成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第18話13

2010年11月02日 16:21

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第18話13

成均館スキャンダル第18話は 、王様の密命(金縢之詞を探すこと)を受けたソンジュン(ユチョン)、ユンヒ(パク・ミニョン)、ジェシ(ユ・アイン)、ヨンハ(ソン・ジュンギ)の活躍とソンジュンとユンヒの切ないラブストーリ、ソンジュンの親子関係も描かれます。
成均館スキャンダル第18話 のあらすじは少し長くなると思います。
ソンジュンの活躍が輝く回になりますので、見逃さないように…
成均館スキャンダル第17話と18話は後半にかけて、事件の解決のため、重要なポイントになります。
 韓国ドラマの特徴とは言えないけど、ここまで来ると、男女主人公の二度目の別れと再会があるはずだけど…
成均館スキャンダルあらすじ第18話13編では密紙を解くユンヒがポイントになります。
ここからは成均館スキャンダルあらすじ第18話13編です。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第18話13

ユンヒは一人で図書館にいる。

成均館18-13-1 ユンヒ

いつもの様に、本を読み上げ、地図を広げ…

成均館18-13-2 ユンヒ

“学びが向かうところ、国の始まりのとこ!って…”
ユンヒは10年前の日を遡りしながら、考えている。

成均館18-13-3 地図

“あの夜、道岬寺から帰り道はヨンイン門…”

成均館18-13-4 地図

ユンヒは地図を見て、帰り道を辿って見る。

成均館18-13-5 ユンヒ 
成均館18-13-6 ジョン・ヤギョン先生

‘先代王が最初、宗廟に置いた金縢之詞を彼らの手を避けて・・・’と話したジョン・ヤギョン先生の話を思い出たユンヒは“宗廟(ジョンミョ)!”と言いながら、地図を指す。
ユンヒは父の密紙を広げ、国の始まりの場所を読み直し、宗廟に金縢之詞があると・・・

成均館18-13-7 ユンヒ

ユンヒは‘朝鮮、朝鮮の大王だちの位牌が置かれた場所、宗廟’
‘学びが向かうところ…’

成均館18-13-8 ジョン・ヤギョン先生

ユンヒはジョン・ヤギョン先生の話し‘先代王はいつか、王様が強力な王権が必要な時を備えて、 金縢之詞を宗廟の位牌の下に置いた。’を思い出し…
これで、金縢之詞を探すことができるのか?

成均館18-13-9 ユンヒ

‘学びが向かうところ… 国の始まりのとこ!って成均館ではない。’

成均館18-13-10 地図

‘宗廟!そう、宗廟だった!一番、最初、金縢之詞があったその場所!’と思い、

成均館18-13-11 ユンヒ

ユンヒは本から宗廟の地図を切り抜き、袖の下に地図を入れ、父の密紙も袖に入れる。
心が先たち、何も考えず、宗廟へ向かうユンヒ。
机を片付けることも、ソンジュン、ジェシン、ヨンハに連絡をする余裕のなく、だだ、走っていく。

成均館18-13-12 ビョンチュン

しかし、ユンヒの行動を注視していたビョンチュンが…

成均館18-13-13 ハ・インス

ユンヒが走って行くのを見たハ・インス…

成均館18-13-14 ハ・インス

その時、ビョンチュンがハ・インスを呼ぶ。
ビョンチュンは“キム・ユンシクが図書館で全国図を探していたが、急に、走って行きました。”と報告をする。
ハ・インスはユンヒとビョンチュンの話を…
図書館に行ったハ・インスは机の上を探るが、手係りがなく、行き先を分からず…
しかし、散らかっていた本を広い、ページが抜けられた本を見つけ出す。

成均館18-13-15 ビョンチュン

ビョンチュンもそれが何か気になるけど…

成均館18-13-16 本

ハ・インスは抜けたページが分からず、怒っているが、その時、ハ・インスといつも一緒いる一人が、同じ本をハ・インスに出す。

成均館18-13-17 ハ・インス

抜けたページは宗廟の地図だった。

成均館18-13-18 ハ・インス

ハ・インスは“宗廟”とつぶやく…
ユンヒはハ・インスに捕まるのか?ユンヒの行方は?
成均館18-13-19 ユンヒ

何も知らないユンヒは宗廟の前には着いたものの、中に入れず、困った眼で、高い塀を見上げている。

成均館18-13-20 ユンヒ

ユンヒは何かを良い方法でもあったのか…
宗廟の正門ではなく、反対側に向かう。


次回の成均館スキャンダル あらすじ18話14もお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/142-a6c0d78b
    この記事へのトラックバック