愛の雨、チャングンソク、ユナの出会い画像初公開、日本へ高価で輸出契約完了

2011年12月19日 19:38

愛の雨、チャングンソク、ユナの出会い画像初公開、日本へ高価で輸出済み

チャングンソク+ユナ+ユンソクホ‘愛の雨’韓流ドラマの最高額90億ウォンで日本輸出

韓国ドラマ‘愛の雨’が、韓流ドラマの最高額の90億ウォンで日本に輸出されたと伝えられた。
韓流スターチャングンソク、ユナ、韓流ドラマの巨匠ユンソクホPDが団結して話題を集めた韓国ドラマ‘愛の雨’が90億ウォンで日本に売られたことが分かった。
放送関係者たちの話によれば、韓国ドラマ‘愛の雨’は、ドラマが放映される前に、日本に約90億ウォンの版権輸出契約を結んだ。
韓国ドラマ‘愛の雨’の90億円は、歴代の韓国ドラマの日本での販売、輸出の中で最も高い金額だ。

愛の雨、チャングンソク、ユナ 
韓国ドラマ 愛の雨、チャングンソク、ユナ

韓国ドラマ‘冬のソナタ’‘秋の童話’で、すでに日本でも有名なユンソクホPDが演出を引き受けた上、ポストペヨンジュンで脚光を浴びているチャングンソクと日本での勢いを上げている少女時代のユナが一つになったという点だけでも、韓国ドラマ‘愛の雨’の価値が天井知らずで湧いたものとみられる。


‘愛の雨’ビジュアルカップルチャングンソク、ユナ、一幅水彩画のような出会い

愛の雨の主演を演じるチャングンソクとユナの爽やかな出会いが公開された。
韓国ドラマ‘愛の雨’は韓国ドラマ史上最高待遇で先輸出されて話題を集めている。
韓国ドラマ‘愛の雨’(脚本:オスヨン/演出:ユンソクホ)で、チャングンソクは、70年代の純愛を描くイケメン美大生‘ソインハ’と2012年の仕事と愛に自由奔放なフォトグラファーであり、ソインハの息子である‘ソジュン’役を、ユナは、70年代、地味で清楚なキャンパスの女神‘ギムユンヒ’と2012年の‘ギムユンヒ’の娘であり、可愛らしい明朗少女‘ハナ’役を引き受けて、70年代の純粋だった愛の情と、現時代のトレンディーな愛の方法を同時に広げて出して、時代を超越したラブストーリーを描き出す予定だ。
韓国ドラマ‘愛の雨’特有の胸のときめきが感じられるソインハ(チャングンソク)とキムユンヒ(ユナ)の出会いはあちこちに塗料が付着したエプロンをかけたチャングンソクと清純な女神のポスに満ちたユナの姿が緑色大学のキャンパスと調和して一幅の水彩画を連想させる。

愛の雨、チャングンソク、ユナ 
韓国ドラマ 愛の雨、チャングンソク、ユナ 出会い
愛の雨、チャングンソク、ユナ 
韓国ドラマ 愛の雨、チャングンソク、ユナ 出会い

特にユナに本を渡しながら、彼女の姿から目を離すことができないチャングンソクの目つきは、二人の運命的な出会いにもっと知りたい事を誘発し、関心を集中させている。
韓国ドラマ‘愛の雨’ユンソクホ監督は“70年代の青春たちの愛は、ロマンと純粋さ、そして、暖かさがあった。このような70年代のアナログ的な愛の感性をよく表現するために、俳優はもちろんスタッフたちも多くの努力を傾けている。チャングンソクとユナが持っている純粋で叙情的な感性を通じて、暖かくて恥ずかしがり屋の愛のブレをきれいに描いていく予定だから多くの関心お願いする”と伝えた。

チャングンソク‘愛の雨’日本版権90億ウォン、ペヨンジュン‘太王四神記’を超えた

チャングンソク‘さすがアジアのプリンス!’
次世代韓流キング、チャングンソク(24)が出演する新作韓国ドラマ‘愛の雨’は、歴代の日本版権輸出最高額の90億ウォンで売られたと知らされた。
韓国ドラマ‘愛の雨’は20部作の一話当たり4億5000万ウォンに達する金額で歴代の韓国ドラマをあわせて輸出最高額だ。
韓国ドラマ‘愛の雨’の前に、歴代最高価格のドラマは‘ヨン様’ペヨンジュンのMBC韓国ドラマ‘太王四神記(2007年)’で一話当たり2億8000万ウォン、67億2000万ウォンで、日本に輸出されたことがある。
近作の韓国ドラマ中ではイビョンホン主演のKBS2韓国ドラマ‘アイリス(2009年)’が、総50億ウォンで日本に輸出されたが、一話当たり輸出価格は2億5000万ウォンで、ペヨンジュンの壁を越えることはできなかった。
チャングンソクが4年ぶりにペヨンジュンを上回る優良株へと成長したことを示す大きなことだ。

愛の雨、チャングンソク、ユンソクホ 
韓国ドラマ 愛の雨、チャングンソク、ユンソクホ

ある韓国ドラマ関係者は“韓国内初の韓流大作‘冬のソナタ’のユンソクホ監督とチャングンソクが手を握ったということだけでも大きな関心を集めた。日本のポニーキャニオン側が日本の版権契約に総90億ウォンを提示したと知っている”と伝えた。
ポニーキャニオンは、日本の大手エンターテインメントグループ、フジサンケイ傘下のエンターテイメント会社である。
韓国ドラマ‘愛の雨’の制作会社ユンスカラー側は先月、歴代最高価格で日本へ先輸出契約を終えたと明らかにした。
一方、韓国ドラマ‘愛の雨’は、来年3月末放送のために撮影に拍車をかけている。

愛の雨、チャングンソク 
韓国ドラマ 愛の雨、チャングンソク

1970年代と2012年の青春男女たちを通じて、愛の真の美を尋ねていく内容で、現在大邱(デグ)啓明大(ケミョン大学)、慶北(キョンサン北道)漆谷郡(チルゴククン)などで撮影を進行中だ。
1970年代の分は、12月20日が最後の撮影だ。
韓国ドラマ‘愛の雨’中でチャングンソクと相手役のユナは、過去と現在を行き来する1人2役を消化する予定だ。
韓国ドラマ‘愛の雨’は2012年1月30日、KBS 2TV韓国ドラマ‘ドリームハイ2’の後続として3月に放送される予定だ。

‘愛の雨’韓国ドラマ、本格撮影に突入、70年代の衣装からヘアスタイルまで‘変身’

2011年09月26日 19:49

‘愛の雨’韓国ドラマ、本格撮影に突入、70年代の衣装からヘアスタイルまで‘変身’

韓国ドラマ‘愛の雨’初撮影公開、ユナ、チャングンソク70年代最高のビジュアルカップルに登板

最高の韓流スターチャングンソクとアジアを襲った少女時代熱風の主役ユナの出会いで放映前から韓国内外ファンたちの関心と期待を一身に受けている韓国ドラマ‘愛の雨’が本格的に初撮影に突入、爽やかな初めての出発を知らせた。
去る9月24日(土)、初めての撮影の前、大邱(デグ)啓明(ゲミョン)大学で行われた告祀には、韓国ドラマ‘愛の雨’の首長ユンソクホ監督、チャングンソク(70年代ソインハ役)、ユナ(70年代のキムユンヒ役)、キムシフ(70年代のイドンウク役) 、ソンウンソ(70年代ペクヘジョン役)、ファンボラ(70年代ナインスク役)、ソイングク(70年代キムチャンモ役)などの俳優たちとスタッフ、大邱(デグ)市役所の関係者が参加して、韓国ドラマ‘愛の雨’の成功を祈願し、すべての人々の熱い情熱だけ‘愛の雨’が視聴者たちに多くの関心と愛を受けることができる作品になることを重ねて念願した。
ファイトあふれる告祀に続き、本格的に開始された初めての撮影は、70年代の背景の話を完全に再現するための俳優たちの破格的な衣装とヘアースタイルの変身が最も目立った。

愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、チャングンソク、ユナ 
愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、チャングンソク、ユナ

70年代を代表する端正な模範生チャングンソク、たおやかで地味な感じの衣装で清楚な女子大生を表現したユナ、当時大学生の間で流行したファッションやヘアスタイルを披露したキムシフ、ソンウンソ、ファンボラ、ソイングクまで、すべての俳優たちがそれぞれのキャラクターとぴったりな変身を完成し、すべての人々の注目を一目に集めたという。
ユンソクホ監督は、その時代の香りがぷんぷんと感じられる背景と、純粋なキャンパスの青春で完壁に変身した主人公たちを美しい画面で盛りだし、特有の映像美があふれる名場面の誕生を期待させ、一緒にいるだけでも絵になるカップルチャングンソクとユナの幻想的な組み合わせのおかげで成功的な初めての撮影を終えることができたと伝えた。
特に、週末にもかかわらず、現場に詰めかけた多くのファンたちと生徒たちのために、撮影場が混雑して大きな関心を立証したかというと、チャングンソクとユナの同時撮影の便りで、それぞれのオンラインポータルサイトには‘チャングンソク’、‘ユナ’など、韓国ドラマ‘愛の雨’関連検索語がリアルタイム検索語上位圏を全部さらうなど、放映前からドラマへの熱い人気を実感させた。
初めての撮影開始前に告祀の場でユンソクホ監督は、“スタートというのは、いつもどきどきして気持ちの良いことであるようだ。開始が夢となり、その夢を実現できるように、皆が最善を尽くそう”という覚悟で皆のファイトを図った。

愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、チャングンソク 
愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、チャングンソク

続いて、チャングンソクは、“光の光線や角度、緑豊かなキャンパスなど、ドラマのために準備されたものがあまりにも美しくて良い感じを与える。そのためか、ワンカット、ワンカットがすべての芸術の場面であるような気がした”とし、“大きな信頼になってくださるユンソクホ監督と和気あいあいとした雰囲気の同僚俳優たち、スタッフまですべてが満足で本当に熱心に最善を尽くさないと言う気持ちだ。”と初めての撮影所感を伝えた。

愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、ユナ 
愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、ユナ

久しぶりにドラマの撮影現場に復帰したユナ(少女時代)は“ユンソクホ監督が、動作や話し方など、一つ一つ細かく指導してくださったおかげで無事に撮影を終えることができたし、画面の中の私をよりきれいに盛って頂き、撮影された映像を見て、とても気持ちが良かった”と“今日が初めての撮影ではなく、数ヶ月は撮影したかのように現場に慣れていて楽だ。気持ちの良い出発であるだけに、今後、さらに面白そうだ”という期待感混じりの初めての撮影所感を伝えた。

愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、ユナ 
愛の雨、韓国ドラマ、本格撮影に突入、ユナ

一方、時代を超越し、世代を超えて男女間の純粋な愛の感情をロマンチックなストーリーと美しい映像に盛って見せる、“ユンソクホだけの名品メロドラマ”の真髄を見せてくれる韓国ドラマ‘愛の雨’は、両方の時代の青春が、真の愛を探していく過程を通じて、乾燥して、感性が干し上がていく現実にしっとりとした恵みの雨を示す作品で、2012年上半期放映を目標にしている。
ユンソクホ監督の作品は映像がとてもきれいな作品として有名である。
ユンソクホ監督の代表作品としては‘冬のソナタ’‘秋の童話’‘夏の香り’‘春のワルツ’など四季を映像に盛ったドラマが有名である。
ユンソクホ監督の作品を通じて、ペヨンジュン、(故)パクヨンハ、チェジウ、ソンスンホン、ウォンビン、ソンヘギョ、ソンイェジン、リュジン、ハンヒョジュ、ソドヨンなどが高い人気を得た。
その中でも、日本でもっとも人気を得た作品は韓国ドラマ‘冬のソナタ’で、二つの作品にもキャスティングされたソンスンホンはアジア全域で多くの愛を受けている。
チャングンソク、ユナもユンソクホ監督の作品を通じて、今よりも高い人気を得られるのか、注目が集まっている。

チャングンソクの恋人、ユナ‘愛の雨’第二の‘冬のソナタ’

2011年09月19日 18:49

チャングンソクの恋人、ユナ‘愛の雨’第二の‘冬のソナタ’

少女時代ユナ、2年ぶりj韓国ドラマカムバック‘愛の雨’チャングンソクとメロ呼吸合わせる

少女時代のユナがユンソクホPDの新作韓国ドラマ‘愛の雨’(仮題、脚本;オスヨン、演出;ユンソクホ)女主人公にキャスティング、チャングンソクと呼吸を合わせる。
ユナは2012年上半期放送予定の韓国ドラマ‘愛の雨’(仮題)のヒロイン役をおいて最終調整中だ。
ある韓国ドラマ関係者によると、ユナは、グループの活動などを考慮して日程を調整しており、現在の出演契約書のサインだけを残した。
韓国ドラマ‘愛の雨’製作陣は、ユナが合流すると、すぐに撮影に突入する予定だ。
また他の韓国ドラマ‘愛の雨’関係者は“20代前半の純粋なイメージの俳優を見つけるのに時間がかかった”とし“ユナは、韓国ドラマ‘君は僕の運命’‘シンデレラマン’などを通じて演技力まで立証され、制作陣がかける期待が大きい”と説明した。

ユナ チャングンソク 愛の雨 
ユナ チャングンソク 愛の雨

韓国ドラマ‘愛の雨’(仮題)は、‘秋の童話’(ソンスンホン、ウォンビン、ソンヘギョ主演)、‘冬のソナタ’(ペヨンジュン、チェジウ、パクヨンハ主演)、‘夏の香り’(ソンスンホン、ソンイェジン、リュジン主演)、‘春のワルツ’(ハンヒョジュ、ソドヨン、ダニエルヘニ主演)に至るまで、四季折々の韓国メロドラマシリーズの名品メロドラマの巨匠として定着したユンソクホ監督の韓国ドラマ‘秋の童話’ 、‘冬のソナタ’をヒットさせたオスヨン作家が10年ぶりに再会した作品だ。
チャングンソクは‘ヨン様’ペヨンジュンに続き、日本などアジアでは、次世代韓流スターとしての地位を固めた状態で、ユナも少女時代として活動してアジアを越えて、ヨーロッパなど全世界から注目されている。
このようなトップスターとスターと製作陣の出会いにより韓国ドラマ‘愛の雨’は‘冬のソナタ’に続く新たな‘韓流ドラマ’の誕生を予告している。
韓国ドラマ‘愛の雨’は、1970年代に大学生で出会った男女の愛が2世代にもつながるという話を描くファンタジーメロドラマだ。

ユナ 愛の雨 
ユナ 少女時代 愛の雨

これに、少女時代熱風の主役であり、韓国ドラマ‘君は僕の運命’、‘シンデレラマン’などの作品を通じて、演技者としての成長の可能性を立証したユナとの独歩的な存在感として、最高の韓流スターの評価を受けて、アジアの中心にそびえ立ったチャングンソクの出会いは予測不可能、想像以上のシナジー効果を呼び起こすものと期待されている。
韓国ドラマ‘愛の雨’中のユナは、地味で青草な容貌にフリージアに似た爽やかな性格が魅力的な70年代のキムユンヒ役と肯定的なオーラを噴出す明朗少女、キムユンヒの娘、ユリ役まで180度、相反したキャラクターの1人2役を演じ、韓国ドラマ‘愛の雨’中、チャングンソク(ソインハ役)と、爽やかながらも美しい愛を描き出す予定だ。
9月19日、韓国ドラマ‘愛の雨’の制作会社によると、ユナはこのドラマで1人2役を引き受けて時間を越える演技を繰り広げる予定だ。
ユナは、韓国ドラマ‘愛の雨’中のチャングンソク(ソインハ役)と爽やかで美しい愛を描き出して、無限の魅力を発散する見込みだ。

少女時代 ユナ 愛の雨 
少女時代   ユナ 愛の雨

ユンソクホPDは、“さまざまな魅力の女主人公キムユンヒとユリの共通分母は、加工されていない純粋さを持っているという点だが、そのような面において、青草ながらも、きれいで健康なエネルギーを抱いている自然美人ユナがヒロインに適格な人物だと判断した”とキャスティングの背景を伝えた。
ユンPDは“ユナ特有のいきいきとした女の子らしさと女性の清純さは、童話のような青春の愛の物語をより一層美しく輝かせてくれるものと確信している”と付け加えた。
ユナは“多くの感動を受けたドラマで印象深く記憶している‘秋の童話’、‘冬のソナタ’などを演出したユンソクホ監督と一緒に作業できるようになって夢のようで光栄”とし“久しぶりに韓国ドラマでごあいさつすることになったが、多くの関心と期待を持ってくれて下さるだけに良い姿をお見せできるよう最善を尽くす”と覚悟を伝えた。
ユンソクホPDも、‘冬のソナタ’のペヨンジュンとチェジウをはじめ、‘秋の童話’のソンヘギョ、ウォンビン、‘夏の香り’のソンスンホン、ソンイェジン、‘春のワルツ’のハンヒョジュなど韓流スターに名を置かせた‘ミダスの手’である。

チャングンソク 愛の雨 
チャングンソク 愛の雨

また、日本ロケなどで派手な見どころも提供する予定なので期待感はさらに大きくなっている。
韓国ドラマ‘愛の雨’は‘秋の童話’、‘冬のソナタ’、‘夏の香り’、‘春のワルツ’に至るまで、四季折々メロドラマシリーズで美しい愛の感性を歌いながら名品メロドラマの巨匠として定着したユンソクホPDと‘秋の童話’、‘冬のソナタ’をヒットさせ、ユンPDと一緒に韓国メロドラマの一線を引いたオスヨン作家の10年ぶりの再会、そして、最近チャングンソクの主演キャスティングのニュースで放映前から放送関係者内外の関心を集めている。

ユナ チャングンソク 愛の雨 
ユナ チャングンソク 愛の雨

韓国ドラマ‘愛の雨’は、時代を超えた男女の純粋な愛の感情をロマンチックで美しい映像で表現し、両方の時代の青春らが真の愛を見つけて行く姿を見せる予定だ。
一方、韓国ドラマ‘愛の雨’"は、9月末の撮影を皮切りに、2012年上半期に放映される予定だ。
放送社の編成はまだ未定だ。