--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第17話6

2010年10月28日 02:07

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第17話6

成均館スキャンダル第17話は 、王様の密命を受けたソンジュン(ユチョン)、ユンヒ(パク・ミニョン)、ジェシ(ユ・アイン)、ヨンハ(ソン・ジュンギ)の活躍とソンジュンとユンヒの甘いラブストーリが中心になるますが、ジェシンとユンハの親子関係も描かれます。
成均館スキャンダル第17話 のあらすじは少し長くなると思います。
ユンヒとソンジュンのラブストーリを別にするか、流れに沿って扱うかに迷っています。
ヨンハの活躍が輝く回になりますので、見逃さないように…
成均館スキャンダル第17話と18話は後半にかけて、事件の解決のため、重要なポイントになります。
 韓国ドラマの特徴とは言えないけど、ここまで来ると、男女主人公の二度目の別れがあるはずだけど…
成均館スキャンダルあらすじ第17話Ⅵ編ではソンジュン(ユチョン)とユンヒ(パク・ミニョン)のラブシーンのはじまりと切ないけど、ユンヒを見守るジェシンがポイントになります。
ここからは成均館スキャンダルあらすじ第17話Ⅵ編です。

成均館スキャンダルあらすじ|成均館スキャンダル第17話Ⅵ

ジョニャギョン先生はジェシンを呼び…

成均館17-6-1 ジェシン

“王様からの頼みがあった。これ以上はホンビョクソとして出回り、老論に弱点を握らせることはしないことを…”とジョンヤギョン先生は話す。

成均館17-6-2 ジェシン

自分の正体を知っていると思い驚いたジェシンは“知って…おられましたか?”と聞く。

成均館17-6-3 ジョンヤギョン先生

ジョン先生は首を立てにうなずき、知っていたことを認める。
“父に地位でも、今、ジェシンがビョンゾ(検察)に検挙されたら、助ける方法がない。”

成均館17-6-4 ジェシン

“知っています…助ける力も、多分、助ける意も持っていない方だと思います。私の父は…”ジェシンが答える。

成均館17-6-5 ジョンヤギョン先生とジェシン 

ジェシンがジョン先生から背を向けようとしたら、ジョン先生は“君の兄も文章が上手だった。君の壁書で…久々ムン・ヨンシンの姿が見えて…嬉しかった。”と愛しい声でジョン先生が話す。

成均館17-6-6 ジョンヤギョン先生

ジェシンは亡くなった兄のことでも思っているのか、兄の話に愛しく、懐かしく…
“兄の文書に似ていこうと努力して来たか?”と聞くジョン先生に…

成均館17-6-7 ジェシン 
成均館17-6-8 ジェシン

ジェシンは“民を愛し、国のために心配しないと、詩ではない。時代を苦しみ、世俗に怒りをもたないと、詩とは言えない。善を勧め、悪を警戒する意がないとそれも詩とは言えない。”とジョン先生の詩を…
ジョン先生は“これは…”と話そうとしたが、ジェシンか“私がいつも読んでいたものは成均館のジョンヤギョン儒生の詩文集であります。”と答える。
ジョン先生は“そんなことを言っても、今学期の出席日数が足りなかったら、君は今回も論語の落第を避けられない。”とジェシンに話す。
意が通じ合ったのか、ジェシンもジョン先生も笑顔に…

成均館17-6-9 ソンジュン

ソンジュンとユンヒは秘密の部屋から出ようとエレベーター?に乗るが…
ソンジュンがを引き上げようとコマを回すが、動かない。
気まずいと思ったソンジュンはもっと力を入れてみる。

成均館17-6-10 ユンヒ 
成均館17-6-11 ソンジュンとユンヒ

少しあげていたものが逆転して下に落ちてしまうと、ユンヒもソンジュンも驚いてしまう。

成均館17-6-12 ソンジュン 
成均館17-6-13 ユンヒ  

ソンジュンがもう一度、頑張ろうとしたら、ユンヒが笑顔でソンジュンのそばに行く。
ユンヒはソンジュンの手に手を乗せ、コマを回しながら…
“こんなのはいつもスンドリ(ソンジュンの手伝い)、彼がやってあげていたからでは?これができない?これが?!”とユンヒが話すと、ソンジュンはまずいと思っていた。

成均館17-6-14 ソンジュンとユンヒ
 
その瞬間、引き上げたものが下に下がり、ユンヒはソンジュンの胸に…

成均館17-6-15 ソンジュンとユンヒ

ソンジュンとユンヒは妙な倒れ方で、ドキドキしている。

成均館17-6-16 ソンジュンとユンヒ

その時、上から人の声が…
ファン氏の登場でもっと気まずい?ソンジュンとユンヒ。

成均館17-6-17 ユンヒ

やっと外に出られたソンジュンとユンヒ。
ソンジュンは“良かったね!機械の故障だとは…”と話す。
ユンヒは意味が分からず、ソンジュンを見ている。

成均館17-6-18 ソンジュン

“私は力持ちだから、わざっと機械を止めたのではないかと思って…”とソンジュンが話すと…

成均館17-6-19 ユンヒ

“なんの意味なの?”とユンヒが反問する。

成均館17-6-20 ソンジュン

ソンジュンの眼は笑い“なんで、覚えてないの?!昨日、図書館で…それを言葉にしないと分からないの?!”と笑いながらユンヒを見る。

成均館17-6-21 ソンジュンとユンヒ

ユンヒの頭には昨日の口付けの場面が…

成均館17-6-22 ユンヒ 
成均館17-6-23 ソンジュン

ユンヒは“なにを言ってるの?!二度と、そんな事はしないから心配しないで?!”と恥ずかしさが戸惑いがユンヒの声を高める。
ユンヒは先に帰り…

成均館17-6-24 ソンジュン

ソンジュンは“違う、私の話は…学問をする人があんなに一喜一悲しては・・・”と言い、ユンヒを追いかける。
成均館に戻ったユンヒとソンジュン。
ソンジュンはユンヒの肩を持ち、ユンヒを止める。

成均館17-6-25 ジェシン

その時、いつもユンヒを探しているジェシンの眼にソンジュンとユンヒの姿が写る。
“心配しないでと言ったじゃないの?!これからそんなことは絶対無いから…”とユンヒが話す。

成均館17-6-26 ソンジュン

ソンジュンは“以前からずっと放して起きたかったけどことがある。”周りの人々を意識したソンジュンは…
“学問する人がそんなに一貫性がないのでは…どうやって大事をこなせるの?”

成均館17-6-27 ユンヒ

“だから、私、これからは絶対にしないと…信じられないの?”とユンヒが答えるが…
“男兒一言重千金だから信じても良いよ”とソンジュンの胸まで叩くユンヒ。

成均館17-6-28 ジェシン 成均館17-6-29 ジェシン

ユンヒはそのまま帰ってしまうが、ジェシンは仲良くしているソンジュンとユンヒを見て、何を思っていたのか?

成均館17-6-30 ジェシン 成均館17-6-31 ジェシン

直ぐ、近くにおりながら、声をかけることもできないジェシン。
苦笑いで自分の心を隠そうとはしているものの、隠し切れないのが恋?!
ジェシンの眼はいつもユンヒを追い、ユンヒの眼はいつもソンジュンを求めている。


次回の成均館スキャンダル あらすじ17話Ⅶもお楽しみに…
 

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dreamer017.blog74.fc2.com/tb.php/119-2d91415a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。