シークレットガーデンあらすじ|シークレットガーデン第2話5

2010年11月22日 05:06

シークレットガーデンあらすじ|シークレットガーデン第2話5

ヒョン・ビンシークレットガーデン!
アクションスクールの教育現場をみて、ライムに惚れ直すジュウォン(ヒョン・ビン)
ライム(ハ・ジウォン)とジュウォン(ヒョン・ビン)のトラブルそして、アクシデント!
韓国ドラマシークレットガーデンは総20回の放映を予定しています。
あらすじは1話において、7回~9回を予定しておりますが、場合によっては少し変更もありますので、よろしくお願いします。
ここからはシークレットガーデン2話の5あらすじです。

シークレットガーデンあらすじ|シークレットガーデン第2話5

会議を終えたジュウォンは“他の方は出て行って、チェ室長だけは残って…”と言われ、チェ室長は緊張していたが…

シ-クレットガーデン2-4-21 ヒョンビン

ジュウォンは“あの、内のデパートもドラマか映画に場所協賛みたいなものをすればと思っていますが…”と優しく話す。

シ-クレットガーデン2-4-22 チェ室長

チェ室長は“えっ?以前の会議の時、そんなの嫌だと…”言う。
ジュウォンは“だから、私が、少し前に、あの…と呼びながら、恥ずかしげに口を開いたのを感じませんでした?!”と怒り、チェ室長は“ハイ!感じました!骨の深くまで!”と答える。
ジュウォンは“良いです。だけど”と言いながら、胸に手をあて、“この中に君がいる(パリの恋人の台詞)と言いながら、泣いたりするのではなく、剣を持って、飛んでいたりする、アクションがあるよね。スタントが大勢必要になるアクションの方に協賛をしたら、どうかと思いますが…”言う。
チェ室長は意味が分からず、戸惑っているけど…
ジュウォンは車を走らせ、アクションスクールに着いたが、皆が車に乗って、出かけている。
ジュウォンは車を追っかけて行く。
アクションスクールの新入生たちが向かったのはお墓!

シ-クレットガーデン2-5-1 ヒョン・ビンとハ・ジウォン

ライムは“今、目の前にいる方は、2007年、映画の撮影途中、なくなったジ・ジュンヒョン先輩だ。イム・ジョンス監督をはじめ、我らの師匠であった。知っていると思うけど、我らがすることは、大金持ちになることでも、有名になることでもない。”と説明をしていたが、上からライムの話を聞いているジュウォン。
ライムは“我ら先輩は君達に、ノーハウーをあげることは出来るが、お金と名誉をあげることは出来ない。”と語っている。

シ-クレットガーデン2-5-2 ヒョン・ビン

ジュウォンは静かにライムを見るけど…
ライムは“ある人は我らをエキストラと呼び、ある人は我らをスタントと呼ぶけど、我らは誰が何を言っても、アクション俳優である。その唯一な自負心が我らが持った全てだ。でも、その自負心のために、我らは障害を負うことも、命を亡くすこともある。今でも、この道に確信が立たなければ、直ぐ、辞めても良い。君たちには私の話が脅迫みたいに聞こえるかも知れないけど、これは真心である。”と言う。
ライムを眺めているジュウォンの眼が…

シ-クレットガーデン2-5-3 ハ・ジウォン 
シ-クレットガーデン2-5-4 ヒョン・ビン

ライムは“格好良いと思っていたのに、怖いのか?”と皆に聞く。
ライムは“なら、この先輩の言葉、胸に深く刻んだと信じ、次の日程は君らの根性をみる!一同移動!”と話す。
皆は足球(足でするバレーボールみたいな感じ)をするためにネットを間に、二つのチームに分かれている。
ゲーム途中、ボールが競技場から離れていくが、それを止めたのはジュウォン!

シ-クレットガーデン2-5-5 ハ・ジウォン

ライムはジュウォンの登場に驚くけど…

シ-クレットガーデン2-5-6 ヒョン・ビン

ジュウォンは笑みを浮かばせてライムを見ている。
ライムはボールを取って来る事を言い、メンバーはボールを持ったジュウォンに声をかけるが、素晴らしい姿でボールを蹴るつもりだったが、それが出来ず、みなの笑いものになってしまった。

シ-クレットガーデン2-5-7 ハ・ジウォン

ライムが笑っているのを見たジュウォンはボールを蹴りなおしたが、そのボールがライムの頭に当たってしまった。

シ-クレットガーデン2-5-8 ヒョン・ビン

ジュウォンもびっくりしたが、謝れず、“なんで、ボールが行く方向に頭を当てるの?そんな技術も持ってるの?”と気まずい雰囲気から逃げようとしたが、ライムがジュウォンに向かってくる。
ライムは“気をつけ!”と言うが、ジュウォンは“このように?”って聞く。
ライムは“ちゃんとしないの?”と言い、ジュウォンは“これ以上、どうやってちゃんとするの?腕をのりで引っ付けましょうか?”と言うのに、ライムはジュウォンにボールを投げる。
ジュウォンは“投げる時は投げるって…”怒るが、ライムは“怖いものなしで、私の頭にボールを当てる実力なら、結構、上手なのでは?必ず、勝って!そじゃないと、今日、だだでは帰ることができないから…”と言うが、ジュウォンは“何?何に勝つ?兵隊でも私は足球しなかった方なの?!”と言う。
ライムは“選手で走りたくなければ、ボールで走る?”聞く。
ジュウォンは“良し!その代わりに、あざが出来たとか傷を負ったと言うことは無しで!女だからと言って、大目には見ないから。”と言う。
試合は始まったが、ジュウォンはボールを避けるだけ、たまに蹴ると、アウット!
試合の途中、ライムのサービスになり、ライムはジュウォンを狙うが、その時、ジュウォンの電話が…
ジュウォンが電話に出たため、後ろにいた選手が鼻にボールが当たり、鼻血が…
ジュウォンは鼻血と言う言葉に電話を切って…

シ-クレットガーデン2-5-9 ハ・ジウォン

ライムは“大丈夫か?”と聞くが、

シ-クレットガーデン2-5-10 ヒョン・ビン

ジュウォンは“これが大丈夫に見える?これが?”と言い、

シ-クレットガーデン2-5-11 ヒョン・ビン

鼻血を流している人に“訴えろ!訴えないとこんなのは?!あれがなぜ、ゴン(ボール)なの、コンギョク(攻撃)的だから、ゴン(ボール)なの!?あの女が殺害の意図があったかも知れない。”と話していいるが、ライムは怒りを押えている。
アクションスクールに戻った新入生たち!
ライムは“お閉めの体操、PT100回、腹筋100回だ。しっかりしないと後ろに0(ゴン)を一個ずつ追加する!”

シ-クレットガーデン2-5-12 ヒョン・ビンとハ・ジウォン

ジュウォンは“ゴン一つに人が死ぬこともあるって?!訴えろ!”と言うが…

シ-クレットガーデン2-5-13 ハ・ジウォン  

ライムは“特に、きらきらのジャージを着た人がしっかりしているか監視をして!一人のせいで、皆で苦労をせずに!?”と言う。
皆がジュウォンを見て不満を表すと、ジュウォンは“なんか誤解があるそうなんだけど、これがどんなものかと言うと…”と言いながら、クビについているタグを見せようとするが、皆は体操を始める。
ジュウォンは“ちょっとストップ!”と皆を止める。
ジュウォンは“諸君、諸君たちは今日、貴人に会った。”と言い、ポケットから、財布を出し“どんなお酒を想像しても、その以上を飲めるだろう!?”と言う。
シ-クレットガーデン2-5-14 ハ・ジウォン

ライムは頭を洗って、降りて来たが、ジュウォンが階段で待っている。
ライムは“なんでここにいるの?あいつら監視しろって言ったのに…”と言い、降りて行こうとしたが…
ジュウォン片足を上げ、ライムを止める。

シ-クレットガーデン2-5-15 ヒョン・ビン

ジュウォンは“頭、洗ったの?シャンプーはなぜしたの?”と言い、ライムは“除けろ!”と言うけど

シ-クレットガーデン2-5-16 ヒョン・ビン とハ・ジウォン

ジュウォンは“可笑しいだろう?!顔だけ洗っても良かったのに、頭まで洗わないといけない理由でも…わざっと、女が男を誘惑する時、濡れた髪で、シャンプーの香りを…”と言ったけど、ライムは“気をつけろ!”と命じる。
ジュウォンは一度、足を下ろしたが、足を抱き上げて“もう一度、蹴ってみろ!”と言うが、片方の足を蹴るライム。
ライムが降りてきたら、誰もいない。
ジュウォンは“私が皆、帰らせた。”と答える。
ジュウォンは“二人きりになる必要があったから…”と言う。
ライムは“君、本当に、頭が狂ったのか?”と聞く。

シ-クレットガーデン2-5-17 ヒョン・ビン とハ・ジウォン

ジュウォンは“最近、ちょっと可笑しような感じもする。”と答える。
ライムは“可笑しかったら、病院に行け!状態があらなのに、なんでここに来て、診断を受けるの?”と怒る。
ジュウォンは“原因がそちだから。昨日、やっと血まみれの服を着替えさせたのに、今日からは濡れた髪でついて来るかと思ったから…なぜ?”と答える。
ライムは意味が分からず、“血に付いたなに?”って聞くが…
ジュウォンは“知らなくても良い、私が本当に、病院に行くがどうか判断するために、私の前に立ってくれる?私が良いって言うまで。”と頼む。

シ-クレットガーデン2-5-18 ヒョン・ビン とハ・ジウォン

ライムは“本当に頭が可笑しい人じゃないの?”と聞くが、ジュウォンは“狂いたくないからこうしているだろ!?”と答える。
ジュウォンは“良し、なら、二つだけ聞くから、誠心誠意に答えて。Ok?”と言い、ライムも同意の意思を表す。
ジュウォンは“大学は?卒業したのか?ソウル?地方?違うと言うと、もし留学?”と聞くが、ライムは言葉を失う。
ライムは“二つ目の質問は何なの?”と聞く。
ジュウォンは“もし、家族か無論、親戚を含めて、改めて言うと、そちの家柄なんだけど、私が知ってる家柄である可能性はあるか?例えば、祖父、或いは、親の名前を持った会社名、或いは美術館、もし、大学があると言うか、そのような…”と聞いている。
ライムはジュウォンの内心を知らないので、ジュウォンの質問が…
ライムは“君、医療保険は使えるよね?!”と聞き、ジュウォンを投げてしまう。
ジュウォンは起き上がるようにして、ライムを倒して、その上に乗ってしまう。

シ-クレットガーデン2-5-19 ヒョン・ビン とハ・ジウォン

反抗するライムの両手を掴み、除け!っていうライムに“除けたら、もう一度、投げるつもり?親のお名前を聞いただけなのに、それがそんなに悪いの?”と言う。
ライムは“君が知ってどうするの?今のうちに除け!本当に許さないから!?”と怒るけど…
ジュウォンは“言葉だけでは…私が女一人に負けると思うの?それと、以前から話したいことがあったけど、タイミングが良いから、私の話を良く聞け!このジャージ本当に高いものなの!”と言う。
ジュウォンの話にライムは“君、本当にトライ(頭が狂った人)だろ”と言うが、その時に、ドアーの音が…

シ-クレットガーデン2-5-20 ヒョン・ビン とハ・ジウォン

体育館に入ってきたアヨンはジュウォンとライムの姿に驚いて、言葉を失ってしまう。

次回のシークレットガーデンあらすじ2話6をお楽しみに・・・

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/221-8688c26e
    この記事へのトラックバック