太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告、中殿寶鏡の行方は?

2012年02月28日 19:20

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告、中殿寶鏡の行方は?

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告、中殿寶鏡が可哀想?

韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話でセジャビンホ氏殺害事件の顛末が明らかになって、現在中殿であるユンボキョンが涙を流すことになる。
2月28日MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月(脚本:ジンスワン/演出:キム·ドフンイ·ソンジュン)17話予告動画が公開された。
太陽を抱いた月17話予告動画では王イフォン(キム·スヒョン)が巫女月(ハン·ガイン)の正体が死んだセジャビン、ホヨヌであったことを知って嗚咽した。
続いて、太陽を抱いた月17話予告動画でイフォンとホヨンは本を間に置いたまま、短いキスをした。

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告 
太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告

ホヨヌを愛する陽明グン(チョンイル)は、幼い時のように、もう一度ホヨヌと逃げようとするが、ヨヌが王の女であるために挫折するしかなかった。
陽明グンは大事にした異母兄弟であり、国の王、イフォンに刀まで持ち上げた逆謀を犯した。
また、韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話予告動画では、イフォンとハン·ガインの濃いキスシーンが電波に乗った。
太陽を抱いた月の視聴者たちが待ち望んでいた“菊花茶キス”、“ファルインソキス”などが次々と不発となり、切なさを催したが太陽を抱いた月17話でいよいよ成功する予定だ。
つまり、2月29日放送される韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話で本格的にイフォンとホヨヌの宮中ロマンスが始まるようだ。
イフォンとホヨヌの甘いロマンス予告は、すでに25日、ハン·ガイン所属事務所ジェウォンプラスのフェイスブックにも掲載された。
ハン·ガインが、 “ヨヌにも春は訪れるでしょう?春が来る音に残り時間がひたすら惜しいですね”、“一緒に苦楽を共にした太陽を抱いた月の家族たち。一緒に寒さに震えながら寝ることもできず、洗顔もできなくても、我々は残りの時間を走って行きます”、“ヨヌにも春は訪れるようです。”などと文章を掲載して期待感を高めたもの。
しかし、ホヨヌに春が訪れれば、中殿ユンボキョン(キムミンソ)には冷たい冬が来るしかない。
表面的な悪女の仮面をかぶっていたユンボキョンは、実は悲恋のヒロインだった。
月になりたかったが、月に成れない鏡、ボキョン(宝镜)!

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告 
太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告

ユンボキョンに罪があると言ったら、一目に皇太子、イフォンに惚れて心に抱いた激しい恋心と罪人の娘という絆であった。
ユンボキョン父、ユンデヒョン(キム·ウンス)は、サリムを代表する勢力、ホヨンジェ(トッコ·ヨンジェ)娘、ホヨヌが中殿の座に上がるのを防ぐために、幼いホヨヌを殺した。
太陽を抱いた月、セジャビンホ氏殺害事件は、いつもユンボキョンの心に罪悪感を植えつけた。
2月23日放送した韓国ドラマ、太陽を抱いた月16話でいよいよユンボキョンが凄まじく崩れた。
ユンボキョンは混沌と恐怖、怒りが込められた悲鳴を上げた。
ユンボキョンは“私はすべてを知っています。父がヨヌ、その子を殺したということを”と言いながらぶるぶる震えてユンデヒョンを見て絶叫するシーンは、視聴者たちの涙腺を刺激した。
実際上、口をつぐんでだだ、自分の位置を守ろうとしたユンボキョンの強い外見と違い、内面は傷だらけで膿んでいたもの。
8年にわたるうわべだけの中殿として、心痛していたユンボキョンの中殿座からも引き下ろされるようだ。

太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告 
太陽を抱いた月あらすじ17話、太陽を抱いた月17話予告

韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話から本格的にホヨヌ殺害事件を終結することになる。
20話に予定されている韓国ドラマ、太陽を抱いた月は残りの4羽の間に偽の月、ユンボキョンが凄まじく没落することになる。
すさまじい宮中残酷史に視聴者たちの関心が集中している。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月は太陽を抱いた月最終回、太陽を抱いた月20話まで4回の放送を残している状況だ。
隠された真実に向かって駆け上がっている韓国ドラマ、太陽を抱い月17話は29日午後9時55分放送される予定だ。

太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発

2012年02月28日 18:39

太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発

太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話宮廷ロマンス完結版、宮廷キスと宮廷デート

太陽を抱いた月17話予告動画と太陽を抱いた月17話の現場撮影画像が公開されて熱い関心を受けている。
去る23日太陽を抱いた月16話放送が終わった直後から太陽を抱いた月17話の予告編の要請が熱かったMBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月製作側が太陽を抱いた月17話予告映像を公開した。
来る29日放送予定であるMBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月(脚本:ジンスワン、演出:キム·ドフン)17話では、イフォン(キム·スヒョン)とヨヌ(ハン·ガイン)の涙ぐましい再会が描かれる予定だ。
28日、MBC太陽を抱いた月公式ホームページを通じて公開された太陽を抱いた月17話予告映像でイフォンとヨヌの再会画像で、二人はお互いを抱きしめて熱い涙を流していて目を引く。
太陽を抱いた月視聴者たちはヨヌをめぐるすべての疑問を解いて嗚咽を出したフォンとヨヌの再会がどのように解かれるかに多くの期待感を表現している。
一方、29日放送分の太陽を抱いた月17話では、お互いの存在を確認したイフォンとヨヌ、そして、陽明の三角関係が本格的に登場する予定だ。
太陽を抱いた月がいよいよ月が太陽を抱いた。
写真の中、巫女月がヨヌだったという事実を知ったフォンと全ての記憶を戻したヨヌの切ない抱擁シーンが盛られている。

太陽を抱いた月17話予告3 
太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発

フォンとヨヌはお互いを抱きしめて熱い涙を流している。
太陽を抱いた月製作側は“熱い再会の瞬間は放送を介して直接確認してくれ”と頼んだ。
フォンとヨヌの再会抱擁にネチズンたちは“写真だけ見ても胸が切ない、涙が出る”、“感情がぽつりぽつりと落ちる。もう二人が幸せになって欲しい。”、“明日までどのように待ってれば良いのか?”、“いよいよ待ちに待ったメインカップルのロマンスが広がるのか”などの反応を見せた。
一方、 韓国ドラマ、太陽を抱いた月は40%を越える高い視聴率を記録して人気を集めている。
太陽を抱いた月17話予告映像は、太陽を抱いた月16話の放送で巫女月(ハン·ガイン)が子供の頃のヨヌであることを知ったフォン(キム·スヒョン)が涙を流して月(ヨヌ)を抱きしめる場面で始まった。
まもなく陽明(チョンイル)に申し訳ない思いを告げる月の姿と王の女を連れて逃げる行為は逆謀だと言うフォンと陽明の対決シーンが目を引いた。

太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発 
太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発

切ない別れにつながるかと思うや否や、フォンと月は部屋の中で二人きりで本を読みながら楽しい時間を過ごした。
太陽を抱いた月17話予告映像で、糖衣終結者に登板した花姿ハン·ガインと韓国女心を揺るがしているキム·スヒョンが宮中ロマンスの傍点を打った。
28日公開された写真では、かわいい髪飾りや豪華な色の韓服で美貌を明らかにしたヨヌ(ハン·ガイン)とフォン(キム·スヒョンの方)の書物デート場面とボンジャムを渡し交わして愛を確認するフォンとヨヌカップルの幸せな姿が描かれた。
特に、この日の撮影シーンの頂点は、キム·スヒョンの目つきの演技。
書物を読んでいるヨヌを眺めるフォンの姿は刹那に捕捉された写真でも8年の切なさがそのまま伝えられる程強烈だった。
ボンジャムの中に隠された真意を知ったハン·ガインの真正性いっぱいの涙の演技もまた、多くのスタッフたちの賛辞を受けた。
太陽を抱いた月17話予告映像で公開されたハン·ガインとキム·スヒョンの宮廷キスシーンは太陽を抱いた月17話の画像中、視聴者が最も期待している場面である。

太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発 
太陽を抱いた月17話予告、太陽を抱いた月17話副題、太陽と月の涙に関心爆発

フォンは“やっと二人が一つになれる”という甘いセリフと供に去る23日に放送されると予告されたが放送されてなかったため、視聴者たちの怒りを買ったキスシーンが登場した。
長い時間、巡りめぐって再会した二人の再会にネチズンたちは “これまでの太陽を抱いた月予告編の中で一番満足している”、“今日はいよいよキスシーンが?”、“今日も釣りをしてみろ”、“一つになるなんて...甘い”、“陽明、とても可哀想”などの反応を見せた。
撮影を見守っていたスタッフたちは“目つきでセリフが読まれる真の‘人間プロンプター(司会者がカメラを見ながら原稿を読むことができるようにする装置)’”、“見ているだけで眼球浄化、宮中ロマンス終結者!”、“今日のような撮影だけが続けば、一週間徹夜でも問題ない!”と口を集めて、ハン·ガインとキム·スヒョンの盛りあがった演技を賞賛した。
太陽を抱いた月の撮影現場にいた放送関係者は“常に短い出会いで切なさを持たしたヨヌとフォンカップルに春が訪れた。今まで放送されたものとは比較にならないほど暖かくてほのぼのとした場面が盛りたくさんだろう”と言い、太陽を抱いた月18話の放送に期待を隠さなかった。
現在、韓国ドラマ、太陽を抱いた月は、周辺のすべての状況が隠された真実に向かって走っているため、二人のデート場面が美しいほど切なさも増幅されている状況だ。
ヨヌとフォンの再会がハッピーエンドの始まりになるのか、美しい刹那の夢に残るのかはMBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月を通じて確認することができる。
隠された真実に向かって駆け上がっている韓国ドラマ、太陽を抱いた月17話は29日午後9時55分放送される予定だ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告3編

2012年02月22日 19:04

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告3編

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告、ハンガインの復讐?

太陽を抱いた月15話予告、キム·スヒョン“ヨヌ、何があったの?”
太陽を抱いた月15話予告あらすじの公開がネチズンたちの好奇心を高めている。
俳優ハン·ガインが幼い頃の記憶を取り戻し、巫女月ではなくヨヌへの本格的な変化を持つ。
2月16日放送されたMBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月14話では、ウンウォルガクの不吉な鳴き声を鎮めるために霊受けとして、月(ハン·ガイン)が連行された。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

月は夢の中で、自分とそっくりな霊の顔を見て驚いてぶるぶる震えた。
先週MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月14話の放送では、霊受けとして、ウンウォルガクに閉じ込められた月が皆既日食と共に、長い時間封印されたヨヌの記憶を取り戻した。
特に、韓国ドラマ、太陽を抱いた月14話放送末尾、月の生死を確認するために、ウンウォルガクウを訪ねたグァンサンガムは月に“霊を慰めたのか?”と聞いて、月はその質問に“その少女は、もう二度と泣かないでしょう”という意味深長な言葉を投げてこれからやってくる血の風を予告した。
太陽を抱いた月15話の公式ホームページの予告によると、すべての記憶が戻ってきたヨヌ(ハン·ガイン)は雪(ユンスンア)に会って、自分がネリムグトを受けた時の状況について根掘り葉掘りと問いただす。
ヨヌは、8年前の状況が細かく浮上し、のどが詰まって来て、苦痛な記憶が胸を次々と刺す。
しかし、ヨヌは下手に動かないと心に決める。
陽明(チョン·イル)の家の前を監視していた軍を退いように指示した雲(ソンジェリム)は、ソファルインソへ向かおうとする陽明を止めようとするが、涼しい表情の陽明をどうしても防ぐことができない。
フォン(キム·スヒョン)はホンギュテ(ユン·ヒソク)にセジャビンが発症して倒れた日の夜に何が起こったのか詳しく聞いてみてこいと命令する。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

ハン·ガインは、今週放送される太陽を抱いた月15話から自分の死に疑問を抱いて背後を探るために、雪(ユンスンア)と一緒に密かに調査に乗り出す。
これまで失われた記憶が浮上するたびに、神気と誤解して受動的な反応を見せたが、記憶を取り戻しただけに、ヨヌの聡明さで絡んでいた糸を一つずつ解いていくことになること。
また、王と巫女という身分の違い、自分を介して他の女を眺めているという誤解で、近寄ることも遠く離れることもできず、切ない気持ちだけ育てていったフォン(キム·スヒョン)との愛にも変化が訪れる。
フォンが長い時間、忘れることができず、そんなに愛しがっていた人が、月、自分であること言う事実を知ることになっただけフォンに向かうヨヌの愛はもちろん、そのようなヨヌ気づくフォンの愛も切実で熱くなる予定だ。
太陽を抱いた月15話予告動画を接したネチズンたちは“ハン·ガインがヨヌになった姿を早く見たい”とハン·ガインのキャラクターの変化に期待も高めている。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

これにネチズンたちは“太陽を抱いた月15話予告動画をより多く見せてくれ~、どのように太陽を抱いた月なしで一日を過ごせと言うの?!”、“私から離れるな!太陽を抱いた月15話予告編だけでは満足できない。早く太陽を抱いた月15話予告だけではなく、本番を見せてくれ”と言いながら気の利いた反応を見せた。
一方、去る21日にはヨヌ(ハン·ガイン)が糖衣(ダンイ)を着てフォン(キム·スヒョン)の前に立っている画像が公開され注目を集めた。

太陽を抱いた月15話予告、チョン·イル、ハン·ガイン撮影現場画像公開、ユンスン衣装交換

MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月の一着武士、雪(ユンスンア)の韓服を着た姿が公開された。
22日ユンスンアの所属事務所ファンタジオはユンスンアが武士服を脱ぎ捨て、韓服を着た写真を公開した。
画像の中ユンスンアは黄色のチョゴリに藍色のスカートを着て風変りな魅力を誇っている。
派手ではないが地味な魅力が流れる様子だ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 ユンスンア 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 ユンスンア

ファンタジオはこれと共にチョン·イルとハン·ガインが撮影現場で楽しいひとときを過ごす姿を公開した。
チョン·イルとハン·ガインの明るい笑顔が、まるで太陽と月を連想させる。
チョン·イルとハン·ガインの写真に接したネチズンたちは“太陽を抱いた月がとても好き”、“ユンスンアももうちょっときれいな服を着ればいいのに・・・”、“太陽を抱いた月15話、完全期待される”など、様々な反応を見せた。
一方、22日MBC公式ホームページには、太陽を抱いた月15話予告篇が公開された。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

太陽を抱いた月15話予告編ではフォン(キム·スヒョン)は、ヨヌを心を抱いた陽明(チョンイル)に爆発的な嫉妬を送って、本格的葛藤を予告した。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話は22日午後9時55分に放送される予定だ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告2編

2012年02月22日 18:25

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告、キムスヒョンの嫉妬

太陽を抱いた月15話予告動画が公開されでインターネットが盛り上がっている。
22日午後9時55分放送されるMBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月(キム·ドフンイ·ソンジュン演出、ジンスワン脚本)15話でキム·スヒョンの嫉妬が爆発する。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話では、ヨヌ(ハン·ガイン)と陽明(チョンイル)の親しい姿に嫉妬を感じるイフォン(キム·スヒョン)の嫉妬爆発シーンが、ネチズンの関心を集めている。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話ではキム·スヒョン嫉妬爆発シーンが、太陽を抱いた月第3幕の装飾する。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話予告篇では、ヨヌ(ハン·ガイン)を置いて、フォン(キム·スヒョン)と陽明(チョン·イル)の気の戦いが厳しく描かれた。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話ではでは、フォンの嫉妬と陽明の対抗が極に達する見込みである。
一方、MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話では記憶を取り戻したヨヌ/月の本格的な復讐が始まる。
22日に放送される太陽を抱いた月15話では、すべての記憶が戻ってきたヨヌは、雪(ユンスンア)に会って、8年前に自分がネリムグト(体に降りてきた神様を祭って巫女になるために行うキ式)を受けたときの状況に対して詳細に尋ねる。
8年前の状況をじっくりと考えて、喉が詰まってくるヨヌ。
しかし、ヨヌは今のところは、下手に動かないと決意する。
記憶を取り戻したヨヌは、雪に“どうして私に嘘をついたの?”と聞き、父の墓場で母の姿を見て涙を流した。
ヨヌはまた “私の死の裏には明らかに隠れた黒幕がいる。ホヨヌはまだ死んだ人ではない。”と自分の死に隠された秘密に疑問を持ち始める。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

陽明(チョン·イル)の家の前を監視している軍を退いように指示した雲(ソンジェリム)は、ソファルインソへ向かおうとする陽明を止めてみるが、涼しい表情の彼をとても防ぐことができない。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話で、フォン(キム·スヒョン)は、ホンギュテにセジャビンが発症して倒れた日の夜、何が起こったのか詳しく聞いてきなさいと命ずる。
ヨヌを探して感染症の患者を隔離収容していたソファルインソへ来た陽明はヨヌと楽しいひとときを過ごした。
ヨヌに会うために、潜航に出たフォンはヨヌと陽明が笑って話している姿を目にすることになり、フォンが自分たちを見ていることを察知した陽明はヨヌを胸に抱いた。
特に、陽明はフォンが見ていることに気づいてヨヌを胸に抱いて、フォンの嵐の嫉妬を導き出したのだ。
陽明はフォンに“胸に抱いた女性が苦境に置かれたのに、知らないふりをしているだけではないでしょう?”と話し、フォンは“近くなと言う命を歯向かうと言うことですか?”と叫んだ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 

一方、太陽を抱いた月15話予告編を見たネチズンたちは、“早く見たい”、“無条件本放送を見る”、“いよいよ月が記憶を戻すのか?!”、“延長放送していつまでも見てみたい”、“王のカリスマ大爆発である”、“殿下の嵐嫉妬をどのように描かれるのか気になる”、“キム·スヒョンは、嫉妬する姿も素晴らしだろう”、“ロメンス、早く進んで、お願い”、“嫉妬だけ見せずに、メインカップルの甘い姿も見せてください。”、“今後さらに期待されるロマンス”、“太陽を抱いた月15話予告だけ見てもときめく。嫉妬をたくさんして、二回でもよい”、“早く太陽を抱いた月15話を見たい。フォンの嫉妬、気になる”、“お願いだから、キム·スヒョンとハン·ガインのラブモードがもっと早く進行されたら良い”、“嫉妬をたくさんして、早く二人がお互いの気持ちに素直になって欲しい”などの反応を見せている。
一方、記憶を取り戻したヨヌは、特有の聡明な知恵で絡んでいた糸を一つずつ解いていくことになる予定だ。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話は22日午後9時55分に放送される予定だ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

2012年02月21日 21:38

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告‘再び二つの太陽と二つの月’

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告のポイントは、ハンガインの唐衣姿とフォン(キムスヒョン)、陽明グン(チョンイル)、月(ヨヌ、ハンガイン)の三角関係の始まりだ。
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告のポイントで、ハンガインの唐衣姿?唐衣(ダンイ)とは女性たちがチョゴリの上に重ねて着る韓服の一つで、前身頃と後ろ身頃がチョゴリより長く、ドリョン(チョゴリあるいはヅルマギの裾の端)は丸い曲線になっており、側面は振動線下の部分が開いていて、朝鮮時代の礼服として使われた。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話予告が公開された。
21日MBC太陽を抱いた月公式ホームページには、再び二つの太陽、二つの月というタイトルで、太陽を抱いた月15話予告予告編が掲載された。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

去る16日の放送、太陽を抱いた月14話で記憶を取り戻した月(ハン·ガイン)は、ひんやりとした表情で“その少女は、もう二度と泣かないと思います”と述べ、今後の歩みについて注目させた。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月は視聴率40%を目前にして、韓国民ドラマ隊列に上がった。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月は毎回予告編がポータルサイトの上位圏を占領するほどに人気が高い。
それなら、22日放送される、韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話はどんな展開になるのか。
21日MBCによると、太陽を抱いた月15話では、すべての記憶が戻ってきたヨヌ(ハン·ガイン)は雪(ユンスン)に会って、自分の過去について詳しく尋ねる。
8年前の状況をじっくりと思い出しながら、喉が詰まってくる月だが、彼女は思慮深く、下手に動かないことを決意する。
また、陽明(チョン·イル)と雲(ソンジェリム)の剣術対決が終わった後、陽明の家の前を監視している軍を退いように指示し、雲はファルインソへと向かう陽明を止めてみるが、目つきが変わった彼をどうしても阻止できない。
一方、フォンはホンギュテにセジャビンが発症して倒れた日の夜、何が起こったのか詳しく聞いてきなさいと命ずる。 

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月15話でヨヌ(ハン·ガイン)とフォン(キム·スヒョン)が再会する場面

太陽を抱いた月15話では、ヨヌ(ハン·ガイン)が唐衣(ダンイ)を着てフォン(キム·スヒョン)の前に登場する。
フォンとヨヌは二人の心が込められた空間、ウンウォルガクで再会する。
特に、ヨヌはこれまで着ていた重い感じの巫女服ではなく、桜色とツツジ色の唐衣(ダンイ)を綺麗に着飾っていて、豪華な美しさをいっぱい誇る。
しかし、太陽を抱いた月15話の画像、ヨヌとフォンの今回再会シーンは完全にフォンの想像から始まったもの。
中殿ポキョン(キムミンソ)とウンウォルガク周辺を散策することになったフォンは自分に向けてひまわり恋心を告白するポキョンを見て正妃になったヨヌの姿を想像する。
去る17日、龍仁(ヨンイン)韓国ドラミアで、この場面を撮影した太陽を抱いた月スタッフたちは、これまでの巫女として、地味で清楚な魅力をアピールしてきたハン·ガインの変身に口が塞がらなかった。
桜色とツツジ色の唐衣(ダンイ)を着たハン·ガインの登場に、太陽を抱いた月の現場スタッフたちは一斉に拍手をしながら、“唐衣(ダンイ)の終端”、“フォンが本当にうらやましい”、“本当に花のようだ”など褒め言葉を惜しまなかったという。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月15話予告

太陽を抱いた月の主演を勤めているハン·ガインも“これまで、巫女服だけを着ていたけど、このように、唐衣(ダンイ)を着てみると、本当に楽しい。”と 言い、“記憶を取り戻したヨヌには何よりも大きな試練が待っているが、今日のような美しい日々を思いながら頑張って撮影する”と所感を明らかにした。
一方、韓国ドラマ、太陽を抱いた月OSTであるリンの時間を遡っては、音源チャート上位圏を占領して、韓国ドラマ、太陽を抱いた月の人気を反映している。
太陽を抱いた月15話予告編を見たネチズンたちは“完全楽しみだ”、“ますますおもしろくなる太陽を抱いた月”、“水曜日、早く来て!”など、様々な反応を見せた。
過去を探る月とフォンの話、太陽を抱いた月15話は来る22日午後9時55分放送される予定だ。
ヨヌとフォンの胸ときめく再会シーンは、2月22日午後9時55分、太陽を抱いた月15話を通じて確認できるそうだ。

太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論とは?

2012年02月21日 00:27

太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論とは?

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタに平行理論が存在するのか?
“なんだか分からない既視感が感じられる。”
MBC韓国ドラマ、太陽を抱いた月で義禁府道士ホンギュテ(ユン·ヒソク)が王に呼び出されていた時、言ったセリフだ。
8年前に成均館ジャンイ(生徒会長)時代、密かに王世子フォンに呼ばれた状況と同じだからそう感じるしかないはず。
ところが、最近、ホンギュテだけでなく、視聴者たちも韓国ドラマ、太陽を抱いた月を見てなんだかどこかで見た経験をしたような感じ、既視感を感じる人々が多い。
初恋ファンタジーと記憶喪失という現代のメロードラマの定番素材が史劇、韓国ドラマ、太陽を抱いた月で同じく再現されているからだ。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論の根拠とは?

幼い頃の青々しい初恋、その初恋の突然の死、数年の時間が経過した後、記憶喪失症にかかった初恋の帰還、その人が初恋の相手ではないことを知りながらも、再び愛するようになる主人公、失われた記憶を隠すために、精一杯の努力をする周囲の人々・・・.
これまで、韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスは、大抵このように流れてきた。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と言わない限り、記憶喪失、コードの代表韓国ドラマ、冬のソナタと大きく変わらない。
だから、視聴者掲示板やSNSには“冬のソナタの古典版を見るようだ”、“朝鮮時代版冬のソナタ”という視聴者たちの話が頻繁に上がってくる。
記憶喪失症にかかった人がジュンサン(ペ·ヨンジュン)からヨヌ(ハン·ガイン)と性別だけを変えただけだ。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月の若い王イフォン(キム·スヒョン)は、初恋のセジャビンヨヌを忘れられないながらも、ヨヌと似ている巫女月(ハン·ガイン)を心に抱く。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

ヨヌと呼ばれていた過去の記憶を失った月もフォンへの想いをどうすることができない。
韓国ドラマ、冬のソナタでもそうだった。
記憶喪失症にかかったままミニョンという名前で暮らしていたジュンサン(ペ·ヨンジュン)は、大人になって再会したユジン(チェ·ジウ)を愛し、ユジンも彼が初恋ジュンサンではないことを知りながらも彼を愛するようになる。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

韓国ドラマ、太陽を抱いた月の陽明(チョン·イル)と韓国ドラマ、冬のソナタのサンヒョク(故パク·ヨンハ)のように、愛されないまま後姿だけ眺めるキャラクターも出てくる。
彼らの愛もまた切ないだけど、結局は二人の男女の愛に寄与するというものだ。
運命のような初恋ファンタジーはこのように完成される。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 
韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論

また、韓国ドラマ、太陽を抱いた月で幻影を繰り返してみた月はセジャビン時代の思い出が込められているウンウォルガクで記憶を取り戻す。
韓国ドラマ、冬のソナタのジュンサンも学んだことのないピアノ曲を自然に演奏している自分の姿を発見しながら、フラッシュバックを開始する。
さらに、潜航を行ったフォンがサンソン内官、ヒョンソン(チョン·ウンピョ)の視線から自由になるために、雪だるまを作って来なさいと命令を下す場面を見て、韓国ドラマ、冬のソナタの有名な雪だるまを思い出したという話もある。
韓国ドラマ、冬のソナタの制作会社ペンエンターテイメントが韓国ドラマ、太陽を抱いた月の製作会社でもあるから、ここまで来ると、韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論が成立してもおかしくないほどだ。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスが陳腐ではない理由は?

現代メロドラマだったら不治の病や出生の秘密くらい陳腐で常套的だと批判を受けたはずの初恋と記憶喪失という、コードが韓国ドラマ、太陽を抱いた月では久しぶりに力を発揮している。
その理由は、韓国ドラマ、太陽を抱いた月がはじめに出したように、巫俗ファンタジーが結合されたからだ。
韓国ドラマ、太陽を抱いた月で巫女が呪術で、人を殺した後、生き返して、二人の男女が再び会って元の位置を取り戻すのは天地神明の意図だという言葉で説明される。
現代が背景だったら、 接神の設定が出てきた韓国ドラマ、シンギセンデョンのように、どん詰まり論議に包まれるはずだったが、韓国ドラマ、太陽を抱いた月では運命という言葉で正当化される。
実際、チョンウングォル作家の原作小説、太陽を抱いた月では女主人公がフォンのために自分の正体を自分で隠しただけで、記憶喪失症にかからない。
ドラマが原作になかったメローの必須要素を劇中に引き込んで積極的に変容して発展させたのだ。

韓国ドラマ、太陽を抱いた月と冬のソナタの平行理論 

韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスが陳腐ではない理由

結果的に、現代メロドラマの定番の素材は韓国ドラマ、太陽を抱いた月のロマンスを強化するために決定的な役割を果たしたわけだ。
そのような意味で、韓国ドラマ、太陽を抱いた月は史劇という器に移しいれただけで、現代の正統メロードラマに近いという分析も出ている。
これは、韓国ドラマ、太陽を抱いた月が冬のソナタのように老若男女の平均した人気を得ることができた決定的な秘訣でもある。
ある放送関係者は“現代劇のメローは、視聴者たちがその枠組みを知っているので、うんざりしている感じだが、時代劇のメローには、階級の問題が入り込むため、はるかにドラマチックだ”とし“韓国ドラマ、太陽を抱いた月をはじめ、最近のロマンス史劇は正統メローの力がいかに強いかを改めて証明している”と話した。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

2012年02月16日 19:46

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

太陽を抱いた月14話予告

私はなぜ死んだのか?
月(ハンガイン)は淫の文字が刻まれたチョゴリを着たまま罪人の身分でソファルインソへの逐出を命じられ、主導権を奪われたフォン(キムスヒョン)はジピョンジョンで臣僚たちに侮辱を受ける。
夜遅く、義禁府獄事へ月を訪ねたフォンは重い心を抑圧しながら淡々と自分から離れることを下命する。
一方、ソファルインソへ引っ張られて行く月は、正体の知れない男に拉致され、この知らせを聞いた陽明(チョンイル)は驚いて走って出て行くが、雲が陽明の前を防いで立つ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

ハン·ガインがいよいよ記憶を取り戻す。
MBC水木韓国ドラマ、太陽を抱いた月で記憶を失った巫女月役を引き受けたハンガインは16日、太陽を抱いた月14話放送分で記憶を回復する。
太陽を抱いた月14話放送のサブタイトルは『私はなぜ死んだのか』だ。
幼い頃セジャビンに選ばれたヨヌ(キムユジョン/ハンガイン)は、死に直面してから九死一生で助かったが、これまで、巫女月として生きて行きながら、過去を全く覚えていなくて王フォン(キムスヒョン)を混乱させてきた。
月、自分もヨヌという幻影を見て、他人の記憶を抱いていると思うが、16日放送分、太陽を抱いた月14話で彼自身がヨヌだったことを悟るようになるだろう。
月がヨヌという事実を悟るきっかけは拉致だ。
月は濡れ絹を着せられて、ソファルインソへと引っ張られて行くが、正体を知らない男に人にさらわれてしまう。
この知らせを聞い陽明が驚いて走って出て行くが雲が彼の前を防いで立ち、月をさらった男はついに覆面を脱いで月の前に向き合う。
ここで月は過去、仮面で顔を隠していた皇太子時代のフォンを思い浮かべて、過去を記憶することになる。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

15日に放送された太陽を抱いた月14話予告篇を通じて月の記憶を取り戻すことができるという意味に接したネチズンたちは ‘いよいよヨヌとフォンが会うことになるのか?’、‘王世子を奪われた私たちのヨヌは可哀想でどうする?’、‘二人の美しいメローライン今後期待される’など熱い反応を見せている。
偶然にもヨヌの記憶を取り戻す16日はフォンを演じているキムスヒョンの誕生日でもある。
ネチズンたちは‘殿下のお誕生日の日、ヨヌが記憶を取り戻すなんて意味深い’とお誕生日おめでとう文章を吐き出している。
キムスヒョンの所属事務所側は‘ドラマ、太陽を抱いた月の反応が爆発的だ。キムスヒョンのファンが急増しており、広告の方でも反応が熱い。現在5つの広告契約を締結したが、太陽を抱いた月が終わる時頃になると、おそらく10個程度に広告が増えないかと思う。次回作オファーも殺到していてキムスヒョンが最高の日々を送っている’と述べた。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

ハンガインも15日放送分、太陽を抱いた月13話でひどい拷問にも教壇を守るヨヌのキャラクターをよく消化して、 ‘ハンガインの再発見’という絶賛を受けている。
どんな状況でも光を失わない、ハンガインだけのオーラと高級感のある美貌は、史劇演技でさらに真価を発揮している。
ハンガインの所属事務所側は‘不思議なことにハンガインが打たれたり、拷問されるなど、過酷な体の演技を繰り広げるたびに、太陽を抱いた月視聴率が上がっている。
体は大変だが、ハンガインが太陽を抱いた月に対する視聴者たちの愛情と関心に報いようと、一日に1,2時間しか寝られない状況でも最善を尽くしている’と述べた。
一方、15日に放送された太陽を抱いた月13話は、AGBニールセンメディアリサーチの集計結果38.4%の視聴率を記録して40%台を狙っている。

太陽を抱いた月14話予告、キムスヒョン別離宣言‘私から離れても良い’涙の海予告

太陽を抱いた月14話では、キムスヒョンとハンガインの切ない別れが描かれる。
2月16日午後に公開されたMBC水木ミニシリーズ、韓国ドラマ、太陽を抱いた月14話予告によると、イフォン(キムスヒョン)は月(ハンガイン)との別れを決意する。
この日公開された太陽を抱いた月14話予告ムービーは45秒にわたって登場人物それぞれの切ない姿が描かれて嵐の涙を予告した。
獄事に閉じこめられた月を密かに訪ねて行ったフォンはウォルに“私は君を見ていたのではなく、その子を見ていたのだ。だから、もう私から離れても良い”と別れを告げて涙をのんだ。
月も涙を流して切ない別離を描く予定だ。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

中殿ボキョン(キムミンソ)は、フォンに“私には殿下が初恋でした。誰よりもよく知っている殿下がどうしてこんなに残酷でしょうか?”と涙を流し、フォンはボキョンを抱いて慰める姿を見せた。
一方、宮殿から追い出さていく月を見たヨヌの母、ジョンキョン夫人シンさん(ヤンミギョン)は、娘の姿をそっくり似ている月を見て“ヨヌヤ!”を叫んで切なさを催した。
陽明(チョンイル)は、外出禁止令を受けて恋心に苦しむ姿を見せた。
太陽を抱いた月14話予告編を見たネチズンたちは ‘今日、嵐の涙予約だね’、‘切なくない場面がない宝石のような予告編’、‘母様、どうしますか?’、‘母様、一目で娘を分かりますね。切ない”、‘月の受難はいつまでですか?お願いだから、記憶ちょっと”などの反応を見せた。

太陽を抱いた月14話予告、ハンガインバンとフォンは未来の終止符を打つか?

ハンガインバンが大逆罪人に続き、罪人烙印まで?ヨヌをどうしよう?!
太陽を抱いた月13話、14話の予告編が公開された後、ハンガインが大逆罪人になり、義禁府に連行された写真が公開された。
ハンガインが大逆罪人になり義禁府に押送されたのは太陽を抱いた月12話の最後の場面で“中殿のために、私は帯を一度外してやる!”と視聴者たちの心配を溶かした王様フォンと中殿ボキョンの初夜が失敗に終わったからだ。
太陽を抱いた月13話予告で正体不明のたたりを受けたフォンが倒れ、中殿はフォンとの初夜が失敗し、希望どおりに原子を懐妊できなくなり、自分に羞恥心と恥辱をもたらしたフォンに対する恨みを抱いて別名‘中殿の逆襲’を図る。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

中殿ボキョンは自分の父であり、ヨンサンであるユンデヒョンと供に初夜失敗の原因が正体不明のたたりの責任で厄受け巫女、月に濡れ衣を着せ義禁府へ押送する。
13日、 太陽を抱いた月公式ホームページに公開されたハンガインが大逆罪人として引っ張られている行く画像はハンガインが演じている厄受け巫女、月が義禁府へ押送されて行く場面に推定される。
一方、 太陽を抱いた月14話予告では義禁府に引きずられて行く月を救うため、フォンは侮辱を我慢しながら、大王大妃を訪ねて行って、お願いを上げ、陽明もチュグク場に現れ、月の無罪を立証して、月は罪人の烙印を押され、ソファルインソへ互い追い出されるが、押送されていく途中、正体の知れない男にさらわれる。
太陽を抱いた月14話予告によると、厄受け巫女、月は大逆罪人の烙印が押されたまま、ソファルインソへ追い出されることが描かれている。

太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告 
太陽を抱いた月あらすじ、太陽を抱いた月14話予告

最も気になる部分は、今まで自分がヨヌであることを知らずに、巫女月として生きることになったハンガインが多い節目ごとに大逆罪人烙印が押される危機をかろうじて避けてきたけど、罪人の烙印が押されたらどうすのかだ。
いくら結末がハッピーエンドでも大逆罪人の烙印を押されたハンガインがヨヌに帰還してフォンと幸せに生きるということはまったく描かれない絵だからだ。
太陽を抱いた月は話ごとにフォンとヨヌをめぐる危機と切ない懐かしさと愛に心に傷を得た、太陽を抱いた月の中殿の逆襲の中に大逆罪人として追われたハンガインと彼女を保護しようとするフォンが視聴者たちの心配をとかし出す見通しだ。
太陽を抱いた月14話は2月16日夜9時55分に放送される予定だ。