サイン2話|パク・シニャン‘サイン’2話明らかになった真犯人

2011年01月08日 22:41


サイン2話|パク・シニャン‘サイン’明らかになった真犯人

‘サイン’2話‘明らかになった真犯人、死んだ人が残した真実ゲームが始まる’

あるアイドルスターの疑問の死は痴情関係、或いは所属社の問題ではない、背後の次期大統領候補と言う巨大な権力に範囲を広げながら、ドラマサインが単に、亡者の悔しい死を明らかにする法医学の問題を越えて、愛、政治とヒューマニズム、道徳的な良心と法執行の公定性まで、くもの巣のように、詳細な連結構図を作りました。
サイン2話を見ながら、デュースの故キム・ソンジェの疑問死に対する問題が続いて頭の中を掘り始めています。
キム・ソンジェ関連記事はここで言及しなくても関連記事を検索して見るのがもっと多くのものを知ると思うからここでは省略します。
ゴ・ダキョン(キム・アジュン)がソ・ユンヒョンの死が他殺である事を明らかにさせる明白な証拠物である青いクッションを探し続けて、“初動捜査だけ、ちゃんとなされていたら…CCTVテープさえあれば…”と言い、雨の中で泣く場面が出てきましたが、捜査官と法医官たちの望みだったと思いました。
少なくとも、未解決の死の半分以上を減らせるから…

サイン2話 サイン2-1 キム・アジュン 

明らかになったサイン、そして真犯人の背後

“死因は鼻口併催性、窒息死、死亡種類は明白な他殺です。”
ソ・ユンヒョンの死体で微細繊維(糸)証拠物を見つけたユン・ジフン、しかし、犯人が自首したと言う知らせで捜査は迷宮に落ちます。

窒息死による他殺に間違いないのに、ソ・ユンヒョンを殺したと自白したコディーは飲料水に青酸カリを入れたと自白したから、ユン・ジフンは犯人の自白を信じられません。
その上、血液鑑識結果で出て来た微々たる(少量)量の青酸カリでは健康な20代男子を殺すくらいの致死量にならない。

サイン2話 サイン2-2 
サイン2話 サイン2-3 

死体剖検過程での単独行動で懲戒委員会へ回付されたユン・ジフンはイ・ミョンハン(チョングァンリョル)の捜査結果に正面から反駁します。
イ・ミョンハンはソ・ユンヒョンが過去、肺結核を患ったので、微々たる青酸カリだったけど、致命的になることがあると主張しました。
これに、ユン・ジフンはソ・ユンヒョンの肺は健康だったと言い、死体剖検をして、肺の病がなかったことを証明すると言い張ります。
既に火葬したと言うイ・ミョンハンを驚かせた人物はチョン・ビョンド院長(ソン・ジェホ)だったです。
チョン・ビョンド院長が国立科学捜査院として、全ても責任を取ると死体剖検を要請して、懲戒委員会は剖検を許可して、ユン・ジフンとイ・ミョンハンのゲームが始まりました。
死体再剖検で健康な肺だった事が明らかになったとしても、ユン・ジフンが勝つ戦いではありません。
青いクッションと殺害現場を映したCCTVは燃えてしまったからです。
これから、探らないと行けないことは“なぜ、死んだのか?何のために権力まで動員され隠蔽しようとするのか?”だと思います。
消えたCCTVテープを隠した人物がゴ・ダキョンの先輩、前国立捜査官鑑識チーム定年退職者であったことが明らかになった瞬間、大きな衝撃を受けました。

サイン2話 サイン2-5 ソン・ジェホ 
サイン2話 サイン2-6  
サイン2話 サイン2-7  
サイン2話 サイン2-8 

ソ・ユンヒョンの疑問死を追いかける刑事チェ・イファン(チョン・キョウン)は殺害犯と自首したコディーイ・スジョンの母の講座へ10億ウォンが入金された事実を調べ、その証拠をチョン・ウジン検事に渡します。
権力と手を取り、検事の職権を乱用、国立科学捜査院をつぶしかけてくるイ・ミョンハンを助けたチョン・ウジン検事(オム・ジウォン)は部長検事に会ってその背後を聞くが、次期大統領候補、カン・ジュンヒョク議員の娘、カン・ソヒョンだと言われる。
真犯人を教えたから、好きにしろと一言で“巨大な権力と真正面で戦う自身があったらやってみろ”といわれます。
検事の良心と権力の侍女、そして、自分の野望の前で悩んでいるチョン・ウジン検事、彼女の刀は誰に向かうかのか、さいころは投げられました。
部長検事イ・ウンスのセリフはこのドラマが戦うべき対象を言及しました。
“聖域はない。カン・ジュンヒョク議員が判事で在職した時、常に口癖のように、叫んでいた言葉だった。嘘だ。聖域はいつも存在したし、絶対に崩れない。刀は君が持っている。しかし、その刀を間違って振ると、自分の腕が切られる事もある。”

サイン2話 サイン2-9 オム・ジウォン 

写真の中の妙な彼女がカン・ジュンヒョク議員の娘カン・ソヒョンであり、青いクッションの主人公です。
国立科学捜査院と検察、警察を掌に乗せて、握って揺らしながら、ユン・ジフンの膝をつけさせる実態は、それは権力と言う見えない力です。
ユン・ジフンが戦うべき相手がイ・ミョンハンの背後にいるもっとも怖い権力だからこそ、彼の戦いは苦難に満ちています。
権力が真実になり、勝者になると信じるイ・ミョンハン、国立科学捜査院の基のように“我らはただ、科学的な真実だけ追究する。”と、真実の力で正面からぶつかるユン・ジフン法医官、炎のように強烈に出てくるチョン・グァンリョルとパク・シニャンのカリスマ対決で興味深かったサイン2話でした。

サイン2話 サイン2-10 オム・ジウォン 
サイン2話 サイン2-11 チョン・キョウン 

死んだ人が残した真実、チョン・グァンリョルとパク・シニャンのゲームが始まる


特に、冷たくて、卑劣で、残酷にまで見えるチョン・グァンリョルの眼の輝きは素晴らしい演技だったです。
製パン王キムタクでソ・インスク、ハン・スンジェをみていた眼の輝きとはまた異なるものでした。
その時の眼の輝きと表情には怒りと憐憫、そして“私を持って遊んでみろ!”と言うような隠れた余裕まで感じていましたが、ドラマの雰囲気と状況が異なるからそのように感じたかも知れませんが、似たような表情でも全然、違う感情を与えられました。
当惑感と同時に、征服欲のようなものがもっと強く感じられました。
演技力だけでも弱い内容が補強されるドラマが多いけど、ストーリと出演者の演技まで満足できるサインです。
変わりなく、演技に力が入っているチョン・ウジン役のオム・ジウォンはキャラクター研究にもっと力を費やして欲しいと思いました。
検事よりは生活主任先生、或いは、女軍助教のような姿は表情と声に力が入っていてセリフ伝達力が足りないような気がします。
発音は正確だけど、意思が伝わらないので、ドラマと離れているような感じがします。
チョングァンリョル、パク・シニャンの二人の演技者の演技対決を見るだけでも張り合った緊張感を離せないサイン、今回の2話ではチョン・グァンリョルの卑劣なカリスマが目たっていました。

サイン2話 サイン2-12 パク・シニャン 
サイン2話 サイン2-13 チョン・グァンリョル 

懲戒委員会で死体剖検を許すと言う委員長の言葉に、苦い何かを口にしたような表情をしながらネクタイを持つ姿は、狂気まで出てくるようでした。
単純に目に力を入れるのではなく、顔の筋肉と 耳、 目、口、鼻を一度に利用して、感情を表せないながらも敗した感情と当惑感、そして、“君を踏みにじてやる”と言うような卑劣な感情が全て読まれてきた場面です。
唇まで演技をしているようだったと言いたいです。

サイン2話 サイン2-14 パク・シニャン チョン・グァンリョル 

パク・シニャンが演じるユン・ジフンは死体剖検の目的は真実を聞くことにあります。
正しいものは正しく、間違ったものは間違ったものですぎないです。
多血質で盲目的で、芸術家によく見られる鋭敏な性格の人物で感情的な性向を見せます。
キム・アジュンが演じるゴ・ダキョンのキャラクターも似たようなキャラクターです。
反面、チョン・グァンリョルが演じるイ・ミョンハンは権力追求人間だから、感情を表に出すよりは切除するキャラクターです。
心理戦で相手を制圧しようとする人物です。
前後を考えずに感情に流れるパク・シニャンとは対照的です。
チョン・ウジン検事もイ・ミョンハンと似たような部類の人物のように見えました。
自分がする仕事だけを見ている人物と自分がする仕事を他の目的のための手段として利用しようとする人物の差だと言えるでしょうか?
だから、パク・シニャンとチョン・グァンリョルのキャラクターはカリスマを引き出すのは似ているけど、異なる色を見せます。
それはドラマを引っ張って行く演技の高段者としか言えない演技力です。

サイン2話 サイン2-15  
サイン2話 サイン2-16 ソン・ジェホ 

あるアイドルスター歌手の死を通じて、権力がもつ嘘を探っていくストーリへ移るドラマサイン、このドラマはメディカル捜査ドラマジャンルと言う形式を持っているけど、不義と正義、ヒューマニズムの物語が深く根ざしています。
悔しい死を迎えた死んだ人の体に残されたサイン、それが語る生きた人々の恥部と罪悪の痕跡、真実を聞く亡者の最後の友達(法医官)の物語りが興味深いものです。
初めてサインと言うドラマを通じて、亡者にも人権があることを改めて感じました。
封合を終わらす前、証拠物になり、押収される死体、チョン・ビョンド院長の言葉が頭に長く響いていました。
“ここは神聖なる検視室だ。最後まで亡者の遺言を聞く場所だ。被害者の死身の前で無礼さは許せない。”

サインあらすじ1話|パクシニャンサイン1話カリスマより怖い力を持った俳優

2011年01月07日 05:14

サイン1話|パクシニャンサイン1話カリスマより怖い力を持った俳優

‘サイン’パクシニャン、カリスマより恐ろしい力を持った俳優

韓国水・木ドラマの熱い3派戦が始まりました。
プレジデントに続き、サインとマイプリンセスが同時に初放送をしました。
新しく始まった‘サイン’と‘マイプリンセス’二つのドラマが魅力だから、悩んでいます。
色が異なるドラマだから視聴者も好き嫌いが分かれると思いますが、美しいカップルソン・スンホンとキム・テヒの甘いロマンチックコメディーマイプリンセスもパク・シニャンとチョン・グァンリョルのサインも離したくないドラマです。
パク・シニャンの演技に魅了されて私はサインのレビューから始めることにしました。
誰が?なぜ?と言う疑問を投げて始まったドラマサイン、視聴者も捜査官の一部になって事件を推理してり、疑惑を持って一緒に解いて行く過程はいつも興味深いものです。

サイン1-1  パクシニャン キムアジュン 

メディカル捜査ドラマ‘サイン’初放送、ドラマに吸い込まれると言う感じはこんな時に言う表現です。
一時間の間、目を離す事を許さない丈夫なストーリと緊張感、そして、パク・シニャンと言う俳優が噴き出す力でした。
言葉が要らない俳優パク・シニャンでした。
俳優の名前だけでもドラマの室と完成度が先見える作品は極まれなものです。
そのくらい、パク・シニャンが作品を選ぶ時、慎重であり、言い換えれば、良い作品を見る水準が高い感覚を持っているということです。
2011年を開くドラマとして、最高の話題作になりそうな予感がしてるのはサインは先ず、演技と言えば、二人者にはなれない、演技派俳優が多く出演している事が強みです。
カリスマで作品ことに重みを加えるチョン・グァンリョル、精神的な軸の役割を果たす中堅演技者ソン・ジェホをはじめ、キム・アジュン、オム・ジウォン、チャン・ヒョンソン、チョン・ギョウンなどが国立科学捜査院(NFS)を中心に法医学者、検事、刑事などの役割で顔を出しています。

カリスマと本物の対決、銃声のない戦争の始まり

サイン1-2  パクシニャン  
サイン1-3 チョングァンリョル 

1話からハリのある緊張感で対立軸を創ったチョン・グァンリョルのカリスマとパク・シニャンの真実性が戦う場面は銃声のない戦争場を越えるものでした。
ドラマの二人のキャラクターと関連して言うと、権力と真実の戦いでもあります。
国立科学剖検室に入ったイ・ミョンハン教授(チョン・グァンリョル)が死体が入れ替わった事に驚きながら、カメラはスピードアップしてユン・ジフン(パク・シニャン)に移ります。
ユン・ジフンが入れ替えた死体は韓流アイドルスターアイドルグループのボイスリーダーソ・ユンヒョン(チョ・シンソン、コンイル)だったです。
初任検視官として来たゴ・ダキョン(キム・アジュン)が剖検参観を来て、偶然にユン・ジフンと遭遇して、剖検室に押されて入ってしまいます。
レジデントまで終えたゴ・ダキョンはアメリカドラマCSIを観て法医学に関心を持ち、専攻を変えたターフで気の強い人物に見えました。
そして、画面は62時間前に逆戻りして、アイドルグループのコンサートへ移ります。
人気グループボイスの公演場、初めての舞台が終わり、次の舞台になる前、ちょっとした休みの時間を持って、ボイスの次の舞台にリードボーカル、ソ・ユンヒョンが上がってない事故が起きます。
ソ・ユンヒョンが扮装室で、息を引き取った死体で発見され、国立科学捜査院法医官、ユン・ジフンが死体検視を引き受けることになります。
ソ・ユンヒョンの疑問死は多くの方が感じたと思いますが、デュースの故キム・ソンジェの疑問死がオーバーラップした内容でした。

サイン1-4  コンサート 
サイン1-5 ソユンヒョン 

ソユンヒョンの死は単純な疑問死ではなく、権力が介入した陰謀と言うことが暗示されて、捜査は複雑に流れます。
検事チョン・ウジン(オム・ジウォン)‘知ったら危ない背後の誰か’から命令が下されます。
誰か(?)はソ・ユンヒョンの死因が明らかになるのを願っていない事だし、その誰かと言う人物は検察を動かせる巨大な権力も持ち主だと言う事です。
そして、誰かが‘なぜ、ソ・ユンヒョンの死因を隠蔽しようとしたのか?’に対する質問が投げられました。
隠蔽しようとする者と真実を知ろうとする者の戦い、隠蔽しようとする者の側にチョン・グァンリョルとオム・ジウォンが手をつなぎ、真実を明からにしようとする者は法医官ユン・ジフンで、構図的には権力と真実と言う戦いに対決構図を作りました。
ここに、願ってもいなかったけど、偶然にユン・ジフンのアシスタントとして入って来たゴ・ダキョン(キム・アジュン)が事件に巻き込まれます。

サイン1-6  パクシニャン キムアジュン 
サイン1-7  パクシニャン キムアジュン 

ユン・ジフンを手伝いはじめて死体剖検アシストをするゴ・ダキョン、彼女を動かしたのはユン・ジフンが言った言葉のためです。
“ここから出ていたら、この人が最後に言いたかった言葉を永遠に聞けない。なぜ死んだのか?どのようにしてここに来たのかを明らかにするのが我らの任務だ。どんな個人的な欲、言論の圧力、大衆的な情緒、誰が願っても、こんなものが事件を引っ張っていけるようにしてはいけない。我らが最後だ。この人がなぜ、死んだのかを見つける最後…”
剖検できる時間はマスターキーがイ・ミョンハンの手に入る前まで、その短い時間にユン・ジフンとゴ・ダキョンは死んだ人が体に残した言葉を見つけないといけません。
なぜ、死んだのか?そして、その悔しい死の真実まで。
死体は言葉がなく、挫折感に陥った瞬間、ユン・ジフンは素早く手を動かせて首の変を切開します。
そして、ピンセットで死んだ人が残した言葉を捜してマスターキーで剖検室に入って来たイ・ミョンハンの目の前に見せます。
“この事件の剖検は終わりました。死亡の種類は明白に他殺です。”

サイン1-8  パクシニャン  
サイン1-9  チョングァンリョル 

予告編ではソ・ユンヒョンの死が殺害犯の自首で疑惑の濃い終結を迎えると、これに真実を明らかにしようするユン・ジフンの戦いが始まるのが予告されました。
本当に、死んだ人が残した話は何なのか?
なぜ、死んだのかを明らかにしようとする過程で、一つ一つ表に出てくる人間関係の食物連鎖のような構造が興味深いドラマです。

カリスマより怖い力の持った俳優パク・シニャン

サイン1話で、当然、眼を引いたキャラクターは方法医官ユン・ジフンと言う人物を演じるパク・シニャンだったです。
パク・シニャンと対席点を成すイ・ミョンハン教授役のチョン・グァンリョルが噴き出すカリスマはかなり圧倒的でした。
キム・アジュンの演技ははじめの何分くらいは緊張したようにオーバーな感じもしましたが、キャラクターが早く安定され、彼女の喧嘩に強いキャラクターを確認させました。
オム・ジウォンは正直に言うと、ドラマの間、ずっと緊張したような力が感じられて、自然な感じではなかったので、少し失望しました。
特に、検事として事件現場に現れた時、ロング革のコートを着てカラーのエリーを立てた姿がカリスマを表現しようとしたように見えましたが、検事と言う職業よりはファッションに気を使ったようで、可笑しかったです。
セリフが自然ではなく、不安な点も何箇所か見えました。

サイン1-10   キムアジュン 
サイン1-11  オムジウォン 

何よりも久しぶりにお茶の間に復帰したパク・シニャンの演技を見るのは視聴者を嬉しくさせます。
パク・シニャンをみる度に、感じるのは、個人的な考えだけど、カリスマがないということです。
パク・シニャンはカリスマを噴き出す演技者と言うよりはカリスマを圧倒する何かを持っている俳優です。
それは真面目さと言う、人をもっと大きく動かし、感動させる怖い力を持った、数少ない俳優です。
カリスマが人を圧倒する力だというと、真面目さは人を感動させる説得の力です。
キム・ミョンミンにも似たようなことを感じますが、キム・ミョンミンはカリスマと真面目さを混ぜてキャラクターを完成させると言うと、パク・シニャンは真面目さだけでキャラクターを完成させる俳優のような気がします。
パク・シニャンが‘強い心臓(カンシムジャン)’に出た時、作品のために実際に100くらいの死体剖検を参観して、ご飯も食べられず、眠る事もできなかった事を告白しましたが、その理由が“演技者の良心”と思ったからだと言いました。
共感できずには表現できないから、小品ではなく、直接経験するしかなかったと。
パク・シニャンから見える力は演技者としてのプロ精神だったです。
尊敬したいくらいのマインドで演技する俳優がキム・ミョンミンだと思います。
ルーゲリク患者役をするため、生命に危険があるくらい過度なダイエットをしてファンに心配をかけたこともあります。

サイン1-12  パクシニャン  

パク・シニャンは表情一つだけでも視聴者をテレビの画像の前に座らす理由は、それが演技者がもつ真面目さが見えるからです。
わざっと‘強い心臓(カンシムジャン)’での告白がなくでも、その切迫な義務感が確認された場面はベッドでキム・アジュンを押して行く狂気な表情だったです。
そして、剖検室で短く一言で、キム・アジュンにメスをもたらせました。
レジデントを終えたけど、死体剖検は初めてだったゴ・ダキョンに“この人が最後にしたかった言葉を聞けるのは私たちが最後だ。”
短く切って話すユン・ジフンの言葉と表情には、メスを取らざるを得ない何かが流れていました。
セリフに力があるからと言って、いわゆる、セリフが良ければ全ての人を動かせるとも限りません。
人を説得する力がありました。
模しろ、医大を出てない私でもその状況なら、メスを取ったかもしれません。

サイン1-13  パクシニャン  
サイン1-14   キムアジュン 

パク・シニャンが努力する演技者と言うのは出演した作品の中のキャラクターでも確認できるけど、彼はセリフを覚えて言う感じではないです。
自分だけのものにしてしまう俳優です。
悪人であれば悪人になり済まし、有能なCEO役なら専門経営者になります。
探り続けて単語一つ一つまで自分のものに作ってキャラクター自体に成り済ます俳優です。
ソ・ユンヒョンの死体剖検をする間、キム・アジュンに“死身をみたら、その人の人生が見える。”と言い、臓器に対する剖検所見を話す場面では、セリフを覚えたと言う痕跡さえも感じられません。
あまりにも自然なセリフと表情演技に本物の法医官であるように感じてしまいます。
キャラクターに対する研究をあまりにも一生懸命にしたからです。
ドラマを観ていると、良い作品が演技者を発展させる場合もあるし、良い俳優が作品を完成させて行く場合もありますが、パク・シニャンは後者のようです。
パク・シニャンの演技には電流が流れます。
感電されたようなぴりぴりとしたそれ、その正体を真面目さと表現したいです。
パク・シニャンの演技力が持つ力、人を動かす力、カリスマよりももっと怖い力です。
キャラクターと渾然一体になった時に可能なものと言えるものです。

韓国ドラマサイン、パク・シニャン出演、2011年1月5日初放送

2010年12月15日 21:57

韓国ドラマサイン、パク・シニャン出演、2011年1月5日初放送


◎登場人物

韓国ドラマサイン登場人物パクシニャン1

ユン・ジフン(パク・シニャン)
国立科学捜査院法医学者
人なんか信じない!
人々はいつも嘘をつく。
しかし、死体は嘘をつかない、絶対に…

韓国ドラマサイン登場人物キム・アジュン1

ゴ・ダキョン(キム・アジュン)
ソウル地方警察庁 科学捜査チーム検視官
夢が美しいと感じたのは~
いつかその夢が現実になると思っていたからです。

韓国ドラマサイン登場人物 オム・ジウォン

チョンウジン(オム・ジウォン)
ソウル中央地検 強力係 検事
幸せにあんるのは簡単…
だだ、全てを持っている人を愛せば良い。

韓国ドラマサイン登場人物 チョン・グァンリョル

イ・ミョンハン(チョン・グァンリョル)
大学法医学研究所 所長、国立科学捜査 ソウル本署長
権力の苦い味?
持ってない人が言う嘆きだ。

韓国ドラマサイン登場人物 チョン・ギョウン

チェ・イハン(チョン・ギョウン)
ソンパ警察署 強力チーム刑事
私は人を信頼するが、絶対に信じない。

韓国ドラマサインシノプシス|簡略なものだが、公式ホームからの和訳

韓国ドラマ サイン 企画意図

我らは…
死んだ人の体を解剖すると同時に…
社会を解剖し、終わりのない貪欲を解剖する。

予期されない犯罪…生きている人は皆、嘘を付く
唯一、真実を語る人がいると…
それは死んだ人だ!
あなたはその声を聞く準備ができたのか?

罪を犯した人には処罰を不当に起訴された人には自由を、
犠牲になった人には最後の遺言を残す機会を与える
医学分野の未開拓地法医学!
その中心に立っているのは国立科学捜査院の剖検医たちの人生と成長の物語りが
これから、まぶしく広められる。