成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第17話12

2010年10月29日 19:19

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第17話12

成均館スキャンダル第17話は 、王様の密命を受けたソンジュン(ユチョン)、ユンヒ(パク・ミニョン)、ジェシ(ユ・アイン)、ヨンハ(ソン・ジュンギ)の活躍とソンジュンとユンヒの甘いラブストーリが中心になるますが、ジェシンとユンハの親子関係も描かれます。
成均館スキャンダル第17話 のあらすじは少し長くなると思います。
ユンヒとソンジュンのラブストーリを別にするか、流れに沿って扱うかに迷っています。
ヨンハの活躍が輝く回になりますので、見逃さないように…
成均館スキャンダル第17話と18話は後半にかけて、事件の解決のため、重要なポイントになります。
 韓国ドラマの特徴とは言えないけど、ここまで来ると、男女主人公の二度目の別れがあるはずだけど…
成均館スキャンダルあらすじ第17話12編ではソンジュンとユンヒの可愛くて甘いラブストーリ の続きとジェシンの辛さ、葛藤がポイントになります。
ここからは成均館スキャンダルあらすじ第17話12編です。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第17話12

ビョンパン(ハ・インスの父)とジャサン(ソンジュンの父)!

成均館17-12-1 ソンジュンの父

ビョンパンはソンジュンの父に自分の娘であるヒョウンとソンジュンの婚姻の話を用いるが…
ビョンパンは男女ともそんなに代わりはなく、一緒に暮らせば夫婦であると言い、親の力で押していた方がと話すが…

成均館17-12-2 ユン・ヒョング

その時、戸を叩く音と共に登場したのはユンチャンガン(ユン・ヒョング:10年前の夜のことの鍵を握っている人)であった。
ビョンパンはユン・ヒョングの登場に驚くが、ソンジュンの父は表情を変えず…
ユン・ヒョングは自分を付き惑う人がいることを話して、10年前のことを調べている人がいると…

成均館17-12-3 ソンジュンの父

ビョンパンはユン・ヒョングを殺した方がと言うが、ソンジュンの父は今は、物ことを大きくする必要がないと忠告をする。

成均館17-12-4 ソンジュン

翌朝!

成均館17-12-5 ソンジュン

ソンジュンとユンヒは手をつないだまま、机の上で寝ている。
日差しに眼が覚めたソンジュン。

成均館17-12-6 ユンヒ

目覚めて一番に見ているのはユンヒの寝顔。
幸せそうに…平和な時間を…ユンヒは何の夢を見ているのか?

成均館17-12-7 ソンジュン

ソンジュンは寝ているユンヒの姿を見て、笑みを浮かべる。

成均館17-12-8 ソンジュン

つないでいるユンヒの手を指で、静かになでてみる。
そばにいてくれてありがとう。君(ユンヒ)と過ごしている今が、とても大切で、君がとても大切で、もし壊れるかと…
ソンジュンはいつも目が覚めた時、ユンヒがそばにいることでも想像しているのか、ユンヒを見るソンジュンの眼は優しく、幸せに満ちていた。

成均館17-12-9 ソンジュン

ユンヒの寝顔に手を伸ばして見るけど、もし、目を覚ましたらと思い、迷っていた手を…

成均館17-12-10 ソンジュン

ユンヒに触れてみたい、ユンヒの寝顔をこの手で覚えておきたい…

成均館17-12-11 ソンジュン

ソンジュンは大切なユンヒを起こすつもりはなかったので、手を引くことに…
ユンヒの顔から引いたソンジュンの手はユンヒの手を暖かく包む。

成均館17-12-12 ジェシンとソンジュン

ソンジュンは図書館に行き、本を読んでいるが、そこには昨夜、戻らなかったジェシンが立て、本を読んでいる。
ジェシンが待っていたいのは、ユンヒでは?
ソンジュンはジェシンの前に立つ。
ユンヒではなく、ソンジュンが来たのが気に入らなかったのか?ソンジュンの父が10年前のことに関わっているかもしれない疑惑を晴らせないのか、ユンヒが心配なのか?
ジェシンは読んでいた本を棚に置き、帰ろうとするが…

“書經の 金縢編なんだけど…先輩!”とソンジュンはジェシンに声をかける。
“成均館の図書館に置かれている本の中では、見つけることができなかったのですが…”
“なんか、誰か…意図的に隠してたように…”

成均館17-12-13 ジェシン

ソンジュンの話を聞いているジェシンの心境は複雑で…

成均館17-12-14 ソンジュン

ソンジュンは“悔しい死を悲しむ時… 金縢編の歌詞を託して、表現する。これで間違いないですか?”とジェシンに助けを求めるが…

成均館17-12-15 ジェシンとソンジュン

“成均館の入試試験の最優秀者だろ!?講經には強い…聞くまでの事ではないじゃ…”とジェシンが答える。

成均館17-12-16 ソンジュン

ソンジュンは“先代王において、悔しい死とは…そして、今の王様がそれを探していると言えば… 金縢之詞…サドセジャ(先代王の息子)の死と関連があることですか?”確認をするが、ジェシンは何も答えない。
“サヒョン(先輩)はもし…知っていますか?”とソンジュンが続けて質問をすると…
ジェシンは“頭を使うことは大嫌いだと言っただろ?!自分に与えられたことをしよ…”と話す。
ジェシンの自分に与えられたこと!は何であろう…
“私は私として、お前はお前として…”と言い残し、帰る。

成均館17-12-17 ユンヒとジェシン

ジェシンはお互いの方法でユンヒを傷つけず、守ろうとも話したかったのか?
図書館から出てきたジェシンが歩いていると、ジェシンを見つけたユンヒは嬉しいそうに後ろからジェシン腕を掴み、ジェシンを止める。
“サヒョン(ジェシン先輩)”とユンヒがジェシンを呼ぶ。

成均館17-12-18 ジェシン

ジェシンは嬉しい反面、これから、ユンヒを傷つけず、ユンヒを守ること…

成均館17-12-19 ジェシン

ソンジュンの父のことで…
ジェシンはユンヒを見ているが、ユンヒはジェシンと目は合わせず…

成均館17-12-20 ユンヒ

ユンヒは“昨夜も帰って来ないし…”と言いながら、ジェシンと眼を合わす。
ユンヒの明るい笑顔がもっと辛くなるジェシン。
ジェシンはそのユンヒの笑顔を守ってあげられるのか?
何も知らないユンヒは明るい表情で“調べていることは、上手く進んでいますか?”
とジェシンに聞く。
進み具合をユンヒに説明的ない、ソンジュンの父のことで一瞬、ジェシンの眼は揺れる。
必ず、ユンヒの笑顔を守るから…
“ソンジュンと私は今日、貸本屋に行って見るつもりです。もし、禁書のなかに、密紙を解く手係りがあるかもと思いまして…”
ユンヒは今まで、進行していることやこれからの計画をジェシンに一生懸命に話す。
“学びが向かうところ…国の始まり…サヒョン(ジェシン)は知ってますか?”とジェシンに話をするユンヒ、何も答えられないジェシン。

成均館17-12-21 ユンヒ

ジェシンはユンヒの肩を叩き、頑張れ!と言わんばかりに…
何も答えない、話さないジェシンが可笑しいユンヒ。

成均館17-12-22 ジェシン

ジェシンはユンヒの笑顔を見ただけで、元気な姿を見ただけで安心したのか、その場を離れていく。

成均館17-12-23 学生

学生たちは秋の日差しが美しい日には遊ばないと…
その時、学長が登場!
学生たちにサボりはいけないと話す、学長の目の前には…

成均館17-12-24 ソンジュンとユンヒ

ソンジュンとユンヒが楽しく話しながら、授業をサボって、成均館から出かける様子が…


次回の成均館スキャンダル あらすじ17話13もお楽しみに…

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/126-dd70b171
    この記事へのトラックバック