イミンホ'シティーハンター'撮影のため、3月24日タイ行き

2011年03月26日 20:02

イ・ミンホ、パク・ミニョン主演シティーハンター5月25日初放送イミンホ'シティーハンター'撮影のため3月24日タイへ

イミンホ'シティーハンター'撮影のため、3月24日にタイ行き

タレントのイミンホがタイ行き飛行機に身を乗せる。
ミンホは3月24日ごろ、SBSの新水木韓国ドラマ'シティーハンター'撮影のためタイを訪問する。
3月22日イミンホ側関係者はスターニュースに"イミンホが『シティーハンター』の撮影のために3月24日頃にタイに行く"とし、"タイで予定されたすべての撮影を消化するために、3月末まで現地に滞在する計画だ"と明らかにした。
今回のタイの撮影は、シティーハンターの誕生秘話を扱う予定だ。

イミンホ シティーハンター ポスター1

この関係者は"イミンホがシティーハンターになる過程を撮影する。ドラマ中のイミンホが演じるイユンソンと父親との関係なども集中照明される。"と明らかにした。
先立ってイミンホは3月14日、京畿道一山SBSタンヒョン制作センターでパクミニョンイジュンヒョククハラ、チョンホジン、キムサンジュンなどと最初のシナリオ練習を行った。
『シティーハンター』は、日本北条司の同名のヒット作を原作に、国内でドラマ化されるという事実が知られて話題を集めた。

イミンホ シティーハンター ポスター2

1980年代の東京を背景にした原作とは異なり、背景には、2011年にソウルに代わる様になり、痛快な事件の解決という既存の原作の物語の構造の主人公がシティーハンターとして成長し、完成されていく過程が比重あるように描かれる見通しだ。
韓国ドラマイ・ミンホ、パク・ミニョン主演‘シティーハンター’は2011年5月25日初放送する。

パクミンヨン、最近の近況公開'高い鼻筋+豪華微笑’女神登板

俳優のパクミニョンが、最近、パクミニョンツイター(Twitter)を使って近況を伝えた。
パクミニョンは、"今日の紙面撮影をしました。息も好く合い楽しい時間でした。さて、タイで撮影している『シティーハンター』のチームファイト!"という文とともに、認証ショット(画像)を残した。

シティーハンタ-パクミニョン1

写真(画像)の中のパクミニョンは、長い髪を垂らして明るい笑顔で爽快感を与えた。丸い目を大きく開いたパクミニョンは高い鼻筋を誇り、清純で美しい美貌を誇り、ネチズンの視線を捕らえた。
これを見たネチズンたちは"本当にきれいだ"、"ますますきれいになるようだ"、"あっ!'シティーハンター'早く観たい"、"本物の女神だよ女神"などの反応を見せた。

シティーハンタ- イミンホ パクミニョン 1

一方、パクミニョンは、日本の北条司の同名コミックを原作にした『シティーハンター』を撮影中だ。
イミンホ、イジュンヒョククハラなどが出演する『シティーハンター』は、'49日'後続で2011年5月25日初放送される。


SBS‘シティーハンター’'元気溌剌'初シナリオ演習

イミンホ、パクミンヨン、イジュンヒョククハラなど、最高の株価を上げている韓国代表のスターたちが一堂に集まった。
イミンホ、パクミンヨン、イジュンヒョククハラなど豪華なキャスティングで話題を集めているSBSの新水木韓国ドラマ『シティーハンター』(作家ファンウンギョン、演出チンヒョク、出版社SSD)全出演者が3月14日に初シナリオリーディングの練習を行った。

5月25日初放送される『シティーハンター』は、豪華な出演陣たちに加わり『華麗なる遺産』、『検事プリンセス』などのヒット作メーカーチンヒョクPDと『ニューハート』、『大物』を使って執筆能力を認めてきたファンウンギョン作家の投入で関心を集めている。

シティ-ハンタ-リ-ディング1 イミンホ パクミニョン

特に、同名の日本の人気漫画『シティーハンター』原作を土台に韓国の現実に合わせて新たにドラマに生まれ変わった『シティーハンター』の物語に視聴者たちの期待感が高まっている状況だ。
イミンホ、パクミニョン、イジュンヒョククハラなどをはじめ、チョンホジン、キムサンジュン、イヒョジョン、イグァンスなど、『シティーハンター』の出演陣は、SBS一山制作センタードラマの練習室での初顔合わせ式を行い、約3時間に渡り演技呼吸を合わせた。

若い俳優たちと中堅俳優たちの呼吸が絶妙にぴったり合い、終始一貫して和気あいあいとした雰囲気が演出、幻想のチームワークを予想させた。

シティーハンタ- イミンホ パクミニョン2

特に、主演俳優のイミンホ、パクミニョン、イジュンヒョクは、全体のシナリオリーディングが終わった後も演習室に残って追加シナリオリーディングの練習をして特別な演技意欲を現わした。
三人は『シティーハンター』で、それぞれのMITの博士出身、大統領府国家指導ネットワークチームのイユンソン、元柔道選手出身の大統領府警護員ギムナナ、韓国最高のエリート検事キムヨンジュ役を引き受けて呼吸を合わせる予定だ。 
この日、イミンホは、すっきりとしたブラックスーツに多少長めのウェーブのヘアスタイルを誇っていっそう成熟した姿で登場し、ほのぼのとした男性美を現わした。

2010年年出演した韓国ドラマ'個人の趣向’以来1年ぶりにお茶の間に復帰するイミンホは、これまで以上に高らかな演技への情熱を表わして台本リーディングに参加したという裏話だ。

シティーハンタ- イミンホ パクミニョン3

『成均館スキャンダル(日本題:トキメキ☆ 成均館スキャンダル』で中性的な魅力を披露したパクミニョンは、長いストレート髪にさわやかな笑顔を披露してギムナ私に100%マッチした‘元気溌剌’でシナリオの現場を指揮するなど、正義派検事キムヨンジュ役を演じるイジュンヒョクは、いつものダンディーイメージとは異なり、カーキ色のジャンバーに野球帽を目深にかぶったまま、タフな男性美を現わした。
自己発光素顔の美貌を披露して、生涯初の台本練習に参加したクハラは自然なシナリオリーディングを披露してジンヒョクPDの賞賛を受けたりもしたし、何よりも初めて挑戦する正劇演技に対する特別な熱意を現わしていると知られている。
『シティーハンター』製作会社側は"若い俳優たちの新鮮な情熱と貫禄ある中堅俳優たちの巧妙さが見事に融合した現場だった。最高の作品を作るため、俳優たちの意志を明確に感じることができた"と明らかにした。
SBSの新水木韓国ドラマ『シティーハンター』は、日本をはじめ、全世界的に認められている日本の北条司 のヒット作を原作に製作されるドラマでは特に、世界で初めて、韓国でドラマ化されることが知られながら、世界的な注目が集まっている状況だ。
1980年代の東京を背景にした原作とは異なり、背景は2011年のソウルに代わり、痛快な事件の解決という既存の原作の物語の構造に主人公がシティーハンターとして成長し、完成されていく過程も比重を置いて描かれる見通しだ。

韓国ドラマ‘シティーハンター’イ・ミンホ、パク・ミニョン主演5月25日放送予定

2011年03月05日 16:32

韓国ドラマ‘シティーハンター’イ・ミンホ、パク・ミニョン主演5月25日放送予定

シティーハンター主演イ・ミンホ‘元祖花男’最新情報

‘元祖花男’イ・ミンホ最近何をしてるのか?
俳優イ・ミンホが3段セルフ写真を公開した。
イ・ミンホは3月4日、自分のフェイスブックに3段セルフ写真を公開した。
空色のジャケットとボーだTシャツを着て春の香りの晴れやかな雰囲気を演出した。
続き、可愛い表情や楽しい表情の写真を公開して視線を集めている。

シティ-ハンタ-イ・ミンホ1

多くのネチズンは“元祖花男はなるほどイ・ミンホだ!”、“肌も綺麗だし鼻の線が芸術だ。”、“目鼻立ちが本当に素敵だ。”、“あまりにも可愛くて、噛んであげたい。”など多様な反応を見せた。
イ・ミンホは3月中旬からSBS新水・木韓国ドラマ‘シティーハンター’の撮影に突入する。
‘シティーハンター’は‘花より男子’イ・ミンホ、‘成均館スキャンダル’パク・ミニョンが主人公を演じ、2010年放送された‘大物’を6話まで執筆、初盤視聴率を上げたファン・ウンキョン作家と‘華麗なる遺産’と‘検事プリンセス’を演出したチン・ヒョクPDが呼吸を合わせ最高のドリームチームとして、大きな期待を寄せている。
‘シティハンター’は2011年5月25日初放送を予定している。

イ・ミンホ‘シティーハンター’撮影のため毎日、水泳特訓!

俳優イ・ミンホ(24歳)が水泳特訓で心身を鍛えている。
2011年5月25日初放送を予定しているSBS韓国ドラマ‘シティーハンター’の本格的な撮影を控えてイ・ミンホは2010年末からソウルカンナム(江南)のあるホテル水泳場(プール)で毎日、水泳講習を受けている。
前作であるKBSTV‘花より男子’とMBC‘個人の趣向’で洗練で感覚的な魅力を見せたと言えば、‘シティーハンター’ではMIT博士出身、瓦臺国家地図通信網チームのイ・ユンソン役を受け、より強靭でカリスマあふれる男性的な面貌を加える予定である。

シティ-ハンタ-イ・ミンホ2

イ・ミンホ側の関係者によると“新ドラマで長い腕と足が目立つ絢爛なアクションを見せる中、水泳実力も見せる予定である。専門的な技術よりは水の中で自然な姿を見せるために毎日規則的に練習をしている。”と伝えた。
イ・ミンホをスターに名を載せてくれた‘花より男子’で水泳が出来ない設定上、水の中に溺れる場面が多かったイ・ミンホは今回の機会に水泳実力をちゃんと見せる覚悟でいる。
ドラマの関係者は“水泳場面で運動で固めたイ・ミンホの筋肉質体も公開する予定”と言い、期待感を高めた。

シティ-ハンタ- イ・ミンホ パク・ミニョン1

一方、‘華麗なる遺産’のチン・ヒョクPDが演出を勤める‘シティーハンター’は最近、イ・ミンホの相手役で、‘成均館スキャンダル’でユンヒを演じたパク・ミニョンがキャスティングされ撮影準備を終えた。

イ・ジュンヒョク‘シティーハンター’でイ・ミンホと対決!

イ・ミンホの復帰作で話題を集めている韓国ドラマ‘シティーハンター’にイ・ジュンヒョクが合流する。
俳優イ・ジュンヒョクは5月25日初放送されるSBS水・木韓国ドラマ‘シティーハンター’で名門大学法科大出身のソウル地方検察庁特殊部検事キム・ヨンジュ役を演じ、イ・ミンホと演技対決を広める予定だ。
イ・ジュンヒョクが演じるキム・ヨンジュは韓国最高のエリート検事で一夜で自分の父のために孤児になったナナ(パク・ミニョン)のキダリアジョシ(隠れて助ける人)のような役割をする人物である。

 シティ-ハンタ- イ・ジュンヒョク1

自己管理が徹底的な完璧男でありながらも心温かい感性でナナを見守る魅力的なキャラクターである。
キム・ヨンジュは瓦臺警護員(ボディーガード)になったナナに愛の感情を持つが国家地図通信網チームのユンソン(イ・ミンホ)とも出会い、3人は妙な三角関係になる。
‘シティーハンター’製作者側は“今までイ・ジュンヒョクが見せていたイメージとキム・ヨンジュのイメージが良く似合い最終決定に至った。”と言い、“主人公たちとシンクロ率が良く合いドラマの集中度が高くなると思う。”と伝え、ドラマに対する自信感を表した。

シティ-ハンタ- イ・ジュンヒョク2

‘シティーハンター’は全世界的に認めてもらっている日本晩画家、北条 司(ほうじょう つかさ)のヒット作が原作であるドラマで、原作で東京を背景にしたこととは異なり、韓国ドラマはソウルを背景にした。
加えて視聴率40%に近づいていたSBS韓国ドラマ‘華麗なる遺産’のチン・ヒョクPDが演出を勤め、イ・ミンホ、パク・ミニョンに続きイ・ジュンヒョクまで力をあわせてより期待を集めている。

韓国ドラマ‘シティーハンター’主人公パク・ミニョン、イ・ミンホキャスティング

俳優パク・ミニョンがSBS新水・木韓国ドラマ‘シティーハンター’の女子主人公に最終キャスティングされ、イ・ミンホと愛の戦いに出る。
主人公パク・ミニョンとイ・ミンホは2007年韓国ドラマ‘アイ・アム・サム’以降4年ぶりに再会する事になった。
‘シティーハンター’側は2月22日“ドラマの女子主人公でパク・ミニョンがキャスティングされた。”と言い、“パク・ミニョンは‘シティーハンター’で前職柔道出身の瓦臺警護員(ボディーガード)キム・ナナ役を演じ、イ・ミンホと呼吸を合わせることになった。”と明らかにした。

シティ-ハンタ- イ・ミンホ パク・ミニョン2

パク・ミニョンが演じるキム・ナナは急な交通事故で親を亡くし、しなかったことがないアルバイトがない生活力の強い女性、難しい関門を通って瓦臺警護員(ボディーガード)になった後、MIT博士出身瓦臺国家地図通信網チームのイ・ユンソン(イ・ミンホ)と出会い、もめながらも愛に陥る。
パク・ミニョンは前職柔道出身警護員役割に似合うように、汗に濡れた青い柔道服姿は無論、一着だけの黒いスーツの素早いボディーガードとして洒脱な姿を見せる予定だ。
‘シティーハンター’制作会社側は“シンクロ率と演技力を中心にキャスティングをするために時間がかかった。”と言い、“パク・ミニョンの明るくて健康なイメージと多様なドラマを通じて認めてもらった演技力がキム・ナナ役に適合な人物だと判断し、女子主人公として最終決定した。”と説明した。
今までパク・ミニョンは演技力を認めてもらいながら韓国を引っ張っていく次世代女優として、新しく浮かび上がって、イ・ミンホも最高演技俳優として席を固めた。
SBS新水・木韓国ドラマ‘シティーハンター’は日本を始め、全世界的に認めてもらっている北条 司(ほうじょう つかさ)のヒット作を原作に制作される韓国ドラマで、特に、世界最初に韓国でドラマ化されることが知られ、注目されている状況だ。
1980年代、東京を背景にした原作とは異なり、2011年ソウルに背景を変え、主人公がシティーハンターとして成長しながら完成されていく過程も比重あるよう描かれる計画だ。
イ・ミンホ、パク・ミニョン、イ・ジュンヒョク主演韓国ドラマ‘シティーハンター’2011年5月25日初放送を予定している。