--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJユチョンSDA2011、二冠王に輝く“JYJメンバーいつも頑張っている”

2011年08月31日 19:42

JYJユチョンSDA2011、二冠王に輝く“JYJメンバーいつも頑張っている”

‘SDA2011、二冠王パクユチョン’JYJユチョン“JYJメンバー、いつも熱心にしている”

ソウルドラマアワード2011韓流ドラマ部門男子俳優賞、ネチズン人気賞など2冠王の栄誉を受賞したパクユチョンが所感を伝えた。
8月31日、ソウルKBSホールで開かれた第6回ソウルドラマアワードでパクユチョンが‘成均館スキャンダル’で韓流ドラマ部門男演技賞とネチズン人気賞を受賞した。
パクユチョンは‘成均館スキャンダル’で多くの賞をいただき、とても嬉しい、‘成均館スキャンダル’製作陣と他の出演陣たちと一緒に作って良い結果を得たようだ。いつも熱心にしたいと思う。JYJのメンバーたちも同じだ。このような私たちに良い機会与えようとしている方々に感謝申し上げる”と所感を伝えた。
2011年、ソウルドラマアワード組織委員会は、イムグォンテク本審査委員長をはじめとする全世界のドラマ映画の専門家で構成された審査委員団と一緒に短編、ミニシリーズ、長編部門から上がってきた39の作品を対象に、公正かつ熾烈な審査を行った。

JYJユチョン SDA二冠王  
JYJユチョン SDA二冠王 2011 ドラマアワード

本音進出作の中には過去の歴史的事実を新しく再解釈した作品だけではなく、宗教や社会の慣習からの抑圧された女性は、アフリカの子どもの問題、サイコパス物など様々な素材を扱った作品が目立った。
そのうちのいくつかの作品は、審査委員からは“驚くほどの吸入力と欠点のない演出力を見せてくれた”と絶賛を受けたことがある
今回のドラマアワードは、パクユチョン(JYJ)をはじめ、ジョンギョウン、チヒョヌ、キムミスク、ソジヘ、イスンギなど多くの俳優たちが参加した中で、リュシウォンとハンゴウンの司会で進行された。

スポンサーサイト

女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレスのブランドは?

2011年08月31日 18:34

女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレスのブランドは?

女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレス;スポエンシャーウェディング商品について

SBS韓国ドラマ‘女の香り’12話で、キムソナがウェディングドレスを着て最高視聴率を達成しながら、協賛したウェディングドレスショップが一緒に話題になっている。
8月28日、SBS韓国ドラマ‘女の香り’12話で、キムソナが、死ぬ前にウェディングドレスを着てみたいという願いを成し遂げながら涙を流す姿が放映された。
この時、キムソナが着たウェディングドレスが、スポエンシャーウェディング製品と言うことが知られながらネチズンたちの関心を集めた。
スポエンシャーウェディングは、今回のキムソナのドレスのほか、イダヘ、チェソンヒョン、イミンジョン、パクミニョンなどのドレスを協賛し、清潭洞(チョンダムドン)の嫁たちにもWanna Beのウェディング商品として愛されている。
また、ドラマチックで劇的な要素を適切にドレスに溶かしたデザインがスターたちの間で噂に乗りながら、キムヒソン、イヨンヘ、ハンチェヨン、シンミナなどトップスターらのウェディングドレスのデザインも引き受けて進行した。
スポエンシャーウェディングのクジャヨン院長は、“様々なスタイルのウェディングドレスのデザインと高級感のあるウェディングショップのインテリアのためか、ドラマの関係者やスターたちが、まずショップを尋ねてくる場合が多い”とし、“人気ドラマのヒロインがウェディングドレスを着る場合、予備花嫁たちの関心が急増するため、シーズンのウエディングトレンドが変わることもある”と話した。

女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレスのブランド 
女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレスのブランド;スポエンシャーウェディング

韓国ドラマ‘女の香り’の中のキムソナの‘ロマンチックシックウェディングルック’が大きな話題を集めている。
キムソナは、これまでロマンチックな感性に活動性と洗練さを加えたスタイリングを披露して着る服ごとに完売の行列を記録した。
最近、キムソナはマーメイドウェディングドレスを完璧に消化しながら、これまで披露していたロマンチックシックルックに頂点をとった。
今回、キムソナが披露した‘ロマンチックシックウェディングルック’は体を表わすマーメイドラインに華やかなプリーツディテールで女性美を強調したのが特徴だ。
これに、小さなサイズのティアラとレースのベールを一緒にマッチして過ぎることもなく、洗練された美しさを現わした。

女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレスのブランド;スポエンシャーウェディング 
女の香り12話、キムソナ、ウェディングドレスのブランド;スポエンシャーウェディング

キムソナは‘女の香り’で、時限付きの人生で、自分の幸せな暮らしを探していくキャラクターで女性が夢見るロマンチックなファッションをお目見えして視聴者たちの耳目を集中させた。
ウェディングドレスも、都市的だが、女性美を現わすスタイルを選択して、まさに‘女の香り’を存分に感じさせた。
キムソナのウェディングドレスをデザインしたスポエンシャーウェディングのクジャヨン院長は、“キムソナさんが韓国の女性たちの心を代弁する‘ゴンガムニョ(共感できる女)’イメージを持っているだけに、過度に派手なディテールのウェディングドレスではなく、素材だけでも、彼女だけの魅力を生かすことができるデザインのウェディングドレスを選択した”と明らかにした。
韓国ドラマ、女の香り13話は9月3日の放送を予定している。

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス、大邱(テグ)陸上選手権閉会式で、KBSテレビに登場

2011年08月30日 21:59

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス、大邱(テグ)陸上選手権閉会式で、地上波テレビに登場

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス、大邱(テグ)陸上選手権閉会式で、KBSテレビに登場

JYJ、ジェジュン、ユチョン、ジュンスは、2011年大邱世界陸上選手権大会閉会式の舞台に立って済州公演中止の悲しみを励まされることになった。
JYJは9月4日、大邱スタジアムで行われる閉会式で、食後のイベントの祭典の舞台に立つ予定だ。
KBSは“午後9時10分から400m、男女リレーの授賞式を含めて1時間の間に閉会式を生中継する予定だ”と8月30日明らかにした。

JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス 
JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス

JYJは最近、KBSの“挑戦!世界7大自然の景観、ここでは済州(チェジュ)です”祭典の舞台に上がって広報大使の資格で祝い公演を広げる予定だった。
しかし、公演前にKBS側の一方的キャンセル通知で公演が失敗に終わったことがある。
そのために、KBSで中継される舞台に再び立つことになったJYJへの関心が集中した。
久しぶりにJYJが電波を介してステージに立った姿を見れるJYJファンの嬉しさはさらに大きくなる見通しだ。
一方、‘2011大邱世界陸上選手権大会’閉会式には、JYJとDJ KOO(クジュニョプ)が参加して祝い公演を広げる。

JYJ、ジェジュン、ユチョン、ジュンス“皆さん、いつも有難くて愛しています”

グループJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)は、最近の近況を伝えた。
8月29日JYJの公式ホームページには“From JYJ in釜山(プサン)”というタイトルで動画が掲載された。
掲載された動画には、JYJのジュンス、ジェジュン、ユチョンが久しぶりに顔を現わした。
約5分程の映像で、JYJは、“アジアを代表するエイズの親善大使に選ばれ、釜山に来て歌を歌うことになった”と述べ、最近の近況を伝えた。
ジュンスは“久しぶりにJYJの姿でお伺いするようになって本当に嬉しくて、良い姿をお見せできるよう努力するZ”と伝えた。
ユチョンとジェジュンも“ファンの方々、いつも有難くて愛しているし、一緒にいたい”とファンに対する切ない心を現わした。

JYJ ジェジュン、ユチョン、ジュンス 
JYJジェジュン、ユチョン、ジュンス

ジュンスは“ファンの皆さんは、自分の命とも変えがたい...そんな存在だ”と失言をして笑いを誘ったりも下。
一方、JYJは、来る9月4日開かれる‘2011大邱世界陸上選手権大会’閉幕式舞台に上がる予定だ。
JYJユチョンは韓国ドラマ‘ミスリプリー’を終えて、現在他の活動を行っている。
JYJメンバー全員が韓国ドラマOSTを歌って、高い人気を得ている。
JYJジュンスは‘女の香り’OST、JYJユチョンは‘ミスリプリー’OST、JYJジェジュンは‘ボスを守れ’OST‘守ってあげる’を歌った。
テレビの出演はできなくても、JYJはファンと交流を図って、頑張っている。

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’

2011年08月30日 19:56

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’⑥

女の香りあらすじ、女の香り12話の最後になります。
女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’⑥では、キムソナ(ヨンジェ)のために、命を懸けるイドンウク(ジウク)の愛が描かれています。
女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’⑥では、そばにいたいけど、毎日会いたいけど、それができない二人の切ない心が描かれています。
ここ殻は女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’⑥になります。

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、命を懸けてキムソナを助ける

‘女の香り’イドンウクがキムソナに向かって命まで捧げる高貴な愛を見せて感動を抱かせた。
8月28日に放送されたSBS週末韓国ドラマ‘女の香り’12回放送分、女の香り12話では、涙で別れを宣言したヨンジェ(キムソナ)とジウク(イドンウク)の切ない関係の中でもヨンジェを助けるためのジウクの突発行動が視聴者たちに衝撃を抱かせて関心を集中させた。
女の香り12話放送で、ヨンジェとジウクは決別後もお互いを忘れることができず苦しい日々を送る姿が描かれた。
特にヨンジェは親友だったヘウォン(サヒョンジン)の結婚の知らせを聞いたうえで、闘病の事実を知らない母親スンジョン(キムヘオク)の結婚の圧迫に苦しみがさらに大きくなるしかなかった。
辛い気持ちはジウクも同じだった。
ジウクはヨンジェを忘れてみようとセキョン(ソヒョリム)とデートもしてみるが心を整理することはできなかった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

女の香り12話放送で、イヨンジェは親友、イヘウォン(サヒョンジン)の結婚式を訪ね、結婚式場で本部長として部下職員の結婚式に参加したカンジウクと再会した。
時限付き人生を生きているイヨンジェは、自分が死んだ後のカンジウクが受ける傷のため別れを宣言して、ガンジウクもまた、イヨンジェの冷たい拒絶に別れを受け入れていたこと。
しかし、二人はお互いに対する消えない思いで、切ない目つきを隠すことができなかった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

また、ヘウォンの結婚式を見守って涙を流すイヨンジェの姿にカンジウクは痛ましいそうに目を離すことができなかった。
結婚式が終わった後、魂を失った表情で横断歩道を渡っていたヨンジェは、信号が変わっていることに気づかず、呆然とした表情で道を渡り、その時、走ってきた車とぶつかりそうになっていた。
信号待ちで車を止めて、遠くからヨンジェを見ていたジウクはヨンジェを助けるために、自分の車でヨンジェに向けて走ってくる車にそのまま突っ込む突発行動を敢行した。
カンジウクは自分の車で走ってくる車を防いで止まって、イヨンジェの代わりに交通事故にあった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

そして、やっと精神を取り戻したイヨンジェは、自分の目の前で頭に怪我をして倒れていくカンジウクの姿に驚いた。
カンジウクはイヨンジェのため、自分の身を投げる場面が描かれてカンジウクの心を確認したイヨンジェが再びその心を受け入れるかどうか注目される。
ジウクの衝撃的な行動は呆然としていたヨンジェだけでなく、視聴者にも衝撃を与えた。
特に、交通事故の後、頭に怪我をしてもヨンジェの安全を確認してから倒れていくジウクの瞳が、女の香り13話への好奇心を増幅させた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

韓国ドラマ、女の香りの視聴者たちは“まさかジウクが目覚めない悲劇的なストーリーだけは、ないように”、“急にジウクが事故ってこれは何のことか?”、“いっぱい悲しいドラマをどれだけ悲しくするつもりなのか。”、“頼むから最後はハッピーエンドで”、“ジウクが交通事故にあうなんて、本当に衝撃的だ”“全く思いがけなかった反転だ”、“心に響くキムソナさんの演技が本当に良い”、“交錯した二人の歩みがとても心痛い”、“ジウクが目覚めて、二人は愛することができるようになることを...”など、‘女の香り’の感想を吐き出した。
相当数の視聴者たちなど、多様な意見を掲示板で見せて幸せな結末を祈願した。
次回の女の香りあらすじ、女の香り13話をお楽しみに…

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’

2011年08月30日 19:47

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’⑤

女の香りあらすじ、女の香り12話では、許しを得られなかったヨンジェ(キムソナ)の手紙、ヨンジェとジウク(イドンウク)がお互いを求めながらも近づけない、切ない場面が描かれています。
女の香りあらすじ、女の香り12話では、残る人が望むことは別れを準備する時間なのか?あるいは、なるべく死んでいく見せないことが苦しめないことなのか?を問う場面でした。
自己中心的になれないヨンジェ、そのヨンジェの気持ちを受け入れようと努力するジウクの切ない毎日、ヨンジェの苦しむ姿を見守ることしかできないウンソク(オムキジュン)の話、女の香りあらすじ、女の香り12話は6回に渡って書かれています。
ここからは、女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’⑤ になります。

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナに近づけない。

‘女の香り’イドンウクがキムソナを見ても近づけなかった。
8月28日に放送されたSBS週末韓国ドラマ‘女の香り’12話で、キムソナが、携帯電話も置いて連絡が取れなくなり、オムキジュンとイドンウクがあちこち探して通い始めた。
チェウンソク(オムキジュン)は、ヨンジェが心配で電話をかけようとしたが、ヨンジェに毎日電話をしなくても良いと言われ、迷っていた。
その時、ウンソクは上司からヨンジェががん患者でありながら、タンゴ公演をしたのが、患者たちに勇気を与えているし、以前、5千万ウォン以上の寄付金も出したので、院長先生が食事にヨンジェを招待したと言う話を聞き、ヨンジェに電話をかけた。
しかし、ヨンジェのお母さんが電話を受けたため、かけ直すという言葉だけを残した。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 

一方、へウォンは結婚式の招待状を渡すために、ジウクの部屋を訪ねて、ヨンジェがジウクのために別れを告げるしかなかったことを話した。
ジウクはヨンジェが望むことだから、別れを受け入れると答えた。
最近、ヨンジェの行動が可笑しいと思っていたヨンジェの母はヘウォンに電話をかけてヨンジェの行方を聞かれ、へウォンはウンソクに電話をかけた。
へウォンの電話で、不安な思いに包まれたウンソクはジウクに電話をかけて“ヨンジェと一緒にいるのか”と尋ねジウクは“一緒にいない。何のことで私にまで電話をかけたのか”と尋ねて不安になった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト

キムドンミョン先生に手紙が届いた。
ヨンジェはキムドンミョン先生が自分を避けると、真心を込めて手紙を送った。
イヨンジェの手紙には“遠い昔から謝罪を求めたかった。申し訳ないと言う一言で許しを得たいのは私の欲だけど、遅くなたけどこの言葉だけは伝えたい。私の怖い嘘について何も言わずに口を閉じてくれたこと、心から感謝している。”と書いてあった。
ヨンジェの手紙を読んだキムドンミョン先生はヨンジェを許したような優しい表情になって、パン屋から出てきてヨンジェを探したが、どこにもヨンジェの姿は見えなかった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン

ウンソクはあちこちにヨンジェを探しに出て、タンゴ教室から公園を回って見るが、ヨンジェの姿はない。
ジウクから電話がかかってくると、どこへいるか心当たりはないかと聞かれたジウクは自らヨンジェを探しに出た。
ジウクは以前、ヨンジェの一日を映画のように過ごしたいと書かれたバケットリストを実現させてあげた日、プロポーズをして別れを告げられた場所へ向かった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

ジウクの思い通り、ジウクとヨンジェが花火を見上げていたその場所にヨンジェが座って夜空を眺めていた。
しかし、ジウクはヨンジェが苦しいながら口から出した言葉“私が嫌だ。私が死んでいく姿を見せたくない”を思い出して、ヨンジェがいる場所へ近付くことができず、その時にかかってきたウンソクの電話に、代わりに来てくれることを要請して、ウンソクがヨンジェを迎えに来た。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク オムキジュン

悲しい目をしてぼんやりと座っているヨンジェの姿にウンソクは、“こんなことするなら、なぜ、別れたのか?”と怒鳴り、ヨンジェは今にも泣きそうな表情で“このまま。命が終わって欲しい”と悲しげに答えた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク オムキジュン 
の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク オムキジュン

ヨンジェを家に送っていたウンソクは、その後、ジウクに電話をかけ“ガンジウクさん今日はありがたかった”と話し、ジウクは多少安堵した表情を浮かべた。
ジウクはヨンジェが帰った後、ヨンジェが先まで座っていた、川辺に座っていた。
ヨンジェを恋しく思いながら…
へウォンは結婚をやめようかとヨンジェに話す。心が重いと…
ヨンジェは“そんなではない。私疲れた”と話して目を閉じた。
次回の女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘愛とは’⑥をお楽しみに…

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ‘ウェディングドレス’バケットリスト実現

2011年08月30日 19:34

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、バケットリスト実現‘ウェディングドレス’④

女の香りあらすじ、女の香り12話キムソナ、バケットリスト実現‘ウェディングドレス’④ は女の香り12話中で2番目に切ない場面です。
女の香りあらすじ、女の香り12話では、キムソナがバケットリストを実現しても、受け入れにくい現実に悲しくなくしかない場面が描かれています。
ここからは、女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、バケットリスト実現‘ウェディングドレス’④ になります。

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、ウエディングドレス着て悲しみ爆発

イヨンジェ(キムソナ)がウェディングドレスを試着してみて嗚咽した。
8月28日放送されたSBS新しい週末韓国ドラマ‘女の香り’(脚本;ノジソル/演出;パクヒョンギ)12回放送分、女の香り12話でイヨンジェの友人ユヘウォン(サヒョンジン)の結婚の準備のために一緒にウェディングドレスを見に行った。
ヨンジェに話があるとヘウォンが尋ねてきた。
ヨンジェも渡すものが会ったのに良かったと言いながら、以前からヘウォンが欲しがっていたイアリングを渡した。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イアリング 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イアリング

へウォンの話は今月の28日に結婚すると言うことだった。
ヨンジェは温かい笑顔で祝ってあげた。
ユヘウォンは結婚を迷っていた公務員である恋人と結婚前の妊娠で結婚を急ぐことになった。
へウォンが帰った後、ヨンジェの母はヘウォンの結婚の知らせを聞いてヨンジェに起こり始めた。
母の話を聞いていたヨンジェは自分ができないことでも悲しんで怒りを爆発させてしまった。
ヨンジェはベッドに身を投げて泣き続けた。
一方、ジウク(イドンウク)は何も食べず、普通の生活ができない状況だった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 鉢植え 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 鉢植え

呆然としているジウクにホームヘルパーの人は心配そうに声をかけるが、ジウクはヨンジェが持ってきたあじさいの鉢植えを見えない場所に移してと頼んだ。
急に、電話を取り上げたジウクが出かけた先はセキョンの家の前だった。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 車 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 車

セキョン(ソヒョリム)は車の代理店へついて、ジウクに車を選んでくれと頼んだ。
硬い表情のジウクが気になるけど、セキョンは何も言わなかった。
ヨンジェは“友たちが結婚すると言うから、ウェディングドレスを見に行くことにした”と化粧をしながら通話をしていた。
相手はウンソク(オムキジュン)だった。ウンソクは“夕食は?”と聞き、ヨンジェは“一緒に食べるつもり”と答える。
ウンソクは“体に悪い飲食はできる限り食べないで、もし、酒を飲むことになっても、絶対に飲まないで。”と心配していた。
ウンソクガ忙しいそうな感じだったkら、ヨンジェは“ウンソク、忙しいそうだから、私に、毎日、電話しなくても良い。”と言うと、ウンソクは自分が毎日、ヨンジェに電話をしていたことに気づいて驚いていた。
ヨンジェはウンソクとの通話を終わらせて、出かけた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス

へウォンのウェディングドレス姿はとても綺麗だった。涙が出るくらい…
ヨンジェをもっと悲しくさせるウェディングドレス、死ぬ前に一度着てみたかったウェディングドレス…
二人は一緒に夕食を食べることにしたが、ユヘウォンは新郎の緊急呼び出しに戻るしかなかった。
ヘウォンが帰ってから、ウェディングショップに前に飾られているドレスを見たヨンジェは、ウェディングドレスの試着が可能かと店の人に聞いた。
イヨンジェは独りでウェディングドレスを着てみた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ ウェディングドレス

店員は、イヨンジェに“本当によく似合います。ウェディングドレスを着てみたくなったら、嘘のように、すぐ結婚することになります。”と褒め言葉をならべた。
ヨンジェは“写真一枚だけ撮ってくれもらえますか”とお願いした。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム

ジウクは父と食事に行ったが、そこに現れたのはセキョンだった。
ジウクの父は結婚を早めようと話を進めるが、ジウクはこれから考えて見ると、結婚は二人に任せて欲しいと言った。
セキョンもジウクの意思に同意する意思を表し、ジウクの父の話はそこで終わった。
ジウクがセキョンを家まで送っていたた、セキョンはお茶でも飲んで帰ってとジウクを誘ってみるが、ジウクは次回にと答えて帰ってしまう。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト

家に帰ってきたイヨンジェはウェディング姿の写真をバケットリストに貼り付けた。
バケットリストには、‘ウェディングドレスの試着’と書かれていた。
バケットリストに写真を貼り付けたヨンジェは涙を流した。
イヨンジェはバケットリストを破って投げたのはもちろん、部屋の中に飾られた鉢植えまで全部倒した後、ふらふらとしながら嵐の涙をこぼす姿を見せた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ バケットリスト

イヨンジェは愛する恋人カンジウク(イドンウク)との別れに耐えられない悲しみを感じたこと。
ヨンジェは一人で焼酎を飲んで、遠くからカンジウクの家を眺めて愛しい心を抑えていた。
ヨンジェの気配を感じたのか、階段を上っていたジウクが一度振り向くが誰もいない。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ イドンウク

ジウクは肩を落として階段を上っていた。
以降、家に戻ったヨンジェは母に抱かれて大泣きをした。
特に、女の香り12話放送後、視聴者掲示板には“ヨンジェを助けてくれ”との意見が洪水になっており、ヨンジェに対する切ない心を伝えた。

女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ  
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ

加えて、韓国ドラマ、女の香りの視聴者は“バケットリストを整理して嗚咽する姿に心が切なかった”、“キムソナが嗚咽する姿を見て一緒に泣いた”、“キムソナの涙の絶叫に鳥肌が立った”、"キムソナは実質、名俳優だ。このように演技が上手な俳優は初めて見た”、“涙の女王という表現では物足りない!涙の女王以上”、“見る終始、目がパンパンに腫れるほど泣いた”、“暴風嗚咽に胸が痛い”などの賛辞を吐き出した。
韓国ドラマ、女の香りの視聴者たちは“ヨンジェが必ず死ななければならないのか”、“女の香り、毎回ごとに涙が出る”、“とても心が痛かった”、“死を待つというのは残酷なんだ”と切ない心を伝えた。
これを見たネッチズンだちは生を整理しているがん患者ヨンジェの姿と一緒に泣いた。
次回の女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク、キムソナ‘あの日の花火’⑤をお楽しみに…

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ‘幸せとは’

2011年08月30日 18:18

女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ‘幸せとは’③

女の香りあらすじ、女の香り12話は6回に分けられています。
女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ‘幸せとは’では、ヨンジェが思う普通の幸せの風景とヨンジェが好きで誰よりも苦しみながらも、自分よりヨンジェを思うジウクとウンソクの姿が描かれています。
女の香りあらすじ、女の香り12話では、誰よりもセキョンの純粋な心も描かれています。
ここからは女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ‘幸せとは’③です。

女の香りあらすじ、女の香り12話、イドンウク‘結婚しよう’

一方、病院でヨンジェのことを心配しているウンソクを見つけたジスが走ってくる。
ジスはヨンジェとのタンゴ公演がとても素敵だったと言いながら、ヨンジェとウンソクの関係を聞いた。
ヨンジェとウンソクガ小学校の同窓生だということが羨ましいと言っていたジスはヨンジェの状態について話をかけた。
ウンソクは何も答えずに、先に帰ってしまった。
以前のウンソクなら、患者と会話はもちろん、こんなに優しい表情を持ってなかった。
ウンソクはヨンジェに再会してから、優しい医者として生まれ変わろうとしていたかも…
ウンソクは病院でも人気が上がって、声をかける患者さんも増えてきて、ヨンジェとのタンゴは患者たちに希望の明かりとなっていた。

女の香り12話-1\女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ、オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ、オムキジュン

自分の部屋に戻ってきたウンソクは以前、ヨンジェが来て助けてと泣き喚いていた姿を思い浮かばせた。
ヨンジェが心配になったウンソクは携帯電話を取り出すが…
ヨンジェはベンチで家族、恋人を眺めながら、段々と悲しくなってきた。
恋をすることができない自分が悲しく思えてきた。

女の香り12話-1\女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ、オムキジュン 
女の香りあらすじ、女の香り12話 キムソナ、オムキジュン

ウンソクは何も見てなかったふりをして“なぜ、こんなに元気がないか?”と声をかけた。
ヨンジェは“人々は楽しいそうだね。幸せそうに見える…冷えてくるね。秋が訪れるだろうむしろ、時間が…凄く…早く流れて欲しい。”と話した。
悲しそうなヨンジェの姿を見たウンソクはヨンジェを散歩に誘った。
ウンソクがヨンジェのためにできることは普通に接してあげることしかなかったから…

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク

ジウクの父はジウクを食事に誘ったり、旅行を勧めたりしながら話をかけるが、ジウクはそんな必要はないと答える。
先に帰ると言ったジウクはスポーツジムで走っていた。
8月28日に放送されたSBS TV韓国ドラマ‘女の香り’12話ではイムセキョン(ソヒョリム)が政略結婚相手のカンジウク(イドンウク)に積極的に好感を示す場面が描かれた。
女の香り12話で、イムセキョンはカンジウクがいるスポーツジームを訪れ、一緒にランニングマシンの上に上がって“ヘルスはつまらないのではないですか?”と声をかけると、セキョンの表れに気づいたジウクは驚き、セキョンを見ながら走るとセキョンは“そんなことしたら怪我します。”と話す。
ジウクはランニングマシンのスピードを落とした。
セキョンはジウクにどのくらい走りましたか?と言いながらランニングマシンを見る。

女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム 
女の香りあらすじ、女の香り12話 イドンウク ソヒョリム

ジウクは“まさか、私のためにここまできたはずではなさそうだし…”と言うと、セキョンは“そうですけど”と答える。
セキョンは“私にもチャンスをくれたらいけないですか?私が今までジウクさんに見せた姿が私の本当の姿ではありません。”と本音を現わした。
ジウクは混乱していたが、着替え室に言って服を投げて怒ってみるけど、怒りは収まらない。
続いて、二人は席を移して一緒にお酒を飲んだし、ジウクが何も言わずに飲み続けるとセキョンはジウクの手を止める。
ジウクは“望んでるのなんだ?結婚?良し、しよう。結婚。今月のうちに。”と言い続けて、“暇な日はいつか?”と聞くと我慢していたセキョンは“カンジウクさん!”と名前を呼ぶが、ジウクは“どうせ、私たち結婚することになっていたんじゃないの。だから、そうしよう。”と堅く話した。
カンジウクの冷たい発言にイムセキョンの表情は硬くなり、カンジウクは、“まさか、君、私と恋愛をしたり、恋をしようと、そうなの?そう見たいね”と応酬している姿を見せた。
これに、イムセキョンは“チャンスをもらいたいと言った言葉は本音だった。少なくでも、初めて見ることはできるかと思って。私もなぜ、こうなのか分からないけど、カンジウクさんが嫌いではないから、むやみに言わないで。あなたは私の自尊心まで踏みにじるの資格がない”と言って席を立って帰った。
次回の女の香りあらすじ、女の香り12話、キムソナ、ウエディングドレス着て悲しみ爆発④をお楽しみに…




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。