ドリームハイ、マイプリンセス、サイン2011年スターの戦争

2010年12月31日 21:40

ドリームハイ、マイプリンセス、サイン2011年スターの戦争

ペ・ヨンジュン、ソンスンホン、キムテヒ、パクシニャン2011年お茶の間の展望

ドリ-ムハイ、サイン、マイプリンセス

‘ドリームハイ’アイドルスターテクヨン、ウヨン、ウンジョン、スジ、アイユなど話題になっている。
‘マイプリンセス’キムテヒ、ソンスンホンVS‘サイン’パクシニャン
財閥物語‘マイダス(ミダス)’チャン・ヒョク、イ・ミンジョン、‘ローヤルファミリー’

2011年韓国放送局3社はアイドルスター、トップスターキャスティング、異色的な素材などで、勝負に出る予定である。

●2011年上半期期待作

ドリ-ムハイ1-1 2PMテクヨン、ウヨン、スジ、ウンジョン、キムスヒョン

あるインターネットサイトで実施した‘2011年上半期の期待作’設問調査で1位に選ばれた韓国ドラマは韓国KBS2TV月・火曜日ドラマ‘ドリームハイ’だった。

2011年1月3日からスタートする‘ドリームハイ’はスターを養成する芸術高校を背景に学生たちの熱情と努力を描くドラマである。

ドリ-ムハイ1-2 2PMテクヨン、ウヨン、スジ、ウンジョン、キムスヒョン

ペヨンジュンとパクジニョンが手を取り制作したドラマである点で関心が熱い。
また、アイドルスターが数多く出演する。

ドリ-ムハイ1-1 キム・ヒョンジュン ペヨンジュン 特別出演

2PMのテクヨンとウヨン、ミスエイのスジ、ティアラのウンジョン、アイユなどがスターを夢見る学生を演じる。

●トップスターたちの決闘

マイプリンセス1-3  ソンスンホン キムテヒ

2011年1月5日からはトップスターたちの自尊心をかけた対決が始まる。
ソンスンホン、キムテヒとパクシニャン、キムアジュンカップルが韓国MBCドラマ‘マイプリンセス’と韓国SBS‘サイン’を通じて視聴率競争を広める。

マイプリンセス00  ソンスンホン キムテヒ

‘マイプリンセス’は財閥の唯一後継者パクヘヨン(ソンスンホン)とケチ女子大生から一夜でプリンセスになったイソル(キムテヒ)の愛の物語を描くロマンチックコメディードラマである。
2010年ずっと沈滞期を過ごした韓国MBC水・木曜日ドラマの期待作である。

サイン パクシニャン キムアジュン

同じ時間帯に編成されたパクシニャン・キムアジュンの‘サイン’は法医学者たちの活躍を描く捜索ドラマである。
韓国映画‘ライターをつけろ!’‘ふけ!春の風’を演出したジャンハンジュン監督のドラマ進出作である。
‘風の絵師’出演以降、2年ぶりのカムバックしたパクシニャンが期待を寄せている。

●財閥家物語が大勢?

韓国SBS‘シークレットガーデン’に続き、2011年も財閥家の物語は2011年にも続く予定である。
2011年3月放送予定である韓国SBS‘マイダス(ミダス)’は証券界を背景に企業間の引受合併を描くドラマでキム・ヒエ、チャン・ヒョク、イ・ミンジョンがキャスティングされた。
‘オールイン(イビョンホン、ソンヘギョ主演 )’チェ・ワンギュ作家が執筆を行う。
これに対して韓国MBCは‘ローヤルファミリー’を準備している。
現在、イ・ミヨン、チ・ソンが強力な候補である。
‘ローヤルファミリー’は財閥家に入城して総帥の席まで上る女性と不遇な幼い時代を克服して有能な検事に成長する一人の青年の物語を描くドラマである。
韓国KBS2TVは同じ時期に‘手伝いさん(メイド)’を放送する。
‘メイド(手伝いさん)’は財閥家が背景だけど、その家の中の事を手伝う‘メイド(手伝いさん)’の世界を扱う予定である。

●正統時代劇だけが人気?ピュージョン時代劇もある


2011年にも間違いなく、多様な時代劇が待っている。
時代劇は韓国MBCが多様な作品を意欲的に編成した。
先ず、創社50周年特集‘オンジョビリュ(仮題)’がある。
‘オンジョビリュ’は百済建国史を描く作品で2006年~2007年‘朱蒙(チュモン)’2008年‘イサン’2009年‘ソンドク女王(善徳女王)’2010年‘ドンイ’に続き、毎年大作時代劇を出した韓国MBCの期待作だ。
また、‘逆転の女王’の後作としてピュジョン時代劇‘チャクペ’が放送される。
ハンジヘ、チョンジョンミョン、イサンユン主演の‘チャクペ’は同じ日に生まれ、ヤンバン(身分が高い人)と乞食に運命が変わる二人の男の物語を扱う。
これ以外にキム・ヒソン、チェ・ミンス、イ・ピリップ、イ・ミニョンが出演する‘シンイ’は‘太王四神記(テワンサシンギ)’を演出したキム・ジョンハク監督の次作だ。
韓国内初、フール(FULL)3Dで制作される大作で、総制作費が200億ウォンが投入され、G20首脳会議の期間中3D予告編を公開して話題を集めた。
朝鮮の最後の皇女ドクヘオンジュ(正統系はプリンセス:ゴンジュ、正統系ではないプリンセス:オンジュ)の一帯記を扱う‘最後の皇女’とハングル創製に隠れたセジョン大王の秘密コードを解くミステリー時代劇‘根が深い木’もピュジョン時代劇の熱風を続ける予定である。
二つのドラマはまだ、放送社と時期は決定されていない。

2011年も豊かな韓国ドラマがお茶の間に来ます。
お楽しみに…  良いお年を…

ドリームハイ予告1話と登場人物紹介|ペ・ヨンジュン出演ドリームハイ

2010年12月30日 04:20

ドリームハイ予告1話|ペ・ヨンジュン出演ドリームハイ2011年1月3日放送

ドリームハイ予告1話と登場人物紹介

ドリームハイ予告1話

第2のチョ・スミ(韓国おいて、最高の女性声楽家)を夢見るコ・ヘミ(スジ)は少し前までは、美貌に実力まで整えた大金持ちのプリンセスだったが、父コ・ビョンチク(パク・ヒョクコン)の事業失敗で全ての夢が割れてしまった。
事業失敗の後、姿を消した父のせいで、借金取り、マ・デュシク(アン・ギルガン)はずっとヘミを追い、父の借金1億ウォンを返せと脅迫をし、偶然にヘミの財布を拾ったジングク(テクヨン)はデュシクに脅かされていたヘミを助ける。
一方、ヘミはスター士官学校で有名なキリン芸高へ入学する理解できない状況に立たされる。
これ以上、借金の返金が難しいと判断したデュシクはキリン芸高に入学して、スター歌手になって、借金を返済する事を提案した。
声楽も諦めて、ジュリアード予備学校も諦めて、そんなに軽蔑していたキリン芸高へ進学せざるを得ないヘミ、もう、このようになった以上は、スターになって、父の借金を返済して、声楽もやり直すと決心するが…

ドリームハイ予告1話1 
ドリームハイ予告1話2  ペ・ヨンジュン イ・ユンジ 
ドリームハイ予告1話3 ペ・ヨンジュン イ・ユンジ 
ドリームハイ予告1話4 ペ・ヨンジュン 

ヘミ:トントン学校(レベルの低い学校)
ベキ:キリン芸高がなぜレベル低いの?芸高の中では一番競走率が高いのに!

ドリームハイ予告1話5 オーディション 
ドリームハイ予告1話6 ペ・スジ ヘミ 
ドリームハイ予告1話7 ペ・スジ ヘミ 
ドリームハイ予告1話8 ペ・スジ ヘミ 

ヘミ:天才は外国であれ、韓国であれ、教育環境を選んではいけないと思う。実力が足りない子が緊張するものだ!

ドリームハイ予告1話9 オクテヨン チングク 
ドリームハイ予告1話10 オクテヨン チングク 
ドリームハイ予告1話11 オクテヨン チングク

チングク:私は最も有名になりたい。そこに行けば有名人になれますか?

ドリームハイ予告1話12 ヘミ ベキ

ベキ:キリン芸高に進学するって?ヘミ、君が?

ドリームハイ予告1話13 ベキ ハム・ウンジョン 
ドリームハイ予告1話14 ベキ ハム・ウンジョン

ベキ:このくらいならキリン芸高くらいは進学できるのでは?

ドリームハイ予告1話15 サムドン キム・スヒョン 
ドリームハイ予告1話16 サムドン キム・スヒョン 


サムドン:もりしん森、うごく動、森を動かすドンサムドンです。

ドリームハイ予告1話17  

ベキ:トキトキしないの?
ヘミ:いいえ、全然。

ドリームハイ予告1話19 ベキ ハム・ウンジョン

シボムスシボムス:1587番ユン・ベキ
ベキ:はい

ドリームハイ予告1話18 ペ・ヨンジュン ジョン・ハミョン

ペ・ヨンジュン(チョン・ハミョン)は自らオーディションの審査をしていた。

ドリームハイ予告1話20 クテヨン チングク 
ドリームハイ予告1話21 オム・ギジュン

チングクを見ているカン・オヒョク(オム・ギジュン)先生。

ドリームハイ予告1話22 ヘミ ペ・スジ

シボムスシボムス:1588番 コ・ヘミ
ヘミ:はい

ドリームハイ予告1話23

シボムスシボムス:始めてください。

ドリームハイ予告1話24 


◎登場人物紹介

◎登場人物:学生(主要人物)

◆キム・スヒョン(17歳)ソンサムドン◆

ドリ-ムハイ登場人物 キム・スヒョン サムドン   


ダムボンリど田舎で母と二人暮らし。
山に登り、松茸を取りながら育ったから、体も丈夫で、体格も大きい。
音楽とは距離が遠いように見える田舎者だが、歌う時の音色は既成歌手に負けない。
ある日、突然、現れたソウル少女ヘミに一目ぼれしてしまい、何でもヘミのために、ヘミによって、ヘミが主人である人生を生きることを決心したサムドン。
ヘミに似合う男子になるために、最高の歌手になろうとする。

◆ペ・スジ(17歳)コ・ヘミ

ドリ-ムハイ登場人物 スジ ヘミ

幼い頃から勉強なら勉強、歌なら歌、ピアノならピアノ。
全てが最高だった。
溢れるのは自尊心。
足りないのはサガジ(生意気で人を無視する人)。
しかし、急な父の事業失敗によって、仕方なく、声楽を諦めて、浅薄だと無視していた大衆歌手になるため、キリン芸高のオーディションを受ける。
思いもしなかった空難に立たされたヘミ。
母を奪っていた怨讐のようなカン・オヒョクについて暮らさないと行かないことや…
以前なら、鼻で笑う事もしなかった田舎者ソン・サムドンとヤンキーチングクと共にしたり…
屈辱な状況がヘミの人生を津波にように寄せて来る。

◆オクテヨン(18歳)チングク◆

ドリ-ムハイ登場人物 テクヨン チングク

本名:ヒョンシヒョク、いつも明るい表情だけど、胸の奥には治癒されない深い傷を抱いている。
幼い頃、シングルマージャーだった母の手に連れられて孤児院に預けられた。
そして、孤児院に預けられて間もなく、父親であるヒョンヤングループヒョン・ムジン会長の家に養子縁組で息子になる。
ある家で、透明人間のように、冷たい大愚をされていたチングク。
結局、高校入学を諦めて家出をして、チングクと言う名前で新しい暮らしを始める。
道で偶然に会った友達と踊りながら過ごしていた時、偶然にキリン芸高オーディション場へ足を入れてしまうが…

◆ハム・ウンジョン(17歳)ユン・ベキ◆

ドリ-ムハイ登場人物 ハム・ウンジョン ベキ

ヘミの親友であり、子分だった。
ヘミの子分である事を自慢に思っていたし、いつも彼女のそばで2番手として暮らす事を望んでいた。
周囲では誰一人、ベキに肯定の言葉をかけてくれる人がなく、母でさえもベキをカントン株(価値の無い株)、不良品だと無視した。
ヘミがジュリアードの代わりにキリン芸高オーディションを受けると言うと、ヘミについてオーディションを受ける事になるが、自分の夢をやっと見つけたと感じる。

◆アイユー(17歳)キム・ピルスク◆

ドリ-ムハイ登場人物 アイユ キム・ピルスク


鳥肌を立たせるくらい歌唱力の持ち主。
ハツラルなマンガの外見、純粋マンガの完成を持った少女。
男子が自分のボールペンを拾ってくれるだけで、‘私に惚れたのか?’と直ぐ、拡大解釈をする。
コンサートでキム・ヒョンジュンが叫んだ‘ピルスン!’って言葉を自分の名前と勘違いして、舞台に飛び上がった事件はファンの中では伝説になっているくらいである。
キリン芸高で出会った、ジェイソンに一目ぼれして、ジェイソンと一人だけ(片思い)の恋愛を始める。

◆チャン・ウヨン(17歳)ジェイソン◆

ドリ-ムハイ登場人物 ウヨン ジェイソン


アメリカから突然帰国、キリン芸高へ入学する。
歌と踊り(ダンス)を全て完璧な才能を持っている天才だけど、他人との競争には関心が無い。
だだ、楽しむだけ…
試験とか、公演の前にも、熟睡できるくらい、常に緊張もせず、穏やかである。
ダンス(踊り)でチングクを緊張させ、歌でサムドンを脅威させる公の敵である。


◎登場人物:先生

◆ペ・ヨンジュン:チョン・ハミョン(37歳)◆

ドリームハイ 登場人物 ペヨンジュン

キリン財団理事長。
大韓民国スター産室キリン芸高を設立した張本人
誰よりも敏感な感覚と先見の明を持った人物。
中国キリン芸高分校設立などで3年間韓国ではない海外を往来しながら忙しく過ごしていた。
3年ぶりの帰国、キリン芸高へ戻ったハミョンは他の先生の反対を押し切って、キリン芸高最初の公開オーディションを開催する事を決定、直接オーディションを見る事になる。
突発的に見える彼の行動に皆が怪しげに思うが、段々時間が経過して、隠していたハミョンの意図が少しずつ表に出てくる。

◆オム・ギジュン:カン・オヒョク(37歳)◆

ドリ-ムハイ登場人物 オムギジュン

キリン芸高先生
4年連続教員評価最下位に輝くキリン芸高の問題の先生
学生時代を全て音楽に捧げ、千辛万苦の末、デビューの機会を得たが、初恋に出会い突然デビューを諦める。
一度、夢を捨てた以来、いつも世の中とは簡単に妥協しない暮らしを続けてきた。
毒気もなく、根性もなく、だだ、細く長い暮らしをしよが彼のモットーだ。

◆イ・ビョンジュン:シボムス(50代初 )◆

リームハイ 登場人物 イ・ビョンジュン

キリン芸高の実勢力シボムス。
学生たちの全てを管理監督して統率するキリン芸高の指揮官で、‘やればできる’すなわち、‘できる人だけを養成する’と言う実質的な教育観を持っている。
理事長の突出行動が気に入らないと思い、理事長が中国へ行くや否や、キリン芸高を自分の思うままに動かそうとする。

◆イ・ユンジ:シ・キョンジン(29歳) ◆

ドリームハイ 登場人物 イ・ユンジ

キリン芸高の先生であり、シ・ボムスの娘。
踊りと歌、全てに能力を持っていて、ボーカル先生と舞踊先生を兼任している。
授業だけではなく、学生管理においても、抜け目が無く、学生たちの対部分をスターに作りあげる。
芸能企画社たちもキョンジンが推薦する子を優先的に見るくらいスターを育てる能力が卓越である。
いくら努力しても先天的に持って生まれなければ、スターにはなれないと言う考えを持っているから、才能が無い子の努力を軽く思う。
才能が無ければ、術数でも使う事を知らなければ行けないと言い、学生たちの競走をもっと熾烈にさせる。

◆イ・ユンミ:メン・スンヒ(30歳) ◆

ドリームハイ 登場人物 イ・ユンミ


キリン芸高のアーティスト企画室長であり先生
学生のスタイル管理とイメージメイキング授業、ボディートレーニングを行う。
完璧な体ラインと華麗なスタイルを自慢に思い、大韓民国芸能界の流行を主導する。
外見も実力と言う信念で学生たちの外見を厳しく管理して、毎週、体重を徹底的にチェックし、体重が増えた学生の場合、点数に間違いなく反映させる。

◆ペク・ウォンギル:コン・ミチョル(30代後半)◆

ドリームハイ 登場人物 ペク・ウォンギル

キリン芸高先生。
伝儀授業を担当する。
いつも世の中の流れに沿って行く様に見えるが、学生評価においては、揺れない原則主義者だ。
メン先生と一緒にメンコン(頭固い人の事をメンコンと言う)ラインでコンビをなす。

‘マイプリンセス’ソンスンホン、キムテヒ涙の抱擁シーン公開

2010年12月29日 22:22

‘マイプリンセス’ソンスンホン、キムテヒ、熱い涙の抱擁シーン公開

‘マイプリンセス’ソンスンホン、キムテヒ、熱い涙の抱擁シーン公開

2011年1月5日から放映される韓国MBC新水・木ドラマ‘マイプリンセス’撮影中、ソンソンホンとキムテヒが涙の抱擁をして大きな話題を集めた。

マイプリンセス、ソンスンホン、キムテヒ抱擁シーン

その日、撮影はドンジェ(イ・スンジェ)から自分が大韓民国皇室のプリンセスと言う知らせと寝ても覚めても待っていた父に二度と会うことができないと言う話を聞いた後、大泣きをするイ・ソル(キム・テヒ)をヘヨン(ソンスンホン)が抱擁して慰める場面だ。
特にヘヨン役を演じるソンスンホンが大泣きをするイ・ソルを力強く抱いてあげる場面で男らしいカリスマを発揮したと言う裏話だ。
その日、撮影場面はイ・ソルの前で、ずっと冷たかったヘヨンが本来の暖かくロマンチックな男であることを確認させた事件で、当時、マイナス10度が越える寒い気候にも関わらず、ソンスンホンとキムテヒはプロらしく涙の抱擁シーンを無事に終わらせた。
ソンスンホンとキムテヒカップルは‘マイプリンセス’キャスティング当時から‘眼球浄化カップル’‘幻想のビジュアル調和’と言う評価を受けながら、放送前から話題を集めているから、二人の暖かい抱擁場面は見る人々を暖めてあげる。
製作者側は“今まで、子供ぽいケチ女子大生としてイ・ソル(キムテヒ)に接していたヘヨン(ソンスンホン)がイ・ソルの傷を初めて見る事になる場面”と言い、“二人の関係が大きく変化する折り返し時点になる。”と明らかにした。

一方、韓国MBC水・木ドラマ‘マイプリンセス’は最高財閥企業の唯一、後継者パク・ヘヨンとケチ女子大生から一夜でプリンセスになったイ・ソルの物語を描くロマンチックコメディードラマとして2011年1月5日から放映される。

‘マイプリンセス’ソンスンホン、リュスヨンと親しい仲を公開

俳優ソンスンホンがミチンに嵌った!

マイプリンセス ソンスンホンと雪だるま

ソンスンホンは本人のミツーデー(
http://me2day.net/storms09)に2011年1月放送される韓国MBC新水・木ドラマ‘マイプリンセス’撮影姿を公開した。
同僚俳優キムテヒ、リュスヨンと親しく撮った写真、撮影中に自ら作った雪だるまと一緒に撮った写真をあぷデートするなど、楽しい撮影場の雰囲気を伝えている。

マイプリンセス ソンスンホンとリュスヨン

写真を接したミチン(ミーツーデー友)たちは‘寒いけど頑張って撮影に最善を尽くしてください!!!’‘マプ(マイプリンセス)始まったら一生懸命に見る!’と言い、マイナスの気候にも関わらず、情熱的に撮影をしているソンスンホンを応援した。

一方、ソンスンホンが出演する韓国MBC新水・木ドラマ‘マイプリンセス’は最高の財閥企業の唯一後継者パク・ヘヨン(ソンスンホン)とケチ女子大生から一夜でプリンセスになったイ・ソル(キムテヒ)の愛の物語を描く。

キム・テヒ反転ドレス‘眼を引く’

キム・テヒが反転ドレスを着てポスター撮影する写真が公開された。

マイプリンセス ソンスンホン  キムテヒ ポスター1 
マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター2 

ポスター撮影の時、キム・テヒが着たドレスはオードリーヘプバーン(Audrey Hepburn)を思い浮かばせる静粛なウェディングドレスに見えるが、肩の線と背中の線が深く入った反転ドレスであることが明らかになった。

マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター3 
マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター4

キムテヒは12月6日、2011年1月放送を控えているMBCドラマ‘マイプリンセス’ポスター撮影を行った。
その日、キムテヒはウェディングドレスを想像させる清潔なイメージのドレスを着用していた。

マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター5 
マイプリンセス ソンスンホン キムテヒ ポスター6

しかし、キムテヒが着たドレスは前から見ると静粛でエレガンスなイメージだけど、後ろから見ると背中が半分以上深く入ったラインが眼を引いた。
ポスターを見たネチッズンは‘キムテヒは今まで、静粛でエレガンスなイメージだから、反転ドレスを着ているのを見て驚いた。’‘キムテヒも反転ドレス台列に合流’‘完璧にきれい’‘キムテヒなら反転ドレス賛成です!’など反応を示している。
今までは漏出が無かったので、ファンの関心は爆発的である。
一方、ドラマ‘マイプリンセス’はキム・テヒ以外、ソンスンホン、リュスヨン、パク・イェジンなどが出演し、ケチ女子大生から皇室プリンセスになる生活力の強いイ・ソルと財閥2世であり、外交官であるパク・ヘヨン(ソンスンホン)の愛の物語を描いた作品である。

イ・ミンホ主演‘シティーハンター’2011年5月放送確定

2010年12月29日 19:46

イ・ミンホ主演‘シティーハンター’2011年5月SBS水・木韓国ドラマ編成確定!

イ・ミンホ主演‘シティーハンター’2011年5月編成確定!

シティ-ハンタ-イミンホ 2011年5月放送確定

‘シティーハンター’イ・ミンホ主演(脚本:イ・ヨンジョン/演出チンヒョク)が2011年5月25日SBSの新水、木曜日ドラマで編成が確定された。

‘シティーハンター’は日本の同名マンガをドラマ化した作品で1980年代東京を背景にした原作とは異なり、2011年ソウルを背景に展開される。
高い身長、イケメンの顔を持った前職要員出身であるカン・ジン(イ・ミンホ)が事件を解決を通じて、都市の中で傷を負った人々の恨みをきれいに処理しながら、その上、自分の心の奥底にある傷も治癒する事になる物語が描かれる予定である。

イ・ミンホは高度の技術で敏捷に事件を解決する秘密を持ったカン・ジン役を通じて、ある時はカリスマが溢れ、ある時は人間的な魅力を持った男子の多彩な魅力を発散する。

‘シティーハンター’は今まで世界有数の製作者からドラマ化を要請を受けたが、完璧な作品を望む原作者の要求を守れず、ドラマ化ができなかった。
原作国の日本でさえ、ドラマで作られた事が無い作品が13年ぶりに韓国ドラマとして政策される事で大きな期待を集めている。
続き、放送関係者は“この作品を通じてイ・ミンホは全世界的に認められる作品で初主人公を演じる俳優として、名前をあげるだろう”と期待感を表した。

一方、‘シティーハンター’は9月イ・ミンホのキャスティング発表後、編成時期と製作過程で、ネッチズンの口に載り、制作中止など主張されたこともあった。

続き、制作関係者は“編成及び政策過程を発表しなかった事から生じた状況で、オン、オフラインに多くの噂が生まれるのはそのくらい熱い関心と受けるつもりだ。イ・ミンホのグロバールな人気に世界各国から耐えない問い合わせが続いている。”と伝えた。
また、SBSドラマ局、関係者は噂と関連して“台本修正作業が行われていて、女子主人公も検討中である状態だ。”と言い、“良いシノプシスと魅了的な俳優がキャスティングされたので、放送社で編成をしない理由はない。”と噂を一言で説明した。

エリック‘ポセイドン’韓国SBSドラマ放映確定&イ・ミンホ‘シティーハンター’

2010年12月29日 19:21

エリック(ムン・ジョンヒョク)‘ポセイドン’韓国SBSドラマ放映確定

エリック(ムン・ジョンヒョク)カムバック作‘ポセイドン’韓国SBSドラマ放映確定

海洋警察庁の支援の下、韓国最初で制作される海洋警察ドラマ

ポセイドン エリック 編成確定SBS

エリック(神話:ムン・ジョンヒョク歌手&俳優)のカムバック作品である韓国ドラマ‘ポセイドン’が放送社を確定した。
海洋警察庁の支援の下、韓国最初で制作される海洋警察ドラマ‘ポセイドン’が2011年上半期韓国放送局SBSを通じて放送される予定である。
2010年10月兵役を終えたエリックは韓国ドラマで男子主人公‘キム・ソヌ’役を演じる事となり、キム・ガンウ、ユノユンホ、キム・オクビン、チョン・ヘビン、キム・ユンソと呼吸を合わせることになった。
キム・ガンウは‘男子の物語(ザ・スリングショット~男の物語)’で、パク・ヨンハと敵対関係だった悪役(チェ・ドウ)で一躍、有名になった俳優である。
‘ポセイドン’は海洋警察特攻隊間の絆と犠牲精神を描く。
2010年10月、兵役を終えたエリックがSBS月・火曜日ドラマ‘ポセイドン’でお茶の間の復帰する。
エリックの復帰作として選択されて2011年上半期最高の期待作になっている韓国ドラマ‘ポセイドン’がSBSドラマで放送を確定した。
‘ポセイドン’の男子主人公‘キム・ソヌ’としてキャスティングされた絵陸は2011年上半期、SBSを通じてブラウンガンにカムバックする。
‘ポセイドン’は‘オールイン’‘ヒット’‘太陽を飲み込め’など数多くの話題作を演出したユ・チョルヨン監督と‘スルブンヨンガ(悲しき恋歌)’‘オー!必勝(ピルスン)ポン・スニョン’などで演出経歴を積んできたオ・サンウォン監督が共同演出を任され、‘アイリス’を通じてスター作家になったジョ・ギュウォン作家が執筆をする。

イ・ミンホ(花より男子F4)‘シティーハンター’韓国SBS編成確定…エリックの‘ポセイドン’調律中

ポセイドンエリック、シティーハンターイミンホ 

演技者イ・ミンホが主演になる韓国ドラマ‘シティーハンター’が2011年5月韓国放送局SBSでの放送を確定した。
12月29日SBS側によると、‘シティーハンター’は2011年5月25日SBS新水・木ドラマで放送される予定である。
日本の同名マンガを原作にした‘シティーハンター’は2011年ソウルを舞台に純粋な外見と前職CIA要員‘カン・ジン’が傷を負った都市人の辛い事件を処理する解決者で活動しながら、本人の心の奥の傷を治癒する物語を描く。
一方、最近兵隊を終えたグループ神話のエリック復帰作で選んだドラマ‘ポセイドン’も2011年上半期の編成についてSBSと調律中であることが明らかになった。
‘ポセイドン’は海洋警察特攻隊員たちの熱い絆と犠牲精神を描くドラマでエリック、キム・ガンウ、キム・オクビンなどが出演する。

シークレットガーデン14話-2|‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング?

2010年12月28日 17:21

シークレットガーデン14話-2|‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング?

シークレットガーデン14話‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング暗示?は少し長くなりましたので、2回に分けて記載します。

体が入れ替わったジュウォンとライム、愛より強いものはない。

パーティーキスはあっという間に、皆の口から口へと広がり、ジュウォンの母の耳まで千里馬を乗って、入って行き、ジュウォンの母、ムンブンホンの妨害戦略1段階が始まりました。
アヨンの解雇と言う波長をもたらせました。
頭に来たライムはピョンチャンドンへ向かい、ジュウォンもこの事実を知り、門の前でライムを止めます。
その時、灰色の雲が雨を降らして、予測通り、体の入れ替わりが再び起きます。
ライムの体に入れ替わったジュウォンは母、ムンブンホンを倒すくらいの爆弾宣言をし、ライムのハートの目の輝きを受けます。
無論、ジュウォンの母はライムが言った言葉だと思っているから、“普通の子ではない”と言い、首を掴んでしまいます。
“私、息子さんと絶対、別れません。これは全て息子さんのためです。この状態で別れたら、息子さんが愛の病で死ぬかも知れません。そして、再び、人事問題に介入したら、労働組合に話します。私たちが会うのを嫌うなら、外国へ出て暮らします…”
ジュウォンの確信に満ちた言葉にライムも感動を受け、勇気百倍です。
“正しいと思います。私、もう、この人を信じてみます。”
ジュウォンの母の血圧を急相乗させて出て行くジュウォンとライム、拍手!
無論、首を掴んで倒れる一歩前のジュウォンの母には沈静剤を勧めますが…

シークレットガーデン14話-1-9 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-10 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-11 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-12  ヒョンビンの母 

一度、入れ替わった経験があるジュウォンとライムは二回目は適応が難しくないです。
ライムの代わりにオーディションを受けねばならないジュウォンにアクション訓練を兼ねたPT体操もさせ、ライムはジュウォンのサイン練習と行動に対する注意事項を受けながら、体の入れ替わりを落ち着いた気持ちで楽しみ始めます。
 
シークレットガーデン14話-1-25 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-26 ハジウォン ヒョンビン

問題は愛する人に触れたいジュウォンがライムにキスしたい度に、自分の唇にキスをしている自分を見ないといけないのが、苦痛だけど、ライムの目を閉ざせてキスする方法まで研究します。
求めよ!得られる。
ジュウォンがライムを抱いて“体は入れ替わったけど、一日、一回はお互いを抱いてあげること”と言った言葉が気に入りました。
合間を縫って、ヒョンビンとハジウォンのお互いに対する役を代えた演技を褒めるしかありません。
小さな手の仕草まで演技する姿はドラマの楽しみを倍にしてくれます。
例えば、ハジウォンが笑う時、恥ずかしい時、習慣的に手が眼に行く姿をヒョンビンが演じる時、ヒョンビンが笑いたい時、グーを口に持って行く姿をハジウォンが演じる姿が小さな面白みを与えてくれます。

シークレットガーデン14話-1-13 ハジウォン  
シークレットガーデン14話-1-14 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-15 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-16 ハジウォン ヒョンビン 

世の中には秘密はないと、ジュウォンとライムの変わった行動に正体がばれる危機に立たされました。
イム監督とオスカ、チェウヨンが二人を疑い始めます。
“あなた誰?”鳥肌が出るくらいの台詞でした。
気が付くのは無理ではないみたいです。
毎日見る人が全然、違う人のように、可笑しい行動をしているから…
主治医のジヒョンの顔も知らず、ジヒョンに聞きたい事があるからと言って、連絡先を聞くし、ライムは父の忌日と亡くなった先輩に対して何も覚えていないから、イム監督が疑うのは無理ではないです。
こんな危機状況をジュウォンとライムはどのように乗り越えるか、正面からぶつかって、事実を告白して、助けを要請するのかは来週まで待ってないと行けません。
無論、イム監督とオスカが体が入れ替わった事実を知れば、そんな事あるはずがないと言うかもしれないけど、ジェジュ島での可笑しい行動、ソリー(Sorry)と言うライム、イム監督に生意気な行動をしたライムの姿を頭に浮かせば、信じるかもしれません。
オスカも同じであるし。
気分が良くなる言葉を聞けば、靴に穴が空くくらい、靴で平地を叩くライムとジュウォンが同じ行動をしたことと、他人には頭を下げる事は殆どしなかったジュウォンが誰にも挨拶をした事も理解できそうだし…
だけど、イム監督とウヨンは心配要りません。
守護天使になることはあっても、敵になるような事はしないと思います。

シークレットガーデン14話-1-17 ハジウォン 
シークレットガーデン14話-1-18 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-19 イ・ピリップ 
シークレットガーデン14話-1-20 ハジウォン 

ギルライムの父の死、ハッピーアンティング暗示?

なら、このタイミングでなぜ、ジュウォンとライムの体の入れ替わりが飛鳥だったのかをちょっと整理して置きます。
ジュウォンとライムの体の入れ替わりはこれからある‘ダークブラッド’オーディションとライムに降りかかる不幸を同時に予告した不吉な暗示です。
ライムの父が娘を助けるためだとジュウォンに悪いと言った言葉を考えれば、ライムに予告された事故が近づいて来ている事と、同時にライムの代わりに死ぬかもしれないと暗示しています。
だから、サッドアンディングに対する不安感を振り放す事が難しいけど、私はそれよりはライムを受け入れる決定的な理由になって欲しいと願っています。

二回目の体の入れ替わりは二人の間にある不可能な運命を説明するための入れ替わりではないかと思います。
ジュウォンの併催恐怖症とギルライムの父の死が何かでつながっている事の複線のためです。
そして、二人はお互いに対してもっと、より深く知って行くような気がします。
ライムはジュウォンの薬を服用して、定期的に精神科ドクタージヒョンに治療を受けている事実を知るようになり、ジュウォンはライムのロッカーでギルライムの父の写真を見ながら“なんだか、いつか会った事のある人みたいに親しくて…”と言う言葉を言いましたが、ジュウォンとライムの体の入れ替わりが偶然によって起きたわけではないという複線でもあります。

シークレットガーデン14話-1-21 ユンサンヒョン 
シークレットガーデン14話-1-22  ヒョンビン 

ライムの父がジュウォンを助けて、死を迎えたのではと予想をしていましたが、問題はこの事実をライムがどのように受け入れるのかが気になります。
無論、父を殺した敵ではないけど、ジュウォンのせいで父が亡くなったことはライムには傷になるかも知れません。
その傷を克服するのがジュウォンの強い愛と思いますが、ジュウォンはジュウォンで、苦しみを絶えないといけないような気がして悲しくなります。
ギルライムの父が自分のせいで亡くなった事を思うと、今まで、ライムが体中に傷を負いながら、小さな30万ウォンの賃貸に住ませて、ライムが学業を続ける事ができなかった理由でもあったからです。
ライムの父の犠牲でジュウォンは上流1%の全ての安楽さを持って暮らしたが、ギルライムは自分のせいで、貧しさと親もいない孤児だと言う侮辱まで受ける事になたからです。
こんな意味でライムの父の死はこのドラマのハッピーアンディングのための強い複線でもあります。
ジュウォンの母の立場で息子の命を救った人の娘を受け入れる事は、ある面では真の愛に白旗を挙げるよりはもっと現実的に認めることが可能であるようです。
私は貧しいヒロインが財閥家の息子と愛に陥って、シンデレラになる物語りは嬉しくないです。
本当に愛が人をどのくらい変える事ができるのかに対する会意感のためですけど、ジュウォンの母がこんな言葉を言いました。“ジュウォンとの間で子供を産めば、子供までは受け入れる。しかし、あの子(ライム)は絶対に内の門を越えられない。私が死んだ後にも。私がそのように遺言にへ書く”と。
こんなジュウォンの母の心を二人の切実な愛だけで、変える事は無理だと思います。
多分、ライムを一生、嫁と認めない可能性もあるし、もっと侮辱を与える事もできると思います。
だから、通俗的で、無理やりな感じがして、ありふれた話かもしれませんが、ライムの父をジュウォンの恩人に設定するのはキムウンスク作家がライムの未来に対する現実的な配慮にも見えます。

シークレットガーデン14話-1-23 ハジウォン 
シークレットガーデン14話-1-24 ハジウォンと父 

もう一つ、ハッピーアンディングのための複線はジュウォンのジレンマに対する治療策です。
ジュウォンの併催恐怖症は命の危機から来た後遺症でもあるけど、一方では、自分のせいで誰かが死んだ自責感のせいかも知れないと思いました。
だから、その事故に対する記憶の門を閉じてしまったジュウォンに封人された記憶が戻ってきたら、極度の心理的な混乱を起こすかもしれません。
ライムの父は他人の命を救うためなら、自分の命をかけるくらいのプロ意識に武将された消防管です。
ライムも同じ職業観を持っています。
スタントのプロ精神がなければ、他人の代わりに腕や足が折れたり、或いは命も失くすこともある仕事ができずはずがないですから…
ジュウォンがライムの体に入れ替わって知った事は危険な職業の高貴さだと思います。
そして、もっと知る事になると思います。
消防管、或いは他人の危険を代わりにする人たちは自分の犠牲に対して、他人の恨まないことを。
ライムの父がジュウォンを助けるために命を失くしたけど、ジュウォンを恨んではない事をジュウォンが知るようになるのではないかと思いました。
ジュウォンの閉鎖恐怖症は自分を救った消防管に対する罪意識も共にしているような気がして。
それを知った時、罪意識と併催恐怖症によるジュウォンのジレンマも自然に治癒されるのはないかとも思いました。

ライムが出演する‘ダークブラッド’、映画の題から出てくる感じは悲劇の感じが濃いけど、まさか、事故で誰かを失う事はない事を願っています。
そして、ジュウォンの母がライムを可愛く受け入れて欲しいです。
真のハッピーアンディングは家族と言う、世の中には誰もいないライムに本物の家族ができる事をも含まれ無いといけないからです。
財産も、子供も、愛も、これがないと意味が無いと思います。
生きている事!
ライムの父の死で代わりに得た息子の命、ジュウォンとライムの愛のための解法という装置としてはあまりにもドラマチックだけど、だけど、そのように二人が“末永く、幸せに暮らしました。”って結末を迎えたいです。

シークレットガーデン14話-1|‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング?

2010年12月28日 17:13

シークレットガーデン14話-1|‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング?

シークレットガーデン14話‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング暗示?は少し長くなりましたので、2回に分けて記載します。

シーウレットガーデン14話ライムの父の死、ハッピーアンディング暗示?

お互いに愛し合ってることを確認して、丈夫な愛を確かめるライムとジュウォンに最大の危機が来ました。
親友であり、主治医であるジヒョンの顔を知らないジュウォン(ライム)と父の忌日と亡くなった先輩を覚えていないライム(ジュウォン)をウヨンとイム監督が疑い始めます。
体の入れ替わりと言うファンタジーを理解できるのか?
正体を疑うウヨンとイム監督の問い詰めにジュウォンとライムはどのように対処するのか本当に気になります。
宝石のように光っていたシークレットガーデン14話はジュウォンとライム、ウヨンとユンスルの愛を確認する時間だったです。
クリスマスのツリーのように美しい場面が溢れて宝石の粉が降られた絵のようでした。

シークレットガーデン14-1-1  キムサラン 
シークレットガーデン14話-1-2  ユンサンヒョン 
シークレットガーデン14話-1-3 ハジウォン 
シークレットガーデン14話-1-4 ヒョンビン 

ライムの告白“私、君に会いに来た。”

妖精おばあさんの助けでパーティー場に入られたライムはジュウォンを真直ぐ見る自信が湧きました。
ジュウォンの心が真心であることを知ったからです。
“こんなにきれいにして来て12時になったら消えるつもり?”
電話にも出ず、会ってもくれなかったライムのせいで、不安に包まれていたジュウォンはもっと不安が増します。
蜃気楼のように消えてしまいそうだから…
“中に入りたかったけど、外にいたの。だけど、妖精おばあさんが行って話せって。私、君に会いに来たと…あなたの母に父の名を賭けて二度と会わないと約束したの。けど、体は振り向いたけど、心が動かない。あなたに会うと、これからもっと苦しくなることを知っているけど、あなたに会えなくて辛いより、会って苦しいのが我慢できそうだから…私、あなたに会いに来た…これが私の答えなの”

シークレットガーデン14話-1-5 ヒョンビン ハジウォン 

そして、ライムは自分が今も人魚姫しかなれないかを聞きます。
ジュウォンの答えを言おうとした瞬間、邪魔者が一人、二人、近寄ってきます。
そのため、ジュウォンは答える事ができず、答えを言う機会を何回も駄目にします。
お見合いをしたユ・キョンランが露骨的にジュウォンを誘うとしたり、ジュウォンの留学時代の知り合いが声をかけたりして…
ともかく、ユンスルの素晴らしい行動に拍手をしたくなる場面がありました。
“やっと心を開こうとしている人たちに傷つけず、静かに楽しんで帰れ!”
学生時代、ちょっと不良をした事があるかのようなポースを真似するユンスルの黒バラ派ボスみたいな姿を見ると、以前、デパートでアヨンの名札を奪い、ターフな姿を見せたギルライムの真似を結構、上手くやれました。
本物の愛を知っているユンスルだから、ジュウォンとライムのために積極的に助ける彼女(ユンスル)が美しく見えました。
辛い愛を続けて来たユンスルにも愛の宝石の粉が降ってくるような気がして、嬉しくなりました。
以前、すねて悪役をしているユンスルを憎めないと書きましたが、可憐な彼女がウヨンから受けた傷を倍に報償されそうな感じがしました。
ユンスルにやってあげられなかったことを一つ、一つ、記憶を呼び戻して、励まして、誤るウヨンの真心をまだ、知らん振りをしているけど、彼女が見ている、目の潤いが、悲しみが少しずつ消えて、愛で揺れる変化が感知されて良かったと思いました。
愛をすれば表情が柔らかくなると言います。
最近、最も表情が柔らくなっている人物がユンスルとライムです。
あまり笑みを見せない女性たちだったけど…

シークレットガーデン14話-1-6 キムサラン 

ジュウォンのパーティーキス、“私はこんなに素晴らしい女を見た事がない”

“君のようなやつは一生、見る事のない女だ。お金もないし、体中は傷だらけで、なのに…我らのようなやつとは1分1秒も一緒にいたくないって。私はこんなに素晴らしい女を見た事がないこれが私の答えだ。”
ライムにキスするジュウォン、パーティー場に来たVVIPたちの目が大きくなって、口を開く事もできず、呼吸もできず、静かに二人を見つめています。
それからも長い間、ジュウォンとライムは愛のキスを交わします。
ジュウォンとライムのパーティー場での公開キスが意味あった理由は、その愛の絶対性にあると思います。
世の中の眼を意識せずに、愛すると語る公開宣言のようなものでしだから…
事実上、愛し合うから条件を排除すると言う事は嘘かもしれません。
貧富の差、学歴、家柄など、たまには愛の条件になることもあり、結婚に必要な必須禮緞(進物として贈る絹織物)になる時もある世の中だからです。
ジュウォンのパーティーキスはこんな意味で、ジュウォンがライムを絶対に人魚姫にはさせないと言う決心のようなものです。
ジュウォンとライムにとって、人魚姫の悲しい童話はもう、終わりです。
人魚姫からシンデレラ童話へ急進展するジュウォンとライムの愛は、それにも関らず、シンデレラ童話にならないと思います。
私はドラマを見ながら、愛のために王座を捨てたエドワード8世とシンプソン婦人の愛の物語が浮かびました。
世紀のロマンスを代表する二人の愛の物語が、ロエル家として代表にされるジュウォンとスタントウーマンで、孤児、悪条件を全て揃えたライムとオーバーラップされました。

シークレットガーデン14話-1-7 ハジウォン ヒョンビン 
シークレットガーデン14話-1-8 ハジウォン ヒョンビン 

ジュウォンの華麗なクリスマスパーティー場と大別されるライムのクリスマス、サプライズプレゼントはもっとロマンチックでした。
ジュウォンの母がきつくて、剣の様な性格だから、一折一折、刺繍をしたような繊細な感性を持った息子が生まれたのが、不可思議なくらい、ジュウォンのライムへの思いは甘くてロマンチックです。
アヨンを翌日まで夜勤させろと言う、ジュウォンの言葉で、驚くライム、何にも考えてないのに、オーバーをすると詰め込むジュウォンのせいで、思う存分笑えました。
大人の男女が、愛する男女が夜を一緒に過ごすと言うのに、何も言う事はありませんが、手を強く握って、手を握ってみたかったと言う言葉に、ジュウォンが心からライムを愛する方法が美しく見えました。
愛する人だから、守ってあげたいと言う心が読み取れたから…
余談だけど、心が行くままに、体が行くままに…関係ないような気がしますが…

シークレットガーデン14話-2|‘シーウレットガーデン’ライムの父の死、ハッピーアンディング暗示?もお楽しみに…