--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレットガーデンあらすじ|シークレットガーデン第1話4

2010年11月15日 19:56

シークレットガーデンあらすじ|シークレットガーデン第1話4

ヒョン・ビンシークレットガーデン!
ジュウォン(ヒョン・ビン)の出勤!
なぜ、ジュウォンはエレベーターを利用しないのか?
パク・ボンホ常務とジュウォンの関係は?
ジュウォンとオスカの契約は成立するのか?
ここからはシークレットガーデン1話の4あらすじです。

シークレットガーデンあらすじ|シークレットガーデン第1話4

ジュウォンの出勤!

シ-クレットガーデン1-4-1 ジュウォン

ジュウォンはエレベーターを使わず、エスカレーターを使って、事務所に向かう。 

シ-クレットガーデン1-4-2 ジュウォン

デパートの中は皆が、一列に・・・
パク・ボンホ常務は社長の席を狙っている。
決済のために、計画書を持って、ジュウォンの部屋に行った、パク常務はチェ室長と話し合いながら、社長の椅子に座っていたが・・・
ジュウォンの出勤!
パク常務は“秋のセールに関する企画案です。”と企画書を出すが・・・

シ-クレットガーデン1-4-3 ジュウォン

ジュウォンは“私、まだ、席に座ってませんが・・・”と言う。

シ-クレットガーデン1-4-4 パク常務

パク常務は“実務者の急ぐ心だと理解願います。”と丁寧に答える。
ジュウォンは“そんなに急ぐことなのに、なぜ、今まで決済してないですか?”と聞く。
デパートに中では、常務が社長代わりにサインをしている噂が・・・
ジュウォンは“まだ、私のサインを同じく真似できないですか?”と常務に聞く。
常務は“噂は噂で過ぎないです。このようなことは、社長が出勤をあまりしないから・・・”
常務の話の途中にジュウォンは“してるでしょ?!火、木に”と答えるが・・・
常務は“月、水、金にもしないといけません。”と言う。
ジュウォンは“嫌です。車が込んでるので・・・”と言う。
社員たちは皆、ジュウォンの言葉に驚いているが、ジュウォンは気にせず、席に座る。

シ-クレットガーデン1-4-5 ジュウォン

企画書を見たジュウォンは“これが最善ですか?確実ですか?”と社員たちに聞く。
チェ室長は“確実ではないが・・・具体的に、どこが気に入らないのか・・・”と答える。

シ-クレットガーデン1-4-6 ジュウォン

ジュウォンは“どうやって分かるんですか?私が・・・題目しか見てないのに・・・”と言い、部屋の中の雰囲気は益々嫌な感じに包まれる。

シ-クレットガーデン1-4-7 ジュウォン

ジュウォンは“最善でも無く、確実でもなければ、やり直さないと?!パク常務のお考えはいかがですか?”とパク常務に聞く。
常務は顔色を変え、“できる限り、早く、企画案を直します。”と答える。
ジュウォンは読みもしなかった、企画案を机に投げ渡す。
オスカは“私の顔があるのに、ミュージックビデオを国内で撮るって?コンサートチケットが売り切れたのみただろ!何が問題なの?主人公は私がすれば良いし?!”と不満を持った声で話す。
オスカのマネージャーは“それが問題なのそれが・・・君と作業するというミュージック監督が一人もいない。これで良いか?!”と怒るが・・・
オスカは“監督がなぜいないの?なんのため?”と聞くが、マネージャーは“何のため?”と反問する。
 
シ-クレットガーデン1-4-8 オスカ

マネージャーは“頼むから、胸に手を当ててみて?!”と言うが、本当に、胸に手を当てたオスカはその理由を聞く。“当てたけど、なぜ?”と・・・
一緒に話を聞いていたロードーマネジャーは“何か感じることはありませんか?”と聞き、
オスカは“ある?!”と答える。
マネージャーは振り向き、オスカを見るが、オスカの答えは“胸がたれてきた・・・”と答えるので、皆がかっくり・・・
マネージャーは“君が生意気なことは、この仕事をしている人の中では知らない人がいない?!前回、台本を投げたのがエクスファイルに全部、載っている?!”と怒る。

シ-クレットガーデン1-4-9 オスカ

オスカは“わう!狂いそう!私がいつ台本を投げたことがあるの。シノプシスを投げたことはあるけど・・・”
オスカの答えにマネージャーは“今度、あったら、台本をなげて?!”と言い、出て行こうとすると、オスカがどこに行くかを聞くと・・・
マネージャーは“ミュージック監督を探しに行かないと、君が監督もするという前に?!”と答える。

シ-クレットガーデン1-4-10 オスカ

残されたオスカは“私が何の監督を・・・”と言ってただが、表情を変えたオスカは“良いね!?”と笑みを浮かべる。
その時、ドアの前に立っているジュウォン!

シ-クレットガーデン1-4-11 ジュウォン

ジュウォンはオスカに“時間、大丈夫だろ!いっぱいのみに行こう。”と誘うが・・・
ジュウォンの後ろを見たオスカは“時間は君がない見たいけど・・・”言う。
ジュウォンが後ろを見るとそこにはパク常務が・・・
パク常務は“秋の定期セール修正企画案です。”と企画書を出す。

シ-クレットガーデン1-4-12 ジュウォン

ジュウォンは時計を見て“6時間だけで?!”というが・・・
パク常務は“仕事を後回しするタイプではないので・・・”と答える。

シ-クレットガーデン1-4-13 ジュウォン

書斎に行ったジュウォンは企画書を見ながら“これが最善ですか?確実ですか?”と聞き、常務はそうだと答える。
 
シ-クレットガーデン1-4-14 ジュウォン

ジュウォンは“そうですか?内容は春のものそのままで、表紙だけ秋に代えましたよね?!”と怒鳴る。
パク常務は“毎年、繰り返えされるものだから、イベントで実現可能な範囲が思ったより、幅狭いです。”と説明を加える。

シ-クレットガーデン1-4-15 ジュウォン

ジュウォンは“思ったより、幅が広かったら、どうしますか?常務は軽四にのるために、景品イベントに応募したいのですか?しないでしょ?給料でもっと良い車に乗っているから・・・”と言うので、常務の顔を段々と怒りに・・・
ジュウォンは“なら、もっと扇情的で、刺激的な思考ができませんか?”と聞く。

シ-クレットガーデン1-4-16 ジュウォン

ジュウォンは“軽四に乗ろうと、100ウォン単位まで、合わせて応募箱に入れる可哀想な人生を送る人のお金を引き出し、豊かになれますか?私なら、軽四、冷蔵庫、掃除機代わりに、トップスターのソン○○の空港ファッション、ソン○○が着て、持ち、嵌めたそのコート、そのバッグ、その時計を差し上げますとします。なぜ?おかずの匂いがする財布より、奢侈で、見栄張りの財布のほうがより、開けやすいし、よりお金も良く出るし、そうなると、パク常務の財布もずっと膨らんだままだから・・・いかがですか?”と聞く。
パク常務は怒りを押え“間違ったことは言わないでしょう。いつも。なら、メインモデルオスカ再契約の件はどうしますか?”と聞き、ジュウォンは“しないと・・・”と答える。

シ-クレットガーデン1-4-17 パク常務

パク常務は“日本の観光客の増加で売り上げが上昇している時点なので・・・”と話そうとしているが、ジュウォンは“知っています。”と答える。
パク常務は“再契約が成立しない場合・・・”と言おうとするが・・・
ジュウォンは“先、私が、しないと!と言う話し聞こえませんでしたか?私ができないと思って迫っていますか?しないと思ったから心配しているんですか?私がすると言ったら、すると思いませんか?”と言い、電話をかける。
ジュウォンは“10分以内に準備しろ!”といい、電話を切る。
パク常務を見てジュウォンは“なんで、そうしてますか?帰ってみてください。”と言う。

クラブにのみに行ったジュウォンとウヨン(オスカ)!
ジュウォンは“最近、CMの撮影をしたのが、いつだったけ?約1年経つのか?”とオスカに聞く。
オスカは“知ってどうする?!”と不満な声を・・・
ジュウォンは“テレビをつけると、ホットな子がグループ(アイドルグループ)で出ているけど・・・恐れることも無く、未だに、再契約のサインをしてないって?!”と言う。
オスカは“そのために、飲みに誘ったの?”と聞く。

シ-クレットガーデン1-4-18 ジュウォン

ジュウォンは“今、録音している7集が拍手を貰っている内に去る、最後のチャンスかも知れない。内のデパートと契約できる最後の機会かも知れないし・・・”
オスカは“それは君の考えで・・・”と言うがジュウォンは“私の考えが間違ったことある?実を言うと、兄さんも私も、お金ってそんなに重要ではない立場でしょ?今回の契約は自尊心だけ取って!報道資料には3倍にして出すから・・・”と言うが、

シ-クレットガーデン1-4-19 オスカ

オスカは“お金が全てではないのは、君も私もなのに、なんで、私だけ引けと言う。君がもっと出せば良いじゃん”と言う。
ジュウォンは“それはできない・・・そうすると、私の自尊心が傷つくから・・・”と言う。
オスカは再契約はしないと威張っている。
オスカは“しない!再契約、夢にも見るな!先に帰る。先から、バーに座っている姉さんが私から目を離せないから・・・”言う。

シ-クレットガーデン1-4-20 ジュウォン

ジュウォンは“兄さんではない。私を見ているの。”と答え、
オスカは“事実なの?入ってくる時から、私とずっと何回も視線が合っていたけど?!”
ジュウォンは“私がずっと見てあげないから・・・”
話しにならないと鼻で笑っていたオスカは“あの人、見なくても私のファンなの!行って聞きましょうか?”と言う。
ジュウォンは“無理しなで!?”と言い、オスカは“賭けてみる?行って聞いてみてくる!?”と言う。
ジュウォンは“殴られて死ぬかも・・・私とお見合いした人なの。”と言い、帰る。

シ-クレットガーデン1-4-21 SUN

残されたオスカも帰ろうと席を立つが、その時、歌っている人から目を離せない。


次回のシークレットガーデンあらすじ1話5をお楽しみに・・・

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/202-6cb7d6f1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。