チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開

2012年01月07日 21:59

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開

チャングンソク、ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日の新年スペシャル公開

チャングンソクが自分の話を盛り込んだ新年特集ドキュメンタリーとしてテレビ劇場をひきつけた。
韓国において、2日午前、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると、1日午後放送されたKBS 2TV新年特集ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’は全国基準8.0%を記録し、同様の時間帯に放送されたSBSスペシャルより0.9%Pの視聴率を記録した。
ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’を通じてチャングンソクは、日本と中国を越えて、アジアを魅了させた自分だけの魅力をよく見せてくれた。
ドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’序盤、警護員に“私を警護することはかなり疲れると思い増す。”とカメラを向けて、“やっぱり疲れると思います。私を追いまわると”と言ったように、韓国はもちろん日本などで一つのブランドになってしまったチャングンソクの日常は、呼吸するひまなく忙しかった。
チャングンソクは、日本現地の東京ドームコンサート前に10時間以上のマラソンリハーサルをし、一晩でボトル入り水を30ボトルを飲みつくし、脱水の状態に陥り、点滴闘魂を発揮した。

 チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開

日本のホテルで自分を待っているファンを抱いてやるびっくりイベントをしてカメラの前でも本来の遊び心のある姿を見せるなど、本人自身の遊び心が映り出る姿を見せるなど、どこへ飛んでいくか分からないチャングンソクだけの魅力が現われた。
この日、チャングンソクは“チャングンソクがプリンスになって生きていく過程をチャングンソクの人生と代弁して接続させたようだ”として“いつも平凡でもなく事故の束でもあるし、あれこれの問題を起こすこともあるが、本当に重要なのは胸の中で出てくる真心があるということ。一種のミュージカルのようでトークショーでもありながら、歌手らのコンサートでもある”と自身の日本の東京ドームコンサートについて説明した。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 

このようなチャングンソクを作ってくれたのは、韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’だった。
韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’は、日本放映当時、同時間帯視聴率1位を記録した。
日本の大衆文化のジャーナリストは“そのドラマ(韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’)は、日本の少女漫画の世界観そのものと思えば良い。女性が憧れの男性像がそのまま凝縮されているわけだ”とし“ドラマの中のキャラクターとチャングンソク、自分の本当の姿がよく融合になって一つの新しいキャラクターが作られたこと”と評した。
このようなチャングンソクが、日常の姿は、派手さとは程遠い。
チャングンソクは“人々は私がドラマ一本で、日本で爆発的な人気を得たとおもうでしょう?”とし“それが事実でもあるが、そのドラマ(韓国ドラマ‘イケメン(美男)ですね’)の一本まで20年近くという時間がかかったし、それをお金払って買うこともできないものだと思う。”と明らかにした。
なお、“もちろん、20年の間、学校で友達もなく、思い出もなく、得られないものもたくさんあるが、そんなことを後悔してみても何をするのか”と、“ただ得たものがもっと大きいと思うのが気楽で、今は本当に幸せだ”と率直な心を打ち明けた。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開  

このようなチャングンソクの過去のためか、現在の大学に在学中のチャングンソクは、日常に戻ったときは、学校生活に充実しようと努力中だ。
実際、毎週月曜日と火曜日には、授業を聞くために他のスケジュールを取らないほどだ。
学校へ行く日には休息を取っても学校から出ずにキャンパスで寝る。
このように多方面で努力しているチャングンソクだが、一部では韓国と日本の人気の温度差があるともいう。
チャングンソクは“誰よりも自分自身が正確に知っている”とし、日本と韓国の間の人気の温度差が事実だと述べた。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 

続いて、“日本で急激にブームアップなってしまったてしまい、あまりにも多くの人が訪れるようになり、あまりにも多くの仕事をすることになったが振り返って見た時、韓国と日本というのは、私が活動することになる最大の二つの地域”とし“しかし、両方の国において、バランスが合うように両方でトップスターになったら、私は本当に一通り住んでいたようだ。それで、私はむしろ今の自分の姿が自分に頑張りをいれるには理想的なようだ”と明らかにした。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開  

‘新韓流の中心、私はチャングンソク’は、25歳のチャングンソクの姿を生のまま盛って、我々が知らなかった韓流スターとしてのチャングンソクの姿を新たに発見することにした。
華やかな舞台の裏には、チャングンソクの苦悩と芸能人としてのスケジュールを除けば、通常の20代半ばの変わらない生活など、‘グンチャン’チャングンソクではない青年チャングンソクの姿にもっと近かった。
実際、チャングンソクは、ドキュメンタリーの放映前に“二ヶ月と言う短い期間が我を忘れて過ぎってしまったが、私、‘チャングンソク’という人をもっと素直に見せられるように熱心に臨んだ”と明らかにし、放送を通じてチャングンソクの言葉が事実であることを証明した。

チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開 
チャングンソク‘新韓流の中心、私はチャングンソク’フジTV13日公開  

‘アジアのプリンス’から‘ワールドプリンス’へと成長している俳優、チャングンソクのドキュメンタリー‘新韓流の中心、私はチャングンソク’は、彼をプリンスに育ってくれた日本フジTVで、13日にニューイヤースペシャルで公開される予定だ。
現在、チャングンソク‘君はペット’の日本プロモーション、韓国ドラマ‘愛の雨’の撮影、画報撮影、CM撮影など忙しい日々を送っている。

チャングンソクドキュメンタリー製作、コンセプトは‘リアルチャングンソク’

2011年10月21日 17:25

チャングンソクドキュメンタリー‘リアルチャングンソク’&日本アリーナツアー

チャングンソクドキュメンタリー製作、コンセプトは‘リアルチャングンソク’

 KBSは、俳優チャングンソクのドキュメンタリーを製作する。
10月21日、チャングンソクの関係者によると、チャングンソクは、KBSからドキュメンタリー制作と放送に関する提案を受けてこれを受諾したと発表した。
続いて、“テーマは‘リアルチャングンソク’で人間チャングンソクの成長過程からデビュー、そして今日の彼がいるまでの過程を集中的に照らす予定だ。次世代韓流スターの主役になった理由と、現在のチャングンソクの価値などについての内容も入れられる”と付け加えた。
KBSのチームはドキュメンタリー‘リアルチャングンソク’のために最近、日本、東京でのアリーナツアーを開始したチャングンソクの公演を伺った。
去る21日、チャングンソクは、日本の名古屋で‘2011 JANG KEUN SUK ARENA TOUR THE CRI SHOW IN JAPAN’‘ALWAYS CLOSE TO YOU’を盛況裡に開催した。
この日の公演に1万人の観客が参加し、チャングンソクの人気を実感することができた。
彼は今回の公演のために直接の舞台から、音楽、衣装、映像にまで公演の全体的な企画に参加したことと知られた。

チャングンソク、日本アリーナツアー 
チャングンソク、日本アリーナツアー

一方、チャングンソクの関係者は“KBSと来年上半期放送を目標に準備中で新年特集ドキュメンタリーでも放送時期を議論している”と言及した。
編成時期は確定されなかったが、2012年の新年特集で電波に乗る可能性が高いと伝えられた。
チャングンソクは、去る10月20日、日本アリーナツアーの装丁を開始した。
チャングンソクの日本アリーナツアーは日本3ヶ都市で計5回にわたって進行される。
韓国においては、キムハヌルと一緒に主演した韓国映画‘きみはペット’の公開も控えている。 

チャングンソク、釜山 ミニーコンサート 
チャングンソク、釜山 ミニーコンサート

2012年上半期放送を予定している韓国ドラマ‘愛の雨’の撮影も始まって、忙しい日々を送っているが、チャングンソクは映画祭のため、釜山を訪れ、夜の海辺でミニーコンサートを開いたりもした。
想像以上の人気を得ているチャングンソクの魅力はドキュメンタリー‘リアルチャングンソク’で明らかになる。

チャングンソク、日本アリーナツアー、名古屋で派手なスタート

日本列島に熱い‘グンチャン嵐’をもたらしている俳優チャングンソクの日本アリーナツアー“2011 JANG KEUN SUK ARENA TOUR THE CRI SHOW IN JAPAN‘ALWAYS CLOSE TO YOU’”が20日、名古屋公演を皮切りに、派手な幕を上げた。
日本3ヶ都市で計5回にわたって行われるアリーナツアーのために去る18日出国したチャングンソクは、もう少し完璧な舞台を披露するという熱意と信念で、現地到着と同時に、バンドの練習や振り付けの練習にまい進した。
翌19日に行われた公演の最終リハーサルでは、12時間を超える強行軍を続けながらも負けない情熱と無限の体力を発揮してスタッフたちを驚かせた。
20日の名古屋公演は、徹底した公演の準備だけでなく、チャングンソクが直接舞台から、音楽、衣装、映像にまで公演の全体的な企画や演出に参加してより一層話題になった。

チャングンソク、日本アリーナツアー 
チャングンソク、日本アリーナツアー

大規模な予算が投入された荘厳な雰囲気の舞台セッティングで本格的な公演が始まる前から1万人を超えるファンの心を一気に捕らえた。
皇室近衛兵の護衛を受けて初めて登場し、舞台を圧倒する存在感でオープニングを飾ったチャングンソクは、まるで映画の一場面のように瞬く間に会場全体を‘チャングンソクワールド’にする珍しい風景を演出したし、名古屋公演だけのために準備した脾臓のカードを一枚ずつ取り出して見せ、会場全体を熱狂の渦に染めた。
まず、チャングンソクは、本人の自伝的な成長の過程を含んでいる舞台‘チャングンソクキャッスル’で、本当にファンのためのプリンスに変わって派手なパフォーマンスとエネルギーあふれるライブを聞かせてくれたし、観客と近くで疎通したいことを望んだ自分の考えが積極的に反映されたワイヤや特殊リフトなどを利用して会場全体を合わせて、すべての観客と一つになった公演を作っていった。

チャングンソク、日本アリーナツアー 
チャングンソク、韓国映画 ‘きみはペット’記者会見

また、チャングンソクは、今回の公演で初めて初お目見えした中華圏EPアルバムのタイトル曲‘Gotta Getcha’をはじめ、‘Shake It’、‘Run Away’、‘Victory’まで、計4曲とDJING TIMEを使ってビッグブラザーとの幻想的な呼吸を披露し、アリーナツアーのために準備した新曲‘守護星’と‘こらえる程こらえた’でエネルギーあふれる舞台を作ってファンの爆発的な反応を引き出した。
チャングンソクは、その場でいくつかのキーワードを決めてギター演奏で作曲した歌を聞かせて観客たちを感動させ、既存の公演とは異なり、ダンサーたちと一緒に呼吸を合わせて群舞を準備するなど、歌手に劣らない優れたダンスの実力ですべてを驚かせた。
特に、新曲‘こらえる程こらえた’では、女性ダンサーと破格的なセクシーなダンス舞台を演出して話題になった。
一方、‘アジアのプリンス’チャングンソクの日本アリーナツアーは、来る22日と23日に大阪で続く。

チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集1

2011年09月15日 19:57

チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集Part 1

チャングンソクの魅力特集は3回に渡って掲載します。

チャングンソクTwitter開設半日で4万5千“見栄っ張りしないから…”

チャングンソクTwitter  http://twitter.com/AsiaPrince_JKS
俳優チャングンソクが、Twitter開設半日で4万5千人のフォロワーを作った。
チャングンソクは9月15日未明、@ AsiaPrince_JKSというIDで、Twitterを開設した。
チャングンソクは初めてのツイッターマンションに“ここに上げるだけで記事が出ると言うツイッターの世界ですか?ホセ(虚勢)しないから私にツイッターをさせてください。”という文と共に写真を掲載した。
しかし、すぐに“私についてきなさい!!!! 私がそのコリアン、チャングンソクだ!!!!”との愉快なホセ(虚勢)文(?)を上げることもした。

チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集1 
チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集

チャングンソクのTwitterは開設されてから12時間で4万5千人のフォロワーを作って爆発的な反応を見せている。
特に、チャングンソクは‘ムルッパッドサ’出演後、反応をモニターしたように、“Twitter検索でずっと見たが、私に‘ムルッパッドサ’ではなく、‘火星人ウイルス’に出て行けという記事を見て、完全に笑った。”という文を載せたりもした。

チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集1 
チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集

最近、韓国内だけでなく日本で大きな愛を受け、‘ポストペヨンジュン’で脚光を浴びているチャングンソクは最近MBC‘黄金漁場 - ムルッパッドサ’にまで出演し、独特で愉快な自分だけの個性を披露し、話題を作っている。
チャングンソクは、放送を通じて初恋と別れの理由に“よりきれいなガールフレンド(チャングンソク彼女)できて”と告白して“ホセ(虚勢)の意味を知って傷ついた”など、率直な性格を遺憾なく見せた。

チャングンソクだけの率直な魅力、チャングンソクを傷つけた言葉

俳優チャングンソクがアンチファンを振り替えさせる率直な魅力を発散した。
チャングンソクは去る9月14日午後放送されたMBC‘黄金漁場 - ムルッパッドサ’に出演して、様々な話を打ち明けて、風変わりな魅力を披露した。
チャングンソクは、日本でペヨンジュンに劣らない人気で多くの女性たちをときめかせた。
日本のマスコミもチャングンソクを絶賛して、新しい韓流市場が開かれたと言うほどだ。
しかし、‘黄金漁場 - ムルッパッドサ’に出演したチャングンソクは、肩に力が入った様子はなく、愉快で率直な話し方で好感を買った。
チャングンソクは、一度自分の‘鼻の整形疑惑’をすっきり洗い落とした。
特別に高い鼻筋と、“美容整形したことは確かだ”という話をよく聞いていたチャングンソクはカンホドンの前で熱く、自分の鼻を“豚鼻”にし、鼻をひねる姿を見せた。
悔しかったチャングンソクの“私はこれもできます”という可愛い発言も目立った。
また、アンチファンの震源地のようだった‘ホセ(虚勢)グンソク’の気持ちも打ち明けた。

チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集 
チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集

チャングンソクは、“私が関心を受けて、自然に私のミニホームページにも多くの人が訪ねてきた。これに私が書いていない文章も私が書いたものとして知られて‘虚勢グンソク’というニックネームがついた”と傷ついた心を打ち上げた。
続いて、“‘ホセ(虚勢)’という言葉が、演技力に大きな助けとなった。演技だけが、私の汚名を洗い流す道だと思ったからだった。当時、言い訳をするよりも、私が高い位置に上がった時、虚心坦懐に話すのがいいと思っていた”と付け加えた。
4年前チャングンソクは、自分の写真と一緒に上げられたホセ(虚勢)混じり文のために多くのネチズンの鼻笑や悪口のリップルを受けたことがある。
チャングンソクは、自分の日本での人気に謙虚な姿勢を見せた。

チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集 
チャングンソクTwitter開設とチャングンソクの魅力特集 ペヨンジュンと比較

MCカンホドンは“チャングンソクが日本で人気が高い。ペヨンジュンに似ていますか”と尋ね、これに“ではない。私の人気はあえてペヨンジュンと比較することにならない。ペヨンジュンは韓国の人々のイメージを高めた人である。ペヨンジュンがいなかったら、私もなく、韓流もない”と答えた。
また、“しかし、私のファン層は、ペヨンジュンのファンよりも年齢が低い”と言って可愛い姿も見られた。
この日、放送を見た視聴者たちは視聴者掲示板を通じて“チャングンソクの新しい姿を見た。‘ホセ(虚勢)’のために良くないイメージだったが、率直な姿を見せてくれて新鮮だった”、“チャングンソクにこんな面があるとは知らなかった”などの反応を見せた。
チャングンソクは、‘黄金漁場 - ムルッパッドサ’を通じて、これまでの誤解を解いて、アンチファンたちの心を揺さぶった。これに、日本に続き韓国内でも女心つかみに成功するのか成り行きが注目される。

チャングンソク、きみはペット、ご主人様と遊園地デート‘ご主人様の正体は?’

2011年08月25日 21:12

チャングンソク、きみはペット、ご主人様と遊園地デート‘ご主人様の正体は?’

俳優チャングンソクが綺麗な御主人様と遊園地(テーマーパーク)デートを楽しんだ。
8月25日午後、チャングンソクの所属事務所ツリージェイカンパニー公式Twitterには“う〜ご主人様と遊んであげるため忙しい一日!”という短い文と共にチャングンソクとキムハヌルの写真が公開されて、チャングンソクが、“御主人様”と呼ばれる人物が誰なのか関心が集められた。
このような好奇心は写真が公開されるとすぐに解消されたが、すぐにチャングンソクが御主人様に仕える人物は他でもない俳優キムハヌルだった。
この日の写真で、チャングンソクとキムハヌルは遊園地(テーマーパーク)を背景に、コミカルなメガネやアクセサリーを着用したままカメラを見つめながら楽しげな表情をしているが、残念ながらこれは、私的な席ではなく、映画‘きみはペット’の撮影現場だったことが明らかになった。

チャングンソク 君はペット テーマーパーク キムハヌルと一緒に 
チャングンソク 君はペット テーマーパーク キムハヌルと一緒に

しかし、ネチズンたちは今回のチャングンソクとキムハヌルの写真を接して、“二人がよく似合う”、“ご主人様とペットと言うよりはだだの年上年下カップルのようだ”という反応を見せた。
一方、チャングンソク、キムハヌル主演の韓国映画‘きみはペット’は、卓越した能力で、社会で認めれるが、恋愛には下手なキャリアウーマンジウン(キムハヌル)が女性たちの人気を一身に受けるイノ(チャングンソク)に会いながら起る話で2011年の下半期封切られる予定だ。

日本でチャングンソク絶賛の理由?&チャングンソクダンス最新画像

2011年08月10日 19:21

日本でチャングンソク絶賛の理由?&チャングンソクダンス最新画像

チャングンソク、ソウル駅の前でシャッフルダンス“雑誌売切の場合、スピーカーセッティング!”

俳優チャングンソクが、ソウル駅の前でシャッフルダンスを披露した。
8月9日、チャングンソクの所属事務所ツリージェイカンパニーは、チャングンソクが表紙に登場した日本の雑誌‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’写真と一緒に“メンズノンノが完売されると、俳優チャングンソクが、ソウル駅でシャッフルダンスを踊るつもりです。”を追記の文を載せた。
これを約束するように、チャングンソクが小指を上げた写真も一緒に公開した。
そして、8月10日午後には、チャングンソクがソウル駅の前で音楽なしでシャッフルダンスを踊る短いビデオ(動画)を公開した。
チャングンソクは、所属事務所Twitterを介して、‘メンズノンノ’完売したら、スピーカーをセッティングしに行く”と言って大きなイベントを予告した。
これとともに、“しかし、木村さんと慎吾さんはいつですか?”と日本グループSMAPとの合同シャッフルダンスも期待している姿を見せた。

チャングンソクが、ソウル駅の前でシャッフルダンス 
▲チャングンソクが、ソウル駅の前でシャッフルダンス

チャングンソクは、SMAPが進行する日本のフジTV‘SMAPXSMAP’に出演し、自分が注文したキムチチゲをおいしく作った木村拓哉と香取慎吾に“二人がソウルに来てくだされば、ソウル駅で一緒にダンスを踊って欲しいです”と話したことがある。
該当映像の下には“売り切れ間違いない。スマップとチャングンソクのシャッフルダンス見てみたい”、“二冊買ったんですが、もっと買わないと”、“スピーカー付けて!シャッフルダンスが期待される”というファンたちの文が続いた。
一方、チャングンソクが踊るシャッフルダンスはステップを色々と変えながら繰り返す踊りで、最近のクラブを中心に若者の間で大きな人気を得ている。

チャングンソクとペヨンジュン?チャングンソクと木村拓哉?

日本でチャングンソクの突風が恐ろしい。
韓国ドラマで愛されてきた韓国の俳優たちと韓国のガールグループ、アイドルの熱気も熱いけどチャングンソクの人気は全く感じが違う。
まるでヨン様、ペヨンジュンの人気を見ているようだ。
日本のマスコミがチャングンソクの絶賛を吐き出している。
‘第2のヨン様’として浮上するとの期待も高い。
ペヨンジュンが‘冬のソナタ’に代表されるように、成熟した暖かいイメージならば、チャングンソクは、可愛くて目ぼしいイメージだ。
チャングンソクとペヨンジュンの雰囲気は異なっている。
ならば、日本のマスコミがチャングンソクを絶賛する内容は何だろうか。
チャングンソクの何が日本のファンの心をとらえたのだろうか。

チャングンソクメンズノンノ(MEN'S-NON-NO)表紙を飾る 
▲チャングンソクメンズノンノ(MEN'S-NON-NO)表紙を飾る

まず、チャングンソクが表紙モデルに抜擢された日本の雑誌‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’編集長は、“一言で言い切れることができない唯一無二な存在”であり、“多様な魅力を兼ね備えた新世代のアイコン”とチャングンソクを絶賛した。
特に、様々なファッションを完璧に消化するプロフェッショナルな姿が印象的だと挙げた。
また7月、日本の朝日のオンラインは、チャングンソクの特集記事で、“長身だが、細い体を持つ漫画のキャラクターのような外見”、“ヨン様ブームに似ている爆発的な勢いの人気”と評した。
引き続き“‘冬のソナタ’で人気を集めたペヨンジュンと似た姿だが、純愛的愛ではなく、クールな姿で全く違う魅力を持った”と比較した。
いわゆる‘ヨン様の進化形’というもの。
上品な笑顔と男らしさを備えているということだ。
2011年6月にチャングンソク初の写真集発売当時には、現地メディアの熱い取材熱気が目を引いたこともあった。
当時、チャングンソクの羽田入国からサイン会まで、日本のフジTV、TBS、日本TV、TV朝日などの主要メディアと日刊紙、週刊誌などがすべてチャングンソクを盛り出すために集まった。
また、7月1日、日本の夕刊日刊ゲンダイは報道で“チャングンソクが今年だけでもCM、アルバム、コンサートチケット、写真集、キャラクター販売などで30億円を稼ぐ見込み”と推算しながら“これからペヨンジュンを上回る勢い”と伝えることもあった。

チャングンソクシングルアルバム‘Let Me Cry’チャングンソクアリーナツアー 
▲チャングンソクシングルアルバム‘Let Me Cry’チャングンソクアリーナツアー

チャングンソクは2011年の4月27日に発売したシングルアルバム‘Let Me Cry(レットミクライ)’で合計12万枚の販売高を上げたし、外国の歌手では初めてオリコン週間1位を占めた。
チャングンソク写真集は予約注文だけで5万枚を超える爆発的な反応を得ることもあった。
先に、チャングンソクは、2011年3月、日本の週刊誌‘アンアン(an an)'の表紙モデルに抜擢されて品切れ事態を続出させ、28万部という圧倒的な販売記録を立てて驚きを抱かせることもあった。
日本の産経新聞はまた、2011年4月、チャングンソクを‘韓国の木村拓哉’と比喩しながら“ドラマ‘黄真伊(ファンジニ)’のお坊っちゃんから、さらに成長した青年に生まれ変わった”と伝えた。
この新聞はチャングンソクについて、“赤ちゃんの鹿のような印象的な大きな瞳”が木村拓哉に似ており、“天真爛漫に見えたチャングンソクが声や口調も男らしくなった”とし、いっそう成熟した彼の魅力を一つ一つ紹介した。
このように、‘草食男’の熱風が治まり、より男らしいカリスマを噴き出す男性像が人気を得ている日本で、様々な魅力を持ったチャングンソクの人気はさらに熱くなるものと見られる。
チャングンソクは2012年に始まるユンソクホPDの韓国ドラマ‘愛の雨(仮題)’の主演の選ばれた。

チャングンソク‘メンズノンノ(MEN'S NON NO)’表紙を飾る

2011年08月10日 18:32

チャングンソク‘メンズノンノ(MEN'S NON NO)’表紙を飾る
‘メンズノンノ(MEN'S NON NO)’編集長“チャングンソクは、唯一無二の存在”絶賛

日本の有名雑誌‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’の編集長が‘アジアのプリンス’に浮上したチャングンソクを絶賛した。
韓国芸能人初の‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’の表紙モデルに抜擢されたチャングンソクは、7月に韓国で画報撮影を進行した。
アジア最高のスターとしてチャングンソクを表紙モデルに破格抜擢した日本の‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’のスタッフたちは、韓国まで訪れ、チャングンソクのすべてを表現できるファッションアイテムを選定し、チャングンソクの高い集中力と衣装に合わせて多様に変化する姿を絶賛した。
チャングンソクが表紙モデルに出た今回の‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’画像には、強烈なイメージの男性の姿から、無邪気な笑顔が輝く少年の姿まで境界のない美しさを披露し、プリンスチャングンソクそのものを溶かした写真でいっぱいに満たされて、8ページにも及ぶ幻想的な画譜が収録された。

チャングンソクメンズノンノ(MEN'S-NON-NO)表紙を飾る 
▲チャングンソク‘メンズノンノ(MEN'S NON NO)’表紙を飾る

‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’編集長は“チャングンソクに会う前までは、どの程度の服をよく着るのか、カメラの前でどのような表現力を見せてくれるかは未知数だったが、一緒に撮影を進行してみると、様々な服を格好良くよく着るだけでなく、セルフプロデュースが本当に上手な人だと思っていた”とし、“本気でプロフェッショナルな姿で自分をどう見せたいかを正確に計算してカメラの前で揺れが全くなかった。チャングンソクという人は、一言では言い切ることができない唯一無二の存在として、様々な魅力を兼ね備えた‘新世代のファッションアイコン’だと思う。彼の今後の活躍が大いに期待される”と絶賛を惜しまなかった。
一方、チャングンソクは、2011年3月に発売された日本の週刊誌‘アンアン(anan)’の表紙モデルに抜擢され、品切れ事態を続出させ、28万部という圧倒的な販売記録で熱い話題を集めたことがある。
今度のチャングンソクが表紙を飾った‘メンズノンノ(MEN 'S NON NO)’の販売記録が期待される。

‘愛の雨(仮題)’チャングンソクとユンソクPD、スターと巨匠が会うと?

2011年08月10日 18:10

‘愛の雨(仮題)’チャングンソクとユンソクPD、スターと巨匠が会うと?
チャングンソク韓国ドラマ‘愛の雨(仮題)’チャングンソク主演+ユンソクホPD+オヨンス作家

韓流スター、チャングンソクのキャスティングだけでも話題になっている韓国ドラマ‘愛の雨(仮題)’(脚本;オスヨン/演出;ユンソクホ)撮影日程に空白が生じた。
ある韓国ドラマ関係者は最近毎日経済スタートゥデイ“2012年上半期の放映を目標にしたユンソクホPDの韓国ドラマ‘愛の雨(仮題)’が9月、大邱(テグ)で本格的な撮影に入る”とし、“9月から10月までに約2カ月間、70年代を背景にして撮影に入る。約4回放送分程度になるものとみられる”と述べた。
続いて“以来、主演のチャングンソクの予定された日程が多く、暫定的に撮影を中断し、2012年3月から、再び、2000年代を背景にした撮影が続いく予定である。撮影のスケジュールがチャングンソクの日程に焦点が合わされた状態”として“70年代の切ない愛をしたが、失敗に終わった二人の恋人の子供がお互いを恋をする内容だ”と明らかにした。

‘愛の雨(仮題)’チャングンソクとユンソクPD、スターと巨匠が会うと? 
▲‘愛の雨(仮題)’チャングンソクとユンソクPD、スターと巨匠が会うと?

これと関連してチャングンソクの広報を担当しているワイツリー側は“10月末ごろチャングンソクは、日本でのアリーナツアーを計画している。アリーナツアーは、一回当たり1万人以上の観客収容可能な会場で連続して公演を行うことを指す”とし“今後も現在撮影中の映画‘きみはペット’が封切り時期のため、各種の広報活動で忙しい時間を過ごすようだ”と話した。
続いて、“この他にもあまりにも日本で人気があって日程を続けて調整中だ”と付け加えた。
‘愛の雨(仮題)’製作社側は“ユンソクホ監督が今回の作品に対する愛着がとても大きい。完成度の高い作品を作るために、急がないようにしている。”とし“特に監督の今回の作品だけでなく、映像など、多分野への欲が多い状態だから変数があるようだ”と伝えた。
チャングンソク所属会社側は“チャングンソクの日程とは全く関係ない”とし、“作品の完成度を高めるために、‘愛の雨(仮題)’制作期間を長く見ている。四季の流れを背景に、全て撮りいれるために、一定の期間のタームを置いて撮影を進行することだ。”と明らかにした。
一方、‘愛の雨(仮題)’は、‘秋の童話’‘冬のソナタ’‘夏の香り’"‘春のワルツ’など四季のメロードラマシリーズを演出したユンソクホPDの新作だ。
ユンソクホPDの季節シリーズ韓国ドラマのスタートである‘秋の童話’と日本でビッグヒットをしたペヨンジュン、チェジウ主演の‘冬のソナタ’を書いたオスヨン作家とユンソクホPDが10年ぶりに再会した作品であるうえに、最近、韓流スターに生まれかわったチャングンソクの合流で最も関心が集まっている韓国ドラマだ。