--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会いたいパクユチョン画像公開!

2012年10月31日 19:08

会いたいパクユチョン画像公開!切ない内面の演技を見せたユチョン

会いたいパクユチョンの画像公開で話題になっている。
パクユチョンが男主人公で出演するMBCの新しい水木ミニシリーズ韓国ドラマ、会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イジェドン)のスチールカットが31日に公開された。
韓国ドラマ会いたいの主人公パクユチョンがメインスチール写真を通じて、真剣な表情演技を披露した。

会いたいパクユチョン画像公開!切ない内面の演技を見せたユチョン 
会いたいパクユチョン画像公開!切ない内面の演技を見せたユチョン

10月31日に公開されたMBC新しい水木韓国ドラマ会いたいのスチールには、パクユチョン(ハンジョンウ役)がガラスの壁の向こうから切ない目つきでカメラを見つめる姿と悲しみに満ちた顔で座っている姿が含まれた。
パクユチョンは初恋の劇(会いたい)中スヨン(ユンウネ)を守れなかったという罪悪感と申し訳なさで、とても近付くことができないジョンウの辛さをガラスの壁の向こうを向く切ない手ぶりと切ない目つき演技で表現した。
会いたいスチール撮影が始まると、パクユチョンはガラスの壁の向こうを見つめてすぐに涙を流して現場にいたスタッフを驚かせた。
パクユチョンの演技はガラスの壁の向こう側に、実際のスヨンが立っているという錯覚を呼び起こすほどの真正性がにじみ出た。
会いたいメインスチール写真は、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホの切ない表情で熱い反応を得ている。

会いたいパクユチョン画像公開!切ない内面の演技を見せたユチョン 
会いたいパクユチョン画像公開!切ない内面の演技を見せたユチョン

MBC新しい水木ミニシリーズ韓国ドラマ、会いたいは十五歳、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統メロドラマだ。
ヨジングとキムソヒョンがパクユチョンとユンウネの子役を演じる。
会いたいは、あなた、笑って、私の心が聞こえる?を執筆したムンヒジョン作家と韓国ドラマ、ありがとうございます、チェジウ主演韓国ドラマ、負けたくない!のイジェドン監督の出会いで話題になっている作品だ。
パクユチョン、ユンウネ、ユスンホ主演韓国ドラマ、会いたい初放送日は11月7日、夜9時55分を予定している。

スポンサーサイト

会いたいユスンホ画像公開!

2012年10月31日 19:03

会いたいユスンホ画像公開!少年イメージから成熟した男性の香りへ

MBC新しい水木ミニシリーズ韓国ドラマ、会いたいユスンホのスチールが公開された。
MBC新しい水木韓国ドラマ会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イジェドン)のユスンホが少年から男に生まれかわった姿だ。

会いたいユスンホ画像公開!少年イメージから成熟した男性の香りへ 
会いたいユスンホ画像公開!少年イメージから成熟した男性の香りへ

10月30日に公開された会いたいメインスチール写真の中にはガラスの壁を間に置いて怒るガンヒョンジュン役のユスンホの姿が盛られた。
ぎゅっと握った拳と涙を浮かべた瞳は目の前にあっても持つことができないスヨン(ユンウネ)を向けた切ないヒョンジュンの感情を表現した。
10月25日、ソウル龍山区漢南洞のあるスタジオで進行された会いたいスチール撮影では、ガラスの壁が主な小物に使用された。
雨水が流れるガラスの壁は届かない相手に対する懐かしい感情を極大化させる役割をした。
撮影当時ユスンホは、ガラスの壁を活用して、様々な感情を演技した。
特に、ユスンホは、ドラマ撮影を彷彿とさせる強い没入度を見せてくれてスタッフらの拍手を受けた。
会いたいの製作陣は、“ユスンホの感情演技は卓越している。”と絶賛して、“今回の韓国ドラマ、会いたいで切ない愛と痛みを隠した男の成熟した感性演技をまともに見せてくれるだろう。”と期待感を表わした。

会いたいユスンホ画像公開!少年イメージから成熟した男性の香りへ 
会いたいユスンホ画像公開!少年イメージから成熟した男性の香りへ

MBC新しい水木ミニシリーズ韓国ドラマ、会いたいは十五歳、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統メロドラマだ。
ヨジングとキムソヒョンがパクユチョンとユンウネの子役を演じる。
会いたいは、あなた、笑って、私の心が聞こえる?を執筆したムンヒジョン作家と韓国ドラマ、ありがとうございます、チェジウ主演韓国ドラマ、負けたくない!のイジェドン監督の出会いで話題になっている作品だ。
パクユチョン、ユンウネ、ユスンホ主演韓国ドラマ、会いたいは11月7日の夜9時55分初放送を予定している。

会いたいユンウネ画像公開!

2012年10月31日 19:01

会いたいユンウネ画像公開!切ない目つきでメロの女王に登板するか?

俳優ユンウネの切ない目つきが引き立って見える会いたいのスチール写真が公開された。
MBC新しい水木韓国ドラマ会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イジェドン)の女主人公ユンウネが豊かな感情演技で絶賛を受けた。
 
会いたいユンウネ画像公開!切ない目つきでメロの女王に登板するか? 
会いたいユンウネ画像公開!切ない目つきでメロの女王に登板するか?
10月31日に公開された会いたいメインスチール写真でユンウネ(イスヨン役)は、すぐにでも涙が落ちそうな目でガラスの壁の向こうを見つめている。
大きな瞳には、懐かしさと恐ろしさが共存するように神秘的な感じを与えて、まだ公開されていないスヨンの痛みに対する好奇心を刺激する。
特に、ユンウネは撮影スタッフと活発にコミュニケーションし、感情線とコンセプトを入念に取りまとめる姿を見せてくれた。
また、最高のスチールカットを完成させるために、衣装とヘアを変えながら積極的に撮影に臨む熱意を見せた。
会いたいの製作陣は、“スヨン(ユンウネ)の深く繊細な感情を表現するためのユンウネの覚悟が格別だ。”とし、“今回の​​韓国ドラマ、会いたいを通じて既存の可愛いイメージから脱皮して視聴者たちの心に深い響きを与える女優として刻印されるだろう。”と期待した。
会いたいユンウネ画像公開!切ない目つきでメロの女王に登板するか? 
会いたいユンウネ画像公開!切ない目つきでメロの女王に登板するか?

MBC新しい水木ミニシリーズ韓国ドラマ、会いたいは十五歳、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統メロドラマだ。
会いたいは、あなた、笑って、私の心が聞こえる?を執筆したムンヒジョン作家と韓国ドラマ、ありがとうございます、チェジウ主演韓国ドラマ、負けたくない!のイジェドン監督の出会いで話題になっている作品だ。
パクユチョン、ユンウネ主演韓国ドラマ、会いたいの初放送は11月7日の夜9時55分である。

会いたいあらすじを一足先に読む?

2012年10月25日 19:41

会いたいティーザー予告映像の内容で一足先に見る会いたいあらすじ?

会いたい主演パクユチョン、ユンウネのかすかな初恋が感性を刺激する。
アイドルグループJYJメンバーパクユチョンと俳優ユンウネのおぼろげな初恋が込められた会いたい予告映像が公開された。
10月18日、MBC水木韓国ドラマ、アラン使道伝の放映終了と共にMBC新しい水木韓国ドラマ、会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イ·ジェドン)のティーザー予告映像が電波に乗った。
叙情的な雰囲気の会いたい予告映像には、劇中ハンジョンウ(パクユチョン)とイスヨン(ユンウネ)の幼い時代を演技する子役俳優ヨジングとキムソヒョンがお互いに自己紹介をして最初の挨拶を交わす場面が盛られている。
続いて登場したパクユチョンとユンウネはそれぞれ別の方向を見ながら、お互いを恋しがっている表情を浮かべている。

会いたいティーザー予告映像の内容で一足先に見る会いたいあらすじ? 
会いたいティーザー予告映像の内容で一足先に見る会いたいあらすじ?

会いたい予告映像は、“キラーの娘、イスヨン、私と友人になろう。”というパクユチョンのセリフと一緒に仕上げて余韻を残している。
会いたいは十五歳、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていくハンジョンウとイスヨンのかくれんぼのような愛の物語を描いたメロドラマだ。
韓国ドラマ、私の生涯最後のスキャンダル、あなた笑ってなどを執筆したムンヒジョン作家とドラマ、あんぱん、ありがとうございますなどを演出したイジェドンPDが会って期待を与える作品である。
会いたいは、MBC水木韓国ドラマ、アラン使道伝の後続で来る11月7日に放送される予定だ。
下記の会いたい予告映像の和訳版を通じて、自分なりの会いたいあらすじを予想して!

ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容


イスヨンの子役キムソヒョンがぶらんこに乗って“来る?来ない?来る?来ない?”を続いて言いながら、イスヨン(ユンウネ)、ハンジョンウの子役ヨジング、そして、パクユチョンへと姿が順番で映る。

ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容 
ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容

ハンジョンウの子役ヨジングはイスヨンの前で明るく微笑んで、“僕、ハンジョンウ、15歳!”と自己紹介をしてイスヨンも明るい笑顔で答える。
スヨンは、“ジョンウ、ハン!ジョン!ウ!”とその名を記憶に刻むように一字ごと言って見る。
スヨンとジョンウは幸せな時間を一緒に過ごし・・・
滑り台の下に傷がついた顔でうずくまって座っているスヨンに靴を投げるジョンウ・・・
顔を上げ、かすかにジョンウを見つめるスヨン。
ジョンウは、“もしかしたら、イスヨンって知っている?と質問をする。
顔が傷だらけになっているジョンウは誰かの足をつかまえて泣いているスヨンを見てグーを握って涙を飲み込んで立っている。

ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容

ジョンウは“なぜ、こんなにしつこい。僕が知らないふりをしたら、言い訳は要らないから帰って!”
スヨンは“私じゃないよ。私、誰も殺したりしない・・・”と言っては雨の中でジョンウを通り過ぎていく。
スヨン、“来る?来ない?”
ジョンウ、“見つけた!再び知らないふりをしないよ!イ·スヨン!イ·スヨン!キラーの娘イ·スヨン私と友人なろう!”
お互いを描きながらときめいた時間・・・
一緒にブランコに乗って意味のない話にも楽しく笑って一緒に通っていた学校。

ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容 
ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容

ジョンウとスヨンの最初の出会いが本当に気になる。
スヨンとジョンウはどのように出会ったか?
そして、なぜ別れなければならなかったのか?
おそらくキラーの娘と後ろ指をさされたスヨンに手を出してくれた唯一の温かい人がジョンウでは?
スヨンの父が濡れ衣(?)を着せられ、刑事に連行されて父を連れて行く刑事の足にしがみついているスヨンを眺めることしかできないジョンウ!
ジョンウ、ジョンウ父、スヨン、スヨン父の関係が物語の大きな幹になるだろう。
スヨンとジョンウが一緒に幸せな時間を過ごした場所でお互いがお互いを懐かしがって訪ねて行くが・・・
すれ違った時間が彼らの愛をかくれんぼのように隠されて置く。

ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容 
ユチョンドラマ、会いたいティーザー予告映像の内容

正統メロドラマ!会いたい!
恋しがるといつか会えるようになるある映画のようなものが成し遂げるように、辛い日々で君を守れなかった美しい時代の中に留まっている君だから・・・
ある曲の一節を思わせる街灯の下に立っているユチョンの姿が、なぜスヨンと別れるしかなかったのか?
スヨンはなぜジョンウの前でその姿を隠すしかできなかったのか?
という疑問を投げ出させる韓国ドラマ、会いたいの予告映像がより一層期待感を高めている。
ユチョンドラマ、会いたいは、MBC水木韓国ドラマ、アラン使道伝の後続で来る11月7日に放送される予定だ。

会いたいキャスト情報!ユチョンの親は誰?

2012年10月25日 19:15

会いたいはハンジンヒからチャファヨンまで名品俳優揃い

会いたいキャストが追加発表された。
MBC新しい水木韓国ドラマ、会いたい(脚本:ムンヒジョン、演出:イジェドン)がドラマの腰にあたる中堅俳優たちのキャスティングラインナップを発表した。
2012年下半期期待作であるだけその面々も華やかである。
まず、俳優ハンジンヒはハンジョンウ(パクユチョン)のひどい自己中心的な父ハンテジュン役を引き受けた。
ハンテジュンは自分の命令には、誰でも服従しなければならないという考えを持った人物で、お金のためなら息子も利用できる非情なキャラクターだ。
ハンジョンウのママハハであり、派手なファッション事業家ファンミラン役は俳優トジウォンが演じる。
イスヨン(ユンウネ)の母、キムミョンヒは俳優ソンオクスクが演じる。

会いたいキャスト情報!ユチョンの父母は誰? 
会いたいキャスト情報!ユチョンの親は誰?

キムミョンヒは貪欲根性で固まっているが、誰よりも情が深い人物。
愛情表現が下手なせいで心と言葉が別にいく時があるが、知ってみると、大きな母性愛を持った人物で表現される。
また、2008年韓国ドラマ、愛と野望で大きく愛されてから21年ぶりにスクリーンに復帰した後、活発な活動を広げている俳優チャファヨンは生きるためにお金を選ぶしかなかったカンヒョンジュン(ユスンホ)の母カンヒョンジュで、先にキャスティングが発表されたチョングァンリョルはキムウンジュ(チャンミイネ)の父であり、愚直な凶悪犯罪担当刑事キムソンホを演じる。
最後に、太陽を抱いた月の大妃ハン氏など、様々な作品に出演してきた俳優キムソンキョンは准看護婦チョンヘミ役で登場する予定だ。
チョンヘミは今後の韓国ドラマ、会いたいの展開をより一層興味津津にさせる人物である。
会いたいの製作陣は、“演技派中堅俳優たちの合流は会いたいをさらに吸引力のある作品にする力になるだろう。”としながら、“子役から新 - 旧俳優たちに至るまで完璧な組み合わせでより一層硬くして深さある話を描いてい会いたいに多くの関心と期待お願いする。”と伝えた。
一方、パクユチョン、ユンウネ、ユスンホ、チャンミイネをはじめ、子役ヨジング、キムソヒョンなどが出演する会いたいは11月7日初放送を予定している。

会いたいが11月7日初放送確定!パクユチョンとユンウネ主演

2012年10月24日 18:56

会いたいが11月7日初放送確定!パクユチョンとユンウネ主演

MBC新しい水木韓国ドラマ、会いたいが11月7日に初放送を確定した。
会いたいのある関係者は、“会いたいの初放送日が11月7日に確定した。”としながら、“韓国ドラマ、会いたいに対する期待が高いほど良い作品をお見せできるよう努力する。”と明らかにした。
会いたいが11月7日に初回放送日を確定することにより、10月31日と11月1日に放送される番組に対する関心が高い。

会いたいが11月7日初放送確定!パクユチョンとユンウネ主演 
会いたいが11月7日初放送確定!パクユチョンとユンウネ主演

10月24日と25日には企画特集2部作韓国ドラマ、ブスソンピョンが放送される予定だ。
MBCのある関係者は、“まだ10月の最終週目にどのような番組の放送が電波に乗ることになるか確定していなかった。”としながら、“今週の金曜日(10月26日)には確定されるようだ。”と明らかにした。
一方、パクユチョン、ユンウネ主演の会いたいは胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統メロドラマだ。

会いたいユチョンドラマが水木韓国ドラマの視聴率に与える影響は?

韓国ドラマ、会いたいに対する大衆の期待感が高まっている。
パクユチョン、ユンウネというトレンディーな組み合わせと、私の心が聞こえる?、あなた、笑ってなどを通じて暖かい感性を溶かし出したムンヒジョン作家の出会いで話題を集めた会いたいの最強のキャスト、ラインナップにユスンホの名前も載った。

会いたいが11月7日初放送確定!パクユチョンとユンウネ主演 
会いたいユチョンドラマが水木韓国ドラマの視聴率に与える影響は?

親の世代から受け継がれてきた因縁のために、ハンジョンウ(パクユチョン)と対立する資産運用家であるカンヒョンジュン役を引き受けたユスンホは、ソフトな微笑の裏では復讐の刃を隠している冷徹なカリスマと深みのある内面演技を見せる見通しだ。
子役出身俳優たちの中で最もよく育ったケースで名を上げられるユスンホのキャスティングはまさにオンライン上を熱く焼いて韓国ドラマ、会いたいを向けた期待感を高めている。
そして、これはユスンホに先立ってキャスティングされたパクユチョンとユンウネの組み合わせが公開される時も同じだったので、会いたいを通じて団結するようになった三人の俳優に向けた期待感は日々高まっている。
会いたいは異例の子役版ポスターを別に製作した。

会いたいユチョンドラマが水木韓国ドラマの視聴率に与える影響は? 
会いたいユチョンドラマが水木韓国ドラマの視聴率に与える影響は?

太陽を抱いた月を通じて国民の弟と妹に生まれかわった子役俳優ヨジングとキムソヒョンは、今回の韓国ドラマ、会いたいを通じてかすかな初恋の感情をそのまま表現して出して会いたいの航海に大きな力を加えると予想される。
また、大人の俳優パクユチョンとユンウネも前作とは違う風変わりなキャラクターで演技変身を試みる見通しだ。
ヨチョンドラマ、屋根部屋の皇太子で謹厳とコミックを和えたイガク役を完璧に消化したパクユチョンは、特有の深い感性で正統メロー劇、会いたいに力を加える予定で、ユンウネも明るくて肯定的だが、人知れない痛みを持ったかすかなキャラクターに生まれ変わり、前作である私に嘘をついてみてとは、似たようで異なる魅力をお目見えする予定だ。

会いたいユチョンドラマが水木韓国ドラマの視聴率に与える影響は? 
会いたいユチョンドラマが水木韓国ドラマの視聴率に与える影響は?

韓国ドラマ、会いたいは十五歳、胸ときめいた初恋の記憶を根こそぎ奪われた辛い傷を胸に抱いて生きていく二人の男女のかくれんぼのような愛の物語を描いた正統"メロドラマだ。
したがって、特別編成韓国ドラマ、ブスソンピョンに続き、11月7日に放送される予定の会いたいと優しい男が繰り広げる正統メロの対決も興味を刺激し、会いたいが現在の優しい男の独走を防いで水木韓国ドラマの版図を覆すかがまた注目に値する鑑賞ポイントだ。
さすがに、一人、二人とキャスティングが確定するに当たって、期待感が増幅されている会いたいは、これといった強者を輩出できなかったMBC水木韓国ドラマの呪いを解除することができるか。
本格的な蓋が開かれる11月7日、会いたいの派手な初めての歩みに帰趨が注目されている。

会いたいキャストと会いたい登場人物の紹介

2012年10月22日 19:44

会いたいキャストが決まり、放送を待っている視聴者たちの期待が高まっている。
アラン使道伝後続として放送を予定していた韓国ドラマ、会いたいは11月の初放送を予定している。
アラン使道伝が終わって10月24日と25日には2話で放送を予定しているブスソンピョン(餅)が放送を予定いる。
10月22日、会いたいでユチョン、ユンウネと三角関係を描くもう一人の男子主人公、カンヨンジュン役でユスンホが出演を確定して、会いたいキャストが決まった。
ここからは、会いたいキャストと会いたい登場人物を短く説明する。
会いたい公式ホームページは公開されたが、会いたいキャストと登場人物の紹介は掲載されてないため、これまでの会いたいキャスト情報を整理してみた。

パクユチョン ハンジョンウ役  

会いたいキャスト パクユチョン ハンジョンウ役 
会いたいキャスト パクユチョン ハンジョンウ役

ハンジョンウ(パクユチョン)は愉快な正確に図々しさまで兼備した強力係刑事だ。
一人の女性(イスヨン/ユンウネ)に向けた恋しさを胸に抱いて、猛獣のように犯人を追うことに熱中する魔性のキャラクター。

ヨジング  ハンジョンウ子役

ヨジング  ハンジョンウ(パクユチョン)子役

ユンウネ イスヨン役

会いたいキャスト ユンウネ イスヨン役 
会いたいキャスト ユンウネ イスヨン役

イスヨン(ユンウネ)は会いたいでハンジョンウ(パクユチョン)の初恋であり、いつも明るくて堂々とするが、胸の中には人知れない傷を抱いて生きてきた嘱望される新人ファッションデザイナーだ。
清楚ながらも強靭で、冷静だが、同時に内面の切なさを込めた人物。

キムスヒョン  イスヨン子役

キムスヒョン  イスヨン(ユンウネ)子役 
キムスヒョン  イスヨン(ユンウネ)子役

ユスンホ  カンヒョンジュン役

会いたいキャスト ユスンホ  カンヒョンジュン役 
会いたいキャスト ユスンホ  カンヒョンジュン役

カンヒョンジュン(ユスンホ)は会いたいで親の世代から受け継がれてきた因縁のために、ハンジョンウ(パクユチョン)と対立閣を立てる資産運用家。
穏やかな笑顔の裏に復讐の刃を隠している冷徹なカリスマと深みのある内面を持つ人物。

チャンミインエ  キムウンジュ役

会いたいキャスト チャンミインエ  キムウンジュ役 

会いたいキャスト チャンミインエ  キムウンジュ役

キムウンジュ(チャンミインエ)は会いたいで、推理漫画を連載するウェプトゥン作家で正義感と義俠心に燃える多血質だが、片思いしているハンジョンウ(パクユチョン)の前では女性として見られたいと思うかわいい容貌を持ったちょっと物足りないようなキャラクター。

トジウォン  ファンミラン役

会いたいキャスト トジウォン  ファンミラン役 
会いたいキャスト トジウォン  ファンミラン役

ファンミラン(トジウォン)は会いたいで典型的な女性の仮面を被って典型的な狐のような女性。
ファンミランは銀行家で夫と結婚して高速身分上昇を成し遂げた人物で、お金とアクセサリーを愛する華麗な女性だ。
ファッション事業をしている人物。

チョングァンリョル  キムソンホ役 キムウンジュ父

会いたいキャスト チョングァンリョル  キムソンホ役 キムウンジュ父 
会いたいキャスト チョングァンリョル  キムソンホ役 キムウンジュ父

キムソンホ(チョングァンリョル)は会いたいで悲劇に陥った主人公たちの行き違った運命の唯一の糸口を持った刑事。
キムソンホは主人公ハンジョンウ(パクユチョン)だけを片思いするキムウンジュ(チャンミインエ)の父であり、誠実さを兼ね備えた巧妙な強力班刑事だ。
天性が善良で行動の一つ一つに暖かみが染まっている良いお父さん、良い人だ。

ユヨンミ  子役

会いたいキャスト  ユヨンミ  子役




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。