
選択と言うカードをメリが持つようになるきっかけになるような気もします。
人であれ、ものであれ、一つだけを選ばないといけない時、ある時は、ちょっとだけ、ある時は、長く悩むことがあります。
シンデレラの空間と200万ウォンを出して入居権を得た義理の空間は、現実的な愛と熱病みたいな愛の間で、メリを悩ませると思います。

メリは外泊中キス11 キム・ジェウク

お金持ちの事業家と貧しいミュージシャンと言う極端な貧富の差は現実的な条件と熱病みたいな愛を対置させ、メリの悩みと選択を聞くこのドラマは有り触れた主題だけど、愛の本質を聞いています。
メリのお金持ちのファッションとホンヒッピーファッションは、若者の結婚観と愛情観を象徴しているよう見えます。
`恋愛は愛する人と、結婚は能力のある人としたい’と言う答えがおかしく聞こえなくなった最近は、メリを通じて、条件か愛かを聞いているようです。
ドラマを通じてみる全てを整えたキム・ジェウクなら、愛情なくても結婚したくさせるけど…
芽生えてない愛も絞ってでも創りたいくらいの魅力的な人だけど…
メリが作った味噌なべを手料理を生まれて初めて、食べるかのように、美味しく食べるカン・ムギョルをみると、手料理を作ってあげたい気持ちも…
メリーは知らないけど、産んだだけで、母として何もしなかったソヨンさんのお陰で、野良猫のように暮らしてきたムギョルだから、手料理をそんなに美味しく食べたことを…
カン・ムギョルとジョン・インは良い人、悪い人と区分できない魅力的な人物だから、メリの選択は難しいと思います。
メリーは人生において、最も重要な結婚と言うものの悩みの前に立たされました。
開いてある二つの空間!
現実的な結婚相手であるジョン・インと義理として表現している愛の相手、カン・ムギョル!
シンデレラになれる空間と義理の空間、メリが選ぶ空間はどんなものでしょうか?

関連記事


コメント

  1. collie♪ | URL | CLD2wgeY

    何だか・・・

    いつもスゴイ!!と思う分析力感心します。
    ムン・グニョンの演じるメリーは外側だけラブリーなんですが
    中身がないなぁと感じていてヒロインの魅力が何か欠けてる気がしていました。

    タブン視聴率が上がらない原因なんだと思いました。
    魅力的なイケメン’sが出演していてどれだけ頑張っても
    魅力的なヒロインを演じないと相手が生きてこないですよね…
    演技うまいと思えないのは私だけでしょうか??
    シンデレラの…と風の絵師の時は途中で断念しました。

    何だか面白くない女優さんです。(毒舌でスミマセン)

  2. momo | URL | e3B4ngTI

    なるほど…

    私は韓国語を理解出来ないので、いつも直感だけでドラマ選択をしているのですが、「メリーは外泊中」1~3話を観ただけで不快”を感じ、それ以降はあらすじ”だけを読むようにしています。

    ドラマの内容も際立って悪いわけではありませんが、主役メリーの人柄”に違和感ありで、ムギョルとジョン・イの男性二人の心を動かすだけの要素がメリーに全く見当たらないんです!
    演技力なのか、内容なのか、ムン・グニョンと言うキャスティングのミスなのか? 

    完全無欠の「成・ス」を観終わったばかりなのか、どうも厳しい採点になってしまいます。(笑)

    大好きなグンソクくんが出てるのに視聴率が上がらないとは…残念です。









  3. 韓国博士 | URL | -

    Re: 何だか・・・

    collie♪さん こんにちは。
    いつもありがとうございます。
    どうしても、ムン・グニョンさんが演じるメリのキャラクターが心配ですが、子供のころから積んできた演技力を信じて、もう少し、見守りたいと思っています。
    ムン・グニョンさんをはじめて見たのはウォン・ビン、ソン・スンホン、ソン・ヘギョさんが主演だった『秋の童話』のウンソ(ソン・ヘギョ)の子役を演じていた時です。
    その後、キム・レウォンさんと映画『幼い新婦』でも、ラブリーな演技を見せてくれました。
    演技力の問題ではなくて、作家の能力と言ったら、言い過ぎかもしてませんが、原作のメリは自分の価値観をはっきり持った女性で、仕事に対しても、熱情を持った大人です。
    ある日、突然、降りかかってきた愛にも勇気ある行動をする女性です。
    これから、長い道のりなので、メリがどのように描かれるのかをチャン・グンソクさんのためにも、応援したいです。
    チャン・グンソクさんをはじめてみたのは『ファンジニ』と言うドラマで、フォンジニ(ハ・ジウォン)の初恋相手だったですが、可愛く、時代劇にも良く似合ていた感じがします。
    今は大人のチャン・グンソクになって、現在、日本ツアーとドラマの撮影を平行させ、大変な毎日を送っているそうです。もう少し、メリは外泊中を応援したいですので、よろしくお願いします。

  4. 韓国博士 | URL | -

    Re: なるほど…

    momoさん こんにちは。
    メリは外泊中はこれから面白くなると思いますので、6話からは映像で観賞するのも良いのではないかと思います。
    メリのキャラクターがやっと仕事に熱意を持ち始め、ムギョル(チャン・グンソク)への愛に気づき、悩み始めるようですので…
    ラブリーな感じだけではなく、メリ役のムン・ギニョンさんが、演技力を発揮できるような内容になっていくことを期待しながら、応援したいです。
    チャン・グンソクさんは同じミュージシャンを演じる役ですが、韓国ドラマ、イケメンですねの役とは異なるキャラクターを演じているので、チャン・グンソクさんのためにも、もう少し、気を長く持ってみてみたいと思います。
    面白くないと、途中でみないのが私の原則ですが、今回のメリは外泊中はもう少し、みようと思っていますので、よろしくお願いします。
    メリは外泊中のコンセプトは結婚において、最も重要なものは条件なのか?愛なのか?を問うものだと書いてありますが、ジョン・インもジョン・ソクを笑顔にさせるメリに少しずつ、心を開き始める感じですので、この問いは女性にとっての問いかけではないかと思います。
    これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/225-dcfa98f1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。