韓国ドラマ(6月~8月)俺のことスキでしょ、ベクドンス、ボスを守れなど夏の新しい韓国ドラマ紹介

2011年06月28日 22:31

韓国ドラマ(6月~8月)俺のことスキでしょ、ベクドンス、ボスを守れなど夏の新しい


俺のことスキでしょ、ベクドンス、ボスを守れなど夏の新しい韓国ドラマ(6月~8月)

ロマンチックコメディが占領したお茶の間が夏のシーズンを迎えて変化する。
6月から8月まで続く夏、TVには、大学生たちの爽やかな青春スケッチや離婚した女性の敗者復活戦、北朝鮮スパイのロマンス、百済時代の長寿者の話など、様々な新しい韓国ドラマの波が高波を打つ。

俺のことスキでしょ、ベクドンス、ボスを守れなど夏の新しい韓国ドラマ 
▲俺のことスキでしょ、ベクドンス、ボスを守れなど夏の新しい韓国ドラマ

◆6月、MBC水木韓国ドラマ、俺のことスキでしょ"最高の愛"の後続

君は私に惚れた ジョンヨンファ パクシネ 
▲俺のこと好きでしょ ジョンヨンファ、パクシネ

6月29日"最高の愛"の後続で初放送される俺のことスキでしょは、芸術大学を背景に、夢に向かって疾走する主人公たちの愛と友情、青春と夢を描いて行く春の日のような青春メロドラマ。
'フルハウス'、'彼らが住む世界’などで感覚的でディテールな演出を披露して多くの愛を受けてきたピョミンスPDの演出で注目を集めている。
"俺のことスキでしょ"で初めて主演を引き受けたジョンヨンファは自他共に認めるオウォルナム(優越な男)イシン役を引き受けて、明朗少女イキュウォン役のパクシネと愛しいカップルで呼吸を合わせる。
ジョンヨンファ、パクシネほかソンチャンウィ、ソイヒョン、カンミンヒョク、ウリなど若い俳優たちをはじめとして、新旧、ソンウジェドク、イイルファ、キムソンギョンなど中堅演技者たちが出演して完成度を高める見込みだ。

◆ 7月
★SBS月火韓国ドラマ、武士ベクドンス"私に嘘をついてみて”の後続

"武士ベクドンス”は、朝鮮最高侠客の名前で風雲の人生を生きており、韓・中・日・東洋3国の武芸を総網羅した"武芸徒歩通知"を完成した朝鮮最高武士ペクドンスの実話を土台にしたドラマ。
正祖大王の護衛武官たちと正祖の暗殺を狙う朝鮮最高の秘密集団フクサチョロンの対決を描いた作品だ。
チチャンウクが主人公ペクドンスを、ユスンホが朝鮮最高の暗殺者のヨウン役を引き受けて強烈なアクション演技を披露する。
ユンソイが女主人公、ファンジンジュになり、ペクドンスに向けた至高至純した愛を披露する。
"武士ベクドンス”は、小説の作家であるグォンスンギュ作家が執筆し、韓国ドラマ"いかさま師(タチャ)"、"産婦人科"のイヒョンジクPDが演出を引き受けた。
"武士ベクドンス”の初放送は7月4日。

★KBS 2TV月火韓国ドラマ"スパイ明月""童顔美女"の後続

スパイ明月  エリック ハンイェスル1 
▲スパイ明月 エリック、ハンイェスル

"スパイ明月”は、北朝鮮のスパイ、ハンミョンウォル(明月)が韓国のトップスター、カンウを北朝鮮に拉致するように指令を受けて浸透して広がる話を描いたドラマだ。
男女主人公の明月とカンウ役にそれぞれキャスティングされたハンイェスルとエリックの久しぶりの復帰作として期待を集めている。
またイジンウクと、チャンヒジンがハンイェスルとエリックと呼吸を合わせる。
スパイ明月は、ファンインヒョクPDが演出を引き受けた。
"童顔美女"の後続で7月18日初放送される。

★KBS 2TV水木韓国ドラマ、“姫の男”“ロマンスタウン”の後続

姫の男 
▲姫の男  パクシフ ムンチェウォン

"姫の男"は、甥子である端宗の王位を奪い、国王の座に乗ろうとた"世祖(首陽大君;スヤンデグン)"が、左議政"キムジョンソなどを殺害した事件である"癸酉靖難(ギェユジョンナン)を基本骨格とする。
“お姫の男”劇中セリョンは世祖(首陽大君;スヤンデグン)の娘、ギムスンユはキムジョンソの息子と設定されており、二人は叶うことのできない切ない愛を描く予定だ。
“お姫の男”製作陣は"パクシフとムンチェウォンの調和が正統ロマンス史劇の深さを加えながら、"朝鮮版ロミオとジュリエット"という新鮮なキャラクターとしてのシナジー効果を引き起こすことと考える"とし、"感動深くも切ない二人の悲劇的なロマンスに多くの関心と期待をお願いします"と伝えた。
一方、"姫の男"は、2008年"風の国"、2010年に"奴隷(チュノ)"に続き、KBSが文化産業専門会社を介して推進している3番目のプロジェクト。 "ロマンスタウン"に続き、7月20日初放送される。

★MBC“愛情万万歳”“私の心が聞こえる”の後続

愛情万々歳 イボヨン 
▲愛情万々歳 イボヨン

"愛情万万歳”は、夫に裏切られた女性が逞しく現実を勝ち抜lく物語を描いたコミックホームドラマで、イボヨン、イテソン、ペジョンオク、チョンホジンなどがキャスティングされ話題になっている。
"黄金の魚"、"春子”"などを演出したジュソンオPDと'生きる喜びを感じます'、'私の愛 金枝玉葉"、"黄金新婦"などを執筆したバクヒョンジュ作家が意気投合して期待を集める作品。7月中旬に"私の心が聞こえる"の後続で初放送される予定だ。

★MBC月火ドラマ"ケベク”"ミスリプリー”後続

"ギェベク"は、百済末、力強くて能力のある将帥だった人間ギェベクを再照明する特別企画韓国ドラマだ。
フュージョン時代劇の代名詞でテレビ劇場(お茶の間)の時代劇を進一歩させた"茶母/ダモ"のチョンヒョンス作家とイソジンの二番目出会い、高句麗を扱った"朱蒙"、新羅を扱った"善徳女王"の演出者ギムグンホングPDが最終的に三国時代のもう一つの国家百済を再解釈して作り上げる3番目の三国時代の物語という点で、放送前から高い関心を集めている。
ギェベク役にイソジンが、義慈王役にチョジェヒョン、ソンチュン役にチョンノミン、ユンチュン役にチョンソンモをはじめアンギルガン、キムビョンギ、ジョンハンホン、バクユファンなどがキャスティングされて期待感を高めている。
"ミスリプリー"の後続で7月25日放送予定。
*ミスリプリーではパクユチョン(兄)が主演を演じて、そのバトンを受ける弟、パクユファンにも関心が高い。

◆ 8月

★SBS週末韓国ドラマ"女人の香り""新ギセンデョン"後続

女人の香り 
▲女人の香り キムソナ イドンウク

"女人の香り"(仮題)は、自尊心がない人のように卑屈に会社に忠誠し、一日一日を何とか生きていた旅行会社の末端、女性が幸せを求めて海外に旅に出ながら始まる超大型ロマンティックコメディー、夏を狙ったバカンスドラマ(韓国ドラマ)だ。
キムソナが旅行代理店職員、ヨンジェ役を引き受けて、最近除隊したイドンウクが男主人公ガンジウク役にキャスティングされ、リゾート地の美しい風景を背景に呼吸を合わせる。
SBSドラマ"ドクターチャンプ"を通じて最高の相性呼吸を誇ったパクヒョンギ監督とノジソル作家がまた団結した作品で、“新ギセンデョン”後続で7月16日初放送される。

★KBS 2TV週末韓国ドラマ"黄金の池""愛を信じて”後続

黄金の池 ジュウォン  ユイ 
▲黄金の池 ジュウォン  ユイ

"黄金の池"(仮題)は、ソウル近郊オジャッキョ(烏鵲橋)農場で生きていく熱血ママバクボクジャと何もできないパパファンチャンシクなど、黄氏夫婦と彼らの4人兄弟の前に突然登場するのペクジャウンの物語を描いた韓国ドラマだ。
ユイ(アフタースクール)が演じるスマートな外見、裕福な家の中など何一つ落ちることのないオムチンタル(母の友たちの自慢の娘)だったが、ある日、父親が行方不明になった後、孤軍奮闘しながら、これまで知られていなかったひどい暮らしを学んでいくことになるヒロインペクジャウン役で熱演する。
ジュウォンが、男性主人公のエリート警察ファンテヒにキャスティングされた。
偶然に警察で騒動を起こすペクジャウンに会って縁を続けていくことになる。
"愛を信じて”の後続で8月6日初放送予定だ。

★SBS"ボスを守れ""シティーハンター"後続

ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ 
▲ボスを守れ  チソン キムジェジュン チェガンヒ ワンジヘ

"ボスを守れ”は、女子秘書と"イケメン"上司の愛の物語を描いたロマンチックドラマ。
チェガンヒは(ボスを守れ)劇中、就職難を突き抜けて紆余曲折の末に女子秘書になるのヒロイン役にキャスティングされた。
また、イヒジンが、シックでエリート的な秘書役を演じる予定で、男性主人公役にJYJキムジェジュンなどが議論された末、キャスティングが確定された。
現在放送中のSBS水木韓国ドラマ"シティーハンター"の後続作で、8月3日初放送を控えている。

★MBC"千回の口付け(キス)”"キラキラ輝く"後続

一千回の口付け 
▲一千回の口付け チ・ヒョヌ ソヨンヒ

"千回の口付け(キス)”は、夫との離婚後、あらゆる試練を乗り越えて成功した女性の敗者復活戦を描く作品だ。
ソヨンヒは、離婚した女性のくびきを脱いで、仕事と愛を勝ち取るヒロイン、キムジュヨン役にキャスティングされ、チヒョヌが男主人公チャンオビン役を演じ、ジュヨンと年上年下カップルとしてドラマをリードする見通しだ。
"幸せな女"、"黄色いハンカチ"、"噂の女"などを執筆したバクジョンラン作家と、"大韓民国 弁護士”、"いる時に尽くして”などを演出したユンジェムンPDが呼吸を合わせる。
最近4回延長のニュースを知らせた'キラキラ輝く'後続で8月放送される予定だ。

ボスを守れ、チソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘなど強大キャスティング!

2011年06月27日 05:05

ボスを守れ、チソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘなど強大キャスティング!

ボスを守れ、主演;チソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘキャスティング完了

さわやかで溌刺としたロマンチックコメディーのために"超強力ドリームライン"が浮かび上がった。
‘シティーハンター’の後続で8月3日に放映されるSBS新水木韓国ドラマ、ボスを守れでチソン、チェガンヒ、JYJキムジェジュン、ワンジヘ、パクヨンギュ、チャファヨン、キムチョンが強大呼吸を合わせるようになった。
ドラマを率いることになる4人の主演俳優の新鮮な出会いと3人のベテラン演技者の完璧な組み合わせで視聴者たちの期待感が高まっている。

ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ 
ボスを守れ、主演;キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ


ボスを守れは、就職難を経験した女性主人公が、紆余曲折の末、財閥企業の不良上司である男の主人公を迎える派遣秘書として就職することになりながら起る甘くて、怖くて、快活、明朗なロマンチックコメディーだ。
ボスを守れでチソンはどこか抜けているような容貌を持っている財閥企業の世間知らずの末息子チャジホン役に、チェガンヒは、代表青年失業者で、紆余曲折の末、財閥企業の派遣秘書として就職することになるノウンソル役を引き受けた。
ここでは、韓国テレビ劇場に初の演技挑戦状を差し出すJYJキムジェジュンは、強大な能力を備えた、"財界のプリンス"チャムウォン役、ワンジヘはあふれずも足りずとした完璧さを持つ弁護士ソナユン役を演じることになる。
何よりもチソン、チェガンヒ、キムジェジュン、ワンジヘが描き出すのは、新鮮な四角ラブラインに視線が集中されている。

ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ 
▲ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ

特に、以前に見せた事のない、図々しいながらも小心な、刺激豪快ながらもケチな、魅力的な演技を広げるようになる、チソンと韓国のロマンチックコメディー界の女王であるチェガンヒの出会い、アジアから愛されている最高歌手からドラマのヒーローに生まれ変わるキムジェジュン、特有の"チャドニョ(都市の冷たい女)"のイメージとシンクロ率100%を誇る演技を広げるようになるワンジヘの爽やかながらも愉快な魅力に、ボスを守れへの関心も増幅されている。
これに加えて、貫禄の演技力を土台にドラマの中心軸を作ってくれるパクヨンギュ、チャファヨン、キムチョンなど中堅俳優たちの"最強の組み合わせ"にも期待感を呼び起こしている。
ベテラン演技力を土台に劇的楽しさを倍増させる最高のキャスティングという評価の中で、ボスを守れの超強力ドリームラインが完成した。
‘ボスを守れ’製作社側は"‘ボスを守れ’に最も似合った演技者たちを見つけた"とし、"キャラクターにぴったりの俳優たちのイメージと安定した演技力、俳優たち一人一人が持っている八色鳥のような魅力の要素が‘ボスを守れ’を完成させてくれるだろう"と自信感を伝えた。
一方、超強力ドリームラインで、さらに興味を呼び起こしている‘ボスを守れ’とは"パリの恋人""天使の誘惑""糟糠の妻クラブ"のソンジョンヒョンPDと‘愛に狂う’のグォンギヨウン作家が意気投合、より一層期待感を集めている。
‘ボスを守れ’は‘シティーハンター’の後続で8月3日の夜9時55分に初放送される。

キムジェジュン(JYJ)、韓国ドラマ‘ボスを守れ’出演確定

2011年06月27日 04:57

キムジェジュン(JYJ)、韓国ドラマ‘ボスを守れ’出演確定

キムジェジュン(JYJ)、ボスを守れを通じて、韓国俳優デビュー

JYJのキムジェジュンは“ボスを守れ”を通じた韓国ドラマデビューが決定した。
8月3日JYJのキムジェジュンは“シティーハンター”の後続でSBSで放送される水木韓国ドラマ“ボスを守れ”に出演する。
キムジェジュンは、強大な能力を備えた、"財界のプリンス"チャムウォン役で出演して、チソン、チェガンヒ、ワンジヘと呼吸を合わせる。
シージェスエンターテイメントのペクチャンジュ代表は“キムジェジュンの‘ボスを守れ’への出演が確定した”とし、“昨年、日本のフジTVで放送された日本ドラマ“素直になれなくて”で、日刊スポーツドラマグランプリ主演男優助演賞を握ったことがあった。その経験で視聴者たちに良い演技をプレゼントするだろう”と明らかにした。

ボスを守れ  キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ 
ボスを守れ キャスティング キムジェジュン、チソン、チェガンヒ、ワンジヘ


キムジェジュンは、今回の韓国ドラマを通じて、韓国では初めてテレビ韓国ドラマを通じて視聴者たちと会う。
2010年に日本のフジTVで人気の中放映されたドラマ“素直になれなくて”に出演した事があるキムジェジュンは、"上野樹里"、"瑛太"など、そうそうたる日本スターたちと並んで演技をして好評を受けたことがある。
これに韓国のドラマデビューが着実に上げられてきたキムジェジュンはデビュー作として、“ボスを守れ”を選択し、この知らせに韓国ドラマファンたちの期待感も上昇しているところだ。

ボスを守れ キムジェジュン キャスティング 確定 
▲ボスを守れ キムジェジュン キャスティング 確定


キムジェジュンは、"素晴らしい俳優たちと演出陣に会えて嬉しくて、楽しくて愉快なドラマになるようだ"として、"ワールドツアーのアンコールコンサートを終えた後、ドラマの準備に拍車をかける計画だ"と明らかにした。
一方、JYJは、2011 JYJ WORLD TOUR CONCERT"を成功に終了し、その声援に報いようと6月26日午後7時、光州広域市数珠総合体育館でアンコールコンサートを持つ。

パクユチョン、'成均館スキャンダルvsミスリプリー"どれだけ成熟したか?

2011年06月26日 21:14

パクユチョン、'成均館スキャンダルvsミスリプリー"どれだけ成熟したか?

ユチョン(JYJ)、'成均館スキャンダルvsミスリプリー"どれだけ成熟したか?

俳優パクユチョンが二回目の演技挑戦作で初めてとはまた別の魅力と成熟した演技力を披露し好評を受けている。
2010年KBS韓国ドラマ"成均館スキャンダル"で演技者申告式を行ったパクユチョンは最近、MBC月火韓国ドラマ"ミスリプリー"で穏やかな性格の財閥後継者"ソンユヒョン"に帰ってきた。
前作'成均館スキャンダル'で艶がない花ドリョンを演じたパクユチョンは2010年KBS演技大賞新人賞をはじめ、第47回百想芸術大賞TV部門新人賞と人気賞を引っつかんで、俳優として成功的な出発を知らせたことがある。
グループJYJのメンバーとして、韓国を代表するアイドルの中に位置づけられているパクユチョンはもう俳優としての領域を拡張することにも心血を注いでいる様子だ。
'成均館スキャンダル'以後、数多くの作品のラブコールを受けたが、悩み続けた上、最後に次期作を選定し、グループ活動で忙しい中でも、演技の練習と訓練に多くの精魂を込めたという言い伝えられている。
だからだろうか。 "ミスリプリー"の中の俳優パクユチョンは、一層成熟しただけでなく、ある程度経験豊富になった印象さえ漂う。
"成均館スキャンダル"当時、パクユチョンの演技力は、すでに"初挑戦としては期待以上"という評価を得たことがある。
俳優として充分な可能性を持っていたと言う話だ。

パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー 1 
パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー


高い身分の子弟として生まれ、学問であり、礼節、文武を兼備した冷たい性格の男に成長したものの、生まれて初めて訪ねてきた愛の前に混沌を感じる"イソンジュン"をかなりよく表現した。
ほのぼのとしたマスクと節制された演技が合わされて艶がない花ドリョンの成長と変化を成功的に描き出した。
視聴者たちだけでなく、専門家たちも好評を送った。
そのような作品で俳優の最高の栄誉である新人演技賞を二つも手に入れた。
そうかと言うと、最近、"ミスリプリー"の中のパクユチョンは、魅力的なオムチンア(優れた母の友たちの息子)であるのは前作と似ているが、確かに完全に別の人物を演技している。
かさかさとした性格を脱いで穏やかさを着たパクユチョンは誰にもマナーが良くて暖かい。

パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー2 
パクユチョン、成均館スキャンダルvsミスリプリー


しかし、なぜか憂愁に満ちたオーラも彼を巻いている。
生母に対する記憶、財閥家の生まれとしての悩みが彼の語り口と行動のあちこちについている。
ある方向から見ると"ミスリプリー”の中のソンユヒョン(パクユチョン)は、"成均館スキャンダル"の中のイソンジュン、より一層多面的、複合的なキャラクターだ。
特に、今後、愛する女性チャンミリ(イダヘ)の実体を知ってから、ソンユヒョンの感情の変化は切実で生死を往来するキャラクターを表現せねばならない。。
彼の運命が根こそぎ揺らせる、その岐路で、ソンユヒョンの複雑で微妙な心理の変化がどれだけ出てくることができるのか期待が集められる。
'成均館スキャンダル'を通じて俳優としての成功的な信号弾を撃ったパクユチョンが果たして"ミスリプリー"で、また一度の跳躍に成功することができるのか、彼の歩みに関心が集中される。

JYJ キムジェジュン、韓国ドラマ初挑戦、ジェジュン主演‘最後の女秘書’

2011年06月22日 21:41

JYJ キムジェジュン、韓国ドラマ初挑戦、ジェジュン&チェガンヒ主演‘最後の女秘書’

JYJ キムジェジュン、韓国ドラマ初挑戦、ジェジュン主演‘最後の女秘書’

グループJYJのキムジェジュンが初の韓国ドラマに出演する。
放送関係者らによると、キムジェジュンは、SBSのシティーハンターの後続として放送される‘最後の女秘書’(仮題)に出演する予定だ。
キムジェジュンは劇中、シックな魅力を持った30代のチャムホン役を引き受けた。
能力とジェントルな性格を兼備した財界の"プリンス"で人の心をよく読んで対応する能力が優れたキャラクターだ。
他の男主人公、ジホンとはいとこの関係で登場人物たちとの三角関係を描く予定だ。

JYJ キムジェジュン、韓国ドラマ‘最後の女秘書’主演


キムジェジュンは2009年映画"天国の郵便配達人"に出演したことがあるが、韓国ドラマの出演は今回が初めてだ。
これで演技ドル変身に本格的に拍車をかける、キムジェジュンは2010年には日本のスポーツエンターテイメント専門の言論である日刊スポーツが選ぶ"第14回日刊スポーツドラマグランプリ"で、ドラマ"素直になれなくて"で助演男優賞部門1位を占めたことがある。
JYJのパクユチョンは、すでに"成均館スキャンダル"に続き"ミスリプリー"で注目するに値する演技者として成長し、キムジュンスはミュージカル‘モーツァルト’‘天国の涙’などのミュージカルのホットスターとして地位を確立した。
キムジェジュンも演技者として本格的行路に参加し、活発な活動が期待される。
‘最後の女秘書’(仮題)の製作社側は"出演が有力だが、まだ確定ではない"と伝えた。
一方、"最後の女秘書"は、就職難を経験した女性主人公が大企業の秘書室に就職した後、上司との愛を成すロマンチックコメディー。
‘最後の女秘書’(仮題)は8月の放送を予定している。

2011年7月、韓国ドラマの最新情報:水・木韓国ドラマ 

2011年06月17日 19:19

2011年7月スタート韓国ドラマの最新情報:水・木韓国ドラマ 

2011年5月から6月にかけて放送されている韓国ドラマのなかで、 月・火韓国ドラマでは、ユチョン主演のミスりリプリー、 水・木韓国ドラマでは、‘花より男子’のイミンホ主演のシティーハンターが最も注目を浴びています。
2011年7月に始まる 水・木韓国 ドラマは何があるのか?
2011年7月に始まる 水・木韓国 ドラマのジャンルは?
2011年7月に始まる 水・木韓国 ドラマの主演は誰か?
などなど気になる方のために、2011年7月放送予定の水・木韓国ドラマの主演、ジャンル、内容をまとめました。
ここからは、2011年7月に始まる韓国ドラマ、月・火韓国ドラマの紹介です。

◆KBS 水・木韓国ドラマ ‘ロマンスタウン’後作‘お姫の男’
ジャンル:韓国時代劇
演出:キムジョンミン監督
脚本:ジョジョンジュ作家(パートナー)
出演者 :パクシフ、ムンチェウォン

韓国ドラマ お姫の男 
▲2011年7月 韓国ドラマ お姫の男

パクシフは現在、日本で人気を得ている韓国ドラマ‘検事プリンセス’‘逆転の女王’で主演を演じて、日本に置いても最も高いに人気を集めています。
以前の韓国ドラマでは‘イルジメ’でシフ役を演じました。
‘イルジメ’も日本で高い人気を得た韓国ドラマです。
‘お姫の男’は、世宗(セゾン)大王の次男である首陽大君(スヤンデグン)とキムジョンソの悲劇的な関係に焦点をあわせた韓国だラマです。
‘癸酉靖難(ケユジョンナン)’を大筋とする首陽大君(スヤンデグン)とキムジョンソ、首陽大君(スヤンデグン)の娘とキムジョンソの息子(パクシフ)の悲劇的な愛を描いた朝鮮版、‘ロミオとジュリエット’であります。

◆MBS 水・木韓国ドラマ ‘最高の愛’後作‘君は私に惚れた’
ジャンル:青春ドラマ、大学キャンパスドラマ
演出:ピョミンス監督(フールハウス、君はどの星から来た?、彼らが生きる世界、コーヒーハウス)
脚本:イミョンスク作家
出演者 :ジョンヨンファ、パクシネ、ソイヒョン、ソンチャンウィ、カンミンヒョク

君は私に惚れた ジョンヨンファ パクシネ 
▲2011年 6月29日 君は私に惚れた

芸術大学を背景に、夢に向かって疾走する主人公たちの愛と友情を描いた青春メロー韓国ドラマです。
主演がパクシネとジョンヨンファであることだけでも、韓国においては大話題を集めています。
パクシネとジョンヨンファは‘美男<イケメン>ですね’で結ばれなかった悲しい片思いのジョンヨンファとファンテギョン(チャングンソク)だけを愛するパクシネの切ないが愛があったからこそ、今回こそ結ばれて欲しいと思う視聴者に多くの関心を得ています。
ジョニョンファはCNBLUE(シーエヌブルー)と言うグループの活動や‘私たち結婚しました’を通じて、一躍スターになりました。
歌も上手い、演技は今回の‘君は私に惚れた’が2回目の作品なので、熱意もかなりのものらしいです。
ピョミンス監督は青春、愛を綺麗に美しく演出できる監督として、多くの作品を通じて認められています。
だからこそ、‘君は私に惚れた’への関心は数ヶ月前から、キャスティングが決まってからも、毎日、ニュースがネットを飾るなど、その高い人気が実感できるものでした。
 
◆ SBS 水・木韓国ドラマ‘シティーハンター’後作‘最後の女子秘書’
ジャンル:ロマンチックコメディー
演出:ソンジョンヒョン監督(天使の誘惑、ジョガンジチョクラブ、愛に狂う)
脚本:グォンギヨン作家(愛に狂う)
出演者 :チェガンヒ

女子秘書 チェガンヒ 
▲2011年7月 韓国ドラマ 最後の女子秘書

紆余曲折の末、女子秘書になった女子主人公と暖男(フンナム)上司の愛の物語りを描くロマンチックコメディー韓国ドラマです。
女子主人公でキャスティングされたチェガンヒは演技については既に、認められた最高の女優です。
演出者のソンジョンヒョン監督のドラマは天使の誘惑、ジョガンジチョクラブ、愛に狂うなどがありますが、その特徴は速い展開です。
速い展開はその分、ストーリがどのように書かれるかがドラマの成敗を決めると思います。
未だに、男子主人公が決まってないので、詳細な内容は明らかにされていません。


個人的に期待される水・木韓国ドラマは、現代劇としては‘君は私に惚れた’と時代劇としては‘お姫の男’です。
現代劇の‘君は私に惚れた’は個人的にジョンヨンファとパクシネカップルが最も気になります。
パクシネの安定した演技力とピョミンス監督の演出を期待しています。
時代劇としては‘お姫の男’、現代版‘ロミオとジュリエット’と呼ばれるだけに、悲劇的なエンディングになりそうですが、パクシフのカムバックを待っていたので、個人的には現代劇ではなく、肥大劇を選んだのが少し、残念ですが、パクシフが主演すれば、それで良いと思います。
どんな韓国ドラマは見るかはまだ決まっていませんが、‘君は私に惚れた’は必ず、視聴するつもりです。
韓国ドラマの全てでは、‘スパイ明月’あらすじを掲載して、韓国ドラマ24では‘君は私に惚れた’あらすじを掲載していくつもりです。

2011年7月韓国ドラマの最新情報:2011年7月,月・火韓国ドラマ

2011年06月17日 18:59

2011年7月スタート韓国ドラマの最新情報:月・火韓国ドラマ

2011年5月から6月にかけて放送されている韓国ドラマのなかで、ユチョン主演のミスりリプリー、‘花より男子’のイミンホ主演のシティーハンターが最も注目を浴びています。
2011年7月に始まる韓国ドラマは何があるのか?
2011年7月に始まる韓国ドラマのジャンルは?
2011年7月に始まる韓国ドラマの主演は誰か?
などなど気になる方のために、2011年7月放送予定の韓国ドラマの主演、ジャンル、内容をまとめました。
先ず、2011年7月に始まる韓国ドラマ、月・火韓国ドラマの紹介です。

◆KBS月・火韓国ドラマ、‘童顔美女’後作‘スパイ明月’ 
ジャンル:ロマンチックコメディー
演出:ファンインヒョク
脚本:キムウンヨン
出演者:エリック、ハンイェスル

スパイ明月  エリック ハンイェスル1 
▲2011年7月 韓国ドラマ スパイ明月

先ず、現在月・火韓国ドラマ視聴率1位を占めている‘童顔美女’の後作はエリック主演の‘スパイ明月’です。
スパイ明月、どのように読むのか?スパイミョンウォルと読みます。
スパイ明月はグループ神話のエリック主演の韓国ドラマで、毎週月・火、夜9時55分に放送を予定しています。
スパイ明月は北朝鮮美女スパイ明月(ハンイェスル)が韓国の最高の韓流スターカンウに出会ってからのロマンスを描いた韓国ドラマです。
ドラマの素材はロマンチックコメディーらしい感じですが、スパイ明月主演のエリックとハンイェスルがキャラクターをどのように演じるのかがによって視聴率が決まると思います。
現在月・火ドラマの視聴率1位の座を移してもらえるのか?視聴者たちの関心が集まっています。
スパイ明月の主演を演じる、グループ神話の兵隊からの復帰作なので、エリックのファンには嬉しい知らせです。
今までエリックが演じたドラマはエリックの安定した演技で、大抵視聴率には心配なかったが、兵隊からの復帰作品なので、期待が大気分、エリック自身も負担を感じていると思います。
女子主人公にはヘンイェスルがキャスティングされてますが、英語圏育ちのため、韓国語の発音問題などが心配されています。
前作‘クリスマスに雪は降るの?’で視聴率が伸びず、苦しんだ経験もある分、今回のスパイ明月ではハンイェスルらしい明るくて溌剌な演技が期待されています。

◆MBC 月・火韓国ドラマ ‘ミスリプリー’後作‘ケベック’
ジャンル:韓国時代劇、歴史ドラマ
演出:キムクンホン監督(チュモン/朱蒙 )
脚本:ジョンヒョンス作家(チェオクの剣/(茶母)ダモ/タモ)
出演者 :イソジン、チャインピョ

韓国ドラマ ケベック 1 
▲2011年7月 韓国ドラマ ケベック

 
‘ケベック’が‘ミスリプリー’の後作であることは‘ミスリプリー’の熱気をそのまま受け継げって高い視聴率からスタートするかもしれません。
‘ケベック’は‘チェオクの剣/(茶母)ダモ/タモ’作家と‘チュモン/朱蒙’のPDが力を合わせる韓国ドラマで、韓国においてはもっとも関心が高い作品です。
時代劇が多い、2011年7月、安定した演技と、ストーリ、演出など期待している時代劇が好きな方には嬉しい知らせです。
子役には‘チャクペ/相棒’のチョンデゥン子役で熱演をしたノヨンハク、‘私の心が聞こえる?’のボンマル子役で熱演をしたソヨンジュが出演します。
個人的に時代劇はあまり見ないですが、‘成均館スキャンダル’は楽しく見られました。
‘チャクペ/相棒’の場合は子役の時まで見て、大人が演じる演技が2%足りない感じで途中で見るのをやめましたが、ノヨンハクとソヨンジュの子役と言うので、多分、子役の分だけ見るかもしれません。
何よりも、助演のチョジェヒョン、ジョンノミン、アンギルガンの演技は期待されます。
主演のイソジン、チャインピョの演技も申し分ない演技者ですので、最後まで視聴するかもしれません。
‘ケベック’は百済の31代、最後の王様と将帥ケベックを再照明するドラマです。

◆SBS 月・火韓国ドラマ‘私に嘘をついてみて’後作‘武士 ペクドンス’
ジャンル:韓国時代劇
演出:イヒョンジク監督
脚本:グォンスンギュ作家
出演者 :チチャンウック、ユスンホ、ユンソイ、シンヒョンビン

武士 ペクドンス1 
▲2011年7月 韓国ドラマ 武士 ペクドンス

現在、放送中の‘私に嘘をついてみて’は視聴率軟調で苦しんでいる作品です。
ストーリの問題など、熱演をしている、主演、カンジファンとユンウネの熱演にもかかわらず、毎週低い視聴率のため、苦しんでいます。
朝鮮時代、侠客(男だて)ペクドンスの物語りを扱う武侠アクション時代劇で、朝鮮、ヨンゾ・ジョンゾ時代に作られた朝鮮最高の武芸誌‘武技徒歩通知 ’の実話を基に、ジョンゾ大王の護衛武官たちと対立してジョンゾの暗殺を狙う朝鮮最高秘密集団である‘黒砂提燈 ’の武士たちとアクション対決を描いた作品です。
ユスンホは、王と私(SBS 2007年) 子供時代のソンジョン(成宗)役、太王四神記(MBC 2007年) 子供時代のタムドク(談徳/ペヨンジュン)役、善徳女王(MBC 2009年) キム・チュンチュ(金春秋)役などを通じて時代劇の経験は豊かであります。演技に置いても褒められている演技者なので、心配はないと思います。
チチャンウクは‘笑って東海’で人気を得て後作として選んだのですが、時代劇は初めてなので、多少の心配の声もあります。
子役を演じる子役演技者たちは演技にはすでに、認められた子役が出演するので、この期待も結構大きな力になると思います。


個人的に期待される月・火韓国ドラマは、現代劇としては‘スパイ明月’と時代劇としては‘武士 ペクドンス’、‘ケベック’の順です。
‘スパイ明月’はエリックのお茶の間への復帰作品ですので、とても期待しています。
エリックが主演を演じた韓国ドラマは殆ど見ましたが、エリックらしい作品の色がありますので、今回の‘スパイ明月’でもその演技を存分に発揮して欲しいです。
そして、‘武士 ペクドンス’はユスンホの久々の時代劇として、‘ケベック’は子役の活躍が期待されます。
どんな韓国ドラマは見るかはまだ決まっていませんが、‘スパイ明月’は必ず、視聴するつもりです。
韓国ドラマの全てでは、‘スパイ明月’あらすじを掲載して、韓国ドラマ24では‘君は私に惚れた’あらすじを掲載していくつもりです。