韓国ドラマローヤルファミリーあらすじ|‘ローヤルファミリー’2話解説あらすじ

2011年03月04日 19:37

韓国ドラマローヤルファミリーあらすじ|‘ローヤルファミリー’2話解説あらすじ

‘ローヤルファミリー’2話ヨム・ジョンア、優しい演技終わり反転女登極

俳優ヨム・ジョンアが整然なキャラクターを捨て、冷たい瞳演技を見せ、大反転を予告した。
MBC新水・木韓国ドラマ‘ローヤルファミリー’初回(1話)から速い展開で緊張感に加速度が付いた中、3月3日放映されたローヤルファミリー2話ではヨム・ジョンアが今まで見られなかった反転キャラクターを予告してドラマの面白みを加えている。
3月3日放映されたドラマ‘ローヤルファミリー’2話ではヨム・ジョンアは慰謝料ももらえず、息子まで奪われる状況に立たされ、ドラマの中盤まで凄然な表情で視聴者の心を痛ませた。
特に、コン・スンホ会長(キム・ヨンエ)を訪ねたジフン(チ・ソン)がインスク(ヨム・ジョンア)を禁治産者に作り上げようとする計画に関して問い詰める。

ロ-ヤルファミリ-2話-1 チソン ヨムジョンア

これにコンスンホはインスクを直接呼び、これを解明させ、インスクは操り人形のように事実ではないと自ら語ることに達し、財閥家で影のように生きて来たキム・インスクのキャラクターが悲痛な女性として終わりを打つ様だった。
しかし、有力大選挙候補であるペク・ヒョンイン議員を自分の手に入れようとするコン・スンホ会長の謀略が広められるとキム・インスクの隠れた人脈中にペク・インヒョン議員の夫人であるチン・スクヒャンがいる事が水面に上がって来た。
奉仕活動会で‘天使’と呼ばれ、今まで誠実に奉仕活動をして来たキム・インスクが、一体、どんな目的で次期大権候補の夫人と親密に過ごして来たのかの可否はまだ、現れてない状況。
しかし、ドラマが2話の終盤に向けて行けば行くほど凄然な表情のキム・インスクが段々と心を読めない無表情で落ち着いた表情への変化しながらローヤルファミリー1話で知っていたキム・インスクの姿ではないことを予感させた。
続き、ローヤルファミリー2話の最後の部分に行くとキム・インスクは妙な微笑を浮かばせながらオム執事(トン・ノミン)を呼び、JKの職印が押された書信を誰かに伝達する。
“決心が付いたのか?”と聞く執事の質問に“止められなかったら走るしかないです。”と答え、インスクを通じてローヤルファミリー3話からは本格的に広められる大反転を予告した。
ローヤルファミリー2話が終わるや否や‘ローヤルファミリー’の視聴者掲示板は“ヨム。ジョンアがチ・ソンの母かも知れない。”、“ヨム・ジョンアが悪役ですか?”、“段々と興味深くなるドラマ!ヨム・ジョンアが可哀想なキャラクターではなかったですね!”、“ヨム・ジョンア、完全に緻密だね!あのように後ろから攻撃をするとは思わなかった。”などヨム・ジョンアの反転キャラクターに対する意見が溢れていた。
これは‘ローヤルファミリー’が単純な財閥家の後継者戦いに関するドラマではなくて、キム・インスクキャラクターも単純に可哀想なキャラクターではなかった事の皆が驚きながらも歓迎する雰囲気だった。
一方、視聴率調査機関AGBニルソンメディアリサーチによれば、3月3日放送された‘ローヤルファミリー’は韓国全国視聴率7.3%を記録した。
同時間帯に放送されたSBS韓国ドラマ‘サイン’とKBS2TV韓国ドラマ‘いばらの鳥’は各23.8%と6.9%の視聴率を見せた。

‘ローヤルファミリー’ヨム・ジョンア、優しい演劇終わり、3話からは大反転予告

3月3日放送された韓国ドラマMBC水・木ドラマ‘ローヤルファミリー’(脚本:グォン・ウンミ、演出:キムドフン)2話でヨム・ジョンアは今まで見られなかった反転キャラクターを予告した。
‘ローヤルファミリー’2話で財閥家の影のように生きて来たヨム・ジョンアは慰謝料ももらえず、息子(親権)まで奪われる状況に置かれながらも凄然な表情を見せ、視聴者たちの心を痛ませた。
しかし、有力大選挙候補であるペク・ヒョンイン議員を自分の手に入れようとするコン・スンホ(キム・ヨンエ)会長の謀略が広められるとキム・インスク(ヨム・ジョンア)の隠れていた人脈の中でペク・ヒョンイン議員の夫人であるチン・スクヒャンがいる事が水面上に浮き上がった。

ロ-ヤルファミリ-2話-2 チソン ヨムジョンア

奉仕会で‘天使’と呼ばれるほど誠実な奉仕を広めていたキム・インスクがどんな目的で次期大権候補の夫人と親密に過ごして来たのかの可否はまだ明らかになっていない状況。
‘ローヤルファミリー’2話の後半に行くとキム・インスクは無表情で落ち着いた表情へと変っていた。
そして、‘ローヤルファミリー’2話最後には妙な笑みを浮かばせて執事(チョン・ノミン)を呼び、JKグループの直印が押された書信を誰かに伝達して、“止められなかったら走るしかないです。”と言う意味深長な言葉を口にして大反転を予告した。
放送直後、視聴者掲示板には“段々と興味をもたらせてくれるドラマ”、“ヨム・ジョンア、本当に緻密だね。あのように後ろから攻撃するとは思いもしなかった。”などドラマの丈夫なストーリと立体的なキャラクターに対する感嘆が溢れた。
一方、放送初めから速い展開と俳優たちの好演で視聴者の目を奪ったドラマ‘ローヤルファミリー’は毎週水・木夜9時55分MBCで放送される。

‘ローヤルファミリ’ヨム・ジョンア、典型的な悲運の女性?大反転予告

俳優ヨム・ジョンアが大反転キャラクターを予告して関心が集中している。
3月3日放送されたMBC水・木ドラマ‘ローヤルファミリー’(脚本:グオン・ウンミ、演出:キム・ドフン)2話分でヨム・ジョンアは財閥家悲運の女性から脱皮しようとする姿が描かれた。
ドラマの中でキム・インスク(ヨム・ジョンア)は夫が事故で亡くなった後、JKグループから慰謝料ももらえず、息子まで奪われそうになった状況に立たされ、ドラマの中盤まで凄然な表情で視聴者の心を痛ませた。
特に、コン・スンホ(キム・ヨンエ)会長を訪ねたハン・ジフン(チ・ソン)がキム・インスクを禁治産者の作り上げようとする計画に対して問い詰めた。
これにコン・スンホ会長はキム・インスクを呼び、これを解明させ、キム・インスクは操り人形のように事実ではないと自ら語った。

ロ-ヤルファミリ-2話-3 チソン ヨムジョンア

財閥家で影のように生きて来たキム・インスクのキャラクターが悲痛な女性で終わりを告げるようだった。
しかし、有力大選挙候補であるペク・ヒョンイン議員を自分の手に入れようとするコン・スンホ会長の謀略が広められるとキム・インスクの隠れた人脈の中でペク・ヒョンイン議員婦人であるチン・スクヒャン(オ・ミヒ)がいる事が明らかになった。
奉仕会で天使と呼ばれながら今まで誠実に奉仕活動を行って来たキム・インスクが一体、どんな目的で次期大権候補の夫人と親密に仲を保って来たのかの可否はまだ、明らかになってない状況だ。
また、‘ローヤルファミリー’2話後半に行くにつれ、凄然だった表情のキム・インスクが段々、心が読めない無表情で落ち着いた表情に変りながら1話で見せていたキム・・インスクの姿ではない事を予感させた。
そして、放送終わりごろ(ローヤルファミリー2話後半)キム・インスクhが妙な笑みを浮かばせながら執事を呼びJKグループの直印が押された書信を誰かに伝達しようとした。
オム・ギド(執事)が“決心が付いたのか?”と聞くとキム・インスクは“止められなかったら、走るしかありません。”と答えローヤルファミリー3話からは本格的に広められる大反転を予告した。
典型的な悲運のキャラクターではないことが徐々に水面上に浮かんでくるキム・インスクがどんな変身をするのかに視聴者の関心が集まっている。

韓国ドラマローヤルファミリー3話あらすじ解説をお楽しみに・・・

ローヤルファミリーあらすじ|ローヤルファミリー1話解説あらすじ

2011年03月04日 19:33

ローヤルファミリーあらすじ|ローヤルファミリー1話解説あらすじ

韓国ドラマ|MBC新ドラマ‘ローヤルファミリー’優れた演技力と速い展開‘韓国ドラマ(水・木)王座を取るか?’

チ・ソンとヨム・ジョンアが主演を演じるMBC新水・木ドラマ‘ローヤルファミリー’(脚本:グォン・ウンミ、演出:キム・ドフン)が3月3日初放送で、他のドラマとは異なるスケールと展開方式で視聴者の目を引いた。
‘ローヤルファミリー’1話ではJKグループの家柄・学歴・能力もないけど、単に、夫である次男の愛だけで財閥家へ入城したキム・インスク(ヨム・ジョンア)が家の家族たちに非人格的な待遇を受けながら、苦しく生きている姿が描かれた。
姑であるコン・スンホ(キム・ヨンエ)会長をはじめJKグループ内の人々はインスク(ヨム・ジョンア)を透明人間扱いをしていた。

ロ-ヤルファミリ-1話-1 チソン ヨムジョンア

一方、司法試験、行政書士、外務試験を全て通ったソウル地方検察庁検事ハン・ジフン(チ・ソン)は幼い頃孤児で生きていたが、犯行現場にいた理由で殺害容疑者になった。
しかし、当時、最高弁護士を選任して自分の嫌疑を晴らしてくれたキム・インスクのお陰で、生まれ変わりスター検事に生まれ変わった。
以降、自分が殺害容疑者であった事件を執拗に追跡した末に、自分の手で事件を解決する姿を見せながら、一躍‘スター検事’にとして名を知らせた。
このようなハン・ジフン(チ・ソン)は幼い頃から自分を物心両面で助けて自分が検事として成長させてくれたキム・インスクに憐憫と愛を感じた。
決定的にハン・ジフン(チ・ソン)はキム・インスクが危険に陥るとJKグループと協商しながら、キム・インスクを離す事を要求した。
JKグループコン・スンホ(キム・ヨンエ)の次男チョ・ドンホ(キム・ヨンピル)は母に捨てられ、結局、韓国を立つと決心した。
チョ・ドンホはキム・インスクにも頭を冷やして来たら、直ぐ、韓国を立つ約束をするが、悪天候の中、ヘリコプターを操縦中に死んでしまう。
ドンホの死亡知らせにJKグループ一家は衝撃に包まれ、コン・スンホはインスクに婚前契約書を出し、もうJKの人ではないと言う。
JKグループの法律代理人はキム・インスクに息子(親権)を諦めたら50億ウォンを現金で支払うと言うが、キム・インスクは一言で断る。
インスクの息子チョ・ビョンジュン(ドンホ)は“自分を諦めることが現実的な理知に合う。コン・スンホが死んだら息子として生きる。”と告白する。
‘ローヤルファミリー’は財閥家中心に影のように生きて来た一人の女性の波乱万丈な人生史を描く作品だ。
財閥家に入城して総帥の席に上がる女性と、不遇な幼い頃を克服して有能な検事に成長する青年の物語を描いている。
人気ドラマであった‘善徳女王’のキム・ヨンヒョン・パク・ソンヨン作家と‘総合病院2’のグォン・ウンミ作家が二年くらいに渡って準備し、‘スポットライト’を演出したキム・ドフンPDが意義投合して関心を集中させている。
‘ローヤルファミリー’2話ではインスクの変身が描かれる予定である。

‘ローヤルファミリー’キム・ヨンエ、グ・ジュンピョ-キム・ジュウォン母を越える‘最強悪毒’

‘花より男子’グ・ジュンピョ(イ・ミンホ)、‘シークレットガーデン’キム・ジュウォン(ヒョン・ビン)母より怖い女性が現れた。
それは韓国MBC水・木TVドラマ‘ローヤルファミリー’(グォン・ウンミ脚本、キム・ドフン演出)のコン・スンホ(キム・ヨンエ)だ。
3月2日、初放送された‘ローヤルファミリー’は7%と言う低い視聴率(AGBビルソンメディアーリサーチ)にも関わらず好評を得ている。

ロ-ヤルファミリ-1話-2 チソン ヨムジョンア

無論、速い展開と級入力ある画面構成、視聴者たちの目を人目て引くチ・ソン(ハン・ジフン)とヨム・ジョンア(キム・インスク)の演技も反応集めに、一手を持ったが、断然に話題になっているのはキム・ヨンエの演技である。
コン・スンホ(キム・ヨンエ)はJKグループ会長で冷徹すぎて、悪毒な性品を持っている。
KBS2TV韓国ドラマ‘花より男子’の中、シンファグループ会長カン・ヒス(イ・ヘヨン)はク・ジュンピョとクム・ジャンディ(ク・へソン)の恋愛が目障りで、クム・ジャンディの家を没落させ、彼女の家族を道に追い出し、クム・ジャンディが住んでいる家の壁を取り壊すのは悪毒の内には入らない。
SBSTV韓国ドラマ‘シークレットガーデン’の中のムン・ブンホン(パク・ジュンクム)が自分の息子であるキム・ジュウォン(ヒョン・ビン)を利用し、キル・ライム(ハ・ジウォン)を引き離すのもコン・スンホに比べると比べ物に入らない。
血も涙もない姑であるコン・スンホは嫁であるキム・インスク(ヨム・ジョンア)の名前の代わりにKと言うイニシャルをつけてやり、夫を失くした悲しみに倒れたキム・インスクを見ながらも“あれ、方付けろ!”と言う人である。
そして、養育権を諦めたら50億ウォンを払うと言う期も玉の大きい(?)人であれ、諦めないキム・インスクを禁治産者に作り上げるなど、誰とも比較できない悪毒な人だ。
韓国ドラマ‘ローヤルファミリー’視聴後、視聴者たちはキム・ヨンエの悪毒な演技に拍手を送った。
視聴者たちは“演技が普通ではない”、“やはり演技内攻が怖い”、“見る間、ずっと鳥肌が立ち緊張感を離す事が出来なかった”などの反応を見せ、これからの展開に期待感を高めた。
彼女(コン・スンホ会長:キム・ヨンエ)がどのくらいもっと悪毒になれるのかに帰趨が注目される。

‘ローヤルファミリー’迅速・正確が武器?視聴者たちの好評‘一旦は合格点’

3月2日初放送されたMBCTVかんごくドラマ‘ローヤルファミリー’(グォン・ウンミ脚本、キム・ドフン演出)が華麗な幕を開けた。
一旦、視聴者たちの反応は合格だ。
当初、財閥家の物語を描くと言う点でSBSTV韓国ドラマ‘マイダス’と似た感じだろうと言う偏見を壊した‘ローヤルファミリー’は速い速度で物語を展開させ、視聴者の目を引いた。

ロ-ヤルファミリ-1話-3 チソン 

体が震えるくらい冷たいグループJKの会長であり、血も涙もない姑コン・スンホ(キム・ヨンエ)、18年間を影のように生きて来たから可哀想と言う単語だけでは表現できないキム・インスク(ヨム・ジョンア)、一見、不良そうに見えるけど、鋭いソウル地方検察庁特殊部検事ハン・ジフン(チ・ソン)は熾烈な演技を見せながら、視線を集めた。
嫁に名前があるにもかかわらず、Kと称し、‘あれ、方付けろ!’と言うコン・スンホは“どうして人間がそんなことが出来るのか?”と言う言葉が頭に浮かぶくらい悪毒で、愛のために自分の18年人生を捨てたキム・インスクは“どうしてあそくまで馬鹿であられるのか?”と言う考えを持ったらせた。
殺人者の濡れ絹を脱ぐために、時間をかけて努力した結果、自分の濡れ絹を晴らしたハン・ジフンも単純なキャラクターではなかった。
しかし、話にはならない上位0.01%ローヤルファミリーたちの人生を描き残り99.99%の視聴者が知らない物語にもかかわらず、ドラマに集中できるのは製作者たちが強調していた‘人に焦点を置く物語的な構造’が一手を交わしたと見れる。
しかし、比較的に成功したと見れる部分はドラマが終わるまで製作者たちが持って行く宿題になると思われる。
実際、視聴者たちは“このドラマは平凡ではない”、“財閥と貧乏たちの枠に閉じ込められた物語か出生の秘密が隠されていると思ったが違う”と言い、好評をする反面、“このドラマが終わるまでこのくらいの緊張は維持して欲しい”、“今日の集中度は100%これからもこのくらいを維持して欲しい”など冷徹な異見も出ている。
一つのドラマが16回に渡って1話の緊張感を維持しない場合が多い。
初回(1話)で視聴率が高かったドラマも終盤に向けて、企画意図とは異なる方向へ向かう可能性もある。
視聴者たちが好んでいるように‘今までくらい’は最も簡単であり、難しい宿題になるだろう。
しかし、16話の最後まで視聴者たちの視線を奪うためには‘今までだけ’を忘れては行けない。
無論、溢れないくらいの‘今よりもう少し’はいつも歓迎される。

韓国ドラマローヤルファミリー2話あらすじ解説をお楽しみに…