海外旅行の際に必ず持って行くべき薬は?海外旅行持ち物リスト薬編

2013年07月24日 21:29

海外旅行の際に必ず持って行くべき薬は?海外旅行持ち物リスト薬編

海外旅行の際に必ず持って行くべき薬は何か気になる!
海外旅行に必要な常備薬リストは、消化剤、正露丸(せいろがん)、風邪薬、シップあるいはパス、乗り物ようの酔いとめ、バンドエイド、軟膏剤など。
特急ホテルに滞在する場合は、コンシアージやホテルのフロントに申しつけば大抵の薬はもらえる。
しかし、宿泊手段として、ペンション、コンドミニアム、テントなどを利用する場合は、常備薬を必ず用意すべきである。

旅行先に応じて薬を入手するか、病院に行きにくい場合が多いので、海外旅行に行く前に、緊急事態に備えて、必要な常備薬をリストアップしておく。
また、旅行4〜6週間前に医療機関を訪問して健康状態について相談し、必要に応じて予防接種と予防服用を始めなければならない。
一般的に予防接種後の免疫形成に約4週間が必要なため、出国4週間前に予防接種を完了した方が良い。
特に、マラリアは出国一週間前から予防薬を服用しなければならず、黄熱、日本脳炎の場合も必要に応じて予防接種を受けなければならない。

高齢者や小児、慢性疾患者は、海外から予期せず発生する可能性のある健康上の問題に対して、より入念な準備が必要である。
海外旅行の中で最も基本的な病気の予防法は、基本的な衛生上の注意を守ることだ。
外出後、食事の前後、用便後には必ず手を洗い、きれいな水を飲むべきであり、コレラ、細菌性赤痢、集団下痢などの水因性伝染病を予防するためには、生の食品や水、皮をむいた果物に特に注意しなければならない。
夜には、蚊に起因する媒介疾患にかからないように、長い服を身に着けて蚊帳や害虫忌避剤を使用して蚊に刺されないように備えておく。
帰国後、高熱·下痢·嘔吐などの症状がある場合には、入国時に検疫に申告しなければならない。
帰ってきた後、1週間以内に発熱、下痢、嘔吐などの症状があれば、最寄りの保健所や医療機関を訪問して検診を受けなければならないし、マラリアなどのいくつかの疾患は、6〜12ヶ月潜伏期間の後に発症する場合もあるので、健康状態を継続的に観察する必要がする。

海外旅行に必要な常備薬リスト!忘れずに用意しよう!

消化剤

消化剤 キャベジン 正露丸 
消化剤 キャベジン 正露丸

海外では、国内で食べて見るのが難しい地元の料理を食べたいと思い、いつもよりたくさん食べるようになるのが常なのに加え、慣れていない食材やスパイスなどで消化に問題が生じる場合が多い。
消化不良によるむねやけや腹痛は旅行に大きな妨害となるため、事前に消火剤を用意すべきである。
正露丸(せいろがん)は、医薬品で日局木クレオソート(別名日局クレオソート)を主成分 とした胃腸薬(止瀉薬)である。

風邪薬

風邪薬 コンタック 総合かぜ薬 昼・夜タイプ 18錠 
風邪薬 コンタック 総合かぜ薬 昼・夜タイプ 18錠

風邪薬は基本中の基本、予期しない海外旅行中に予期せぬ気温や気候の変化と疲労による免疫力低下で風邪をひきやすいので、総合風邪薬を基本に常備しなければならない。

鎮痛剤  

鎮痛剤  バファリン 
鎮痛剤  バファリン

頭痛、生理痛などの一般的な痛みも旅行先では、かなりつらく感じる事が多い。
ストレスを発散するために出た旅先だが、日程のくるいや、予期しない状況のため、頭が痛くなる場合は非常によくある。
女性の場合、生理時期と旅行日程が重なると、口では言えない苦痛の中で日程を消化しなければならないので、念のために鎮痛剤も必ず用意すべきである。

パス

筋肉痛 コリホグス 
筋肉痛 コリホグス

*パス  muscle ache  筋肉痛

パスは、重い荷物を持って長距離を移動することが多く、海外旅行で全身が疲れて痛いとき便利に使える。
コリホグスのような筋肉弛緩成分が入った飲み薬も役立つ。

トラベル用の酔いとめ  

酔いとめ トラベルミン 
酔いとめ トラベルミン

*酔いとめ 

海外旅行中に長時間飛行機、船、電車、自動車などの交通手段を長時間利用することが多いので、酔い止めを用意しておくのが良い。

傷の治療のための湿潤ドレッシング バンドエイド イソジン 傷薬  傷薬 軟膏

傷の治療のための湿潤ドレッシング バンドエイド イソジン 傷薬  傷薬 軟膏 
傷の治療のための湿潤ドレッシング バンドエイド イソジン 傷薬  傷薬 軟膏

海外旅行日程に登山などのアウトドア活動が計画されている場合は万が一の傷にもあらかじめ備えなければならない。
けがをしたときは、粘液を出して保護し、早く治るように手助ける湿潤ドレッシング(湿潤バンド)を利用するのが良い。
軟膏剤(なんこうざい、Ointments)・皮膚外用剤(ひふがいようざい)とは、皮膚疾患の治療の一つである皮膚外用療法に使用される医薬品の半固形の製剤である。

韓国旅行 持ち物リストベストテン10

2010年09月19日 02:13


韓国旅行に持ち物はなにがあるか?

 

韓国旅行という言葉だけで、うきうきする連休が始まりましたけど、韓国旅行は初めてなので、心配って思う方はいませんか?

韓国旅行は海外旅行というより、異なる言語を使うとこるへ行くことだと思うと少しは不安は解決しますが、旅行って持ち物はどうするって心配は解決しません。

ここで、韓国旅行に行くとき、持ち物リストを整理してみました。

ツアーで行けば心配ないけど、勇気ある方の一人旅を応援するつもりで整理したものです。

 


韓国旅行 持ち物リストベストテン10


1.
パスポート:海外旅行なので、忘れてはいけません。

パスポート PASSPORT パスポート PASSPORT


2.
出入国カード:出入国のために必要です。

出入国カード 


3.
税関申告書:機内で配ってくれます。入国する人は必ず必要なので、忘れてはいけません。

税関申告書


4.
書く物とメモ用紙:念のために、持っているとカード作成などあっても、安心です。

書く物とメモ用紙


5.
韓国通貨:為替レートを豆にチェックして、少しでも得すること、カードを使うと無駄なお金を使ってしまって、帰国してから後悔するかも知れないので注意を。

*トラベルチェックを使うより、現金の方が便利です:韓国の治安は良い方なので、心配なし。

韓国通貨ウォン


6.
ショッピングのチェックリストを作成しましょう:ショッピングチェックリストとお土産リストを作成して置くと、無駄な買い物をしなくても済むし、ブランド品は安いと思い込まずに、事前に日本での販売価格もチェックして置けば得あり。ショピイングリストはいつも持参することを忘れないように。

 

下記のURLは参考までに使ってください。

韓国ロッテ免税店URL  http://jp.lottedfs.com/

*クーポン、使えるカードなど豆にチェックすることを忘れずに。

 


7.
ブラシホテルに歯ブラシは置いてあるけど、それは有料、しかも、コンビにより高い。

マイ歯ブラシを準備して、荷物の中に入れておきましょ。

万が一、もって行くのを忘れたら、ホテルの備品ではなく、近くのコンビニを利用してください。

歯ブラシと歯磨き粉

 


ここで、一言、韓国語を覚えましょう。

 

コンビにはどこにありますか?

ピョンイジョムン オディエイスニカ?

ピョンイジョン:コンビニという意味です。日本と同じブランドのコンビニも多いので、看板を見れば分かると思います。

オディエイスニカ?:どこにありますか?

この言葉を覚えて置くとかなり便利です。場所、物の名前を入れで使えば、一つの文章になります。

*歯ブラシ:チッソル

*歯磨き粉:チヤッ



8.
歯磨き粉:歯ブラシが有料なのに、歯磨き粉が無料って言うことはありえません。

海外旅行なので、日本から持っていくときは100g以下(預ける荷物は関係なし)のものにしてください。


9.
ハンカチとポケットティッシュ:韓国には日本のおしぼり文化はまだ定着しておりません。

ハンカチとポケットティッシュ


10.
割り箸:韓国のお箸はステンレス製なので、すべることがあります。

割り箸 

 

◎それ以外は個人差もありますので、ホテルで提供されるサービスを教えます。

Aクラスのホテルでは日本語も通じますが、ソウル、プサン以外の場所では期待しないほうが良いと思います。以前、インチョン(仁川)で、泊まったことがありますが、日本語があまり通じませんでしたので、ご参考までに。

 

●市販の薬の中で、消化剤、風邪薬、下熱剤は備えておりますので、遠慮なく、フロントへ電話していください。

●糸と針はホテルの引き出し中に入ってあるので、ホテルに着いたら、チェックしてください。

●爪きり、はさみ、果物ナイフなども 遠慮なく、フロントへ電話していください。

●ドライヤーがない場合はフロントに電話すればもって来てくれます。

●セット用のブラシーは自分で用意しないといけません。

 

以上、韓国旅行の準備完了!!

もし、不安であれば、このページをプリントアウトして、読みながらチェックしてください。