--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペ・ヨンジュン出演、韓国ドラマドリームハイ

2010年11月18日 17:52

ペ・ヨンジュン(배용준、勇俊、1972年8月29日 - )出演、韓国ドラマドリームハイ

撮影突入、ドリームハイ、ペ・ヨンジュンとパク・ジニョンが演じる役は?

2011年1月放送予定されたドリームハイが本格的に撮影に突入した。

ペ-ヨンジュンドリ-ムハイ1

ドリームハイはアイユ、2PM、テクヨン、ジュンホ、ミスエイジスジ、ティアラのウンジョンなど、アイドル歌手が多く出演され、大きく注目されている韓国ドラマ作品。
しかし、大きな話題を生み出したのは企画段階から韓国エンターテイメント業界の実力者であるペ・ヨンジュンのキイストとオアク・ジニヨンのJYPが共同制作者に参与し、二人の大物であるペ・ヨンジュンとパク・ジニョンが自らドラマに深く関与すること。
先に、ドラマの中でパク・ジニョンは個人的にはドラマの背景になる芸術高校において、先生役でデビュー16年ぶりに初めて俳優として、挑むことに大きな意味がある。
ドラマ制作において、パク・ジニョンに任された役割は単純に、出演だけではない。
パク・ジニョンは自分の専門分野であるドラマ全体の音楽監督とOST製作に直接参与する。
また、パク・ジニョンは作品のスタイルディレクターとして、名前をあげた。
スタイルディレクターはドラマの主要素材である青少年、芸能人し志望生たちの姿をより、リアールリティに描くために助言をする役割だ。
パク・ジニョンはドラマ作家、演出家と直接意見を交わしながら、より、現実的にキャラクターを創るために、手助けをしている。

ペ・ヨンジュンもドラマに直接、出演する。
ペ・ヨンジュンは芸高、理事長として、ドリームハイ1話から、ドリームハイ4回まで、特別出演されると知られている。
ドリームハイにおいて、ペ・ヨンジュンの一番を占める役割はプロデューサーとしての役割である。
プロデューサーはドラマの全体の方向とキャスティングから、詳細な要素など、マーケティングまで、総括する概念である。
ドラマ制作において、デビュー16年目のペ・ヨンジュンが持っているノーハウと日本活動を通じた多くの経験を十分発揮できると思われる。
パク・ジニョンと同じく、スタイルディレクターとしての役割も平行する。
パク・ジニョンが歌手と関連する背景に専門的で、現実的な背景知識を持ったとしたら、ペ・ヨンジュンは俳優として、同じ助けができる。
一方、ドリームハイは出身と背景、立たされた状況が異なる学生が芸術仕官学校であるギリン芸高に入学して、世界的なスターとして一歩を踏み出す過程を描いた作品として、最近、初撮影を始めており、2011年1月3日に初放送を予定している。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/210-0c05677e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。